「怪物と戦っていると思ったら、その正体は人間だった…」というお話の系譜等を巡る話(※ネタバレは自己責任で)

【注意:このまとめを読んだ結果、ネタバレになっても、そういうものだと思ってください】 自分では「創作系譜論」と呼んでいる、ネット上で好きな話題。今までもいろいろと保存していますが、これも保存させていただきました。こういう場合、いつもカテゴリをまたいだ議論になるのだけど…一応「マンガ」にしておきます
SF 創作論 起源 設定 初出 マンガ ストーリーテリング ネタバレ 歴史 テンプレ コメント欄も本番
119897view 271コメント
307
スレイマン @sulaymanhakiym
「敵だと思ってバリバリ殺しまくっていたら実は人だった」というのは私が知る限り『翠星のガルガンティア』と『進撃の巨人』と『ダーリン・イン・ザ・フランキス』なんですけどもっと遡ったら他に何があるのでしょうか。
カスガ @kasuga391
「バリバリ殺す」まで行くとちょっとわからないけど、「異形の怪物と思って戦っていた相手が実は人間の成れの果てだった」なら、ラヴクラフトの「洞窟に潜むもの」(1918年)か「潜み棲む恐怖」(1922年)や、その元ネタのウェルズのモーロックや灰色人が早期の例じゃないだろうか。 twitter.com/sulaymanhakiym…
カスガ @kasuga391
あとラヴクラフトにはこれとは逆に、「自分が人間だと思って怪物をバリバリ殺したら、実は自分自身も怪物の一族だった」ってパターンの話もある。
Q @life_wont_wait
@sulaymanhakiym 「ぼくらの」がすぐに思い当たりました。もっと古いのもあると思います
スレイマン @sulaymanhakiym
@life_wont_wait ありがとうございます。どれぐらいさかのぼれるものか興味深いですね。
スレイマン @sulaymanhakiym
@yadoran17 南米に行ったコンキスタドールは真面目に「こいつら人なのかな」と悩んでいたようで人の認定は難しいようです。 #やめよう
宿 @yadoran17
@sulaymanhakiym ビルマや地中海の醜聞を伺う限り大昔からありそうです😣
スレイマン @sulaymanhakiym
@yadoran17 『ムガル帝国誌』を読むとフランス人がポルトガル人奴隷商について「ポルトガル人は人間を何だと思ってるんだ!」と切れていてあそこら辺も色々だなと思いました。
ダイコン😎フラケ🙂 @daikon_deputy
@sulaymanhakiym 遡ると沙耶の唄に当たりました 虚淵さん脚本の
スレイマン @sulaymanhakiym
@daikon_deputy なるほど。ご協力ありがとうございます。
しろのうち @AF_GUN
@sulaymanhakiym ガンダムageとかクオリディアコードもそうかな
芝刈組長 @sibakarigumi
@sulaymanhakiym @toto_6w ガンダムAGEがありなら機動戦艦ナデシコもそうかしら…マクロスもかな?レイズナーもそうか…地球側が劣勢ばかりだけど(汗)
ToTo @toto_6w
@sibakarigumi AGEはともかくマクロスはちょっと違う気がするw ゼントラーディを有りにするとガミラスも有りになっちゃうw まぁ旧作や2199で「同じ人間じゃないか」みたいなノリもあったけどw
芝刈組長 @sibakarigumi
@toto_6w ガミラスは別の星で生れた宇宙人だから地球人類とは違う一般的な地球外生命体の侵略者だけど、プロトカルチャーから生まれでた人類、ゼントラ、メルトラは同じ種の派生扱いで良さそう?だけど未だにプロトカルチャーの正体も歴史も曖昧だからとりあえず除外しても良さそうか
ながえ @NagaeWeapon
@sulaymanhakiym FF外から失礼します。敵とは少し違いますが「アルナムの牙」というゲームでタムタムと呼ばれる食用家畜が改造された旧人類(今の人類)であるという描写がありました
KumaD @victorica_hage
@sulaymanhakiym @syougaslice ニーアオートマタの前作のニーアレプリカントっていうゲームはそれに該当すると思います!
ももくりかきブルーベリーデカクネ!? @kusyurinada
@sulaymanhakiym @Aratani_SS はじめまして レイズナーとバイファムが近いとは思いますが それ以前もきっとあると思います
ももくりかきブルーベリーデカクネ!? @kusyurinada
@sulaymanhakiym @Aratani_SS それも毛色が違うかもですが、バルディオスも入ると思います
似非りある @Etherial_Real
@sulaymanhakiym 記憶に新しいのは宝石の国、仮面ライダー鎧武、クロスアンジュ。古めのものでは宇宙戦士バルディオス。ルーツが繋がっている程度も含めると銀河漂流バイファム辺りも。細かい所では寄生獣のリーダー格だと思われていた市長。SF小説とか遡るともっとかなり…
影山影司 @apto117
@sulaymanhakiym @3g7ttdMh3Q ゾンビ映画のルーツでもある地上最後の男という作品が私の知る限り一番古いです。
富士伸太とかふれんだとか 10/2 身代わり令嬢と堅物男爵発売します @U87dUIT4yo
@sulaymanhakiym 機動戦艦ナデシコ(1996年)、アルジェントソーマ(2000年)もそんな感じでした
残りを読む(26)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7月1日
最初にお題を出された@sulaymanhakiym 氏はじめ各氏に多謝 誰でも編集可能です/ネタバレは自己責任で。/タグにつけたストーリーテリング 設定 起源 創作論  などの各タグは、こういうパターン考察のまとめが多いです(私がつけたから間違いない)/http://togetter.com/li/902024 というまとめのまとめもあり。
謡遥 @singsonghalca 7月1日
このタイトルで寄ってきたら確実にネタバレ食らうことになるけど、まあ来てる時点で仕方ないかな?
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 7月1日
漫画版『まほろまてぃっく』だよね。自ら己を傷つける。
KAWASAKICHIRO @KAWASAKIIICHIRO 7月1日
挙がってる作品の内見たり読んだりしたこと有る「新世界より」・「進撃の巨人」・「ぼくらの」はどれも自分の中で最高峰ないしそれに近いのだけど、もしかして自分が好きなのはこういう話だったのか(!?)
🤓k.bigwheel🤓 @k_bigwheel 7月1日
エンダーのゲームもウェルズの宇宙戦争も原作では敵は異星人でしかなかったと思うんだけど。発言者がお題を勘違いしているのか映像化でそんな味付けしているのがあるのかなあ。
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月1日
k_bigwheel 異星人が「人間の定義に含まれている」かどうかの前提で変わりそうですね…
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月1日
実は人というネタで古さを競えば日本の作品だと六条の御息所(源氏物語)も当てはまりそう?
Daregada @daichi14657 7月1日
k_bigwheel どこまでを「人」と捉えるか、ということですね。「人間」とか「ヒト」とか、「ホモ・サピエンス」とかではなくて。ちなみに、法の世界だと「法人」って人扱いされる存在がありまして...
死因:五条悟(今季二度目) @materialvenus 7月1日
進撃の巨人みたいに人間としてのアイデンティティを保っているパターンとまどマギみたいに「元は人間だったけど既に回復不可能なレベルで人ならざるものになっている」パターンは分けて考えたい
Chariot @BLACK_RX_24 7月1日
妖怪化した土蜘蛛あたりもここに入るんだろうか
ヘルヴォルト @hervort 7月1日
更に分類するとしたら、敵対している人間の意志で味方の人間の戦っているパターンと、敵もこちらが人間だと知らずに戦うパターンと、人間としての自我を失って(もしくは元からない)戦ってるパターンになるね
ろんどん @lawtomol 7月1日
「宇宙戦争」序文に「われわれは、人間とよく似ていたタスマニアン(注・タスマニア島のアボリジニ)を絶滅させてしまった」(大意)とか書いてあるそうで暗澹たる気持ちに
BIRD @BIRD_448 7月1日
桃太郎の「鬼」も人間説がありますし、ギリシャ神話で退治されたミノタウロスは神牛と人間のハーフだが、人間なのかどうか?
五月 @xf52_523 7月1日
ガンダムAGEにナデシコときてなんでレイノスが出てないの!
ひろっぴ@鉄道記録屋(自称) @hiroppi1969 7月1日
宇宙戦士バルディオスもこれに当たるかな? あと無敵超人ザンボット3とか。
washeagle @washeagle 7月1日
「実は根を辿れば同一種でした」みたいに世界観が解き明かされるのが好きだけど、この手の作品が増えすぎて正体不明の敵が出てきたときに真っ先に元人間を疑ってしまうのが最近の悩み
Oddball @0ddbaII 7月1日
タイムマシンかな。マン・アフター・マンも図鑑と説明って感じだったけど別の進化をたどった人対人って流れだったな。
エビゾメ @ABzome 7月1日
話の断片にそういうのが出たってのではなく全体のテーマが丸々それ自体ってのだとアニメはマクロスが1982年で特に古いかなぁ。ジャンル全体なら猿の惑星なんかも古いわね。 まあ始祖がいるというより案外アイデアとしては結構思いつき易い類の発想なのかも……僕も子供の頃の妄想程度で似たような設定に至った事あったし……。
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 7月1日
一番最初の人の「私の知る限り〜」を見て、(なんかこストレートに言いたいこと押し殺して)若いな、と思った。
Shun Fukuzawa @yukichi 7月1日
009 の「人間の脳」ってのも、バリエーションの一つか?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 7月1日
韓国民話の「ねぎを植えた人」は古そう
kadochika @kadochika 7月1日
「獲物かと思って仕留めて確認したら仲間だった」という過失や「獲物だと思って殺したらいつのまにか身内を殺していて目がさめる」という夢を見る体験は有史以前からあったと思われますので、源流を辿るとそういう「同類殺しの恐怖」に行き着くのかなと思いますね[要出典]
にゃあとるずは社会不適合者㌠🍵🍡 @HINEM0SS 7月1日
adgjmpt_1011110 「ちょっと視野狭過ぎじゃね?正直この程度で私の知る限り云々~って語り出すなんて恥ずかしくならないのかな?」てはっきり言っちゃいましょ
ヘボピー @hebop_ 7月1日
「あの恐竜ロボットにはわたしのお兄さんの脳が入っていたのよ」というのは確かサイボーグ009だったか。
ヒジャチョンダラ @citabow 7月1日
『地球最後の男』は? 怪物と戦っていると思ったら、実は怪物は…… ってヤツ。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 7月1日
最初のツイの人のは「今自分が知ってるのはこの辺なんだけどその流れ上の過去作品については知識がないので聞いてみたい」ってニュアンスに読めたけどな
積雪時 有効(キュアジェノサイド) @murakumo13 7月1日
何気にデトネイター・オーガンもそうなんだよな。
ミニだいず @minidaizu 7月1日
ちょっとずれるけど、アステカイザーのコミカライズで人間を改造したと称する敵を苦悩の末に倒す回があるんだけど、いつも倒してるサイボーグレスラーと何が違うんだ?と混乱したのを思い出した
mlnkanljnm0 @kis_uzu 7月1日
「魔物を倒すことのできる戦士。でも魔物は実は戦士の成れの果て。主人公もそのうち魔物になる」という設定の話ならクレイモア。前にサンデーでやってたクロザクロ。うしおととらもこの系列だな。クレイモアより古いのがあると思うんだがちょっと思い出せん。
万年雪 @perennialsnow 7月1日
これの最古ってギリシャ神話とかにつながりそう……。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7月1日
washeagle 「悪魔は実はいいやつ、神こそ敵だった…には飽き飽きだ。悪い悪魔の作品こそ最近見ない」(小林よしのり)という話がありましたね
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7月1日
adgjmpt_1011110 HINEM0SS 私は、そういう論に対しては http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151119/p3 (太字部分)だと考えています。特にこういうのは答えより「問い」を考えるのがむしろ功績ですから。
宇治金時 @uzikin 7月1日
ギリシャ神話だとおおぐま座小熊座がそのような話でありますし、同じアルテミス関連だと人じゃないけどアクタイオーンがそうですね
きたあかり @kita_akari0420 7月1日
マイナーで記しておきたいのは「デトネイター・オーガン」、 国内での昭和メジャー筆頭はジャミラなんでしょうねやっぱり
まあちゃん @matyan0 7月1日
「偉大な勇者ルウが挑み帰って来なかった魔王の地下迷宮、所々に残されたルウのメッセージを辿り遂に最深部に到達すると、2代目の魔王になったルウが待ち構えていた」……スクエアのFCディスクシステムの3DRPG『ディープダンジョン』(1986年)が自分にとって「敵は同じ人間だった」最初の作品。10歳にも満たない年齢だったから衝撃的だった…
たけ @Eo554IijYfHOQqw 7月1日
怪物になった際に人間の知識記憶感性の全てが失われるタイプだと、極論ゾンビと変わらない"元人間という設定のただの怪物"でしかなくなってしまうので、そういうのはまた別に分類分けほうがいいんじゃないかなあ
みもれっとぅーん @Mimolettoon 7月1日
虚淵玄って「敵は人間でしたオチ」何回やったんだろうか まさかゴジラでまでやらないよね
サディア・ラボン @taddy_frog 7月1日
ウルトラマンのジャミラは、宇宙飛行士の仲間だった人が、ジャミラを見て「ジャミラーだ・・・」と言ってたと思う。
かつま大佐(対象年齢10歳) @kamiomutsu 7月1日
ゲームだけど、「天外魔境II」(PCエンジン版)には豚肉料理で有名な浜田村というところがありましてな…。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 7月1日
創作の話ではないが、一神教における悪魔とは人間と同じ神の被造物であり人間に対する試練なので、「神の被造物(人間)」VS「神の被造物(悪魔)」という見方もあるのかなと、ふと思った。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7月1日
taddy_frog 「おお、ジャミちゃん、お前、一目見てわかったよ。全然変わってないなー!!」ってことなんですかね(笑)
しぇりりん(予定潰れ) @m_sheririn 7月1日
人の成れの果てから棄民されて同じ人として認めてもらえなかったと言うのでも分けられそう(ジャミラとかどっちも持ってるけど
▲noby▲ @WataruNRT 7月1日
寄生獣のアレには初見のときにえらくびっくりした記憶が。
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月1日
戦う相手では無いけど「〇〇は人間で…」と言うと「ソイレントグリーン」なんかもオススメしたい作品。原作はSFジュブナイル「人間がいっぱい」
---------- @yukiokurosaki 7月1日
ラーゼフォンにそんな話なかったっけ
田中一郎 @eggmanpat 7月1日
猿鹿猪熊だと思って撃ったら人間だったというケースは今でも時折起こってますが何か。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 7月1日
ラーゼフォンのブルーフレンドの回って書きに来たら先客が
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 7月1日
「早く人間になりたい!」(いやそういう話題ではない
ぜい肉 @ketudekavault 7月1日
新世界よりは衝撃的だった…
おまわりせんせい @OmawariSensei 7月1日
ジャミラの回は軽いトラウマ
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 7月1日
ちょっと路線(?)が違うけど、大昔に「ベトナムが作ったベトナム戦争映画(たぶん日本非公開)」で、家族を米軍に殺された女性が、やっと敵の米兵を討ったと思ったら、ヘリの機内に米兵の家族写真を見つけて、「敵もまた人間(誰かの家族)だった」と思い知って愕然となる、ってのがありましたっけ。 ちなみに、実際の戦争でもよくある話らしい。
紺碧 @Konpekin 7月1日
ネタバレ上等で見に来たし平気だから良いんだけど、タイトルに「起源など」ってある位だから古い映画や文学作品の中から源流を探るような話かな~…と思ったら、いきなり『進撃の巨人』や『ぼくらの』といった近年作なアニメ作品名から始まって、ネタバレタイトルの列挙が続いて…というのはちょっと思ってたのと違った
しょーた @shota243 7月1日
自分が意識したのはウルトラマンの「故郷は地球」かなあ、まとめにもあるけど。最所のが何かなんてのはしらないけどサタン(ルシファー)が元は天使であったというあたりにはすでにそういう考えがあるのかも。
@Q_fever 7月1日
元々のツイートの人はふつうに最近アニメとか見始めて単に他の類似作品を知りたいだけな気がするけどな。これが「大発見!こんな新しい試みは今までになかった!今までの創作物は云々」みたいな調子だったら、「あらあら物知りどすなあ。もっとお話聞かせておくれやす」と京都人モードに移行するけど。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 7月1日
戦う相手も鬼ではなく人だったわ〜、は入れるととてつもなく多くなりそう。戦う相手(なんやかやで)同胞だったわ〜、で考えてます
朱羅 @NattoxOkura_Don 7月1日
だいたい虚淵。
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 7月1日
HINEM0SS gryphonjapan 「私の知る限り〜」って言い回しを使っている点も含めて「若いな」って感じです。
八ツ橋 @gaufre555 7月1日
「私の知る限り」を先入観を持った目で見ることしかできないおじいちゃんがいると聞いて来ました
ku-pa- @4410_Kupa 7月1日
アニメ版『海のトリトン』(1972)も、トリトン目線だとこのパターンの変種かな。
オクラ @okura____love 7月1日
敵ではないけれど、普段は人間を装っていたが実は…ってキャラはいないものか
電子レンヂ @nyaccy 7月1日
「宝石の国」は違う気がする。敵が思った感じと違うのは確かだけど、その正体が変わったわけじゃないし。 ちょっとニュアンスは違うけど、ホラーだったら「にんじん大好き」もそうだし、「ゲーム画面で人を殺したら現実の人間も死んだ」的な展開のものはいくか見た事ある気がする
ABANI @634O2 7月1日
話として面白くなるかは別として 得体の知れない敵が現れた→「こういうときって相手も(元)人間だったとかいうのがよくあるパターンだよね」 とかいきなり当たりつけちゃう作中世界の人物とかもいそうだ
電子レンヂ @nyaccy 7月1日
KAWASAKIIICHIRO こういう作品て、信じていた正義(常識)が根底から覆り、固定観念がぶっ壊されるのが面白いですよね。「正しさとは何か」と考え込んだり。
ちぢれa.k.a.ががまる @chijilepan 7月1日
この流れでなんでトップをねらえ2!が出ないんだ?と思ったけど、あれは人間が作った兵器であって人間そのものではないからノーカンか
賄いニラ玉 @niratamask 7月1日
仮面ライダーは初代からして、と思ったが、敵怪人が自分と同類ということは経緯的に本郷も分かった上で戦ってるだろうからまた別か
Mill=O=Wisp @millowisp 7月1日
「私の知る限り」はちょっと言葉が強すぎるね。「(ある程度の広さの知識がある)私が知る限り」的なニュアンスが含まれるから。言い換えるなら「私が知ってるのは」とかなら、ツイ主の意図していたであろうニュアンスに近くなると思う。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 7月1日
chijilepan 宇宙怪獣の正体は(正確には正体の一つと推測されているのが)「あがり」を迎えなかったトップレスであって、バスターマシン(ディスヌフを除いた10番台以前のBMと、太陽系絶対防衛線を守護するBMは除く)はあくまでもトップレスの能力増幅器に過ぎないから間違いじゃないよ。ただ起源の話である以上、トップ2がそうである可能性は確定的にゼロだから、別に触れなくてもいいかなって気はする。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 7月1日
スーパーマンやん。ウルトラマンもそうだね。 RT okura____love:敵ではないけれど、普段は人間を装っていたが実は…ってキャラはいないものか
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 7月1日
どうでもいいけど、「地上最後の男」が「I Am Legend」の事から、正しくは「地球最後の男」だよね。
碧 ~皓月千里~ @Turkis_Mond 7月1日
狼男伝説であれば紀元前5世紀には既に在った
hignon @higunonno 7月1日
okura____love 人間を装っていたけどオクラだった…?
ぱっち @g2919119 7月1日
バリバリ殺してたら実は我々の"子供"だったという作品はありませんか。同族殺しの中でも、このパターンは読んだことが無いことに気付きましたので
ぱっち @g2919119 7月1日
あ!可能なら作家名だけお教え下さい......生涯1作品しか残してない、とかなら別ですが
み(Togetter) @Togetter11 7月1日
okura____love 攻殻機動隊のプロトとかファイヤーマン12話とかベムベラベロとか
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月1日
okura____love 映画「スクリーマーズ」とか如何ですか。
ぽんぽん @apocalypse1706 7月1日
冒頭でヒドイネタバレを食らってしまった
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月1日
g2919119 物語の主軸では無いのですが「無職転生」という小説の登場人物ルイジェルドの過去エピソードがそんな感じです
oneeye @kyomujyuu 7月1日
起源ではないが、クレイモアは正に「敵だと思っていた相手が人間だった」例ですね。妖魔は組織が人間を使って生み出していたし、覚醒者は半人半妖の成れの果てだから、敵も味方も実は人間だったという。
ありえない @tkr_nkn 7月1日
(※ネタバレは自己責任で)って何よ
tako @tako6502 7月1日
gryphonjapan (主題とはズレますが)そのあたりは失楽園書いたミルトンさんに文句を言ってもらわないと・・・
ザワー@波乗り用 @zawaif_2 7月1日
BIRD_448 桃太郎は「鬼の正体はモデルの土地に漂着してそのまま生活し始めた外国人(西洋人?)だけど当時の日本人は外国人を見たことが無かった為に化け物扱いで描写されている」みたいな説はどこかで見たことがありますね。どこだったかは忘れてしまいましたが。
ねこ博士 @kazukazu_ex 7月1日
ゼントラは交配可能だから同種でいいんじゃないかな
あるみかん @arumikendou182 7月1日
うしおととらの字伏も一応このパターンですかね?
ぱっち @g2919119 7月1日
tsujiml ありがとうございます。楽しみが増えました。
FFR31 @FFR31 7月1日
zawaif_2 桃太郎>マンガの「バケルくん」と「ドラえもん」コラボエピソードにそんなのがあったような。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月1日
むしろスターシップトゥルーパーズの敵の中から人間が出てこない方が意外。
あぶらな @ab_ra_na 7月1日
起源とかいうには新しいし、狭義の「人間」でもないんだけど、グレンラガンの「螺旋族」もこの系譜ですね。ロージェノムもアンチスパイラルもこれだった
tohtetsu @tohtetsu 7月1日
起源という割には、近年の作品名の羅列ばっかり。安定の感想だけど、日本のエンタメ系創作なら「手塚治虫の作品にありそう」。永井豪もありそうか。「真夜中の戦士」は、タイトルの方向とは違うけど、「敵(あるいは我々自身)の正体が実は……」という作品の嚆矢だと思う。
*ゆっっっけ @CNANGyukke 7月1日
うーん、相手が知能のある生命体であるかとか、宇宙人は人類にカウントしていいのかとか、そのへんでかなり定義が変わってきそう。個人的には、同じ人類から枝分かれした生物どうしの生存競争が好きですね
あぶらな @ab_ra_na 7月1日
「人間だったのでつらい」と「人間ではないんだけど知性や尊厳を持った存在だと思い知ってしまいつらい」は質としては近しいと思う。
CD @cleardice 7月1日
「骨肉の争いをしていたのが実は親戚同士」みたいなエピソードが根底にありそうだよねこれ
たかりゃん@人生の迷子♡ @kakitaka 7月1日
今でこそ平等だが昔は本気でどこまでが同じ人間かわからなかった時代もあるからなあ
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月1日
カオスエンジェルズの「壁の落書き」の正体は人間じゃなかった!(他のモンスターは元人間)
(あ) @MutsuniNaruBeam 7月1日
この知識でマウントを取り合う姿…なんてことだ…俺たちが戦ってたツイッタラーは人間だったのか!
影山影司 @apto117 7月1日
つい主は「私が知る限り」で私のコメントが「私の知る限り」なので最初私のコメントがボコボコに言われてんのかと思って焦ったでござる。
影山影司 @apto117 7月1日
そしてタイトル間違えてて失礼しました。映画版は「地球最後の男 (The Last Man on Earth)」なので英語タイトルで覚えれば間違えない……!
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 7月1日
k_bigwheel tsujiml 対象を「敵」と限定せず「実は人間だった」の部分で該当するものとして挙げたのでしょう。(実は自分も「エンダーのゲーム…は敵ではないから違うな」と思ったクチ)
ちぢれa.k.a.ががまる @chijilepan 7月1日
tikuwa_zero 宇宙怪獣は確かに存在したが、今戦ってた相手は人間だった!みたいな
Holela @Holela3 7月1日
リチャード・マシスンの“I Am Legend”を筆頭にしたゾンビ物があんまり俎上にあがっていないのはなんでだろう。化け物を殺してまわっていた主人公側こそが、社会状況が変革してしまい人を殺して廻る異常な化け物の側にされる、という物語も普遍的ですよ。 ゾンビってそもそも動く死体や蘇った死体ではなく、オマエはもう死体だよと洗脳された「人間」ですよ。歴史的に実在するブゥードゥゾンビなんてモロにそうです。
ピグモン @gdtiomnbvf 7月1日
zawaif_2 昔のジャンプ漫画のザ・モモタロウとか?
Holela @Holela3 7月1日
dragonchicken19 スターシップトゥルーパーズの敵って本当は人間の姿をしている、という設定もアリですよ。中からは決して出てきませんが・・・ 敵はCGで作成した、戦意高揚のためのプロパガンダ映画という体裁で製作されている映画ですので。 伊図透の銃座のウルナなんかはモロにそういうテーマで書かれています。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 7月1日
最初の人のだと前にまとめになってた「色々なアレ」系の「よく分かんない敵性体」が実は……って感じのをイメージしてるっぽいからバイファムとレイズナーとかはちょっと毛色が違う気がする
Holela @Holela3 7月1日
tako6502 失楽園書いたミルトンさんにとって「悪魔」ってピューリタンの事だからなぁ・・・ 思想や宗派が違うだけの「人間」ですよ。
キモくて金のないおじさん@薬物中毒者 @neeter810 7月1日
「ぼくらの」は確かに敵も人間(というか世界線同士の存続を掛けた殺し合い)だったけど敵味方問わず出てくる人間が畜生も聖人も双方幸せになれそうもない感じがひしひしと伝わってきたのでいっそ人類滅ぶのもありでは?って感じだったなあ。あとキリエくんと田中さんの対話は何回も読むくらいすき。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7月1日
Tansan_senbei こういうまとめありましたね【人類を開幕滅亡に追い込まれている状況に追いやるために設定されている正体不明で一杯湧いてくる意思疎通不可能な色々なアレ - Togetter https://togetter.com/li/1195690
Holela @Holela3 7月1日
g2919119 「光る眼」とかだと子供たちが実は化け物だった、というお話ですよ。バリバリ殺すのではなく、子供達にバリバリ殺されるという展開ですが。オーメンとかローズマリーの赤ちゃんとか一時流行りましたね、子供が化け物というのは。
K Akira @B_B_SC 7月1日
実は〇〇だったと知らず□□してしまっていた、くらいまで定義を広げるともういくらでも遡れそうよね。オイディプスの悲劇とかもその系譜だし。
Haruka McMahon @regicat 7月1日
敵ではないけど「系外惑星の無害な原生動物だと思ってたのが実は過去にその惑星を訪れた地球人の成れの果てと判明」キャプテン・フューチャーの「宇宙囚人船の反乱」(1943)でした。戦ってたわけじゃないけどなんかショッキングだったなあ。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 7月1日
逆パターンではゼイリブって映画があってなあ。 kis_uzu えっ、クレイモアってうしおととらより後でしょ
フローライト㌠ @FluoRiteTW 7月1日
ぶっちゃけ、脳が制御に使われていようと、もうそこまでなっちゃったら同族だろうと兄だろうと関係ないよね
NTB006 @NTB006 7月1日
起源だと神話を探すのが早そう。
UZIRO @UZIRO 7月1日
ジャミラはトラウマというかずっと心に突き刺さってる話だなあ。ウルトラマンはリアルタイムじゃなくてビデオでしか見てないけど、あの回はなんかよく分からなかったけど悲しくていつも泣いてた。
あぶらな @ab_ra_na 7月1日
B_B_SC まさかオリオンとは知らずに殺してしまったアルテミス
あぶらな @ab_ra_na 7月1日
いつも栗をくれた"神様"がごんだとは思わず、撃ってから気づく兵十とかも系譜ではあるのか
おりひら @k_orihira 7月1日
ガルフォースとかを思い出した。 女の子しか出ないから、温いスペオペかと思っていたらって、どっか見たフレーズだな。
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 7月1日
「私が知る限り」って、英語で言うas far as i knowで、AFAIKって略もあるぐらいだからそんなに変な表現じゃないと思うよ。
ザワー@波乗り用 @zawaif_2 7月1日
FFR31 gdtiomnbvf あれ・・・漫画が初出だったかしら・・・( ;・`ω・´)随分昔の記憶なのでソースの出所が曖昧に・・・
サディア・ラボン @taddy_frog 7月1日
スーパーマンの映画で、敵の三人が、スーパーマンみたいに強かったのも、同じ種族だったのかな。
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 7月1日
ギリシャ神話のメドゥーサがまさにこれじゃない? 神によって魔物にされ、人と神の合いの子によって討ち取られる。 死後は亡骸が武具に埋め込まれ神によって利用され続けるとか、お前ら人間じゃねえ(神)
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月1日
m_sheririn あ、アレは塔の中を彷徨っているうちに…でした。
しょーし @syousi 7月1日
ニーアで出てるのはゲシュタルトだと思ったがPSだとレプリカントだったか。
ぽんぽん @apocalypse1706 7月1日
taddy_frog 一番新しい映画のことを言ってるなら、そういうこと。ドウームズデイの素体になったゾッド将軍は、スーパーマンと同じクリプトン人
茜射す紫野行き @smichie1221 7月1日
ゲームのゼノギアス。先に出てきた「人間がいっぱい」のオマージュでソイレントシステムってあってな。人間のなれの果てが缶詰になってた。トラウマスイッチって当時は話題になってた。
影山影司 @apto117 7月1日
ソイレントシステムは食べ物が人間なんであって今回のと全く違う話よね。それっぽい知っている設定を列挙するだけになったのは非常に残念。
hignon @higunonno 7月1日
根源を辿れば、人間を誤射した狩人とかそう言う話になるのかねえ
uniuni @wander__wagen 7月1日
ガルガンティアはヒディアーズが人間と同じ知性を持つのかわからんのよな。知能は高いようだが思考が人間と同じじゃないなら、それはもはや人間ではないと思う。だからといって殺すべきだとはならんけど。宇宙での戦争の原因もはっきりしてないし、地球じゃ共生の可能性さえあったからね。
uniuni @wander__wagen 7月1日
ゼノギアスはウェルスとも闘ってたんであながち間違いでもない
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 7月1日
エヴァンゲリオンはカヲル君を人間として思慕する反面使徒だからという理由で殺した。しかし人類もまた使徒から生まれた存在なので使徒を殺す理由が無くなってしまうというロジックに陥った。この頃の時点でSFの王道的展開じゃなかっただろうか。もう少し遡ればイデオンとかあるし。
ありよし/コアロン @TnrSoft 7月1日
「そんな……ゾンビが人間のなれの果てだなんて……」て台詞があったんだけど、なんの作品か思い出せない。
特急ニセコ @ExpressNiseco 7月1日
「正体が人間」だと知って苦悩するのは最早テンプレ、お約束、水戸黄門の印籠みたいなものになっていますけど、逆に「正体が人間」だと知った途端嬉々として相手を殲滅しに走る展開になった作品ってありますかね…
アルミナ @super_aaa 7月1日
WOWWOWでやってた「ヴァンドレッド」も、敵は地球人(延命の為、殖民星の人間から生体パーツ回収)だったなー
鹿 @a_hind 7月1日
実は人間でしたオチはやり過ぎて陳腐化している感。なんだまたこのパターンかみたいに思えてしまう。
鐵太郎@ただの人 @Tetsutaro2008 7月1日
#宇宙英雄ローダン を上げる勇気あるまるぺがいないようだが、ローダンものでは人間型異星人のほぼすべてが地球産なんだぜ? 原始地球のレムール人の末裔が、不倶戴天の敵テフローダーとか、アルコンの祖先アコンとか、地球に銀河文明をもたらしたアルコンとか、我らがテラナーになったんだぜ?
たかつき @taka4tsuki 7月1日
ExpressNiseco 映画スターゲイト。統治者が神かと思ったら人間だったという展開でした。うろ覚えですが。
じぇにー @JennnnyHaniver 7月1日
艦これは人間じゃない?けど敵は艦娘が撃沈したものって確定しちゃったんだっけ?
kimuraお兄さん(収入のない自分を恥じないこと、収入のない誰かを笑わないこと) @nobuo_kimura 7月1日
(´・ω・`)y-~~「星を継ぐもの」「ガニメデの優しい巨人」などの巨人たちの星シリーズ
いけいけ池谷🐬 @ikeikeikedad 7月1日
ダーリン・イン・ザ・フランキスって戦う系の話だったんやな。てっきりラブコメか何かだと思っていた。
ぽんぽん @apocalypse1706 7月1日
テーマが同じものを挙げるんじゃなくて、源流を探るまとめなのでは?
木犀劇場 @former_TY 7月1日
ダリフラ見ずに矢吹のコミカライズだけ読んでたワイ、酷いネタバレを食らう
特急ニセコ @ExpressNiseco 7月1日
taka4tsuki あー思い出しました、ありましたね!ありがとうございます!それも踏まえますと「神かと思っていたら人間だった」みたいに「上位存在かと思ったら自分たちと同格だった」パターンの場合、この項目で取り上げられてる状況と真逆の事態が考えられますね…
特急ニセコ @ExpressNiseco 7月1日
言っちゃ悪いですが、こう言った「一見恐るべき外敵が実は人間だった」という展開、殲滅対象が自分たちと同格だったと言う形がどことなく「虐めていた相手に思いっきり逆襲された虐める側」に近い構図な気がしてきました…
第四干瓢期 @0086smart 7月1日
マナーの悪い子供が怪獣の着ぐるみを攻撃していたら 中のオジサンに一喝された…って そういう話じゃないですねゴメン(^^;)
(あ) @MutsuniNaruBeam 7月1日
apocalypse1706 えるしっているか、とげみんは、まとめのタイトルと、最初のツイートくらいしか読まない
和田名久司 @sysasico1 7月1日
hebop_ グレンダイザーの円盤獣がフリード聖人の脳を制御系に使っていたなあ。コミカライズ版では何体かの円盤獣の洗脳が解けてフリード星の臣下だった記憶を取り戻してベガ星に反旗を翻してした。さらに「地球を占領して第二フリード星にしましょう」とデュークフリードに進言している。
和田名久司 @sysasico1 7月1日
しかし、人の歴史を鑑みると「同じ人間だった敵対者」を「人外の化け物」と記録している例の多いことか。
ぽんぽん @apocalypse1706 7月1日
MutsuniNaruBeam うっかり俺も知識披露しちゃったので反省w
田中 @suckminesuck 7月1日
一発目のツイートがクソ薄くて変な笑い出た。他にありますでしょうかじゃねえよ。
野乃卯はたいち@呟きがない/しかばねの様だ @deko8uso800 7月1日
自国民なり同族以外は皆ケダモノ、或いは文明人の我々が入植して啓蒙してやったから貧乏で惨めな生活をしていた土人たちは今ではみんなハッピーに…!みたいなのとかが主流じゃなくなるタイミングってことかなぁ。思想史とか文化史(というかそもそも近現代史もイマイチ)よくわからん
イア・マ・タウ @iamatau 7月1日
やめよう、止めよう。 のあたりが実際にやめようなんだよな……
Nanamy@ZEN @Nanamy773p 7月1日
FF11の闇王がせつなかった。だがAwakeningが聴こえると今でも燃える。
酔宵堂 @Swishwood 7月1日
オーガンと聞くと自然に口をつくバンディリア旅行団。
茜射す紫野行き @smichie1221 7月1日
wander__wagen いやウェルスは因子が発現し人の形を保っていられなくなったものだったような。元々人間に擬態していて自分がウェルスであることを知らないだけだったと思うのでやっぱり違いました。プレイしたのがかなり前で言われて思い出しました。ありがとう…うろ覚えの記憶で書くのは危険でした。
なちゃ @nachakey 7月1日
最初のツイートがすごい新しいのばかりで一瞬驚いた… いや、そりゃ単に年代によるわけで何もおかしいことはないのだが。
Rogue Monk @Rogue_Monk 7月1日
逆に言うと、遺伝子レベルでの「同じ人間」てのは余り意味なしてことだわな。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 7月1日
クトゥルフの深きものども(Deep Ones 1931~)も、この類いかな。彼らと人間の混血は初め人間の姿をしているが、強いストレスや深きものとの接触により怪物に近づいていく。
ぉざせぃ @hijirhy 7月1日
スナーク狩りが真っ先に思いついたけど、ちょっと違うかな?
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 7月1日
日本最古のアニメでは 塙凹内名刀之巻 なまくら刀  古物商の店先で、刀を購入した侍。その斬れ味を試すため、辻斬りをしようと按摩の後ろから近づくが、逆に打ち負かされてしまう。気を取直して、今度は走って来た飛脚を襲おうとするが、殴られた上、踏み付けられてしまい、思わず侍は「人殺し〜」と叫ぶ。気が付くと買ったばかりの刀は折れ曲がっていたので、侍はがっかりして刀を捨ててしまった。やはり刀は「なまくら」であったのだった。(抜粋 買ったばかりの刀を人を使って試そうとするその考えが怖い。人じゃねえという怖さも
匣河豚工房 @hakofuguf 7月1日
ライダーでは鎧武はもちろんだけど、ゴーストも眼魔たちはもともと古代の人間が移住したもんだし、ゴセイジャーもラスボスは主人公(古代に特殊能力持って異世界に移住した亜人)たちの同族だったもんな
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 7月1日
戦うわけではないが、 主人公は朝起きたら自分の姿が毒虫に変わっていた。 『変身』(フランツ・カフカ 。1912年執筆、毒虫をめぐるその関係者とのやりとり、非常に後味悪い作品ではある
真・鮫島事変@無断転載禁止 @6TKbJmCFIH1YutY 7月1日
デトネイターオーガンもこんな感じではある
ナベーお @aro30nabeo 7月1日
浦沢直樹のモンスター
さかざき たすく @yuzuriha__68 7月1日
クレイモアは魔物自体改造された人間だったんだよね
茜射す紫野行き @smichie1221 7月1日
クレタ島のミノタウロスとか最古に近いのでは正体は監禁されたミノス王子という。
川海 鮎 @K4Lxj 7月1日
芥川龍之介の地獄変の話は同型といえばそんな気が
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月1日
とってつけた様に起源の話をすれば、妖怪やドラゴンは大概異民族か悪党。
vandalise @vandalise7 7月1日
新世界よりの読者もよく考えれば気付くけど、なるべく考えさせないようにさせる誘導凄く好き
雨月 @ugetzu666 7月1日
系譜として適切かどうかは微妙ですけど、マハーバーラタのパーンドゥ王の逸話(隠者の化身である鹿を射て呪いを受ける)ってのがあるので、遡れば紀元前位からある話なんじゃないですかね
シンデン @Shinden28 7月1日
鹿賀丈史「私の記憶が確かならば~」・・・まぁ、ウェルズやラヴクラフトがいきなり出てる時点でなぁ。後は、具体的に示唆されとるワケじゃないけど、昔話の「鬼(童子)」や「天狗」てのも、何か豪族や盗賊団や山人(サンカ)が元ネタってのあるんじゃなかろか。
いつき ゆう @hiyohiyo_uk 7月1日
実は自分も怪人だった側でサソードってもう出てる?
オクラ @okura____love 7月1日
okura____love 結構いるもんだ。教えて下さった方々ありがとうございます。
飛鷹隼 @junhiyoh 7月1日
この系統の一番エグいのがバルディオス(ただし物語の真相はテレビ未放映分を見ないと解らない)、最初から自分達が地球人の末裔だと知ってるケースだと宇宙戦艦ヤマト完結篇のディンギル人の設定なんかもあるしヤマトはさらにそこから捻って局所銀河群のヒューマノイド種全部がアクエリアス繁種という共通の出自を持ってる事も明らかになる アニメ以外では航空宇宙軍史の未来世界(終りなき索敵~惑星CB-8越冬隊)における汎銀河人は元を正せばひとりの地球人の思念から生まれた存在とかだったり
陸鷹 @Rikutaka_ 7月1日
wander__wagen 人類銀河同盟って、ヒディアーズにゲートを奪われ、壊された連中の集団ストーキング行為の成れの果てって気がする。「ゲートの出口はわかってるから、そこまで世代交代型移民船で向かって奴等をブチ殺してやろうぜ!」って感じ。
飛鷹隼 @junhiyoh 7月1日
Shinden28 桃太郎の鬼はフィリピンを制圧したコンキスタドールって説はあるんだよな。だとすると桃太郎パーティは多国籍で構成された後期倭寇(南倭)を表してると解釈も出来る
飛鷹隼 @junhiyoh 7月1日
okura____love 千と千尋のハクっていうビッグネームが何故かでてない以外性
キカイザー @kikaiser 7月1日
最新なら魔法少女サイトだって分かる
イチロウ @ichiro_wiz 7月1日
自分が知ってる限りで一番古いのだと仮面ライダー555になるのだろうか
Dr.Yunk @Junkman2687 7月1日
これ最初は人外だと思って戦ってたのに実は元人間だったって話かと思ってたら、明らかに最初から人間の形した敵が出てくる作品も多数上がってて困惑 しかもその歴史を遡っていくものかとワクワクしてたらアニメとかゲームの話ばっかりでガッカリ
茜射す紫野行き @smichie1221 7月2日
[c5142294] ギリシャ神話はエジプトからの引用も多いので、エジプトの例が出てきたらFAの可能性が大きいですね。私は人が出てくるエジプト神話を死者とのゲームの話しか知らんので。博識なかたに期待
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 7月2日
smichie1221 それってプトレマイオス王朝の人間がエジプト人じゃなくて実際はギリシャ人だった事も何か関係してますかね、分かりませんが。
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 7月2日
悪の組織だと思っていたら日本国政府だった、っていうのなら
むう @nyal1999 7月2日
元々神話的には「敵対者を人外として貶める」構造があって、「人外だと思ってた敵対者が 実は人間だった」はこのアンチテーゼである、というとこまではおそらく共通認識でいいと思うんだけど、個としての「異形化」と、組織や種族レベルでの「異形化」はまた話変わってくるのかなあ。個へ落とし込んでしまうとラブクラフトやカフカみたいに、社会との断絶やドロップアウトの物語に収斂してしまう気が
nakkk @leonleon222 7月2日
衝撃的テーマと思ったらよくよく考えたら人間同士殺し合ってるからそうでもないか。
Holela @Holela3 7月2日
Rogue_Monk この手のお話で最古を追い求めるのでしたらネアンデルタールとクロマニヨンとの相克ではないですかね。お互いに殲滅しあわなければ滅ぼされてしまう、ただし完全に分かり合えなかったわけではなく、一部の現生人類の核遺伝子には絶滅したネアンデルタール人類特有の遺伝子が1 - 4 %混入していると発表されているように「交流」はあったわけです、滅ぼしはしましたが。
島村鰐 @wani_shima 7月2日
ある意味ユング先生風に考えれば「実は人間だった」というのは外界に投影され怪物として現れる「影(シャドウ)」も自分の無意識に潜むコンプレックスであり自分自身であるという再発見(確認)→引き戻しによる自己実現プロセスだってことだろうからある意味神話めいて普遍的に再話されるのも郁子なるかなという気はする
Holela @Holela3 7月2日
Rogue_Monk 遺伝子レベルで「同じ人間」というわけではないですし{何が人間}であるかを決める戦いをした相手ではあるのですけどね。ネアンデルタール人が2万数千年前ですので、そんなに太古ではないです。
むう @nyal1999 7月2日
ミノタウロスとか鬼退治とかは「人間から生まれた異形」ではあるんだけど、「実は」というどんでん返しの構造そのものは物語の「内側」にはないわけで…物語としてそこが軸になるのは、画一的な「正義」が成立しなくなるまで時代が進んでからのような気がするなあ
Holela @Holela3 7月2日
ExpressNiseco 進撃の巨人の今連載中のお話がまさにそういう展開ですよ。巨人=人間。巨人の力は奪える。始祖の巨人も超巨大巨人も手中におさめてある、よっしゃ敵の首都にカチコミかけて皆殺しにしつつ巨人の力を根こそぎ奪ってやるぜ・・・という展開です。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 7月2日
フランス政府にちゃんと記録が残ってたんじゃないですかね>ジャミラさん
師走悠裡 @shiwasu_yuri 7月2日
伝説が生まれた当時の人はどうだったかわからんが酒呑童子はじめ鬼の正体は外国人説は結構根強いね
Simon_Sin @Simon_Sin 7月2日
スプラトゥーンでやたらひらがなのユーザーが増えた時期があってな そいつらを「ヒャッハー!」と倒しまくっててふと気がついたんた それはクリスマスにゲーム機を買って貰った子供だったんだ… 俺が倒しまくってたのは子供だったんだよ…(そういう感じ?
謡遥 @singsonghalca 7月2日
両面宿儺と言って、腕が四本顔が二つある怪物の昔話がある。その話が伝わる地方の近くに大工の盛んな地域があり、そこの人間を見て筋骨隆々の奴らをヤバいと思ってそんな怪物を幻視したという話がうんたらかんたら。
Jean-Luc Picachu @JeanLuc_Picachu 7月2日
ジャミラの回とか、いつもコミカルな役回りのイデ隊員がたまにシリアスなのが印象に残ってますね。
みゆう @MinamidaYminami 7月2日
敵の怪物が実は人間(むしろ主人公側の方が、遺伝子操作されていたり、超能力等を持つ特殊な人種だったり)というのは、漫画・アニメ・小説でよくある事ですね ( =Φ人Φ=)
荒馬大介@怪獣壮年 @aramadaisuke 7月2日
ジャミラの姿について「元が人間なのにああなるのは何故?」てな疑問もあったが(まあ分かる)、後のウルトラマンパワードでリメイクされた際は「宇宙服と一体化して怪獣に変貌」していた。初代ジャミラもそういうものだと……でもアレ見て「オー……ジャミラ!」と気付くのも凄いと思うが。
凹駱駝 @camelus_ferus 7月2日
一度言及されて以降誰も触れてくれていないがアルジェントソーマここで扱われている時点でネタばれ激しいがいい作品なんだよ 最終回へ向けての盛り上げ方とか伏線の張り方とか まだの人には見てほしいなぁネタはバレているけどw
悪魔憑き @demonomania666 7月2日
フレドリック・ブラウンに「ある日突然襲ってきた宇宙艦隊に報復するべく送り出した艦隊が、超光速で時間を遡った艦隊が地球を敵地と誤認した最初の襲撃艦隊そのものだった」って話があったよね?
マステマ@ラクーンシティ @mastemama 7月2日
コンシューマーゲームならファンタシースター2(1989、メガドライブ)かな?
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 7月2日
しかしここ迄『ジェネレイターガウル』が出て来ないのは…orz。
マステマ@ラクーンシティ @mastemama 7月2日
「山月記」の李徴のルーツが中国唐代の「宣室志」まで遡れるみたいだから、「一定の物語性を持った創作」ということなら結構古いものになりそう
トラッチョ @toratora3 7月2日
他の宗教の神はすべて邪神や悪魔の類にする→悪魔や邪神だと思っていたら実は神だった。ってのが源流じゃないんかね。
トラッチョ @toratora3 7月2日
まとめの中でちょっと違う方向で気になったのが、レイズナーやバイファムを挙げている人がボルテスVをなぜ挙げないのかってとこかな
ぴーえる🔞 @PL_Marconi 7月2日
アメリカ人の大好きなゾンビ映画とか、みんな元々は人間だな
永久凍土 @aqtd 7月2日
映画パンドラムとかディアトロフ・インシデントとか。異生物との争いを描いたSFで対立の構造がひっくり返るどんでん返しが入ってる物語と言えば大体は「敵が人類由来」か「味方が敵由来」の二つだよね。もはやジャンルと言っても差し支えないかと。「味方が敵由来」と言えばオブリビオンなんかそうだし、エヴァとかダー……いえ何でもありません。
はとえび @MsShrimpwww 7月2日
singsonghalca ネタバレキニシナイ+そういう設定大好物な自分ホイホイだったので来ますた まとめにもコメ欄にも見たくなる作品ばかりで,個人的には嬉しいまとめです
じ〜げん〜 @jigen357mgnm 7月2日
アフリカから出てきたホモ・サピエンスが、ネアンデルターレンシスを駆逐する戦いとかもそうかww
杭打ち機 (仮名) @P_Pile 7月2日
こう、なんというか……「ゼノギアス」ってどうなんだべ?と。
タム @inthe7thheaven 7月2日
ゲームのパラサイト・イヴ2の敵クリーチャー、ANMC(アンミック)かな。とにかく設定が秀逸で、明らかにクリーチャーなのに背景を知ると生かすにも殺すにもある種の葛藤が伴う。
茜射す紫野行き @smichie1221 7月2日
maki_miquette 専門家ではないので推論ですがプトレマイオス朝より前から文化の流入はあったと考えます。ギリシャが栄え始めた時期よりもエジプトやヒッタイトは2000~3000年先輩です。日本が中国大陸に遣隋使を送っていたように古代ギリシャの哲学者、数学者はエジプト留学の経験者が多い(陸続きだからよりイージーモード)。歴史家ヘロドトスがエジプトを訪れたのもプトレマイオス朝の前のペルシャ系王朝時です。
(あ) @MutsuniNaruBeam 7月2日
P_Pile 缶詰の原料の話は有名なネタバレだけど、ウェルスあたりの話までは知られてないよね。
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 7月2日
ExpressNiseco シュワちゃんがプレデターで「血が出るという事は殺せるという事だ」と言う名言を残してます。まあこれはテーマから外れて「敵が無敵の何かかと思ってたら普通に生物だったから物理で倒せるぜ!」って場面なんですが
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 7月2日
siu_long  ビルドのスマッシュも同じ調整改造体だっけ。
カスガ @kasuga391 7月2日
フレドリック・ブラウンの「報復宇宙船隊」(1950年)ですね。創元推理文庫の短篇集『未来世界から来た男』に収録されています。demonomania666
カスガ @kasuga391 7月2日
実は永井豪の「真夜中の戦士」(1974年)には、ポール・アンダースンの「不滅のゲーム」(1954年)とフレドリック・ブラウンの「忠臣」(1960年)という、元ネタになった短篇があったりします。tohtetsu
METHIE @METHIE34 7月2日
マジェスティックプリンスは、「実は敵の方が人類のルーツだった」という少し珍しいケース、その為、文化の違いがかなり明確に描かれている。
ヒジャチョンダラ @citabow 7月2日
最新作は『万引き家族』。
イーソップ @AES_OP 7月2日
まだ挙がってないので「奏光のストレイン」てアニメを挙げたいけどここでの求められてるものに合うかどうか。 味方側が便利に使っていたとある道具が実は・・・て話。 敵はそれをやめさせるために戦っていたということが明らかにされる。実はを知らない主体があべこべになっている。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月2日
人肉缶詰は劉備や孔子では。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 7月2日
フランスのジャミラさんから抗議の電話は無かったのか。
🚮 @recyclebin5385 7月2日
恐ろしい悪魔かと思ってたらまるっきり地球人と同じだった「ドラえもん のび太とアニマル惑星」とか
Holela @Holela3 7月2日
dragonchicken19 その時代に缶詰ないでぇー。饅頭も発祥は孔明さんからだから人肉饅頭もぐもぐするのは水滸伝から。
杭打ち機 (仮名) @P_Pile 7月2日
MutsuniNaruBeam こう、もうちょっと言うと「そもそもあの世界の人々って怪物(超ヤバい兵器)の一部というか補修材の役割」なんだっけと。
KYM @HRHSKYM 7月2日
「ジキル博士とハイド氏」はどうだろう? まあ、原作のハイド氏は、怪物ではないか。
しんかい38(山川賢一) @shinkai35 7月2日
スレイマンさんのあの話その後めちゃ盛りあがってたんだなあ、と思ったが、このまとめよく見たらものすごいネタバレ大会なので直視できない。すでに何発か被弾した
諸葛 均 @policedoog1971 7月2日
まとめを更新しました。
諸葛 均 @policedoog1971 7月2日
今日泊亜蘭先生の『光の塔』は誰か入れてくれるかと思っていたのに!油断した。
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 7月4日
例によって直接関係ない話で。小学生くらいのころから『火の鳥』に閉塞感があったんだけど、「どこまで行っても、いつまで経っても、地球人類がいる!!」っていうのがその遠因(むしろそのものズバリ?w)なのかも?と思い当たった。
矢野けんご@父さん、年が明けたよ @yanoken2014 7月4日
「ゲゲゲの鬼太郎」に登場した妖怪おどろおどろも、その正体は自ら開発した薬の実験台となった科学者がその薬の副作用で変身した姿でしたね。
節穴 @fsansn 7月5日
あーこういう話めっちゃよく見るわ。インターネットのtogetterっていうサイトにあるコメント欄って場所なんですけども。
alan smithy @alansmithy2010 7月5日
apto117 小松左京の「牛の首」みたいな
超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 7月5日
ここまで「竹取物語」なし?あれも「月面人」と「地上人」の悲恋を扱った物語で(主題から一寸ズレてる事に気付いたケドどうしよう・・・・)、つまり「月に変わってお仕置きよ!」って事ですね・・・・
小林 敬 @twit_kei 7月5日
okura____love 幽☆遊☆白書に沢山います。鞍馬とかヒエイ(表記を忘れた!)とか戸愚呂兄弟とか
F414-GE-400 @F414_GE_400 7月5日
自分の読解力が足りなかったのかもだけど、『ハイペリオン』のアウスターが最初「宇宙の蛮族」としか言われてなかったので勝手にエイリアンかなんかだと思ってた。実は遺伝子改造で宇宙空間に適応した元人類だってのが後で分かる(ハイペリオン知らん人はほぼガルガンティアと同じ設定だと思って)。これはあくまで読者に対する叙述トリックで、作品内ではアウスターが元人間だってことは常識だと思われる。ただハイペリオンはSFでよく見るネタをこれでもかと突っ込んだ集大成的な作品なので、ほぼ確実に先駆者ではないと思う。
Cook⚡児童防犯まとめピン留中 @CookDrake 7月5日
okura____love オクラは逆・・・おっと、誰か来たようだ。
よでしゃ @LesYeuxDuChat 7月5日
tohtetsu そして故・手塚先生が「実はギリシャ神話の焼き直しです。だってほら、登場人物の名前を見てください」ってお答えになって、全員倒れるパターン。
Lotus @Lotus19810101 7月5日
こういうのって、相手が同じ人間だと知って衝撃を受ける描写があるのがセットじゃないの
転倒小心 @tentousho 7月5日
訶梨帝母の説話くらいが原型として一番しっくりくる気もしますけどもね。でもあれ、他人の赤ん坊をわっしゃわっしゃくっちゃうので「んーどうだろどっちだろー」ってなりますけどもね。
じぇみに @jeminilog 7月5日
ファンタシースターオンラインの敵が割とそうらしいけどアレ人間に戻れないからノーカンでもいいかもしれん。
菅原 政雄 @gedotato 7月6日
海のトリトンもなぁ
kakitubata @kakitubata14 7月6日
アルテミスによって鹿に変えられ、犬に動物と思われて殺されてしまう逆バージョンみたいなのとか、魔術で男を動物に姿を変えてしまうキルケ―、遠野物語など、人間でないものにされてしまうことへの恐怖みたいなのの起源は遡ると古い気がする。倒してみたら魔術で変えられた元人間みたいなのは。
yahhoi @syyahho 7月6日
まとめとコメ欄合わせてギリシャ神話より古いの出なかったな
おおかみ @wolf64m 7月6日
銀河鉄道999と言うか千年女王こと雪野弥生がラー・アンドロメダ・プロメシュームで惑星ラーメタルが太陽系の1000年の軌道を持つ地球の兄妹星だったって、機械化の後、娘のエメラルダスとメーテルに反逆され星野鉄郎の銃で惑星ごとグラックホールに落ちるってのはどお
alan smithy @alansmithy2010 7月6日
「怪物と戦っていると思ったら人間だった」を最終回でやったのはバイオマンやねぇ(悪の首領が親バカな人間だったので説得したら爆弾の場所を顔の向きだけで教えてくれた)
しわ枯れパパ @chanchan_papa 7月7日
少しずれるが、昔ラジオドラマで聴いた、星間戦争の相手が異星人ではなく実は「女性」で、作中で女性として描かれていた登場人物は実は男性だった、という衝撃ラストのあの話はなんて題名だったかなあ?作者は栗本薫だったか?
mlnkanljnm0 @kis_uzu 7月7日
「なんて題名だったかなあ?」超時空要塞マクロス
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 7月7日
みんな、オクラさんは装ってないぞ
F414-GE-400 @F414_GE_400 7月7日
Lotus19810101 人権意識みたいなのが浸透してから生まれた概念のような気がしますね。敵もまた我々と同じ人間だった…と。神話に出てくる似たような話では敵は敵でしかないから意味合いが異なると思います。SFにこういう話が多いのはSFというジャンルの誕生と時代的に重なるからでは。
agegomoku @nekofurio 7月7日
dragonchicken19 ジャミラの名前はアルジェリアの女性抗仏運動家が元ネタ。仏政府が性的暴行含む人権蹂躙の拷問をおこなっていたのが大問題になりました。「仏政府に怪獣として見殺しにされるジャミラ」ってつまり、脚本家の確信犯的命名だったり。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 7月7日
新しいものでは 新しい方の TRON がそうだったね。あんまりおもしろくなかったが。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 7月7日
古いものでは神話だと旧弊を追い出して、自らとって代わる展開が多いのでは。旧神の従属とか。
albert @albert7650 7月7日
タイトルを見てfalcomのロマンシアが 出てくると思ったら全く出てなかった
江戸しげズ@「寝取られマーキング」発売中 @sigeponnu 7月7日
まだ出てなかったので「銃座のウルナ」を押しとく、主人公が気付いたとき、実は周りの人も薄々気付いてたけど考えないようにしてた、のがいい感じだった。
風間翔 @kazamashow 7月7日
『おんな城主直虎』の信長様かな。登場人物も視聴者も、皆が皆『見た目通りの魔王』だと思っていたのが、本当は普通に細やかな心配りを持ってた人で、それが判ったのが一番最後の1シーン。 しかも、それは視聴者にしか判らない、作中の誰も結局は永遠に知りようもなかった、という衝撃。
トラッチョ @toratora3 7月11日
twit_kei 安心してください。鞍馬ではなく蔵馬なので、忘れているのは飛影の表記だけじゃないですよ
諸葛 均 @policedoog1971 7月24日
平井 和正先生の「死霊狩り(ゾンビー・ハンター)」も怪物と戦っていると思ったら、敵の正体は人間の闘争本能と破壊欲だった…みたいな話なのでこれの変形パターンかな。
alan smithy @alansmithy2010 2月21日
短編小説だとエドガー・アラン・ポーの「ウィリアム・ウィルソン」、イソップ童話だと「犬と肉」がミニマムな原型のような気も
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする