ICF2018でのデービッド・アトキンソン氏の発言

ICF2018でのデービッド・アトキンソン氏の発言をまとめてみました。
政治 旅行
3
ICF2019 @icf_tokyo
小西美術工藝社のデービッド・アトキンソンはなぜ日本政府は観光に力をいれているかを語った。国内観光客の激減で神社仏閣への観光客も減少。15~64歳の生産人口は減少し、3千万人以上が日本とから消える事実に直面。そのため海外からの観光客を誘致し、金銭を落としてもらうことになった。#icf_tokyo pic.twitter.com/qTwQmkCxtN
拡大
ICF2019 @icf_tokyo
和食が観光の目的であるかといえば、一回目の来日では96%が食したいというが、二回目からは50%まで落ちている。むしろ東京にある多様な食事を楽しむほうが多い。自然景観を楽しむことはもっとパーセンテージが高い。#icf_tokyo pic.twitter.com/2QwM4Kp8SO
拡大
ICF2019 @icf_tokyo
日本に来ない人が、なぜ来ないかを考えたとき、自然についての発信が少ないことが要因として考えられた。このように日本人同士で外国人がなぜ来ないかを議論するより、外国人当人に聞いた結果、意外な結果を得られることがあり、新たな気づきがある。#icf_tokyo pic.twitter.com/DPyH3ib3Xl
拡大
ICF2019 @icf_tokyo
イギリスから日本に観光に来るには30万円の航空費、26万円程度の滞在費がかかり、14時間も移動にかかる。日本といえば文化歴史、伝統と革新だがほとんどの世界の観光客は興味がない。一番の魅力は多様性で自然、気候、文化食事など。神社仏閣を訪れる人よりも新宿御苑に行く人が多い。#icf_tokyo pic.twitter.com/Xadt6nZONI
拡大
ICF2019 @icf_tokyo
#ICF2018 都市戦略セッション デービッド・アトキンソンは、訪日観光客は実は日本はテクノロジーが遅れていることを理解して帰ることが多いと語る。"新幹線ではWi-Fiは使えず、電子決済もできず、いまだにファクスが使われている日本の事実"#icf_tokyo pic.twitter.com/Pq5y8TTMs4
拡大
ICF2019 @icf_tokyo
#ICF2018 都市戦略セッション  訪日観光客が爆発的に増えたのは、おもてなし、治安、新幹線の正確さのためではない。世界おもてなしランキングの最下位はフランスで、世界一観光客が多い国もフランスだとデービッド・アトキンソン氏。 #icf_tokyo pic.twitter.com/XNV8RlqXYk
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする