Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ラノベのタイトルが長くなったのはいつ頃?~または「なろう系長文タイトル」とは?

長いラノベタイトルを「なろう系タイトル」と称している人と、「それなろう前からあった」と言う人をみて、ふと思った疑問をツイートしたことから始まった一連のやり取りのまとめ。寄せられたご意見や関連しそうなツイートをまとめる為に作っただけなので、明確な結論を出すものではないので悪しからず……。
23
太田たこす @takosu28

「作品内容を説明した長々とした文章のタイトル」を「なろう系タイトル」と言ってるのを目にしたが、ああいうのの元祖はなんだろう?「小説家になろう」登場以前からあったような気はするが、まあなろうで大量に増えたのは間違いないのかな?

2019-02-10 16:44:20
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 個人的には小説より前にビジネス書がその傾向強い時期があったので、そこからの影響かなあと思います。元祖かと言われると微妙ですが…。

2019-02-10 16:47:15
太田たこす @takosu28

@koumyonakakureg その辺はまったく別物としたいなあと。あくまでラノベ方向に限定しないとややこしくなりますし。

2019-02-10 16:50:08
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)はラノベかどうかという問題もありまして…。

2019-02-10 16:52:14
太田たこす @takosu28

@koumyonakakureg そこも別物扱いで。小説が原作でもラノベレーベルではないですし。ただその辺が影響している可能性は十分ありそうだとは思います。

2019-02-10 16:58:56
濱澤更紗 @koumyonakakureg

長タイトル系作品を「なろう系」と呼ぶがその前からあっただろ話、小説家になろうのサービス開始が2004年なので(なろう小説も初期から長タイトルじゃなかった気もするが)目安としてそれより前って考えないといけないのよね…。

2019-02-10 17:03:49
濱澤更紗 @koumyonakakureg

ぱーっと思いついたのが「俺妹」(2008年)「もしドラ」(2009年)なんだけど、その前というと…ラノベじゃないけど「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」(2005年)反則技で「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」(1993年)かなあ。

2019-02-10 17:03:49
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 一応軽くググってみたところ、俺妹が2008年発売なので、ヒットタイトル系だとこれかなあと。ただ、なろうって2004年サービス開始なんですよね…。

2019-02-10 17:05:37
太田たこす @takosu28

@koumyonakakureg なろう作品の「開始年別作品タイトルリスト」でもないと判断ができそうにないですねえ……

2019-02-10 17:07:52
濱澤更紗 @koumyonakakureg

同人作家って好きな曲タイトルにつける傾向あって、「アゲハ蝶」「サウダージ」「バタフライ」「ウルトラソウル」「ラブファントム」あたりは山ほどあった記憶があるので、ラノベ長タイトルの元祖はB'zでいいんじゃなかろうか(マテ

2019-02-10 17:10:25
濱澤更紗 @koumyonakakureg

あ、おとボク(処女はお姉さまに恋してる)が2005年発売で俺妹より前だ。もっともエロゲ初出だけど。

2019-02-10 17:16:22
ex_hmmt @ex_hmmt

@koumyonakakureg ガリバー旅行記のスウィフトも「アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案」とか書いてたり。ちゃんと原タイトルも長いよ!

2019-02-10 17:23:44
太田たこす @takosu28

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」程度だと今「なろう系タイトル」と言われてるものより全然短いなあ……。「明確な説明文」または「本タイトル+補足説明」が着いたタイトルに限定すべきかなあ?

2019-02-10 17:21:42
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 そこまで細かく定義られると「…やっぱビジネス書(ビジネス文庫)からじゃね?」となりかねず…。

2019-02-10 17:26:17
太田たこす @takosu28

@koumyonakakureg いえですから、それが「ラノベのタイトル」に使われ始めたのはどの辺なのかなあと気になっているというお話でして、ビジネス書は(源流だとしても)無視して構わないのです。

2019-02-10 17:28:24
浮草流雲 @r_fusoh

@takosu28 諸説色々ありますが、題名で作品の傾向や概要を説明することに訴求力があると言うことなのかな、と。

2019-02-10 17:29:13
太田たこす @takosu28

@r_fusoh そうですね、「タイトルで内容を長々と説明している」という定義なら分かりやすくなりますね。

2019-02-10 17:32:21
綾瀬なずな@土曜日西せ14aだった @n_ayase

なろうの書籍化一覧を最初まで遡った感じ(1500冊以上あってそれはそれでびっくりした)、なろう発の長いタイトルはこれが初めてですかねぇ。 勇者様にいきなり求婚されたのですが(2012) syosetu.com/syuppan/view/b…

2019-02-10 17:34:42
太田たこす @takosu28

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は長く感じるけど、実は作品内容をあまり説明してないんだよね。書店で初めて見た時「妹物だと分かるがどんな内容?」と気になったし。

2019-02-10 17:36:30
太田たこす @takosu28

「Re:ゼロから始める異世界生活」はなろう小説だけど、タイトルでは「異世界物」としか分からないので、説明が少ないから除外……とか言い出すとよりややこしくなるな(汗)

2019-02-10 17:39:20
綾瀬なずな@土曜日西せ14aだった @n_ayase

すかすかとかも正直なんも伝わらない系

2019-02-10 17:40:24
太田たこす @takosu28

RT)あ~「終末なにしてますか?~」はめっちゃ長いけど確かに内容の説明にはあまりなってないなあ。こうなると定義がより難しい……

2019-02-10 17:43:08
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 そうなると「ラノベとは」という定義を細かくする必要があります。もしドラがアウトというならなおさらのこと。まさかとは思いますが「レーベル」「判型(文庫サイズ限定)」縛りまでするのでしょうか?(逆にいうとそこまでしないと小説とラノベの区分はできない)

2019-02-10 17:50:44
太田たこす @takosu28

@koumyonakakureg 元よりそのつもりで言っていました。もちろんそうなるとレーベルを限定する必要が出て来てそれはそれで面倒になりますが…。文庫より大きいレーベルはややこしくなるので「とりあえずは除外」位のつもりで。

2019-02-10 17:54:25
濱澤更紗 @koumyonakakureg

@takosu28 海外SF翻訳系は?(ハヤカワSFレーベルとか)(ややこしい事例を大量に持ってくるめんどくさいオタク)

2019-02-10 17:57:38
残りを読む(70)

コメント

ex_hmmt @ex_hmmt 2019年2月10日
言及を忘れてたんだけど、2ch系掲示板のスレタイの影響は多々受けてるんじゃないかなあ。
11
太田たこす @takosu28 2019年2月10日
ツイートを使わせていただいた皆様、問題などありましたら対応しますのでご指摘ください。(使って欲しくない場合は削除します)
0
ex_hmmt @ex_hmmt 2019年2月10日
VIP系の創作のノリ→やる夫スレ→なろう という流れは一定数あるだろうなあとは思う。
10
ちょちょまる @sakuya_little 2019年2月10日
なろう系っていうか2chスレタイ系がはしりかな。 「○○な件」とか「するそうですよ?」とか。 それと異世界転生もの、特にリアルでは底辺の男が異世界でチートスキル持ってハーレム無双する系が混ざり合って今に至る、と思う。
9
aitsuki @aitsuki2 2019年2月10日
ふつうに俺妹だと思うけど、それを除外しちゃあ何も言えねえわ。 徐々に説明量が増えていった、とかではなく、明確に長くないとダメ!とか言われてもねえ
17
CD @cleardice 2019年2月10日
最近の流れの根にあるのはまおゆうじゃないの
3
遜色急行 @sonsyokukyuko 2019年2月11日
sakuya_little 結構なろうランキングでも言っては悪いがいつの2ちゃんだよってノリのタイトル見ますね。
7
遜色急行 @sonsyokukyuko 2019年2月11日
なろうの主流はアニメ、ラノベジャンルの再生産品が主流で、ではそういったサブカルがどこをネタ元にしてるかというとまとめにあるようなSF等の他ジャンルだよねって話が妥当では。素人の再生産品なのでプロの発想には及ばない。 似た事例だとプロの作る作詞はどこかぶっ飛んだようできちんと連想ゲームになってるとかテーマがあったりするけど、それを真似した作詞はなぜその単語を選んだかわからないって事があったり。
0
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2019年2月11日
2chのvipとかのやってみた系スレタイだろ。俺もフィギュア作りのスレ立てたことあったけどそれが俺のvipでの創作活動の原点でした(隙自語)
7
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2019年2月11日
サブタイトルを長文タイトルの定義に入れるとややこしくなるような。作中に上がってるフォーチュンクエストなんかは、あれ各巻毎のサブタイトルだし
1
N.exe(寝癖) @n_exe 2019年2月11日
確かに「やる夫は~~するようです」とか「○○な俺が幻想郷入りして~~してみた」系の2chスレタイは構造が似てるかも
10
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2019年2月11日
まあなろうはその時その時の作品傾向の流行りがあるので、どこかで長文あらすじタイトル使ってたのがウケて、そこから爆発的に増えたとかはありそうだけど、増えるターニングポイントがどの辺は詳しい人にお聞きしたいところ
0
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2019年2月11日
なおあらすじ系じゃなくてもサブタイでも何でもありありって言われたら、私は魔術師オーフェンシリーズ上げるわ。でもあれはそれこそあの頃のメイン+サブタイ形式の典型スタイルなんで、昨今なろう系と言われるような内容解説型ではないわな
2
みさ @misa_exchange_ 2019年2月11日
漫画と違って文章で構成されるのでSNSが発達した今サンプルでも圧倒的に文章より画像の方が目に止まりやすい(ノベルに不利?)ので内容がわかりやすいように、ジャンルや属性でファンが付きやすいので端的に表現するのに、もはやラノベと言えばの定石になりつつある(ラノベだとわかりやすい)などなど色んな要因があると思います。個人的にSNSの発達は大きいと思いますね。ネットニュースの見出しと一緒で完結でインパクトがあって内容がひと目でわかりやすいというのはあると思います
1
cocoon @cocoonP 2019年2月11日
僕もサブタイを含めるのは違うと思いますねえ。例に出てるフォーチュンクエストは最初の「世にも幸せな冒険者たち (カドカワスニーカー文庫・1989年)」でも「なろうっぽさ」は全くないけど条件に該当しちゃいますし。
6
cocoon @cocoonP 2019年2月11日
オーフェンのサブタイは詠唱っぽく7+7調なので微妙に14音なのが多い気がする
1
agegomoku @nekofurio 2019年2月11日
俺妹が萌芽というか鏑矢というかで、まおゆう(の原題)や勇しぶあたりから進化していった…という印象
0
ええな@(政経&剣術)🐷手洗い @WATERMAN1996 2019年2月11日
なろう系って言われるけど、もともとはやる夫まとめのタイトルから来ているように思える。あと、タイトルが短い作品って明治以降の純文学の流れでむしろ珍しいのではないかとも思う。「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」なんてまんまラノベタイトルだよね。
12
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2019年2月11日
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」がきっかけだと思ってる。2008年の書籍だけど、元は2chのスレ
4
かしわ天 @kashiwaten6mai 2019年2月11日
90年代のエロゲやラノベにも(ほぼ同時的に)文章的、説明的なタイトルの作品は散見される(それこそ「博士の~」の露骨なパロタイトルも)ので、結局「徐々に長く&その手法を真似るタイトルが増えてきた」のであって、俺妹だのやる夫まとめだのが「原点」ではないとは言えると思う。では遡って何が「原点」なのかと言うと、「じゃあ”説明的” ”長文”をどう定義するか」ってのが問題になる。
3
酸素喰う一文 @kdfm1mon 2019年2月11日
いや、リゼロはReの部分で繰り返す話だってのはわかるでしょ
1
松江あきら@個人の偏見です @MYSTIKNIGHTS 2019年2月11日
長文タイトルの例で『自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述』が抜けてる
3
霧島かなた @twintailcat 2019年2月11日
定義も決めずにこれはダメあれはダメって後出しで否定したら決まるもんも決まるわけがないだろ
11
まんまるまるまいん @manmarumarumain 2019年2月11日
サブタイトルをなろう系の源流とすると、長い物語の章立てすら源流になっちゃう。そうなると古典までいくからちょっと分けて考えたほうがいいかなと。
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年2月11日
別のまとめでも書いたが、長文タイトルと呼ばれるモノは複数あって、例えば1)単にタイトルが長いもの、2)タイトルが作品内容を説明しているもの、3)作中人物のある台詞がタイトルになってるもの、4)それらの複合型など。
3
まんまるまるまいん @manmarumarumain 2019年2月11日
あくまで作品全体のタイトルとしてあらすじめいたものをがっつり長文でつけたものとすると狭めやすいかと。
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年2月11日
tikuwa_zero 俺妹は1+2+3の複合型で、だからこそエポックで「長文タイトルの先駆け」扱いされてるのだが、それをロクに俺妹も読んでない人が【今「なろう系タイトル」と言われてるものより全然短い】【実は作品内容をあまり説明してない】なんて主観的理由で除外するなら条件に叶う作品なんて永遠に出てくるワケないだろって話で。
5
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年2月11日
自分自身は検証どころか作品リストすら作らず、それでいて寄せられた情報を全否定してたら、そりゃ結論なんて出るワケねえだろアホかって話ですよ。>なお明確な結論はないので悪しからず……。
3
西崎秒弥(・ัω・ั) @b_nishizaki 2019年2月11日
全部ひっくるめて一つ選ぶなら俺妹でしょ
4
小川靖浩 @olfey0506 2019年2月11日
ある種の長いフレーズとしてなら確かにドクターストレンジラブあたりが最初だろうけど、今使われている「身もふたもない作品の内容の特徴をまとめたタイトル」だとラノベというよりは2008年あたりの「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」あたりが一般化のターニングポイントになったんじゃないかという気がする。
4
ぼんぼ%アマンド・フォーマルハウト組 @tm_bonvo 2019年2月11日
まとめの最後のブログでも言及されてるけど、個人的には2003年のエロゲ「恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐHしちゃうの」がインパクト大きくてね…いや買ってないんだけどね…ホントよ?
5
さとっち @30calclub 2019年2月11日
なろう系タイトルというよりはAVメーカーの【Hunter】が付けてたクッソ長いタイトルからラノベ界隈に輸入されてるように思うんですけどね…。 >http://www.hunter-pp.jp/ 2007年創業のブランドで10年頃にはもう「あほみたいに長いタイトル」の携行は確立されていましたし。
1
cocoon @cocoonP 2019年2月12日
00年代エロゲの影響はつよいですよね。「はがない」をはがないって略すのだって「はにはに」とか「けよりな」とかの流れなわけですし
2
メー @haruhiz 2019年2月26日
アルファポリスが一時期超短くなってる。個々の作者ではなく編集部がつけてるからなんだろうけど、いかなる政策変更とその修正があったのか理由を知りたいけど部外秘なんだろうな。だがこの貴重な実験により「短いと売れない」という知見が得られたのであろう
0