【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

表紙・挿絵担当の作者へ「原稿料はそのままで電子書籍分の印税これからは無しです」という連絡が来た事に対する反響

表紙・挿絵を担当していた作者さんに、今まで原稿料とは別に電気書籍販売分の印税が払われてたのが、今回の連絡以降に出版する電気書籍分は印税ゼロ扱いになります、と出版社から連絡が来た事から電子書籍の印税に対する応答や反応です。 細かい部分での差異は、作者や出版社・漫画と小説とイラストレーションとで色々変わるだろうというのはありますが、今まで出来ていた事が出来なくなる、出来なくなった代わりの条件提示がなかった点において出版社の厳しい現在が感じれてしまいます。
電気書籍 坂本あきら 印税ゼロ 印税
cu6gane 13857view 55コメント
49
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(46)

コメント

  • 言葉使い @tennteke 9日前
    本来なら、本の紹介であっても著作権者の承諾なく書影をネットにアップするのは著作権違反(その絵の評論とかじゃないから)のはず、と書いたら(アフィリエイトはその社が「このリンクを使ってください」をしている)「そんな杓子定規に」「それじゃ出版文化が」と言う人が多く、最近法改正されて本の紹介なら許可なく書影をアップしてもよくなったという人がいて、日本社会はそんなに表紙絵の人が権利を行使するのが嫌なのかと。
  • たけ爺 @take_ji 9日前
    原稿料と印税と言っているから混乱して、出版社がと噛み付く人もいるが、”固定料金”なのか”従量制料金”なのか”固定額+一定量を越えると従量制”なのかという問題。 どれも一長一短、場合によってはシステムが変わるのは仕方がない。
  • 言葉使い @tennteke 9日前
    昔は好きになった音楽家の曲をレコードからテープに落として周囲に配りまくったことを武勇伝にしている人が多かったけど、ネットで書影撮影して本の紹介やってる人はそれと同じ。リスペクトの問題なのか法律の問題なのか解らんが。
  • ヘルヴォルト @hervort 9日前
    まるで意味が分からない。印税は印税だろ払えよ
  • ヘルヴォルト @hervort 9日前
    クリエイターに金が回らないとクリエイターを目指す分母が減り、有能なクリエイターが現れる可能性も減るんだよ
  • ドキドキへるぺす @dkdkhrps 8日前
    せめてタイトルは見直しましょうよ…😔💦
  • たけ爺 @take_ji 8日前
    ”固定料金(初回原稿料)のみで、従量加算分(印税)を撤廃しました”、これを横暴と言い出したら、今ある各種サービスの『”初期料金のみ・固定料金のみ使い放題”制度も全部撤廃し、従量加算部分も必ず徴収すべき』という話になる
  • たけ爺 @take_ji 8日前
    嫌なら”私は従量加算しか認めない”と契約相手を変えるしかない。その自由は認められている。
  • シズマル@ゲーム専用垢 @shizzumaru 8日前
    電子書籍の売上が下がったから電子媒体の印税無くします←分かる 紙媒体の売上が下がったから電子媒体の印税無くします←何でだよ
  • 平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 8日前
    電子書籍の媒体データーの取得・閲覧権利が完全にユーザーの手元に来るなら正当に評価する。それが出来ないから、今の評価なんだよねぇ……。 RT 電子書籍をもっと正当に評価してほしいなぁ。
  • moxid @moxidoxide 8日前
    日本には報酬減らして人材に逃げられる自由があるからな
  • しょーた @shota243 8日前
    「電気書籍」というまとめタイトルに釣られたでござる。
  • tamama @tamama666 8日前
    hervort 小説のイラストや挿絵は元々、印税貰えず買い切りも多いので単に今までは紙の収益からイラストレータにも印税払えてたけど、他の多くのとこと同じく払えなくなった系の話なので仕方ないというかなんというか・・
  • せんたく @senn_taku 8日前
    部屋狭いから電子買っちゃう。紙も好きなんだけど、限られたスペースとの兼ね合いでどうにもね…
  • ですの @_desuno_ 8日前
    安物仕事断ってイラスト付かなくなる小説への心配するなら同様に安物仕事受けた実績作って今後の同業者に同じ価格での交渉がされる世界になることも心配するべきですけどね、ダンピングの実績は自分だけ我慢すればの世界じゃなく業界もろとも巻き込む覚悟で行う所業です
  • sonemi @sonemi3 8日前
    電子書籍派は案外、挿絵いらない派が多いので挿絵がないと読者が激減って考えなくてもいいような。どこに挿絵があるか何となくわかる紙媒体と違って、電子媒体は油断するといきなり挿絵がどーんと画面に大きく出てくるので困る
  • kudamakikkk @kudamakikkk 8日前
    印税上乗せした挿絵アリverと数円安い一切挿絵の無いverを売ればイインダヨ
  • @drydog_jp 8日前
    創作者が増えて、頒布にかかるコストがさがると、必ずや過当競争が発生する。 この現象を解消出来たケースを私は知らない
  • tamama @tamama666 8日前
    kudamakikkk すでにガガガ文庫とか挿絵のない廉価版を挿絵のある完全版の半額くらいの価格で売ってたりしますよ
  • 夜行ぬえ @yagyou 8日前
    うーんコレOKにしたら「表紙デザイン」の人は仕事がなり立たなくなるのでは……
  • 野良・えもん @dora_factory 8日前
    この人はそれほど原稿料に不満はないようなので、それでもいいやってくらい電子書籍の売上が低いのかねえ? 流れ的にはむしろ原稿料減らしてもいいから電書の印税を確保するかと思ったが。
  • 野良・えもん @dora_factory 8日前
    yagyou 表紙デザインは普通は印税じゃなくて印刷屋みたいに製作費という形で支給されるので問題ない。
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 8日前
    こうなって来るとイラストレーターの年間契約制みたいなのもアリかな。作品ごとの原稿料とは別に補填報酬的な。版元側も専属契約で子飼いに出来るほど余裕ないので、年間50万円とかで「今年は5社契約だからか忙しいけどちょっと余裕」「来年はランクが上がって100万クラスの3社なので一作に時間がかけられる」とか。複数レーベルに執筆なのに、同系列なので年契は1社分しかもらえないよとか問題も生じるかしれないけど。
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 8日前
    既にそういうのあるのかしれないけど。紙の本の挿絵だとストーリーの進行に沿って「○○の登場」とか「××との対決」とか一枚絵なのが。電子のラノベだったらキャラデザ画像集、メカデザイン&建物CG集、MAP等に代られて、背景まで彩色したイラストはなしで良いよ……というのも出て来たり。そうするとアニメやゲームのデザイナーで一枚絵の仕事をしてなかった人へのオファーも生じたり。イラストの代りにツッコミや裏設定の四コマ漫画というのもあったり。
  • ねこ博士 @kazukazu_ex 8日前
    電子書籍は売れるごと印税振り込まなきゃ〜ってのがあったけど、別にそんなん売れた数把握しときゃ一ヶ月ごとでも半年ごとでもいいと思うんだが、法的な問題?
  • イチロウ @ichiro_wiz 8日前
    よくそんな契約合意したなぁ、って印象しかない
  • 腐ってもエビ@FMを聴け @kusattemoevill 8日前
    Yabe_MiHiRo 「年で縛る」というのがザックリ過ぎて仕事の分量がわからなさ過ぎる(作品単位での契約ならわかるけどそれでも都度契約する現状のままでいい)のと、年間50万でデザイン仕事は明らかに安いのと、作業量無際限だとただの派遣労働問題の亜種でしかなくなるという
  • 読み猫 @yomi_nekox 8日前
    電子書籍のほうが儲かるはずだが……?なぜ納得する?
  • ヒロセジロウ✏️ @denjiro13 8日前
    いったん減らすのに合意すると、増やしてもらうのはたいへんだよ
  • ぷらずまわい @plaxma_y 8日前
    「きかんしゃやえもん」の挿絵は買い取り契約で印税がなかったので気の毒に思った阿川弘之が岡部冬彦にお中元お歳暮を欠かさず贈っていたとご子息の岡部いさく先生がツイートされてましたね。
  • ぷらずまわい @plaxma_y 8日前
    確か印税が付くように契約変更になったとも(うろ覚えなのでソースなし)
  • ざっぷ @zap3 8日前
    電子書籍のほうが儲かるとか言われても、会社が儲かってなかったら切るか払わないかの二択になっちゃう(出版の方を切るというデカいナタは振れない)、という話だろうとしか。もちろん甘んじて受けるしかないっつってんじゃないよ。ただ「最初に仕事を引き受けるときの話」と「引き受けて原稿料ももらい電子出版もされたけど電子書籍への予算がカットされる方針になった」ときの選択肢、だから金がねぇんだよ金が、としか。中にも書かれているように選択肢は乏しいけど交渉の機会がなかったわけではない。
  • 山本進(Susumu Yamamoto) @vasrung09289 8日前
    そこは電子版も込みで支払うのが筋ってもんでしょうに……出版不況だからしゃあないのかね? う~ん、キッツいなぁ💦……などと、無職は思います。m(_ _)m
  • 野良・えもん @dora_factory 8日前
    shizzumaru いちおうその「なんでだよ」にマジレスすると、電書って売上印税だから「各サイトの売上計上待ち+サイトによって印税額が違う+サイト独自のセールをすると印税額が変わる」と作者に払うまで結構手間がかかる。全体の売上が下がってどうしても製作費を抑えたい場合、原稿料●万円と決まってるのを落とすより、電書の印税は全額会社にで手間をはぶいた方が結果的に制作者の懐に入る額が大きくなる場合がある、という思惑があってもおかしくはない。
  • 田中 @suckminesuck 8日前
    何度聞いても表紙と挿絵のイラストレーターに印税いくのがそもそも変な感じするわ
  • 古橋 @FuruhasiYuu 8日前
    紙だ電子だって言ってるけどこれ本質的にはソコにはあんまり関係無くて、ようするに「売れないから安い契約にさせてよ」って事ですよね。紙と電子は売上的には別扱いの包括的な契約になってるんだとは思いますけど。
  • neologcutter @neologcut_er 7日前
    紙媒体なんて運ぶの面倒で印刷コストもかかるうえに、返本処理がいろんな意味で面倒じゃんか?それ減らして電子媒体メインにした方がまだよくね?紙媒体にこだわるの時代遅れじゃね?
  • neologcutter @neologcut_er 7日前
    もう漫画描いてる人が直接出版してコミケまたは通販で売り捌いた方が良いような気がしてきた。出版社なんてアンコかます必要性が薄くなってきたし…
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    kusattemoevill そもそも「年で縛る」などとは書き込んでません。「原稿料+印税であったのが稿料のみになる」という話に対して、「では作品ごとの原稿料に版元が多少なりともプラスアルファしてあげなければなりたたないか?」という内容です。500万とか1000万とかで囲える余裕は出版社にないだろうけど、1社が何十万程度でも複数の出版社と(専属ではない)契約して仕事が途切れても年度内はどうにか…な態勢はできないものかと。「年間いくらで作業量無際限」って、そういうのは普通、年俸制って言いませんか?
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    契約金というとプロ野球のように仕事を開始する時に年俸とは別に支払われて、5年でも6年でもそのまま追加なしでしょうから、年間契約制という言い方をしました。「これから1年間、御社からの仕事に対応します」で原稿料とは別に毎年貰えたら良いのでは…と。現在でも同様なのかは知りませんが漫画家の場合、大手出版社で専属契約すると雑誌掲載が一度もなくても少額ながら専属料が支給される(ただし細かい条件がうるさかったり、仕事がない時に他社からオファーがあっても断らねばならず、あまり歓迎されてないとは話に聞いてます)。
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    まったく根拠はありませんけど、年間契約制なら1枚も描かなくてもいくらかは振り込まれているわけで、そうなると編集者側も「それじゃもったいないから、ウチの仕事しろ」と原稿料につながる作品依頼につながりやすくなるのではないか…と単純に思ったんですが。IT企業なんかが自社サイトで「主な取引先」と掲載してるように、「原稿依頼はWebからでもどうぞ」というイラストレーターがサンプルに自作の画や代表作履歴をアップするだけでなく、「現在の顧客」を表示することで信頼性もアピールできたりするのではないかと。
  • 腐ってもエビ@FMを聴け @kusattemoevill 7日前
    Yabe_MiHiRo どちらにしてもおっしゃってる内容だと「原稿料上乗せでいいのでは?」という印象です。漫画の専属契約のようなデメリットも言及されてるとおりですし、「x年間、御社の仕事を請けます」というのはやはりざっくりしすぎてイラストレーター側の負担になりかねないので。点数などで絞るのはケースバイケースすぎて契約揉めの原因になりそうな気しかしないですし、他の制限もちょっと思いつきません
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    kusattemoevill 早々のコメントどうもです。「どちらにしても」というのは「私が、イラストレーターを年で縛り、明らかな低額で無制限仕事を提言したのであっても、なくてもどちらもでも大差はない」ということでしょうか? 誤解を受けたようなので、何とかわかってもらえたかな…と思ったのですが、ちょっと残念です。『「原稿料上乗せでいいのでは?」という印象』なのは、元々が「原稿料に不満があるわけではないけれど、もうちょっと…」という話でしたから、そういう内容の書き込みでも御容赦ください。
  • 野良・えもん @dora_factory 7日前
    Yabe_MiHiRo ライターやデザイナーでそういう契約でやってる人はいるけど、あくまで日常的に細かい業務が発生するような職種に対してのやり方。だからイラストレーターが相手でってのは聞いたことない。1コマカット描きのイラストレーターとかならあるかもしれないけど、ラノベ表紙や漫画家相手だとないと思う。
  • 腐ってもエビ@FMを聴け @kusattemoevill 7日前
    Yabe_MiHiRo 単純に、双方に旨味がないのでその商慣習自体が続かないと思うんですよ。複数社とこの契約を交わした場合、依頼量に対して作業量が超過したときに契約先からの依頼優先順位をどうつけるのかという問題がありますし、その裁量権を依頼する側が持てないなら年間契約する意味がない。依頼される側も自由が制限されますし、それに合わせてラノベ執筆者など共同作業者への皺寄せも予想されます
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    dora_factory 基本的に請負に近く、準委任っぽくはないでしょうからねぇ。業態として実質的に。依頼する側としては一年間を通してどうのこうのよりも、オファーから納期までの間にどれだけのことが出来るかであって。
  • 谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 7日前
    kusattemoevill 「その商慣習自体が続かないと思うんですよ」…はい。正直言ってそう思います。続くどころか成立するかも危うい。ただ「今まで原稿料とは別に電気書籍販売分の印税が払われてたのが、今回の連絡以降に出版する電気書籍分は印税ゼロ扱い」という話なので、ならば原稿料とは別で支給金というのもアリかな? と思っただけのことです。「裁量権を依頼する側が持てないなら年間契約する意味がない」…制作側として機会があれば是非とも使いたい画師の選択肢をキープする程度で、社とすればまったく意味がないでしょう。
  • オペル・シグナム @StrikerS_Signum 7日前
    電子書籍版の印税は払わない。と言うのなら、挿絵は全て外せよ。って思うわ。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 7日前
    「表紙・挿絵を担当していた作者」さんに印税払うって話は、リアル書籍では聞いたことないんですが。電子書籍の場合は「繰り返しますが、原稿料は頂いてますよ」と言ってるんだけど、印税でイラストの人に払ってるところあるの?
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 7日前
    えーと、イラストの人はどうすれば印税がもらえるようになるかというと、イラスト集を作ればもらえます…。
  • Takuji Minami @yamaqsha373 7日前
    小説関連で知ってる範囲だと電子化許諾の際にイラスト使用料を新たに払って電子書籍の印税は無しで合意書投げてたのはあった。
  • 3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 6日前
    まあ、ご本人が納得しているならそれでいんじゃねえの案件。そもそも、挿絵に印税って話自体が聞かない話だしなあ。
  • NTB006 @NTB006 6日前
    挿絵に印税自体は、複数の人に聞いた事あるからそれなりにあるんじゃないかな。原稿料+印税か、原稿料高め印税なしか選べた。って話を昔聞いた。
  • 名前とはネームのことだ! @sinisehonkegans 4日前
    著作権の買い切りならわからんでもないが、途中で契約内容を不利変更するのは法律に触れそうだな

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする