編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら
121
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
人間が楽しいとか気持ち良いとか感じるものってだいたい突き詰めれば生存に必要だったり有利に働くものに結びつけられるじゃん… そこで考えると好きな音楽聴いて気分良くなるのってかなり謎じゃないか…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
おいしいもの食べて幸せなのは栄養あるものいっぱい食えよ!って本能だし 誰かとお喋りして楽しいのは社会性維持しろって動機付けになるし ゲームがおもしろいのも報酬と結びつく学習行為を快と見做す脳の仕組みにハマり込んでるやつだけど…
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
ある特定の音の並びに対して快感を覚えるのって一体何が根っこにあるんだ…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
味覚のおいしい/まずい や嗅覚のいい匂い/臭い は栄養価高いものや口にしちゃいけない毒物を見分けるためのものとかだけど 聴覚における「耳に良い」感覚って何に由来するんだろう…
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
遥か彼方、星が音楽となった彼の日…
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
別に人類、セミみたいに歌を主な求愛行動としてきたわけじゃないよな…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
「ある一連の音のあつまり」を快と認識することに何か生存に繋がる得があると仮定して…
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
森の中でいい鳴き声の鳥がいっぱい鳴いてるあたりは猛獣がいないとか 果物が豊富、みたいな…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
逆に「今は嫌な雑音が耳に入ってきていない」という方向で快と感じてるとか? 獣の唸り声とか他人の叫び声とか 雷の音とか そういうのが来た時に警戒するために そうでないときはリラックスできるようになってる…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
でもこれだと無音の方がイイ感じの音が流れてる状況より優位になるし 激しい音楽で楽しくなるのと食い違うからナシだな
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
そうそう 黒板を爪でひっかく音って猿が仲間に「敵がいるぞやべえ気をつけろ!」って知らせる鳴き声に近いって話を昔テレビで見た気がするんだよな 何か関係があるのか…?
重石塚 竜胆 @Rinndour
文化的に見ると、原初の音は威嚇としての音であったらしい。ただ、『歌』の始まりはむしろそういった物よりも『演説』や『詠唱』と言った『紡がれる言葉』から派生したと見た方がいいのかも知れない
重石塚 竜胆 @Rinndour
威嚇としての音はつまり楽器であり、原初の楽器となる打楽器と、其処から刻まれたビートに人は呪術的な『神秘』を見出だしたのだ #お祭りで楽器を鳴らすのはコレの方面やね
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
かつてはさまざまな文化圏で詩と歌は区別されていなかったとも聞くな…
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
そうだ、何か一族に伝わる教訓とか、偉い人の言葉を口伝てで連絡していく際に「フシを付けて唱えた方が覚えやすい」というのが学習されたというのはありそうだ
重石塚 竜胆 @Rinndour
人類が『音楽』を楽しむのは霊長類としては異端であり、また収斂からか同じく音を奏でる昆虫や鳥類と違って『綺麗な音であれば良い』という一元的評価ではなく『音の連なり(ビート)』を重視するという摩訶不思議な多元的評価を行っているのだとか
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
「雨降ったらあの川には近付くな 秋のうちに食糧を溜めておけ…」みたいなのを歌にして共有できた一派は棒読みで頑張って覚えようとした他の派と比べてコミュニティ内の危機管理能力が遥かにすぐれており 結果生き残りやすく 後世に「歌はいいぞ」という感覚が受け継がれていった…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
これ結構ありそうな仮説でウキウキしてる
重石塚 竜胆 @Rinndour
逆に『原初の歌こそが言葉の始まりである』と主張する学者も居るのよね #統一言語とは即ち歌であるとするなら此方の方が収まりはいい
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
高い枝の葉っぱを食える草食動物が生き残った結果首の長いキリンになったように いっぱい魚を取れる岸とか果物がいっぱい生える木の場所とかそういう情報を歌で効率よく共有できた人類が生き残った結果 歌を気持ち良いと感じる現人類になった…?
エーテルイカ/エーデル大首領 @382KEN
いかんこの話題かなり楽しいな…TLの知性のものたちがもっと多く起きてる時間に掘り返そう…
残りを読む(20)

コメント

八ツ橋 @gaufre555 2018-07-12 13:28:13
以前動物園に行った際、チンパンジーがベニヤ板をリズミカルに叩き続けていた。自主制作アニメの『Full Moon Party』のようだと思った。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 13:38:40
現代音楽はここらへんを突き詰めて、メロディからさらに進んで不協和音で不快な音出したり、ファニーな音出したりということになったのかなと思っています。学研的な根拠はなんもない個人の考察ですが
ささやま @clum17 2018-07-12 13:50:49
興味深い内容です。ちょっとずれますが……自分が心地よい活動をしているとき(デートなり、リラックスなり、趣味の活動なり……)に聞こえている音・音楽は、意識的に聴いていなくても脳は覚えているので、そのとき聴いた音と近い音楽なりを聴いたときに無意識に過去の心地よい気持ちを思いだしてその曲を好きになるということもあるそうです。その逆もまたしかり。池谷裕二さんの著書「海馬」だったか……「脳はなにかと言い訳する」だったかに記載されていました。うろ覚えですみません……
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-07-12 15:37:25
ちょっと応用として、長調は元気で快活に、短調はなん悲しい……というのは生物的なものなのか文化的なものか?が気になってた。世界的にその逆で捉える民族もあるのだろうか
きゃっつ(Kats)⊿1/6乃木坂大阪個別 @grayengineer 2018-07-12 15:50:15
自然な存在の中に規則性法則性を見出すことの楽しさというのがあって、惑星の動きなども一見すると不規則に見える(だから”惑”星という)けども、ちゃんと法則があることは古くから知られていました。それがつまりある種の「未来を予測する」につながる部分があり、たとえば中国の古典の易経にも惑星の周期についての記述があります。音楽にも音階とか和音などの法則性があり、そういった自然界の中の法則性を発見する楽しさと結びついている面はあるかなと思います
きゃっつ(Kats)⊿1/6乃木坂大阪個別 @grayengineer 2018-07-12 15:52:12
gryphonjapan 和音を構成する音の周波数の比率がより単純な整数比であるほど印象がよく、複雑になるほど悪くなるということのようです。でメジャーコードは単純(1/2とか2/3とか)だけどマイナーコードは複雑(5/8とか4/9とか)ということのようです
バラライカ宮崎 @b_miyazaki 2018-07-12 16:02:44
「音楽心理学」という学術分野はあるけれど、進化心理学からのアプローチをしている研究者はいるのかなあ。 http://www.seishinshobo.co.jp/book/b193224.html
雨宮夏樹@黒鯖 @q_j2222 2018-07-12 16:08:40
求愛行動としての鳴き声から発生した説はけっこう好き。音楽を「快楽的」として禁止する宗教って恋愛観や貞操観にも厳しいし。 民族音楽は呪術と、クラシック音楽はキリスト教と深く関わっているけれど、この辺りはどちらも「祈りの手段」としての音楽って共通点があるね。
ゴイスー @goisup 2018-07-12 16:27:17
gryphonjapan 日本はまさにその民族ですよ。西洋音階的には短調を楽しんでおります。数々の民謡や雛祭りの歌なんか分かりやすい
D2_プリシンシラ @d2_printz 2018-07-12 20:38:58
同じ音楽でも受け手によって明らかに作用が異なるのも面白いところですね。シチュエーションに対する理解とか前提知識とか感応性、体調、体質等々。発信者と受け手との相互作用で「音楽で感動する」という行為は成り立っていると思います。「4分33秒」なんていう「音楽」が成立するぐらいですから(流石にわたしはコレはライブ以外で楽しめる気が到底しませんケド)
ゴイスー @goisup 2018-07-12 20:50:39
和声という縦軸ではわりと物理的に説明がつくのですが、1オクターブ(2倍音)をどのように分割して音を並べるか、という「音律」すなわち横軸の問題は今現在も残っています。
ゴイスー @goisup 2018-07-12 21:00:25
440Hzと880Hzが調和して聞こえるのは物理現象として説明がつきます。その440と880の間をどう分けるか、がそれぞれの地域での音楽的特性とも言えるでしょう。今現在は世界的に「平均律」という分け方を使っておりますが、無論完璧ではありません。平均律的には「短調」の邦楽が「快活さ」「楽しさ」を表現出来ている理由はこのへんにあります。
an_shida @an_shida 2018-07-13 00:30:18
gryphonjapan http://equal-system.com/archives/50189665.html ここにもあるようにバロック期ころまでは長調=明るい、短調=悲しいというイメージではくくれないようです。例えばG線上のアリアも長調ですが、「明るい」とは言い切りにくいようにも思えます。多分に文化的なリテラシーが影響していて、ある文化圏の人々が音楽に感情を付与(~は悲しい、など)していると言えるのではないかと思われます。
an_shida @an_shida 2018-07-13 00:38:34
行進曲を勇ましいと感じるとき、軍楽隊とその音楽に対する素養が影響と言っていいのではないかと思います。明治期の日本人は行進曲の二拍子に合わせて歩くことが困難だったという記述が見られますが、文化的な素養による後天的なものと考えられます。 話が飛びますが西洋の鐘の音を模した音楽を悲しいと思うか楽しいと思うかは、多分にその人の人生によるのだと思います。これは極端にわかりやすい例ですが、ある音響に対して抱く感興はその人の背景と志向によると言えるのかなとかなんとか思っております。
たぴおか @tap_i_ 2018-07-13 06:17:04
長調は楽しい、短調は悲しいという法則(?)は世界で価値観が共有される時代になってからミーム的に定着したのかなと思いました
xxx @nonameuserxxxx 2018-07-13 07:51:05
逆説的な意味で、危険と感じるものの対角にある音を心地よいと感じるとか?
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2018-07-13 11:57:36
脳の騒音を除去するシステムにバグがあって、そこをすり抜けてしまうパターンが音楽と呼ばれてるんじゃないか、って気がしてる。
ゴイスー @goisup 2018-07-14 01:58:24
tap_i_ その指摘は正しいと言えます。音楽理論は物理的な周波数の論理を除いてそれ以外はすべて「経験則」と言えるかもしれません。世界が「平均律の経験則」を受け入れた、ということかもしれませんね。数多の地域差を乗り越えたとも言えるかもしれません。
上下逆さまつげ @kitayokitakita 2018-07-15 11:53:58
ワイは勝手に記憶方法って認識しとるで。  ポケモンいえるかながその証明や。
× ᓚᘏᗢ @cv45ValleyForge 2018-07-15 18:18:34
音楽に限らず「無駄な物(行為)」を楽しむ『余裕の有る社会』が優れていて、より良い進化(進歩)する。じゃないかな。文化に対する寛容さを無くした社会って没落するじゃん。
FFR31 @FFR31 2018-07-26 07:38:07
全部プロトカルチャーのせい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする