まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

回想、昭和のアイドル

「昭和少女」というアカウントを見て、昭和のアイドルについて回想してみたので、その呟きをまとめました。(セルフまとめです)
音楽 岩崎宏美 ピンク・レディー 山口百恵 薬師丸ひろ子 アイドル 昭和
4010view 33コメント
78
UWの落日 @uw_susu
昭和少女というアカウントを見つけて、ずっと見ちゃった。当時のアイドルと今のアイドルは、色々な意味で違うのだなぁと思いながら。当時は、まず「歌手」でなければならなかったしね。歌手がメインでアイドルはサブだった。でも、今はそうではないんだよね。
UWの落日 @uw_susu
薬師丸ひろ子は女優で歌手ではなかった。しかも映画女優にこだわった人でTVドラマに出なかったから、TVの薬師丸ひろ子はレアだった。この時、彼女は下手だと叩かれて本人も落ち込んだのだけれど…今聴いて、みなさんはどう思います? twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
全盛期の薬師丸ひろ子はTVにほとんど出ず、発信力に限界のある映画(当時はまだビデオもないから、映画館に行かなければ見られなかったのだ)だけで国民的アイドルになったのだけれど、その破壊力の一端が分かる動画ではないかと思う。この娘、ヤバくない? twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
ローリングストーンズのファンと中森明菜のファンは怖い人が多いので、あまり大きな声では言えないのだが、私は中森明菜は「山口百恵のエピゴーネン」と思っていて、松田聖子に比べると評価していなかった。でも、今見ると、可愛いし歌は上手いし(しかし影はあるし)で、ヤバイね。 twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
松田聖子は日本型アイドルの一つの完成形でしょう。この曲は大好きなのだが、実は歌い難い曲なのだ。しかし、サビは流石に聴かせる。 twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
昨年末のレコード大賞で、ピンク・レディーが堂々としたパフォーマンスを見せてくれましたが、全盛期のピンク・レディーの歌とダンスって安定してましたよね。激しく踊りながらも、声にパンチがあった。評価の厳しい井原高忠(プロデューサー)が米国でデビューさせようとしただけのことはある。 twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
ピンク・レディの米国挑戦については誰かがキチンとしたドキュメントを残しておくべきだったと思う。松田聖子など正攻法で米国に挑戦した歌手は何人もいるが、ピンク・レディほど成功を収めた者はいない。にもかかわらず、当時は日本のメディアから冷笑され無視され、それが人気凋落の原因ともなった。
UWの落日 @uw_susu
ネット時代の今なら、ピンクレディの挑戦はその一挙手一投足がリアルタイムで伝えられ、日本人も熱狂した筈だが、当時は彼女たちが米国で何をしているかサッパリ判らなかった。日本のメディアは、彼女達は愚かなピエロであり、その挑戦を裏切りのように扱ったが、実際はかなりの成功を収めていたのだ。
UWの落日 @uw_susu
ピンク・レディ米国進出の仕掛け人の一人である井原高忠(当時の日本テレビプロデューサー)は米国のショウビジネスに精通した人物であり、何の勝算もなかった筈がない。しかし、井原高忠も阿久悠もすでに亡くなっていて、彼らの思惑を知ることはできなくなった。
UWの落日 @uw_susu
当時のアイドルの中でも、岩崎宏美は歌の上手さでは、頭一つ抜けていた。これは、レコード大賞新人賞の時だから、まだ17歳ですよね。 twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
これは、レコード大賞ではなくて、日本歌謡大賞新人賞の受賞シーンですね。 失礼しました。🙇
