編集可能

野菜の残留農薬、肉や魚の抗菌薬剤、加工食品の添加物など化学物質による複合汚染

@take23asn氏のツイートまとめ。
製薬会社 タブー 化学物質 農薬
4
take23asn @take23asn
【妊娠時の殺虫剤暴露量と子どものIQに関連性、米研究:AFP】http://bit.ly/ibS1bb 農薬問題が日本で報道される事は少ない。原発と同じ構図がある。
take23asn @take23asn
日本の農薬は5000種類。消費者が詳細を知らされることなく、真実を知って愕然とする。原発と何ら変わらない。その背景にあるのは製造元や企業べったり御用学者の安全連呼。暗躍する政治家、機能停止の中央省庁。リスクを抱えるのは何も知らない消費者。
take23asn @take23asn
農薬メーカーと聞くとモンサントやデュポンなど悪名高いのを想像するが、日本では武田薬品、チョコレートの明治製菓、化粧品・洗剤の花王も農薬作ってる。裾野は幅広い。
take23asn @take23asn
国内の農薬製造メーカーは外資含め計214社。生産量は国内だけで23万トン。出荷額は約3550億円。農家に売る小売値は約1兆円。カネのある所に政治家や官僚が群がる。農薬危ないだろ、と主張すると原発事故前の反原発派のような扱いを受ける。
take23asn @take23asn
地元ではイチゴ栽培が盛んでNPOがハウス栽培のイチゴ狩り開催して地域振興PR。生産農家が自分たちの作った野菜を食べないように、地元では食べない。どうやって作っているか知っているから。
take23asn @take23asn
ケーキ職人もイチゴを洗わない。味が落ちるとか。出荷から消費者の口の中へ入るまで洗浄されることのないイチゴ。イチゴ生産農家が考え始めたら眠れなくなる。
take23asn @take23asn
クリスマス・シーズンのイチゴは輸入モノ。アメリカから輸入されるイチゴに比べたら国内産のイチゴ農薬問題は遙かにマシ。米国産のイチゴはカビが生えない。
take23asn @take23asn
野菜の残留農薬、肉や魚の抗菌薬剤、加工食品の添加物など化学物質による複合汚染に比べたら、放射性物質の数値がかわいく見える。
take23asn @take23asn
【出生前に農薬暴露すると、子供の知能が低下する:ABCnews】http://abcn.ws/huE2Gp アメリカでは社会問題になりそうな雰囲気。対策として野菜を洗う、肉類・魚類の脂身を避けるなど。
take23asn @take23asn
化学調味料や食品添加物など化学物質に汚染された食べ物に加え、福島原発から放出が止まらない放射性物質。今後、産まれてくる子供に影響があるのか無いのか。超現実主義的に言えば健康に問題はない。
take23asn @take23asn
出産前の超音波検査で異常が判明することが多い。障害胎児がこの世に産まれてくる事は少ない。妊婦側から要望が出た場合“人為的処置”により死産扱いになる。
take23asn @take23asn
胎児に奇形があった事を知るのは身内と病院内部だけ。記録が国の白書のような全国統計で表れることはない。
take23asn @take23asn
病院側には奇形・障害胎児の集計を隠す理由はない。厚労省がその気になれば集計は可能。しかし、その統計が公表されたら福島原発など比較にならないくらいの社会問題を引き起こす可能性がある。
take23asn @take23asn
厚労省のダンマリを見越した上の「ただちに健康に悪影響はない」。

コメント

名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年4月26日
死産は届け出義務があります。統計も取られています。
Hama_1 @Hama_1 2011年4月28日
死産の原因や理由も統計されているのでしょうか?
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年5月9日
統計は取られています。ちなみに、「高所得国における死産の危険因子」で重要なものは「妊娠前の過体重と肥満、35歳超の妊娠、妊娠中の喫煙など」です。→http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/lancet/201105/519630.html
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年5月9日
「野菜の残留農薬、肉や魚の抗菌薬剤、加工食品の添加物など化学物質による複合汚染」が死産の重要な原因と考えている専門家はいないでしょう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする