まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

道場稽古・槍試合では使えるけど、合戦で使いづらい槍術の技がある? #ガチ甲冑合戦

実際の戦場で使ってみないと本だけでは色々わからんやん?そんなわけで砦を用意し、合戦場を再現して戦うことにしました(ドヤァ) 【国際ガチ甲冑合戦 in 三重】 ●11月3日(土) - 伊勢・安土桃山城下街 (伊勢市) ●11月4日(日) - 志摩スペイン村 特設合戦エリア (志摩市) ●主催:日本武術文化連盟/日本甲冑合戦之会   ●協賛:近畿日本鉄道株式会社(近鉄)/株式会社JTB   ●後援:三重県
槍で叩く叩く叩く突くーッ! 刀剣 長槍をもって戦うカンタンなお仕事 剣術 初陣OK 槍術 甲冑武者がガチな組討を再現…? 伊勢・安土桃山城下街 ガチ甲冑合戦 甲冑戦
3308view 3コメント
25
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
槍で攻撃する、構える時は一般的には石突きとよばれる、刃部と逆側のをもちます。 せっかく長い武器をもったならばより長く使いたい!というのが人間の心情です。これで鋭く突きを連続して放ったり、叩くイメージが強いのではないでしょうか? pic.twitter.com/BEEg74SRf7
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
槍の連続突き。 槍、引き絞りて 突き、放ち 間合い詰めて また突きを放たんとす。 #ガチ甲冑合戦 #長久手の戦い合戦絵巻 #サムライサミット #菊野克紀 pic.twitter.com/fQjoUbpol9
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
ところが『槍は長さゆえ、懐にはいって素手の組討ち、短い武器で戦えば勝算がある!』と接近戦を仕掛ける相手は多いです。 格闘家さんも過去に #ガチ甲冑合戦 に参加された方が何人かいます。 自分の槍で、相手の槍の攻撃をしのぎながら距離をつめて、組討ちで決着を詰めようとする傾向が強いです。 pic.twitter.com/UZHjLDqbig
 拡大
東郷 基 @wdnsj669
伊勢安土桃山城下街にて11月にガチ甲冑合戦を予定。過去の一騎討ちの動画です。赤甲冑側が私で相手は問同流兵法や護身術功朗法の有段者にして剣道歴20年四段の現役警察官。体重差もこの時の相手と私で20キロ程もの差がありましたがそんな実力や体重差もひっくりかえるのがガチ合戦の醍醐味の一つです。 pic.twitter.com/53TrxZIUTF
ツイートまとめ 格闘家の左禅丸さんも挑戦! 槍の懐に入ったら勝てる? ガチ甲冑合戦Weekly 013 今回は『ガチ甲冑合戦 桶狭間の戦い』をサンプルケースにつかい、甲冑をまとい、野戦で使われる3mほど武将槍を想定した戦いのお話になります。 格闘家の左禅丸さんも参戦された感想も合わせて紹介します。 なお、テレビにでるような室内用の槍は2mほどになります。 5907 pv 182 1 user 48
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
一騎打ちではほとんどが槍術の攻防から間合をつめ、組討ちから短刀で勝負がきまりました。 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/JohESlnkpI
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
至近距離の戦いになった時、槍をすてて短刀を抜いたり、組討ちで応じることが殆どです。 が、槍が達者な人は槍をたぐって真ん中あたりをもち、至近距離での攻防に応じれるようにする人もいます。 画像では相手の短刀の攻撃をかわして、槍を短くもって、逆に相手を追いつめました。 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/QRZOruQK3O
 拡大
 拡大
 拡大

防衛につかうだけでなく、自分が相手の懐に入りながら槍を短くもって突き刺します。

短く持ちかえる、というのは一見簡単そうに見えて瞬時に行うのは難しく、組討ちに行く前で槍だけで勝負をきめれる人は中々の槍の腕前です。

3人対3人で戦っている動画では最後の相手との距離がせまっているため、短く持ちかまえて体当たり気味に突いています。

吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
ガチ甲冑合戦、2016年の和歌山県、橋本市での真田丸攻防戦での敢闘賞の方の画像です。 この突撃からの刺突だけでなく、組討ちからの投げなど大活躍されました。 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/jDc7WYRaio
 拡大
 拡大
 拡大
ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
Armored Samurai Battle training 3vs 3 2:3となった瞬間、戦力差は1,5倍となり全滅。 よほど奇策を機敏に行わない限り少数組の逆転勝利は無理。 社会生活も同じかな?  少、小、弱>兵は奇道なり!! pic.twitter.com/6mK40lPoMI

また、このように真ん中を持つと、『石突きを返す』という技術を使えます。

1つ目の動画の最後にでてるように矛先の反対側を返して、相手の後頭部、膝裏などを叩く技術です。

2つ目の動画では相手との距離がそれほど近くないのに、『石突きを返す』技術を使おうとしたのか、相手に逃げられて反撃を喰らってしまっています。

『石突きを返す』をはじめとした槍の真ん中を持つ技術は相手との距離が迫っている時に有利な技術なので、相手との距離が離れていたり、逃げる相手にはあまり有効ではありません。

ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
NHK総合テレビ「戦国のへ~ほ~」。私達の「ガチ甲冑合戦」映像&解説で(槍は叩くもの)と表現頂いたのですが正確には{叩いて敵を弱らせ突く}です。たぶん時間の関係でカットされたシーン。トドメは突きです。ご興味のある方はこちらもどうぞ。 armored-samurai.com/japanese pic.twitter.com/CK8CoWiEeQ

このように短く槍をもつ使い方は相手との距離感があれば強力な技術ではありますが、1対1の戦いともいえます。

たとえば石突きを返す技術は左右に仲間がいるとぶつかってしまうので使えず、また、そもそも仲間と並んで槍を使う時、敵は簡単に近寄ることができないため、短く手繰るのはあまり意味がありません。

障害物がなく、1対1の練習がメインの道場とちがって、まわりにモノがおおい砦で戦ったり、周りに味方が多いと使いにくい技術もあるわけです。

『槍は叩くもの』とは言われますが、甲冑武者に有効というポジティブな理由だけでなく、集団戦で仲間がまわりにいると他の技が使いずらいというネガティブな理由も大きいかもしれません

うに(にく) @ihunukin14
清州城の広場でガチ甲冑合戦やってた。桶狭間の戦いを模しているらしい pic.twitter.com/FqwuDxBneF
 拡大
 拡大
 拡大

突き技をして大きくシゴいて槍を引き戻したり、槍を短くもつと、石突きが後の仲間にあたる可能性もあるため、集団で戦うときは槍をながくもち、叩く技術が自然と多用されます。

また、置楯、馬防柵など障害物があるとまた戦い方がかわるわけです。
道場での一対一での槍の扱いとかなり変わってきます。

ガチ甲冑合戦がやろうとしているのは型や伝承で伝わっている武術の技術だけど、実際の戦場でつかってみたらどうなるだろう?
再現してみよう!というイベントです。

吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
【拡散希望】 #ガチ甲冑合戦 は現代にリアル戦国を召喚したもの 結界をはったロープの中に立ち入るのは大変危険 結界内の侵入は ・自らも戦国の将兵となり、戦いにエントリーする ・現代社会の使者としてのメディア関係の取材等は、日本甲冑合戦之会までお問合する 詳細はsamuraijp.xsrv.jp/event.html pic.twitter.com/OnotmjZsFU
さかた @sakusakusaku07
火縄銃とか弓矢とか6mの長槍とか出てきて思ったよりガチだったガチ甲冑合戦@清洲城🏯 pic.twitter.com/QGCip3LFO4
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
【拡散希望】 #ガチ甲冑合戦、写真・動画撮影、およびSNSへの写真投稿はOKです。 写真・動画ともに商用利用、ドローンによる撮影をした場合、御手先組を編成の上、手討ち等することもあります。 手討ち等の詳細はsamuraijp.xsrv.jp/event.html pic.twitter.com/ZNyP9KwPjb

今回は実際に砦を再現し、その砦で武田軍が防衛する、上杉軍が砦を攻めるとどうなるのだろう?という検証をおこないます。

東郷 基 @wdnsj669
次回、ガチ甲冑合戦の準備は、着々と進行中。 写真は武田軍の砦にござる。 今回は鉄壁の備えに候。 上杉軍の突撃など、容易く跳ね返してくれるわ。 #砦 #合戦 #甲冑 #ガチ甲冑 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/4KcvyWNjOV
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大

『日本には伝統的な武術があるわけですから、そういった武術を駆使して、リアルに合戦を再現したらどうなるのかと思ったんです。』

『現在行われている伝統武術の技が使えるのかどうか。甲冑をつけて闘う日本武術のルーツに戻してみたらどうなるか、というのが今やっている試みです。』

国際ガチ甲冑合戦 in 三重(2018)
●11月3日(土) - 伊勢・安土桃山城下街 (伊勢市)
 15:00 戦国の武術解説 / 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『砦攻め』 ※弓・鉄砲・槍・刀で激突!
●11月4日(日) - 志摩スペイン村 特設合戦エリア (志摩市)
 15:00 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『川中島の戦い』 

主催:日本武術文化連盟/日本甲冑合戦之会
後援:三重県
協賛:近畿日本鉄道株式会社(近鉄)/株式会社JTB

タイムスケジュールなど詳細は下記のリンク先を御覧ください。

リンク samuraijp.xsrv.jp 9 users 613 ガチ甲冑合戦 - 日本甲冑合戦之会 2018年11月3日(土)-4日(日) 武術家と一般参加者による合戦再現イベント。ガチで戦うので、両軍の勝敗は終わってみるまで判りません!

コメント

脱臼 @pratula_twi 11月2日
そう考えると「なんで刀という中途半端な武器がいつまでも使われたのか」って話に合点が生きそう
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 11月3日
槍の真ん中を持って、槍を回して石突き側で攻めるやり方はむしろ棒術っぽいですね。いつかガチ甲冑合戦の一騎討ちの方にも挑戦してみたいw
GOGⅡ @Pantsahow 11月5日
棒術・杖術の人たちが槍術を下に見る発言が多いように感じるがこのような事が下地にあるのだろうか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする