7
七百七十四A十六 @774a16
さて、視聴感想。トランスフォーマー2010を今回から取り上げていきたいと思いますが……この2010は第1話冒頭から大分時系列が飛んでいるとのことで、その時系列を埋める、いわばコンボイからロディマスコンボイへ、メガトロンからガルバトロンへ移り変わる戦いを描いた劇場版こと pic.twitter.com/255ZFM4xsO
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
ザ・ムービーを取り上げていきたいと思います。このザ・ムービーについてですが何といいますか、ある意味トランスフォーマーの映像作品の切り札ではないでしょうか?と思えるクオリティの高さに注目ですね。どうやら当時アメリカで40億ほどと破格の予算が注ぎこまれたようですが、どれだけ予算を
七百七十四A十六 @774a16
注ぎ込んでも半分余ってしまったという、とんでもないほどの予算。それだけに作画クオリティは日本のロボットアニメでももしかしたら有数ではないでしょうかと思えるもので、トランスフォームの作画も実に滑らかで…… twitter.com/nanashiborger/…
七百七十四A十六 @774a16
戦闘シーンの作画などでエフェクト、影演出も大分極まってきていると感じずには要られません。このメガトロン様の逆光が本当に格好良いのですが、影の演出も所々イカしていて…… twitter.com/nanashiborger/…
七百七十四A十六 @774a16
影の演出も最高にイカしている。森下&山内両氏の星矢師弟コンビの監督作品の他、作監がマジンガーZ対暗黒大将軍の角田紘一氏、作監補佐・原画では70年代東映動画ロボットアニメで馴染みのある森利夫、兼森義則両氏や、レザリオンの越智一裕氏、ゲッター號の加々美高浩、大倉雅彦両氏といった pic.twitter.com/CMLVRjQ4fw
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
70〜90年代までの東映動画ロボットアニメに参加された方の名前が結構多い。ただ作画クオリティが超絶なレベルに昇華されているといっても、デザインへは特に手を加えられておらず、トランスフォームも専用のバンクがあるとかではなく劇中の動作として扱われる事に変わりはない。だがそれで良いのだと twitter.com/nanashiborger/…
七百七十四A十六 @774a16
個人的に思える所。この作品について私は原作のTVシリーズの土台に手を加えることなく、とんでもない額の予算によって日本の作画スタッフのリミッターを解除して、アニメーションのクオリティを極限まで底上げすることに成功した作品ではないかと思う。東映動画のロボットアニメとしてもこれほど
七百七十四A十六 @774a16
クオリティの高い作品はない。そして無印から2010へ登場人物が入れ替わる為かサイバトロンの面々から結構犠牲者が出てくる。TVシリーズでは修理すれば何とかなるパターンが殆どだったが、今回はそうならない。アイアンハイドやバンブル、ボイルジャックなどの面々がデストロンに敗れ散っていく辺りは pic.twitter.com/QcliQxkejy
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
TVシリーズとのノリの違いに思わず驚くかもしれない。コンボイもメガトロンとの一騎討ちで両者道連れのように深手を負い、マトリクスをウルトラマグナス、ホットロディマスに託して事切れてしまう。このコンボイ司令官の最期でピークを感じるが、今作でサイバトロンがセイバートロン星をデストロンに pic.twitter.com/aVHkoVBlJ8
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
乗っ取られており、サイバトロンは故郷の奪回も戦う目的にしているといったレジスタンス的な色合いも強い。その点を考えるとサイバトロンから結構犠牲者が出てくる展開も盛り上がりに貢献していると思う所。デストロン側では犠牲者は少ないが、深手を負ったメガトロンを放逐してスタースクリームが pic.twitter.com/MN4oPlxarP
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
支配者に君臨しようとするも、ユニクロンから与えられた力でガルバトロンとしてパワーアップしたメガトロン様の前に為すすべもなく……今までなんだかんだ裏切り行為を許容されていたTVシリーズと異なり劇場版は容赦なく一発で仕留めるといった空気の違いを感じさせられる。だがこうシリアスでハードな twitter.com/nanashiborger/…
七百七十四A十六 @774a16
雰囲気ながら、TVシリーズらしいテンポ良い展開と、ダイノボットの面々が相変わらずユルいノリを漂わせる面々であったり、今作で登場するジャンキオン族が宇宙テレビで覚えたそうだが、日本語でおけと言わざるを得ないようなシュールなセリフ回しだったりと、登場人物のやり取りは本家と然程 pic.twitter.com/G61gKq96Hb
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
変わらないユーモア漂うノリになっており、その点で本家トランスフォーマーからの劇場版と安心させられるものもある。そしてストーリーはセイバートロン星の奪回までの中で、ホットロディマスがマトリクスを受け継いでロディマスコンボイとして成長を遂げていく。元々彼はチャーから暴走族と呼ばれる pic.twitter.com/SOz2te18F8
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
ような気性の結構荒い人物。またコンボイとメガトロンの一騎討ちでメガトロンが命乞いして時間を稼ぎながら、反撃の為銃をひそかに手にしようとするのを目撃して、彼を止めようととびかかるが間に合わず、コンボイが致命傷を負う一因を作ってしまうなど未熟な面もあり pic.twitter.com/fayNbPzZEj
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
どちらかといえば、思慮深いウルトラマグナスが実質リーダーっぽかったが、彼ではマトリクスが発動されなかったので、ガルバトロンに奪われてしまう。そのマトリクスを奪い返したホットロディマスが発動させたことで、ロディマスコンボイへと進化を遂げる訳だが、ウルトラマグナスではできなかった点や pic.twitter.com/O0oMPN5VrU
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
ホットロディマスがコンボイを名乗るのにふさわしい資格などを掘り下げてももう少しよかったかもしれない。またガルバトロンがユニクロンに復活させられるものの、彼はユニクロンをも敵だとみなしていた所、彼の力に恐れをなして直ぐ従うそぶりをしたり、マトリクスでユニクロンを操ろうとしたのが
七百七十四A十六 @774a16
バレて、ユニクロンにセイバートロン星を滅ぼす決意をさせてしまったり……ガルバトロンは少しとほほな面もあるかもしれない。ただこの辺りは相手のユニクロンが惑星から変形するトランスフォーマーとしてもう規模が違いすぎ、最終的なラスボスに君臨するだけの貫禄が既にあるので仕方がないと twitter.com/nanashiborger/…
七百七十四A十六 @774a16
擁護できる点も大きい、ホットロディマスの件も、コンボイの死後なんだかんだリーダーとしてふるまえている姿の方が多く、彼に問題があるというわけでもなく、ウルトラマグナスも一応返り討ちにされても救出が間に合ってるのでこの辺りの短所は然程気にするものでもないかと。この作品について
七百七十四A十六 @774a16
コンボイからロディマスコンボイ、メガトロンからガルバトロンへ移行するミッシングリンク、そして犠牲者も出てくる双方の激しい戦いから、惑星そのものが変形してセイバートロン星を滅ぼそうとするユニクロンを相手にホットロディマスがマトリクスを発動させて仕留め、宇宙を一つに pic.twitter.com/BlMJcWUgRR
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
統一するまでの戦いと非常にシンプルにテンポよくまとめられている。本家トランスフォーマーさながらの軽妙な掛け合いやユルいノリもところどころ建材ながら、ハードな路線もやってのけているバランス、また日本の作画スタッフのリミッターが解除されたような超絶レベルのクオリティを堪能する
七百七十四A十六 @774a16
作品として一級品だろう。日米合作としては日本側は基本アニメの作画・演出セクションのみの参加っぽく、アメリカが主導権を握っていることから本家トランスフォーマーとの作風の乖離も防げているのかもしれない。しかしこの作品について当時諸事情(TVシリーズとの契約の相違との説があるそうだが)
七百七十四A十六 @774a16
真相は藪の中のまま。後年ビデオ発売やチャリティー上映などで日の目をみたものの、もし当時日本でも公開されていたらその後ロボットアニメやトランスフォーマーシリーズはどうなったのだろう?そう思わせるだけのクオリティはあり、ロボットアニメの劇場作品としても一級品のクオリティと評したい
七百七十四A十六 @774a16
一応一度DVDが発売されたものの、再販することなくプレミアがついてしまい動画配信もないというのが残念だ。海外では容易にみられるそうだが国内でなんらか解禁されてほしいと願いたい。とそんな感じでザ・ムービーはこのくらい。次回から2010を書いていく
七百七十四A十六 @774a16
続いてトランスフォーマー2010から第1~4話までを書いていきたい。前作と同じノリかといえばそういう訳でもなく、こちらでは最初から連続性の強い話で物語を進めている。演出的には毎回キャラクターが出てくるとテロップが挿入されるようになる。少しくどいが結構キャラクターを覚えられない私としては pic.twitter.com/EQOH7VpVPq
 拡大
 拡大
七百七十四A十六 @774a16
こっちの方がありがたいかもしれない。ただ作画レベルは前作より若干落ちるのはあるかもしれない。何やら2010への製作費が同期に東映動画の手がけていた星矢に回されていたっぽいらしい。音楽惑星の挑戦が凄いレベルの作画になっていたそうだが…… pic.twitter.com/I27O3yCdo8
 拡大
 拡大
残りを読む(95)

コメント

ten @tenkais 2018年5月17日
作画は丁寧なのに、日本でオリジナルから2010への展開があんな雑になったのが残念。
18a7 @774a16 2018年5月18日
第1~4話までの感想を追加しました。
18a7 @774a16 2018年5月20日
第5~8話までの感想を追加しました。
keno58‘ @Keno_S58 2018年5月20日
6話に出てきたファカディ、モデルは当時のカダフィ大佐ですね。
18a7 @774a16 2018年5月22日
第9~12話までの感想を追加しました
18a7 @774a16 2018年5月26日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2018年5月27日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2018年5月27日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2018年6月3日
まとめを更新しました。
18a7 @774a16 2018年6月4日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする