10周年のSPコンテンツ!
41
うちゃか@台湾 @sayakaiurani

基本的に日本にはいません。仏像が好きです。シンゴジラ、ミイラ、ゾンビ、天然石、異文化、多文化という言葉に反応します。アイコンや個人情報登録してないとリプ見れない設定になってます。フォロバやDMやり取り依頼の方、突然のタメ口や巻き込み罵詈雑言はブロックにしています。

うちゃか @sayakaiurani
アメリカ旅行行こうとしてる友達が「ESTA詐欺にひっかかった!助けて!」ってきたからいろいろと調べたけど、これはかなりヤバいです… アメリカ行く時に日本国民は全員必要な電子渡航認証システム「ESTA」。普通ならば14ドルで申請できるのに代行サービスがネット内に乱立してて、詐欺られると7000〜
うちゃか @sayakaiurani
10000円取られてるみたい。しかもその代行サービスサイト、本物のESTA申請サイトみたく作ってあってこれはかなりわかりにくい!これほんと法律の穴だと思う。フィッシングサイトに近いものがある…ちなみに自由の女神背景のが本物。代行は全部で数えただけでも7つ見つかった…友達がひっかかったのが pic.twitter.com/MvSNTHasrZ
拡大
れい @rei029
@sayakaiurani これあたしの友達も何人かひっかかった! 私はその話聞いてたので慎重に申請したから大丈夫やったけど、詐欺話聞いてなかったらうっかり間違うくらい紛らわしいよな
うちゃか @sayakaiurani
@rei029 これは知らないとほんとひっかかるよ…これはだめよほんと。
うちゃか @sayakaiurani
ESTA online-centerってところの。これはね、ひっかかるわ… その他にも領事館のマークに似たようなの使ったりしてる代行サービスだらけ…これどうなん?とにかくESTAは14ドルだから!!!ちなみに代行サービスは一度受け付けるとすぐに米国申請を行うので取り消しができません。←爆 pic.twitter.com/0I3mvXFYxO
拡大
うちゃか @sayakaiurani
でも私、間に入って猛抗議をしました。国民生活センターや消費者金融相談的な名を出したり笑 すると以下のようなメールがきました。略すると「決済までに何回か説明したよね?でも、そんな抗議するなら決済手数料3ドル(1ドル100円計算)はもらって、あとは返してあげるよ」ってな内容です。 pic.twitter.com/gzyq0GKyXK
拡大
うちゃか @sayakaiurani
代行手数料?3ドル?はぁ?ってなわけですが、これは「勉強料」として仕方なく支払うって感じになるみたいです。たぶん抗議しなかった人からの莫大な代行料と抗議した人の3ドルとかでこのESTA代行サービスは成立してんだろうなと思いました。ちなみに本家のウェブサイトで確認したらちゃんと承認は
うちゃか @sayakaiurani
されてたからいいけど、代行手数料やパスポートやクレカの情報だけ抜き取られてESTA申請承認されなかったケースもあるらしいのでくれぐれもお気をつけください!!!サイトの作りや料金体系からして悪意ある詐欺にしか見えないけれど、まだこれはグレイゾーンとのことなので、今後も増加するかも…
noir@🐑¡Iä! ¡Shub-Niggurath! @Mahaa_kaal
@sayakaiurani インドのe-visaで、同じような代行サービスサイトに高額な手数料と個人情報抜かれた友人がいます。。
うちゃか @sayakaiurani
@Mahaa_kaal 個人情報はやられますよね…クレカとかもう変えさせたほうがいいのかなと思ってます…
noir@🐑¡Iä! ¡Shub-Niggurath! @Mahaa_kaal
@sayakaiurani パスポート預けなきゃならん申請なら代行サービスも分からないでもないんですが。結局、入力もこっちだし、なんの手数料が分からんですよね。。友人はさっそくスパムや、SNSの不正アクセスきたそうですが。。クレカはヤバイですよね。
『本物の申請サイトはこちらです。』
十字 @eyes_hit
@Mahaa_kaal ダメなとこでした( ゚д゚)あれま〜 pic.twitter.com/0O3P6nwNsp
拡大
noir@🐑¡Iä! ¡Shub-Niggurath! @Mahaa_kaal
@eyes_hit 申請が無事に通っているかの確認は、正しいサイトにある「個人申請の情報確認」から入って、パスポート番号、生年月日、返信されてきた申請番号を入力すると分かると思います。
nori 💭 @n0ri_tiki
@sayakaiurani @momosakura0405 本物のESTAはパスポート番号の変更その他変更及びESTAの期限の延長が出来るので必ず「申請内容の確認」という項目がありますね。 アドレスを見るとesta.cbp.dhs.gov/esta/ govドメインを使っているのが本物! pic.twitter.com/vbhz4yn0sC
拡大
Momo @momosakura0405
@n0ri_tiki さすがノリたん♪勉強になります!
十字 @eyes_hit
@Mahaa_kaal ありがとうございます(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)
nori 💭 @n0ri_tiki
@momosakura0405 政府がやってるものはgovernment=govね
うちゃか @sayakaiurani
「旅行会社の代行なんて馬鹿みたい!自分でできるし!」と自分で申請する人に、悪意を持って(わかりにくいウェブサイトにして)代行サービスに誘って、金額も明記せずにあとでガッツリ取られるという仕組みだし、かなりの旅慣れた人がひっかかってるので本当に気をつけてください!
『ちゃんと公式サイトから入らないとダメだで‥』
きゅーさん産婦人科 @kyusan_obgy
ちゃんと公式サイトから入らないとダメだで‥ twitter.com/sayakaiurani/s…
癒唄 @hige_mayu
これ外務省のリンクから飛んだ方が確実。ESTAなんて代行いらないし。 twitter.com/sayakaiurani/s…
残りを読む(34)

コメント

刑事長/理事長 @DekatyouNy 2018年11月16日
ていうか米国政府の出先である領事館や大使館の情報見れば分かることを、わざわざ民間がやってる、って点で胡散臭く思わないと…
ローストの肉 @ROM69787270 2018年11月16日
基本的にpcデポのように、やろうと思えば個人で出来ることをお手伝いするよってスタンスの商売なら詐欺とは言えないから。これもサイト似せてるから悪質ではあるけど詐欺ではない
_ @wholescape 2018年11月16日
ググって探すなら 'esta site:gov' でググらんとだめでしょう。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2018年11月16日
まあ、とはいえ(今まで?)パスポートを預けての申請代行的なものがあったので、電子版でも代行業があってもおかしく思わないことはあるのかもしれない。 ...難しいよね、オフィシャルが使い勝手が悪いから、みたない話題も(日本の行政のこととかで)話題になることもあるし、「オフィシャルだけ使え/信用しろ」も言い切りにくいところあるかもかなあ。
slips @techno_chombo 2018年11月16日
まぁオーストラリアのETASみたいに「オフィシャルより代行業者のサイトで申し込んだ方が安い」ってこともあることはあるんだけどね。
slips @techno_chombo 2018年11月16日
ちなみにアメリカだと、単なる翻訳文書を正式な「国際免許証」であるかのように見せかけて販売してるサイトもあります。これもよく読むと「これは正式な書類じゃないよ」って注意書きがあるんだけど、International driving permit とかでググるとヒットしちゃったりして。日本だと「警察で出してもらう」が浸透してるんで、こういう商売は成り立たないと思いますが。
slips @techno_chombo 2018年11月16日
tsuyoshi_cho まぁ代行業者がいてもいいんですが、それなら「全部日本語で入力してくれれば後はフォローするよ」くらいの付加価値は欲しいところですよね。ESTAは日本語サイトがあるんですが、入力自体は「英文」ですから。
ひとことぬし @htktnushi 2018年11月16日
当件に限らず「背景がこれなのが公式」とか「こういう記述があるのが公式」とかそういう容易に偽装できるポイントで判断しようとすること自体がNG。公的機関のトップレベルドメインか否かでの判断が基本。非公的機関の場合は他の信頼できる公的機関サイトからのリンクか否かなどで判断。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2018年11月16日
techno_chombo まあ、そうですよね、というかそれくらいが普通だと思う。
おこそとのホモよろを @aiueo2341 2018年11月16日
「ESTA online-center」見たけど金額や代行サービスである旨の記載もあって、同意事項にチェックしないと先に進めないシステム。申請できなかったとか不正にクレカ情報使われたとかならまだしも、手数料取られただけで詐欺呼ばわりはどうかと。
おこそとのホモよろを @aiueo2341 2018年11月16日
ただ、代行のわりに入力欄多くて、数千円払って利用する価値はなさそう。
ゆき @WinterHiver 2018年11月16日
ググってトップに正しいサイト出るのに騙されるって逆に凄いような…
pt2012 @pt20121 2018年11月16日
WinterHiver いくつかコメントもありますが、悪徳業者であって詐欺ではないこともあるようなので、ユーザが「ESTA 代行」で検索してると避けられないと思います。その場合キーワードマッチングで広告も出してもBANはされづらいはずなので、一番上が業者の広告だった、なんてことも普通にあるかと。
slips @techno_chombo 2018年11月16日
WinterHiver 「ESTA 申請」とかでググるとトップは広告になるっぽいですね…。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2018年11月16日
注意喚起はいいけど、「法律の穴」なんかじゃなくて法で禁じられてる詐欺そのものだし、「フィッシング詐欺に近い」んじゃなくフィッシング詐欺そのものだし、なんかいろんな意味で大丈夫かよって思う。「詐欺注意喚起系の詐欺」に騙されるなよ?
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2018年11月16日
ん?詐欺じゃないのか?ちょっと落ち着いてくる。
個人の感想です @Charlie3_y 2018年11月17日
なんかいつもさ、俺が検索した「みずほ銀行」は正しいみずほ銀行なんだろうかって思いながら使ってるんだよね。オフィシャルか広告かの判断を検索エンジンに握られている生活って怖いよねえ。
tomy @tomomi80271493 2018年11月17日
これはグリーンカードの抽選にもある サイトのアドレスの最後に.govが付いてないと米政府関係でないから注意
RGB000 @19666_61 2018年11月17日
オフィシャルの判定はURLで!URLは裏切らない!(短縮は除く)
saku @sakuuuuuuune 2018年11月17日
素人でも使えるようにグーグルの検索オプションに、政府自治体関係のみ、教育関係のみが欲しいね そこら辺の人じゃ、ドメインなんて見ないだろうし、見ても なんとか-gov.comみたいなの判別できなさそう
あなぐらから @vbwmle 2018年11月17日
なんでこの人は最後までドメイン名を書かずに「背景がこれなのが本物」とかいうん…?
tibigame @tibigame 2019年7月25日
よっしゃードメイン名バッチリ本物や→ホモグラフ攻撃
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする