10周年のSPコンテンツ!

『経済政策で人は死ぬか?』4章までレビュー:IMFの罪とアイスランドの逆転劇

デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バス『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』のレビュー。あまりにも読み応えのある本だったので久しぶりに連ツイ。 2018/05/07 追記:原著は2013年に発行された本のため、現在ではIMFも各国の状況もまた変わっている可能性があります。
人文 読書 経済政策 反緊縮 緊縮 IMF 緊縮財政 経済
80
うなぎ(steel_eel) @dancing_eel
『経済政策で人は死ぬか』、あれはホント万人に読まれるべき。
平田凡斎 @HBonsai
うなぎさん @dancing_eel が勧めていた「経済政策で人は死ぬか?」をこの連休で読んでるんですが、いやー面白いですねこの本! ちょっとでも健康と経済と政治に興味がある人なら目を通しても損しなさそうですよ! pic.twitter.com/rravmU3JWB
拡大
平田凡斎 @HBonsai
昨日に引き続き『経済政策で人は死ぬか?』読んでるけどホントすさまじいなこの本……IMFがまるで悪の親玉だあ pic.twitter.com/niKhvs7aR2
拡大
拡大
拡大
拡大
平田凡斎 @HBonsai
タイではコンドーム配布などの地道なエイズ対策が効果を上げていたが、IMFの要請で福祉への予算が削られたため逆戻り。インドネシアでは幼児死亡率上昇(P100-106)疫病神かな? pic.twitter.com/stACtfIbbb
拡大
拡大
拡大
ドクター・シュンガ🔞 @Dr_shunga
ケチっちゃいけないところまでケチると「国が滅んだのに王様だなんて滑稽だわ」みたいな状態に....
平田凡斎 @HBonsai
いちおうフォローしとくと、タイでは財政黒字化のために酒税を引き上げたのでアルコール関連の疾病は減少した可能性があるそうです。IMF自身も2012年には政策の誤りを認めているとのこと(それにしたって失われたものが多すぎますけどね) pic.twitter.com/pzx9eo9OlI
拡大
Too QewW To Live Long @QewWyuki
@HBonsai 水道の民営化でもIMFは暗躍しているという話だけどしかしひどい…
平田凡斎 @HBonsai
@QewWyuki 金持ちが風邪をひくと貧乏人が即死する構図が作られていていやー本当にひどい
Too QewW To Live Long @QewWyuki
@HBonsai 支出に対する%とかで削減しろとか決めてるんだろうけどそこで生活している人にはたまったもんじゃない。蝗害にも似た何かだなあ。
平田凡斎 @HBonsai
@QewWyuki 目先の数字に囚われて「長い目で見て将来の役に立つ投資まで削るべきではない」という単純な事実を忘れるとこういうことになるんでしょうな(ケチは世界を滅ぼす)
Too QewW To Live Long @QewWyuki
@HBonsai リストラばかりしている本邦も耳が痛い話だ
平田凡斎 @HBonsai
@QewWyuki まあ私たち自身が正気を保ちつつ長い目で地道にやるしかないでしょうな、売春宿にコンドームを配布するように地道に……
Orphe @orphechin
マルクスが滅んだと思ったらIMFがやってきたという展開、WW1が終わったらWW2がやってきたみたいな悲劇感があるな
Orphe @orphechin
IMFの言うことを聞かないで自分たちで適正に資源配分した結果中国のように上手くいったケースもあるとダニロドリックが指摘してたことを思い出した。IMFはペスト医師かなんかか?
烏丸・ハン @karasuma3476
@orphechin IMFの担当者はその国に来るとひと月ほどホテルに籠って様々な資料に目を通し、ありがたい再生プラン作り去っていく無能オブ無能という話は見た事がある。
Orphe @orphechin
@karasuma3476 一流大学の三流学生が来る場所(byスティグリッツ)ともいわれてるし、基本町興しコンサル級の無能なのでは
Too QewW To Live Long @QewWyuki
韓国もIMFはもう二度と御免だって感じらしいからなあ
平田凡斎 @HBonsai
この本でも中国は成功例として取り上げられてましたね。ロシアのように急速に市場経済に移動した結果取り返しのつかないダメージを受けた一方で、移行を急がなかったベラルーシは中国は見事軟着陸を遂げたとのことで
平田凡斎 @HBonsai
またお前かIMF!アイスランド金融危機に際して曰く、「医療は贅沢品だから削れる」とのこと……(P120-121) pic.twitter.com/ptNAwixWyM
拡大
仮面さん @robert2nd
IMF、確かQ.E.D.〜証明終了〜にも出てきてたやつで、そのやることに対しては「頭の良い人間の机上の空論ほど恐ろしいものはない」と評されてた。
仮面さん @robert2nd
Q.E.D.―証明終了―(34) (月刊少年マガジンコミックス) 講談社 amazon.co.jp/dp/B009KWTNKM/… @amazonJPより この巻だ。W銀行という名前だけど、モデルはIMFだと思われ。
んてかゆ @yktn121162
効き目が強すぎる薬って感じよねIMF
平田凡斎 @HBonsai
最悪なことに、この劇薬効き目がないんですよ……
残りを読む(24)

コメント

dag @digital_dag 2018年5月6日
ほう。中々面白そうな本だ。
Destroyer Rock @hondapoint 2018年5月6日
経済学者のクルーグマン氏も「IMFにはテクノクラート(技術官僚)はいない!クラート(官僚)がいるだけだ!」って猛烈に批判してましたねぇ。
影のふくかいちょー。 @kage_fukukaicho 2018年5月6日
効き目がない劇薬ってただの毒では。
dada @yuuraku 2018年5月6日
いまだアイスランドを破綻モデル国として緊縮の理由に持ってくる奴おるけど全部ネオリベの逆やって再生しとるんだよな。
murodu @murodumi10 2018年5月6日
せめて現場を視察しろよと。数字だけ見て判断するって学生のデイトレーダーかよ
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年5月6日
もう解体するしかないな>IMF
dag @digital_dag 2018年5月7日
Dam_midorikawa 言うても破綻しかかってる国家に金貸してくれる数少ない組織だしなぁ。無くなったら無くなったで困る。事業の重要性とかその国特有の事情とかを何も考えず全て一律にカットしに掛かる姿勢と、失敗しても責任を負わない(負えない)姿勢に根がありそう、。
さーたん@もふもふ @tripleodd 2018年5月7日
某国では新自由主義がテロを招いたんだよな…
名前とはネームのことだ! @sinisehonkegans 2018年5月7日
まあ匙加減の問題もあるんだけどね。 日本も雇用を守るために公共事業を継続してきたけど、結局持続できなくて政策転換をせまられたりしたわけで。まあ好景気に積極的な公共事業を行う大チョンボもあったわけだけど。
平田凡斎 @HBonsai 2018年5月7日
皆さん、IMFをdisりたくなる気持ちはわかりますが(私もそういう気持ちですし、怒らない人は人間じゃないと思いますが)、アイスランドのようにやれば危機を切り抜けられる可能性があるということも頭に入れておいてくださいね。ネガティブバイアスに屈してはなりませんよ!
ちょぎり手⋈🌹 @dangomusi_x 2018年5月7日
世界第二位の出資金を背景としてIMFは日本の財務省の天下り先になっていて、IMFのナンバー2である副専務理事なってますよ。 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160628/dms1606280830003-n1.htm
黒いぐら @kuroigura 2018年5月7日
よれよれの赤線が気になる
前田敦司 @maeda 2018年5月7日
合わせて読みたい「緊縮策という病」https://www.amazon.co.jp/dp/4757123418 「不況は人災です!」https://www.amazon.co.jp/dp/4480864032
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2018年5月7日
IMFのやり方は悪いかもしれんが、そこから借りざるを得ない状況に陥った責任は誰にあるのかというのは考えなきゃいけないよね。まあその責任者っぽい政治家を吊るしてもお金は湧いてはこないけど。
くらたや書房 @kurataya_book 2018年5月7日
国内外問わず「銀行(金貸し)がケチ」ってのスゴイヤバイ問題よね
neologcutter @neologcuter 2018年5月7日
「無駄を省く」とか「清貧」とか聞こえはいいが、緊縮財政なんて「事業仕分け」同様に意味がない(「変えた」というパフォーマンスでしかない)よね。
neologcutter @neologcuter 2018年5月7日
水道管:老朽化が進行 1割以上が「期限切れ」 https://mainichi.jp/articles/20151231/k00/00m/040/126000c ←これでも「公共事業はムダ」と思ってる人の多いこと。滅びろ緊縮財政。
七篠権兵衛 @senri_mushroom 2018年5月7日
昔のIMFって、考え方が破綻した企業に送り込まれた銀行の役員って感じなんですよね。いかに成長路線に戻すかではなく、いかに資産を叩き売って貸したカネを返させるかしか考えてないっていう・・・
前田敦司 @maeda 2018年5月7日
日本やアメリカのように自国通貨建てで国債が発行できる国だと,なにかとち狂ってわざと(債務に上限を付けるとか)やらない限り不履行に陥ることはありえない https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm けど,「自国通貨」を持たないEU諸国はそうはいかない.
前田敦司 @maeda 2018年5月7日
また,EUという「究極の固定相場制」のもとでは独立した金融政策が行えない.IMFが押し付けたのは実質的に,激しい失業を伴う賃下げ(デフレ)で輸出競争力を回復させる「内的減価」と呼ばれる緊縮策. https://t.co/CaX8dIAQ4I http://htn.to/3UkCycqP
地下猫 @tikani_nemuru_M 2018年5月7日
この本はマジにおすすめです。興味を持たれた方は、社会疫学関連の書籍をお読みになるとよいと思いまする。http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03214_01
すんすけ @tyuusyo 2018年5月8日
水野忠邦・鳥居耀蔵「俺達がそんなにバカじゃなかったことが証明されたな!IMFも俺らと同じじゃないか!」
catch__23 @catch__23 2018年5月9日
橋本龍太郎内閣の失政が日本の自殺者を8000人増やしたと思っているので、勉強に読ませていただきます。
けむのひと @qemur 2018年5月9日
アメリカのスパイ組織が諸悪の根源だと読んで、まあ、そりゃそうだよなと思ってたらIMF違いだったでござる _(:3 」∠)_