UWの落日 @uw_susu
桜田淳子は正に王道アイドルと呼ぶべき人だったが、この曲で新境地を拓いた。彼女は後に宗教の道に入ったことで、その業績が正当に振り返られなくなっていると思う。 twitter.com/showa__shojo/s…
UWの落日 @uw_susu
日本型アイドルの出発点は、TV等では天地真理と南沙織と言われる事が多いが、私は桜田淳子、山口百恵、森昌子の3人だと考えている。「中三トリオ」という年齢とその売り出し方、男の子のアイドルファンが初めて現象として顕在化したこと、そして何より「スター誕生!」出身であること。
UWの落日 @uw_susu
「スター誕生!」は、当時「帝国」と呼ばれた某ナベプロと喧嘩して「スターが使えなくなってしまった」日本テレビが、「それならスターを作ってしまえ!」と始めた起死回生のオーディション番組で、ここから多くのアイドルが生まれた。この番組がなければ「アイドルの時代」はなかったと思う。
UWの落日 @uw_susu
井原高忠は日本TVのプロデューサーで、日本のバラエティの父と言われる人だけれど、渡辺プロのタレントがいなければ番組が作れなかった時代に、渡辺プロの余りに横暴な要求に怒り、関係を切ってしまう。ここから始まる「日テレ対ナベプロ」の戦いが、今日まで続く日本の芸能界の流れを作ったのです。
UWの落日 @uw_susu
井原高忠は、コメディアンが使えないなら素人でバラエティをやればイイと「金曜10時!噂のチャンネル」を作り、スターがいないなら創ってしまおう、と公開オーディション「スター誕生!」を始める。実は、この二つの番組が、現在まで続く日本的な「バラエティ」と「アイドル」の出発点になった。
UWの落日 @uw_susu
「金曜10時!噂のチャンネル」は、新人歌手和田アキ子を連れて来てゴッド姉ちゃんというキャラクターを与え、アナウンサー(徳光和夫)やプロレスラー(デストロイヤー)にコメディをやらせて、これがお化け番組になる。若い人は、和田アキ子や徳光がなぜ威張ってんの?と言うけれど出発はここです。
UWの落日 @uw_susu
「スター誕生!」は説明不要だと思いますが、山口百恵やピンクレディーといった70年代を代表するアイドル達はここから生まれました。しかし、渡辺プロは「スター誕生!」に参加していなかったので、当時のアイドル・ブームから乗り遅れ、一時期は凋落してしまう。井原高忠は渡辺プロに勝ったのです。
UWの落日 @uw_susu
「中三トリオ」の中で先頭を切ってスターになったのは桜田淳子だった。歌が上手く優等生の森昌子はご家族向けの人気があったが、山口百恵は明らか3番手でパッとしなかった。どことなく暗く、色気があるのがアイドルとしては逆にネックになった。それが5曲めの「ひと夏の経験」の大ヒットで逆転する。
UWの落日 @uw_susu
「ひと夏の経験」は当時としてはアンチモラルな歌詞で、少女がエロティシズムを売りにすることへの批判もあったが、人気のパワーで捩じ伏せた。山口百恵は「異端から始まり正統へと登りつめた」人なのだ。そういうアイドル、最近もいましたよね?実は最初から王道アイドルよりも、強いのかもしれない。
UWの落日 @uw_susu
山口百恵は「横須賀ストーリー」から宇崎竜童、阿木陽子のコンビとのコラボを始めることで、もう一つ上のステージに行く。それ以後の山口百恵は、アイドルの枠から踏み出していた。そして、21歳で電撃的な引退。アイドルよりも恋愛と結婚を選んだ。活動期間はわずか7年半だが、伝説となった。
UWの落日 @uw_susu
山口百恵は最初にして最大の日本型アイドルだと思うが、その後も続くアイドルが抱える問題を全て体現していた。少女がエロティシズムを商品にすること。アイドルからアーティストへの脱皮。そしてアイドル恋愛問題。日本型アイドルは、未だに山口百恵という掌の中から、出られていないのかもしれない。
UWの落日 @uw_susu
考えてみると、最初の日本型アイドルのツートップである山口百恵と桜田淳子の二人は、それぞれ事情は異なるけれど、結果的に、二人とも芸能界を離れているんですよね。芸能界には、自分の「本当の人生」はないと考えたのだ。それがアイドルの宿命なのだろうか?
UWの落日 @uw_susu
欅坂が人気が出た当初、若いファンが「笑わないアイドル、欅坂はアイドルの革命」と興奮していた。言われて見れば、近年はあまりいなかったけれど、そもそもアイドルの出発点、山口百恵が「笑わないアイドル」だったのだ。 欅坂は山口百恵スタイルのアイドルの21世紀バージョンという感じもする。
残りを読む(5)

コメント

mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 15日前
昭和のアイドルを語る時に、「キャンディーズ」を外すと、オーバーフィフティーのおじさんに怒られそう。 コーラスもやっている。
okoo @okoo20 15日前
昭和のアイドルのことはわからんが、歌もダンスも下手らしく、トークもうまいと思わないあのアイドルを考えると、ちょっとだけ最初のツイートが理解できる気がする。
Kyon-C @rosetail513 15日前
モーニング娘。やSPEED、安室奈美恵などが出てきた90年代半ば頃から、歌よりもダンスの比重が大きくなっていった感がある。 西野カナや家入レオあたりは、80年代だったらアイドルとしてデビューしていたかもしれない…。
どぼすP @DobostortaP 15日前
歌手からの転身枠は声優になってきているような
すいか@01/27(Sun) OTAC17 as 札幌ゲー音部 @pear00234 15日前
山口百恵の「いい日旅立ち」が19歳というのも大概だけど、石川さゆり「津軽海峡冬景色」が19歳ってのはちょっと驚く。
すいか@01/27(Sun) OTAC17 as 札幌ゲー音部 @pear00234 15日前
ナベプロが持っていなかったのは言ってしまえば放送波だけだもんな。タレントはもちろん音楽出版社もレコード原盤制作もテレビ番組制作も映画製作も持ってたから、大げさ誇張抜きで「渡辺プロダクションだけで出来ない芸能活動は放送だけ」だった。
いかおとこ @mororeve 15日前
スローモーションをもう一度ってマンガおすすめ
kartis56 @kartis56 15日前
rosetail513 もうちょっと前の光genjiだかあたりからでは
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 15日前
DobostortaP 昭和のアイドルの距離感と現代のアイドル声優の距離感が似ているような気がしますね
ポテコ @poteccco 15日前
昭和の日本は今ほどダンス文化が花開いてなかったから、テレビで歌を歌うならまず歌が上手くなくちゃ話にならなかった。今のアイドルみたいに華やかなダンスやステージングをメインで見せるのは歌手というよりパフォーマンス集団に近いコンセプトだよな。70年代から続いた女性ソロアイドルの系譜は、松浦亜弥という稀代の天才を最後に絶えたと見て良いものか...もう現れないのかな、ソロアイドル。
酔仙亭響人 @suisenteikyohji 14日前
いいものを読ませていただきました。感謝。
@道交法違反 @deg2typeR 14日前
今になってYoutubeでキャンディーズとかピンクレディーとか当時アイドルと言われていた人たちの歌唱を見ると思いのほか歌が上手くてまずそこに感心してしまう。山本リンダなんかめちゃ歌上手くてカッコいい。あの頃に彼女たちを歌が上手い、なんて評価する人は全然いなくて、岩崎宏美が褒められていたくらいだったけどみんなちゃんとしていたんだな。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 14日前
poteccco そうかな。少年隊とかの動画見たら、めっちゃ踊ってますよ。むしろ昭和のアイドルの方が踊りは要求されてたと思います。ソロアイドルはアニソンシンガーや弾き語りに吸収された感。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 14日前
80年代半ば以降のアイドルってソロはそんなでもないけどユニットアイドルだと、踊りはガッツリ演ってたし、中森明菜氏も結構当時としては激しいダンス踊ってたはずなんだけどなぁ…(´・ω・`)
spin_out @spin_over 14日前
ダンスアイドルユニットとしてはセイイントフォーというグループも居ましてね。
ポテコ @poteccco 14日前
nagisaryou まとめ内容を踏襲して女性アイドルについてコメしたまでです。男性アイドルに関してはジャニーズが「少人数グループで歌って踊る」スタイルを確立したけど、それでも当時は近藤真彦や田原俊彦や郷ひろみみたいな歌唱メインのソロアイドルがいた。昔の方が踊りを要求されたってのはさすがに無いんじゃ?
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 14日前
昭和のアイドルというのなら山口淑子あたりから調べたほうがいい気がするけど、山口淑子の段階で歌も踊りも求められていたんだよね。
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 14日前
うーむ。昭和末期が含まれとらんのが惜しいのう。平成グループアイドルへの萌芽となるおニャン子クラブ、そして菊池桃子→ラムーに象徴される昭和アイドルの終焉とこれを代替するバンドブームなどについてもまとめて欲しいぞい!
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 14日前
PMBeard 当時「女性アイドルはダサい」という空気感だったのははっきり覚えてます。アイドルがマニアックな対抗文化から脱し、国民的全世代的なものになってしまって、若者が自意識を重ねるのに適さなくなった。そしてロックバンドやシンガーソングライターの中にアイドル性を兼ね備えた人がいて(奥居香や谷村有美など)、そっちのがアイドルの役割をするようになってしまったんですよ。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 14日前
PMBeard ラムーは別枠で捉えるべきでしょうね。実は音楽性自体は後期菊池桃子の進化系ですし。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 14日前
いずれにせよ「ブラックコンテンポラリー+黒人コーラス+アイドル性のあるボーカリスト」という組み合わせは、あの当時は早すぎた。倉木麻衣の登場によって、初めて世に受け入れられた感じ。
△青島玄武 (あおしま はるたつ)▽ @hyakuhachiken 14日前
突っ込みたいところもあるけど、なかなか勉強になるまとめ。(^_^;)
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 13日前
nagisaryou 本物志向、アーティスト志向というやつじゃのう。歌唱力を問わない外見重視のアイドルへのカウンターじゃろう。一方で男性側では、グループサウンズ以来のバンドブームがアイドルの代替となった。チェッカーズがその代表じゃろう。
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 13日前
nagisaryou かなり特異的ではあるが、アーティスト志向の空気の中、肩身の狭い外見重視アイドルの起死回生のための一策であり時代の象徴であると儂は思うんじゃ。
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 13日前
nagisaryou そうじゃのう。歌唱力とのミスマッチも含め受け入れられなかったのは、今とは違って多様性への寛容さのない当時では無理もなかろう。ところでTokyo野蛮人は名曲じゃ。安室ちゃんあたりにカバーしてもらいたかったぞい!
spin_out @spin_over 13日前
菊池桃子が出たら中山美穂も語ってほしい。あとアイドル→バラドルの変化は森口博子・山瀬まみ・松本明子すかね。三人共確かな歌唱力を持っていたしルックスも良かったのに、アイドルという存在をテレビが求めなかった。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 13日前
PMBeard チェッカーズはバンドブームとは無関係ですよ。TMネットワーク、プリンセスプリンセス、ジュンスカイウォーカーズなどの世代です。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 13日前
PMBeard レイニーナイトレディですね。隠れた名曲。
いつき @ituki_s 13日前
菊池桃子中山美穂というなら小泉今日子もいれないと。バンドブームはイカ天ブーム世代のイメージが強いのだけどその少し前の爆風スランプ辺りからかなってなんとなく。
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 13日前
nagisaryou 正確に「アイドルバンドブーム」というべきじゃったかのう。チェッカーズ、サリー、CCBなどじゃ。いわゆる「バンドブーム」は波のような繰り返しでよくわからんぞい
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 12日前
PMBeard バンドブームも多層化してたんですよ。有頂天、ラフィンノーズ、ウィラードあたりのインディーズブームもありましたし。
渚稜(ヨコハマエビーチ) @nagisaryou 12日前
PMBeard ラムーはオメガトライブの系譜ですよ。今ならオーサムシティクラブとか脇田もなりとか、あのへんです。
spin_out @spin_over 11日前
バンドブームというか、チェッカーズに関してはグループサウンズのリバイバルじゃないですかね? タイガースとかフィンガー5とか。