F-1支援戦闘機の話から始まるF-4EJ改のAPG-66Jレーダとかの話

気になってたのをまとめました
軍事
25
林司@るーしゃんず @Archangel_HT
F1叩く人(元P含む)多いけど、「仮想敵」役をこなしたであろう海洋事業部からの評価を聞いたことがない
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
@Archangel_HT イージス艦導入時、訓練でF-1を2編隊突っ込ませて無傷判定だったので、海自の方がザワツイたって話が逆説的にわかるくらいかにゃあ(ここあまり調べていない
dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
@Archangel_HT イージス艦。2編隊の攻撃を凌いだ事で、海自もどよめいたと
林司@るーしゃんず @Archangel_HT
@dragoner_JP 逆に言えば、イージス艦導入以前はF1も艦艇からはかなりの脅威だったと見るべきなのかな
TFR_BIGMOSA(首輪つきの温和で可愛い大猫) @TFR_BIGMOSA
@Archangel_HT @dragoner_JP イージス艦の出現までは空自FSの人たちは水上戦闘艦と言うものを「水上標的」と呼んでいたと言いますね。まあそれまでのターター搭載艦などのテイタラクを思い起こせば当然でもあります。
keenedge @keenedge1999
F-1はレーダーがアレなので、ちょっとした荒天でも容易に目標を失探し易く、ASM-1の長射程を生かせなかったのではないでしょうか。幸いなことに実戦で使用する機会は無かったですが、もし実戦で使われていたら、F-1は敵艦に対してかなりの肉薄攻撃を迫られていたのではないかと思います。 twitter.com/Archangel_HT/s…
keenedge @keenedge1999
これに対し、APG-66Jを搭載したF-4EJ改では最大レンジがF-1の2倍となり、また周波数アジリティによるシークラッタ抑圧処理を行ってシーステート□までの目標に対応できるようになった。それ以上の高クラッタ条件下では最大レンジが1/4になるが、Moving Target Indicatorにより海上移動目標探知を行う。 twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
ただ、海上目標に対する爆撃精度はRCCD(継続データ投下点計算)、RCID(初期データ投下点計算)の両モードを持つF-1の方が高く、これはGCS-1をF-4EJ改に装備する際に大きな問題になっています。 twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
何故、F-4EJ改の爆撃精度がF-1より劣るかというと、F-1がレーダーからの目標情報を自動で取り込めるのに対し、F-4EJ改ではHUD又はレーダーからの目標情報をP自ら手動で取り込む必要があるからで、どうしても取り込み誤差を生じます。このハンデを運用で補うために、新たに運用研究が実施されています。 twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
これはGCS-1が配備された1990年代初期のお話ですよ。 twitter.com/GG_GINZI/statu…
keenedge @keenedge1999
こちらの写真が分かり易いですかね。F-16に装備されているアンテナと良く見比べてみて下さい。 valkyrie.yukihotaru.com/tarps/03gifu/0… twitter.com/fsx91391359/st…
keenedge @keenedge1999
APG-66JはAPG-66(V)の魔改造モデルだとの風説で、メルコ関係者もメディアでそう語ってますが、前述のRCCD、RCIDの爆撃モード追加のOFP改修ができなかったことなどを考えると、魔改造とまでは言えないんじゃないかとも思えます。(先ほどのSEA1,2のモードはAPG-66(V)に元々あった機能) twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
わざわざシーステートの数字を豆腐にする必要無かったね。ここにちゃんと書いてある。 SEA-SURFACE SEARCH MODE (SEA 1) uses frequency agility technology for detection of ships in conditions up to sea-state four. forecastinternational.com/archive/disp_p… twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
戦車も追尾とは。探知可能な移動速度は書かれてないのね。 SEA-SURFACE SEARCH MODE (SEA 2) provides a similar search in higher sea-states by using a narrow Doppler notch filter. This mode can also provide a moving target indicator capability for certain ground targets such as tanks. twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
F-4EJ改のAPG-66Jが偉いのは、AIM-7Eと-7Fの両方共使えることだと思う(確かCWイルミネータを追加している)。これはF-15にだって出来ない。 twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
ちなみに*AAA DEFEAT*というスイッチが見えるが、これは機関砲などの対空火器を脅威判定から除外するスイッチ。警報が出なくなるが、モニターの外周上にはA/Aと表示される。他に左側コンソールには*FRD OFF*スイッチもあり、これは味方の表示を除外する。 twitter.com/keenedge1999/s…
keenedge @keenedge1999
何度も書いてますが、GCS-1は一番思い出深い装備です。自分はこれのお蔭でマル防の所作を覚えました。写真の340kgタイプのものは、標的船への着弾時の衝撃が、500ポンドタイプとは全く違ったと監視船に乗っていた方から聞きました。>RT
keenedge @keenedge1999
当時の資料を見てみたら、「F-1にあってF-4に無いものをどうやって補うか。」というメモ書きが書いてあった。RCCDとRCIDの両モードを持たないF-4改では、レーダーの性能そのものはF-1より高いが、GCS-1運用時の命中確率がF-1より低いと考えられており、問題視されていた。 twitter.com/keenedge1999/s…

2019/12/22追加

keenedge @keenedge1999
ちょっと海象条件が厳しいと容易に失探するこいつのレーダーには散々泣かされた。実戦になったら、ASM-1の長射程を生かせず、恐らく敵艦への肉薄攻撃を迫られたと思う。なお、こいつのASMモードはペンシルビームで海上移動/固定目標を探知・追尾する。最大レンジは40NM以内。 twitter.com/Panda_51/statu…
keenedge @keenedge1999
某社さんから頂いた資料にJ/AWG-12とJ/APG-66Jを比較したものがあって、J/APG-66Jには周波数アジリティやMTIでのシークラッタ対策が施されているのを見て、某社さん凄いと思ったんですけど、これ元々APG-66にあった機能なんですね。まともなものを国内で開発出来たのはJ/APG-1からということになります twitter.com/Panda_51/statu…

コメント

文里 @wenly_m 2019年1月5日
図解やこのエピソードが掲載されているサイトがあったら、このまとめに貼ってくれるとありがたいかも。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする