「ラノベの特異点」として『僕は友達が少ない』を紹介するコラムと、『はがない』から『俺ガイル』への流れについて。

ほぼセルフまとめですみません。
26
羽海野 渉=太田 祥暉🖋ライター @WataruUmino

最新回更新されました!今回はスクールカーストのお話を起点に平坂読先生の『僕は友達が少ない』など複数作を挙げています。 第2回:私だって友達が欲しいんです。:平坂読『僕は友達が少ない』(ライトノベルの特異点はどこですか?:ゼロ年代後半から分かるラノベ史) are-club.com/2018/09/30/%e7…

2018-09-30 20:02:47
リンク ジャンル不定カルチャーWebマガジン『コレ!』byアレ★Club 第2回:私だって友達が欲しいんです。:平坂読『僕は友達が少ない』(ライトノベルの特異点はどこですか?:ゼロ年代後半から分かるラノベ史) 前回:第1回:大人だってラノベが読みたいんですっ!(ライトノベルの特異点はどこですか?:ゼロ年代後半から分かる… 23 users
mizunotori @mizunotori

「はがない」、出してくるなら日常系の文脈だろうと思っていたのだが、スクールカーストものとして出してくるとは。

2018-09-30 20:12:45
mizunotori @mizunotori

はがないはもちろんスクールカースト的な作品ではあるのだが、今回のコラムで他作品との差異として強調されている点は、流行の特異点というよりもあくまで「バリエーション」にすぎないように思うなあ。平坂読の作風により極端に捻くれた作品になっているとは思うけど。

2018-09-30 20:16:26
mizunotori @mizunotori

スクールカーストもので特筆すべきはやはり「俺ガイル」(2011年)で、それ以前で俺ガイルと対比すべきは何だろう、「AURA」(2008年)、江波光則(2010年)、あるいはスクールカースト以前の「いじめ」ものとか…?

2018-09-30 20:25:02
mizunotori @mizunotori

スクールカーストもの、題材としての「いじめ」にまで話を広げると、エロゲやミステリのほうが中心になって、議論が拡散していくのが面倒だな。スクールカーストという言葉が日本で普及したのって「野ブタ」や「りはめ」あたりの2005年前後でいいんだっけ。

2018-09-30 20:45:25
mizunotori @mizunotori

滝本竜彦的な「オタクの自虐」と、オタクに根強い「邪悪なリア充に差別されるオタク」像と、そのあたりで揉まれてきたのが「リア充が実はオタク」な乃木坂春香や俺妹で、それを(ラノベに関しては)打破したのが「俺ガイル」という史観で。「はがない」がどれほどその流れに影響を与えているかだよね。

2018-09-30 20:50:09
シズク @shizk729

ラノベでスクールカーストと聞いて真っ先に思い浮かべたのはほうかごのロケッティア。あと脱兎リベンジ。空ろの箱と零のマリア、Fクラスの暴君あたりもスクールカーストを扱いつつゲーム化してた

2018-09-30 20:40:54
hatikaduki @hatikaduki

青春文学の系譜を辿ることにも意味はあるとは思いますが、現代ラノベ史における画期として注目するのであれば萌コメブームをいったん総括してからじゃないと違いがよくわからんのではないだろうか。

2018-10-02 01:07:03
hatikaduki @hatikaduki

ラノベにおける萌コメブームを牽引してきたMF文庫Jからはがないが登場して看板になり、次いで、いろんな意欲作を生み出してきたガガガ文庫の柱になる大ヒット作として俺ガイルがあらわれて、友崎くんみたいな後に続く作品も出てきたのでその辺の青春文学がいま元気だよってのは、画期だとは思います。

2018-10-02 01:15:45
hatikaduki @hatikaduki

はがないと俺ガイル、物語の盛り上がり以上に、これは文章で書かれた芸術なんですよという面が前衛化してるのが特徴ですよね。

2018-10-02 01:18:34
hatikaduki @hatikaduki

ライトノベルの近況、web小説の大波≧ライト文芸レーベルの活況>ライトノベル青春文学諸作の存在感が3大注目ポイントって感じであります。

2018-10-02 01:28:03
hatikaduki @hatikaduki

ラノベの特異点の記事、現状は技術的・文化的特異点のニュアンスでもって流行を作った作品を紹介してますけど、重力の特異点的な意味だとやはり何度このラノにランクインしてもいっかな流行らない石川博品ですかね。

2018-10-02 08:09:14
mizunotori @mizunotori

そういえば「はがない」と「俺ガイル」をより直接的に繋げるのはいわゆる「謎部活」概念なんだよな。例のコラムでも触れてくるだろうか。言われはじめたのは2012年くらいで、ハルヒのアニメがきっかけで増殖したっぽい感じはあるけど、古くからの定番設定といえばそうだし、よくわからんところがある。

2018-10-02 09:21:09
佐藤葵 @srpglove

ハルヒ以後に増えた?謎部活ものでは、ハルヒにあったSF・ファンタジー要素が消えている(ことが多い)のが興味深いんだけど、画期となるような作品って何かあったんだろうか。

2018-10-02 09:31:28
佐藤葵 @srpglove

むしろ、既に潜在していた謎部活ジャンルにSF・ファンタジー要素が盛られていたのがハルヒ、と見るべきなのか。

2018-10-02 09:34:43
hatikaduki @hatikaduki

SF要素の必要性の後退、ハルヒとそれ以降の作品との間での変化というよりハルヒというヒット作の中で起きた現象なのではなかろか。ハルヒにおけるSF要素はその後もずっと存在するとは言え。

2018-10-02 09:41:30
mizunotori @mizunotori

「謎部活」、もちろん定義は曖昧なんだけど、『学校の階段』や『ベン・トー』のような「現実に無い変な部活」も含まれつつ、より狭義には「部活名から活動内容が分からない」「実際にほとんど活動実態がない」といった想定があるんだよな。 dic.nicovideo.jp/id/4991434 の「活動内容が不明確〜」。

2018-10-02 16:06:27
mizunotori @mizunotori

部活動そのもののストーリー(たとえば「野球部で甲子園を目指す」)とかよりも、部活が持つ「空気」「場所」を優先しているということで、例のコラムにもそこはかとなく繋がる。「例のコラム」って最初のツイートにも説明なく書いたけどこちらのコラムね。 are-club.com/2018/09/30/%e7…

2018-10-02 16:07:18
mizunotori @mizunotori

それで言うと、わりと積極的に活動していて目的意識の高い『ハルヒ』のSOS団と比較して、なぜ『はがない』の隣人部の目的意識が低いのかと言えば、それは『はがない』が『生徒会の一存』にはじまる(ラノベの)日常系の系譜だからだよね、と。

2018-10-02 16:09:52
mizunotori @mizunotori

『俺ガイル』が当初「はがないフォロワー」と見なされたのも、その導入において「謎部活」のテンプレを踏襲したからだけど、しかし奉仕部は隣人部よりは活動実態があるし、作品としても「日常系」とは別の方向へ行った。さらに次の世代の『弱キャラ友崎くん』は部活動もしない。

2018-10-02 16:11:01
mizunotori @mizunotori

つまり『はがない』と『俺ガイル』の繋がりは、「日常系」と「謎部活」と「オタクの青春もの」という三つの流れが影響しあうなかで複合的に生まれたもので、これを一本の流れで見るべきではないのではないか、というふうに自分の考えを整理した。

2018-10-02 16:12:20

コメント

救空【スクエア】 @sikaku615 2018年10月2日
「俺ガイル」が「はがない」のフォロワーと見なされたのは「俺ガイル」が一巻売り出す時に「残念系青春ラブコメ」と銘打ったからでは?
6
救空【スクエア】 @sikaku615 2018年10月2日
「スクールカースト」を明るくコミカルかつ痛々しく描く残念系青春ラブコメディ | ダ・ヴィンチニュース https://ddnavi.com/review/46018/ @d_davinciさんから  俺ガイル開始1年、はがないアニメのちょっと後ぐらいの記事
2
救空【スクエア】 @sikaku615 2018年10月2日
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫) 渡 航 https://www.amazon.co.jp/dp/4094512624/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_geZSBbECDKR1D 『僕は友達が少ない』の平坂読氏も(twitterのつぶやきを)注目する期待の新鋭、『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ部門大賞受賞の渡航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦!?
2
救空【スクエア】 @sikaku615 2018年10月2日
『俺ガイル』を『はがない』のフォロワーという理解だけで済ませるのはどうかってのもわかるけど、『俺ガイル』が売り始めに思いっきり『はがない』とそれが可視化した残念系ラブコメというジャンルに乗っかってた過去はなかったことにしてほしくない
3
やし○ @kkr8612 2018年10月2日
ラノベに関しては何か一つ当たるとこれもそのフォロワーですよといった作品が次々売り出されるのが常なのでその過程で雑なラベリングによってフォロワーと看做すには根幹がだいぶ違うんじゃないか?って作品がその中に括られるのはよくある話だと思ってた
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018年10月2日
まあ夏休み・文化祭以降はヴィラン(悪役)小説になってますけどね、俺ガイル。
0
山本 @hana_dai0990 2018年10月2日
謎部活ものと言えば究極超人あ~るでしょ
11
mizunotori @mizunotori 2018年10月2日
sikaku615 すっげー記憶が曖昧ですけど、『はがない』に乗っかったPRがされていたのはそうだと思いますし(帯の推薦文とかも)、そこを否定しているわけではありません。内容としても「はがないフォロワーだ」という評判が立っていたと思うので、外面・内面の両方からそういう認識をされていたということでしょう。
0
聖夜 @say_ya 2018年10月2日
フォロワーが付くのは特異点ではないと(ry そもそもスクールカーストとか以前に在学中は男女交際しないというのが大前提にあってこそ卒業時の告白というイベントにつながるわけで、ときメモとかセンチがいわゆる爆弾処理という名の空気(関係性)の維持をゲームの根幹に置いていることからも明らか
1
聖夜 @say_ya 2018年10月2日
その意味でいえばキョンとSOS団-ハルヒが一流プレイヤーであったのに対して小鷹はそこらじゅうでせつなさ炸裂させる初見プレイヤー実況プレイヤーくらいの差。もちろんこれは優劣ではなく視点の問題
0
kartis56 @kartis56 2018年10月2日
ハルヒはSFじゃないし…
0
やし○ @kkr8612 2018年10月2日
そもそも小鷹がやった「ぬるま湯の状態を維持するためのあまりにあからさまな聞こえないふり」とかって八幡からしたらもっとも唾棄すべき偽物だしな…
0
やし○ @kkr8612 2018年10月2日
小鷹は隣人部という枠の維持のために理科に犠牲を強いようとしたけどあれも八幡なら絶対にやらんところでもある。八幡は「みんなの幸せ」のために誰かが犠牲になることをひどく嫌悪してる一方で自分が犠牲になることは平気でやってしまうってのははっきり描写されてるし、こう書き連ねるとこの2人の主人公は根本的な考え方があまりに違う。
3
やし○ @kkr8612 2018年10月2日
そして何より渡航はネット上で批判されたことに対する私怨を作中で登場人物に代弁させるようなバカな真似はしないw
2
酔宵堂 @Swishwood 2018年10月2日
hana_dai0990 わかつきめぐみ「月は東に日は西に」とかも。
3
創世王 @souseiou 2018年10月2日
久しぶりに俺ガイルのアニメ見たらあまりにも中途半端な所で終わってて驚いたw 原作はそろそろ完結するんだろうけど、八幡の言う所の本物とは何なのかわかるのかねぇ。そしてアニメ三期はあるんだろうか。
0
@taiheyou 2018年10月2日
はがないのスクールカースト要素って最序盤にちょこっと出るだけじゃん。
0
フローライト @FluoRiteTW 2018年10月2日
「はがない」はともかく「俺ガイル」は純文でもいいと思うんだがな
0
救空【スクエア】 @sikaku615 2018年10月3日
いくら登場人物に私怨を代弁させたとして、ラノベへの偏見や見下しを登場人物に代弁させる渡航よりは10億倍マシだと思うけど
2
kisara @kisara50 2018年10月3日
hana_dai0990 謎部活はマンガだと光画部だけどラノベだとろくごまるにの食前絶後の数学部あたりが最初?
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年10月3日
虐めとスクールカーストには関係があって、スクールカーストが子供にとって重要な意味を持っていたのは昔からだと思う。ビル・ゲイツもスクールカースト低いギーク虐めているとそのうち上司になるかもしれないぞと言うぐらいで日本に限らず米国でも(米国の方が本場?)
2
uziSAPATA @r_saber 2018年10月3日
ラノベの誇りは花園や甲子園にいくことではなく・・・わけのわからぬクラブが群雄割拠できるというリベラルな作風ではなかったか!?
5
ue280 @cd2023 2018年10月3日
r_saber 考えてみりゃすごいジャンルだよな・・・
1
悪魔の力身につけたマン @izumi_ken 2018年10月3日
主人公の名前だけ知ってる よくスパシンとかEMIYAとかの代わりやらされてる人だ
1
メー @haruhiz 2018年10月3日
特異点は数学概念からの比喩だろう。おそらく「古い流行と新しい流行がある。その両方の属性を持つ作品であり、新しい流行の最初の作品」ぐらいの意味か
0
bss @bss_w_n 2018年10月3日
謎部活という概念だと、ラノベ以前に漫画で「あ~る」→「げんしけん」という”特異点”があったわけだけど、それ以前にも小説とかでその概念に該当するものはありそうな気はするけどどうなんだろ。
0
marumushi @marumushi2 2018年10月3日
あ〜るって在籍してる(非)人間が謎なだけで、光画部(写真部)自体は普通なのでは
1
神代武流 @tkr_kmsr 2018年10月3日
普通の写真部が粉砕バットで無限ノックなどやるものか。 つーかはがないフォロワー以前にはがない自体が俺妹フォロワーって感じだった気がするけどなぁ。
1
嶺岸圭 @FreezeSand 2018年10月3日
光画部は名前は一般的ではないけど、中身は写真部なので(写真部系の活動ネタもあるし)、「謎部活」と言う程謎では無いかと。 GJ部(2010)を思いついたが、事例としては後発になるのか。 漫画、有閑倶楽部(1981)を思い出したけど、間が20年分ぐらいすっ飛ぶな。 と言うか、古くなるほど「謎部活」じゃなくて「生徒会」になるとか?
2
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2018年10月3日
はがない、普通にスクールカーストをギミックにしたメタスクールカースト小説(ありもしない「眼差し」を自意識が勝手にあると認識していた話)なのでこの羽多野渉というデマ製造機いい加減どうにかした方がいいんじゃないですかね。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018年10月3日
別に「謎部活」の起源を語るというようなことではないので…。
1
KUMAKUMA @KMKUMA 2018年10月3日
謎部活の元祖って学生運動などで存在した謎学生とその集まりじゃないのかしら
1
marumushi @marumushi2 2018年10月4日
なお、この羽海野渉なるゲームライター氏については、声優の羽多野渉さんとは何の関係もありません
1
通りすがりのだいこん @KansaiF 2018年10月5日
リアルから切り離すための装置と思ってたな。実在の部活だと都合のよさに対する説得力が減る、というかで。読者がいちいちリアルと対比しかねない危険が含まれるからだろう、くらいに思ってた。「そんなことあるかい」て揶揄をいかに排除するかで没入感が変わるからかなぁ、て。
1