【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

デザイナーはAIに仕事を奪われない話

好きなことが仕事になる幸せ。すぴかあやかさんの絵がかわいい
デザイン 人工知能
4777view 66コメント
16
ログインして広告を非表示にする
すぴかあやか(角田綾佳) @spicagraph 2018-06-11 22:46:49
MTDDCでお話ししたことの一部、「今やっているような仕事はなくなると」と言われた時に思い出す、子どもの頃の父の言葉 pic.twitter.com/HUpeqVo6rP
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
ムラケン@ベトナムホーチ民 @aaanosuke0927 2018-06-11 22:56:26
ぶっちゃけ、脳内にプラグ差し込んで、AIが勝手に自分の漫画描いてくれる世界にまでなってほしい。 twitter.com/spicagraph/sta…
まいのこ🎀デザインと心理 @CreamyMainoko 2018-06-11 23:24:48
@spicagraph AIが超効率化してくれたら、もっと楽しくラクに制作できるので問題ないと思ってますw
すぴかあやか(角田綾佳) @spicagraph 2018-06-11 23:25:38
@CreamyMainoko 素晴らしい理解ですね!すでに多分に恩恵受けてると思いますし
野中 文雄 @FumioNonaka 2018-06-11 23:47:03
若い人はあまり具体的な職種を絞らない方がよい。 私自身は、学部を卒業するとき、研究者の道は諦めた。競うレベルが違うと。そして今、webの技術を教えたり、解説を書いたりしている。実は画期的な研究成果を上げたかったのではなく、むずかしげな知識をわかりやすく説明するのが好きだったようだ。 twitter.com/spicagraph/sta…
トミー@ビーハヴ @yosuke_tomisawa 2018-06-12 00:42:22
@spicagraph 新しいツールや作業環境は変わっても作り手の情熱は変わりませんね!
すぴかあやか(角田綾佳) @spicagraph 2018-06-12 01:36:15
@yosuke_tomisawa もちろんそれだけではダメですが、大事な要素ですよね
メタモンのかどちょ / Web @kadocho12 2018-06-12 01:41:35
純粋に絵もセリフも可愛すぎる。。この人は魔法使いだ。 twitter.com/spicagraph/sta…

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2018-06-12 18:54:13
たとえば絵を描く仕事、写真が普及したことで写実性が必要な仕事(たとえば報道写真、商品画像、顕微鏡写真や偵察写真など)からは駆逐されちゃったように、やはり技術が進めば全く同じ仕事の形態ではなくなると思う。
山本進(Susumu Yamamoto) @vasrung09289 2018-06-12 21:35:10
過去の巨匠の画の癖を元に……って技術とかありませんでしたっけ? ……まぁ、奪われないようにするには切磋琢磨するしか💦
UNI勢と化した深月 慧 @Key_Hukatuki 2018-06-12 21:36:41
AIに人間のような発想ができるかと言われれば…小説書いてたけど
TgrxFZ9Y3 @Y3Fz9 2018-06-12 21:50:34
AIが労働者になる内はいい。消費者になった時の問題まで考えてる人を余り見ない。その時にAIから人類は必要とされているだろうか?必要のない人類は?
倉瀬美都 @clausemitz 2018-06-13 01:24:35
AIを過大評価してる人がいるけど、実際のところ、AIって万能じゃないてのわかってない人が多すぎだよね。フレーム問題とか知らないんだろうし。
テレジアさん(Theresia) @Theresia 2018-06-14 01:17:26
遠い将来は、AIに作らせたものを人間がチョイスやリテイクするアートディレクター的な職業になると思う。
17044 @ito4A 2018-06-14 17:01:04
なるにしても段階的だろうから、その過程で然るべき職種に収まっていくよね
二尾狐(にびこ) @dualfoxy 2018-06-14 21:16:55
才能があれば仕事を奪われない。この人にはたまたま才能があったので今も続いてる。シンプルにそれだけ。
新しい名前が思いつきません @NewName_NoIdea 2018-06-15 00:03:10
Y3Fz9 AIが消費者って一体どのような状態を想定なさっていますか?
gaheki @gaheki 2018-06-15 01:17:58
どれだけ発展しようが便利さが増すだけであくまで「道具」の域は越えられないよ
丁 了 @hinoto_ryo 2018-06-15 08:04:15
例え強いAIが登場したとしても、それが敵対するわけではないでしょう。デザイナーを必要とする客からしても、「人間のみ」より「人間+強いAI」の方を雇いたがるはずです。「人間のみ」雇ったとしたら、商売敵が「人間+強いAI」を取り入れていた場合に不利となるでしょうから なお現状のAIは全て弱いAIなので道具として巧くお使いください
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2018-06-15 09:23:17
“でも、作るの楽しい”の時に冷や汗みたいのをかいてるのはなぜなの
TgrxFZ9Y3 @Y3Fz9 2018-06-24 00:33:42
NewName_NoIdea 感情を持って争える自由を得た状態。
TgrxFZ9Y3 @Y3Fz9 2018-07-03 23:23:21
創造主が死んでも自活できる能力。これを得た時、ヒトから独立してる。アルファ碁を作った人たちが作りたいと言ってるヒトとは、図らずもそういうもの。道具のままだと楽観的に考えてる人たちは、物言わぬ道具が解放されたことを知らないのだろうか?当時、奴隷は道具とされていたのだ。どうして反逆しないと言えるだろうか?作ろうとしてるのはヒトなのに。
夢追い人 @inugamibachelor 2018-08-03 22:49:20
Neko_Sencho 諏訪敦のような写実画家はまだ残っています。写実画は普通の絵画とは違い業界内でも需要が高いそうですよ。機械しかできない精巧な技を人間ができる事にプレミアムが付く、それがアートの世界なんです。
nekosencho @Neko_Sencho 2018-08-04 07:27:23
inugamibachelor では、あなたが旅の思い出を残そうってときにその人を連れて行きますか? スポーツ選手のフォーム修正の参考画像を彼に描かせますか? 手軽に何千枚でも非熟練者でも精密画像を一瞬で作れるところに写真の優位さがあります。 今、写実的な画像を人間に描かせるのは、よほど金と時間に余裕のあり、現実に即してなくてもかまわない場合、つまり「芸術」だけですよ。
nekosencho @Neko_Sencho 2018-08-04 07:35:35
写真以前は、旅行先の風景を残すのも、軍隊の偵察なども、歴史の事件を残すのも、人物の風貌を記録するのも絵描きの仕事でした。 そういう、「正確な記録」の分野からは、人間の絵描きはほぼ完膚なきまでに駆逐されました。 残ってるのは法廷のような、写真を撮ることが禁止されてる場くらいのものです。
夢追い人 @inugamibachelor 24日前
Neko_Sencho そうですね、かけた手間暇が作品のプラスアルファとして加味されるのは芸術の世界だけです。ある種、特殊な世界だと言ってもいい。芸術にはあなたがおっしゃったような実用的な側面と、僕が言ったような芸術的な側面の二つの側面が存在します。
夢追い人 @inugamibachelor 24日前
Neko_Sencho このプラスアルファを剰余価値としましょうか。人が求める作品へ価値は、中世からの美術史を紐解いて鑑みるに、100年そこらじゃ変わりません。いずれデザイン業界も機械に代替される日がくるかもしれませんね。それでも、人が創造した剰余価値を有する"芸術としてのデザイン"は無くならないんじゃないですか?という話です。
nekosencho @Neko_Sencho 24日前
絵には、芸術以外にもたくさんの使い道、仕事、そういうのがあったのですが、芸術以外からは駆逐された、そういう話ですよ? 「芸術」という、唯一残された観点から見ればまだ値打ちがある、そりゃ当然です。 でも、記録という観点からみればその値打ちは激減してますし、仕事の口もほとんどない。わかりますよね?
nekosencho @Neko_Sencho 24日前
他の例で言えば、馬が産業から駆逐されたようなものです。 今でも競馬や乗馬など馬の価値はありますが、さあこの荷物を工場まで運んでくれってときに馬を使うバカはいないでしょう。 絵も同様、この場の正確な記録を残そうぜってときに絵描きを呼んでくるのは特殊な場合だけです。
夢追い人 @inugamibachelor 24日前
Neko_Sencho 「芸術以外から駆逐された」という主張は、現在において商業的に活動されてらっしゃるイラストレーターさんやデザイナーさんが存在する時点で矛盾しますね。
夢追い人 @inugamibachelor 24日前
Neko_Sencho 絵の存在理由は記録を残す用途に限りません。政治や社会に対する啓蒙や企業の広告等にも用いられています。写実的な記録という一つの特定の用途をもって絵の仕事が無くなると断じるあなたの主張は結論を先急ぎすぎでは?と思います。もっと大きな視点をもって考察してみましょう。
nekosencho @Neko_Sencho 23日前
inugamibachelor では、報道(ヒトコマ漫画とかではなく)で絵が使われますか? 商品見本で絵が使われますか? 写真がくる前にあった絵の用途のほとんどが写真にとってかわられた事実を無視しちゃいけませんよ。
nekosencho @Neko_Sencho 23日前
技術の進歩で働き方が変わる、そういう話です。 報道で描いてた人は法廷などカメラ持ち込み不可のところ以外からは駆逐されました。 商品見本もほとんど写真です。 偵察を絵でってのも特殊な場合しかない。人の顔を記録するのも写真、建物の様子を伝えるのも写真、「付加価値が」「絵の存在理由が」と言っても写真。
nekosencho @Neko_Sencho 23日前
今生きてる人の大半は写真が現れてから後の世界に生まれたので、写真がない時代に絵が膨大な用途に使われてたのを知りません。 なので絵は写真に負けないとか思いがちだけど、それは残った「絵が有利な用途」だけ考えているからで、大半の絵の仕事は写真に負けて消え去ったのです。
nekosencho @Neko_Sencho 23日前
自分が、大半の絵の仕事が消え去った後の世界に生きてるという自覚がないんだろうなあ、この人。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
Neko_Sencho 返信ありがとうございます。私見で申し訳ないのですが、報道ではクリップ等でイラストが使われているのはよく散見いたします。商品見本でも、スーパーに行けばパッケージにイラストが用いられている商品はよく目にいたします。ほとんどの仕事がとって代わられたという件に関しては、有史以前の絵の仕事の総数と、写真が発明されてから絵の仕事の総数を比較したデータが無いので僕には分かりかねます。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
私の意見は、絵やデザインに関しては、記録媒体としての側面の他に、創造性を楽しむものとしての側面、マーケティングにおける宣伝媒体としての側面など、あらゆる側面が存在しているので、比較的創造的ではない記録媒体としての側面が無くなったとして絵の仕事が無くなると言い切れるのか?という主張でした。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
Neko_Sencho 僕がいる世界には絵の仕事をしてらっしゃる方々がまだ多数存在しているので、もしかしたら違う世界に住んでいるのかもしれません。または、個人によって見えている世界が違うだけの話かも。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
日経とか色々読んでると分かるんですけど、そもそもAIに取って代わられる分野ってのが経理や事務処理の単純作業、膨大なビックデータから予測可能な領域が筆頭格なんですよね。逆にAIに代わられない領域ってのが例えばお笑い芸人とか漫画家みたいな過度な創造性を要する分野なんですよ。で、デザインや芸術ってのはAIに取って代わられる職業の対極にあるんですよね。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
いや、どうだろうな。僕の意見もあなたの意見も予測不可能な未来事象を語ってる点で想像の域を出ないわけですから、現時点では決して結論を下すことはできませんね。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
もうここらでやめにしませんか?
@mouth0717 22日前
芸術なんて所詮大衆が選好する視覚イメージの生成技術でしかないから、むしろそっちのほうがすぐにAIに抜かされるよ。むしろ物理コストの問題で、ブルーカラーの単純労働こそが人間に残される最後の仕事になるんじゃないかな。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717「美術」を「大衆が選考する視覚イメージの精製技術」と定義するのはどうかと…。"技術"はもちろん芸術を構成する要素の一つでしょうが、芸術=技術が全て ではありませんよね。ですが、今後3Dプリンターを技術として用いて作品を仕上げる芸術家が出現する可能性は大いに考えられます。現に存在していたはず…。それと「ブルーカラーは無くならない」これはその通りだと思います。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
inugamibachelor 最初の一文「美術」じゃなくて「芸術」です。間違いました。すみません。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor 芸術的であるとはどういうことかという定義の問題はあるが、今しているのは“仕事として残るか”という話なので、マネタイズの観点から語るなら芸術は大衆ウケの技術でしかないだろう。なまじ実用的な価値がないゆえに純粋性の高い“人気取りのワザ”だよ。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 フム、収益化を図る観点からしてみれば大衆に媚びる作品を作る芸術家も存在する。それもまた事実でしょう。ただ、芸術家が金を儲けるためだけに創作するか?と考えると動機はそれだけに限定されないと思います。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
inugamibachelor 例えばスタジオジブリは株式会社ですが上場してませんよね?つまり、株式保有者に対する配当のために利益を上げる必要はない訳です。宮崎駿氏は自分の作りたいものを作ってますし、利益なんて二の次と考えてるでしょう。それでも宮崎駿氏はアニメーターとして仕事がある。自ら作品を作り続ける人にがいる限り芸術家の仕事は無くならないと思うんですよね。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
うーん…やっぱり「芸術」=「大衆受けの技術」と決めちゃうのは一側面しか見てない気がして腑に落ちないんですよねぇ…。勿論、大衆受けという側面もあるでしょう。芸術家の中にはそれを意識しちゃう人はいるでしょう。人間ですから。人気が欲しいから大衆に媚びても…と思うかもしれない。ただ、俺はそうじゃねぇ!自分の作りたいものを作る!と言って、それで評価されちゃう人もいるんですよねぇ…。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor 表現の射程と威力を高める工夫を『大衆に媚びる』ことと同一視してよいなら、芸術的であるとはすなわち大衆に媚びていることと同義でしょうね。儲けも理解者も要らないならそれはただの自閉的な趣味ですから。少なくとも“仕事”とはとても呼べない。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
人間が自発的に作品を作るのは止められないし、それを評価する人が世界に1人でも存在していて、その作品を購入するだとか、美術館に行って入場料を落とすとか、我が社のPRに使ってみたいだとか…こういう活動が世界から一切根絶されない限り、地球上から芸術家、画家、デザイナー等の仕事を消すことってできないんじゃないかなーと僕は思うんですね。
@mouth0717 22日前
宮崎駿とて、収益がなければ作りたいものも作れないだろう。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 返信ありがとうございます!僕は例え趣味から始めた活動であっても金銭が1円でも発生する限りは、それは職業として成立しうるものだと考えてます。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 収益よりも資本が無ければ…の方が正確かもしれません。
moxid @moxidoxide 22日前
AIが猛威をふるうのは間違いないけど、AIの出力したものを人間社会の文脈で整理統合提供する人の役割はなくならないので、そこまで心配しないでもいいと思うんだよね。管理職+クオリティコントロール+現代アートがやってるこれはこういう意味でと説明するアレ
@mouth0717 22日前
inugamibachelor 表現者の動機は関係ない。あなたが言っているのは“収益化する意図がなくても偶然収益化されるかもしれない”というだけの話。それならあらゆる人間の一挙手一投足は幸運にも好事家が現れてそこに金銭的価値を見いだしてくれる可能性がゼロではないから職業になりうるし、それを認めるならAIが人間から奪える仕事なんて何もないことになる。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
inugamibachelor ジブリの各期損益計算書を見て頂けると分かる通り、アニメ映画会社って毎期の利益の変動幅が大きいんですよね。利益を得ることが芸術家の活動動機として考えるなら、初めからこんな採算の取りにくい事業はしないと思うんですよ。だから、芸術家が利益のために活動すると考えるのは不十分じゃないかなと思うわけです。
@mouth0717 22日前
人はたしかに表現者であることをやめられないかもしれないが、職業芸術家として食っていくことができるかどうかは別の話。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 痛いほど分かりますよ。芸術家を夢見る人間が最初にぶち当たる壁が「それで飯を食っていけるか」だ。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
inugamibachelor 僕もそれで諦めたクチなんで偉そうなことも言えませんが、でも「芸術家がそれで飯を食っいけるか」というのは時代を問わない命題でもあるんですよね。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
inugamibachelor だからAIが台頭した未来だろうが、現代だろうが、大半の芸術家はそれだけで飯を食べているものではない。というのを前提条件としてお願いします。
cinefuk 🌀 @cinefuk 22日前
写真がなかった時代の記録絵画(リアリズム)の話をしているのに「広告カットなど、デフォルメされたイラストレーションの仕事は現代でも存在する」という話だと、まあ噛み合わないよな
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
アジェンダは「デザイナーはAIに仕事を奪われない話」なんで。まぁ、カメラ寄りの人間ならそっちの肩を持つのは当然か…。 あと、リアリズムってのは写実主義のことであって、記録絵画はまた別のものなんで。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor 倍率の話はしていない。自分が mouth0717 で言いたかったのは、AIが芸術的な表現(もしくは多くの人間にとって芸術的に見えるであろう表現、と言い換えてもいい)を、人間が作るより安く大量に生産するようになれば、大衆はもはや生身の“芸術家”を必要としなくなるだろうということ。大衆に必要とされなくなれば倍率の問題どころではなく、商売として成り立たなくなる。
@mouth0717 22日前
mouth0717 消費者は消費者で“美しいものを鑑賞したい”という欲望に忠実だから、そうなったとき”人間が作っていることに価値がある”とか甘いことは言ってくれない。
@mouth0717 22日前
mouth0717 芸術に携わる仕事自体はなくならないだろうが、いわゆるイラストレーター的な創作より、キュレーションとか潜在顧客とのマッチングが“人間に残された役割”として重要になっていくだろうし、それは“紙に描いていたものをパソコンで描くようになった”ようなツールの変化よりもっと質的な変化だろう。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717「消費者は"美しいものを鑑賞したいという欲求に忠実"」でしょうか?芸術を求める理由って人それぞれ何ですよね。例えば、作家さんの考えに触れたいとか、新しい視点に気付かされたいとか…現に僕は消費者ですけど作品に美しさは求めてないですし。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor 芸術家として“食っていけてる”人間が一定数いて、そこに自分は入れるか、倍率競争に勝ち残れるか、という意味での『食っていけるか』という話だと思ったので。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 なるほど、競争倍率としての倍率だったんですね。分かりました。
夢追い人 @inugamibachelor 22日前
mouth0717 僕も芸術に携わる仕事は無くならないと思ってます。議論していただきありがとうございました。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor コンセプトは“売り方”に属するもので、コンテンツそのものの美的な価値からすると周縁的な要素じゃないですかね。現代アートだとコンセプト偏重のものもありますが、そっちが本質だというならアートじゃなくてはじめから言論で主張すればいいし。
@mouth0717 22日前
inugamibachelor こちらこそありがとうございました。
bss @bss_w_n 22日前
んで写真に関する仕事だと、アーティスト寄りではなく広告画像などの商業写真家寄りの人の仕事は、デジカメとスマホの進化による高画質化・廉価化で、雑誌やHPに載せる程度のほどほどの画質があればいい画像は素人記者・編集者が自前で撮れるようになっちゃってカメラマンがどんどん不要になってきているという・・・
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする