編集可能

陳舜臣の中国史作品は、すごいよねという話(なのに、あまり電子書籍で読めない問題)

逝去されて4年。このかたを「忘れられつつある」と評するのも失礼かもしれませんけど、「そのすごさに比べればまだまだ評価が足りない」というふうには言えるかもしれませんね。電子書籍が少ないのは、何か理由があるのでしょうか…
94
すんすけ @tyuusyo

江戸時代のことをよくツイートします。本業はweb技術者兼ウェブ広告ディレクター。いよいよ40に近くなってきた。先祖は平家。徳川幕臣の子孫。リツイート多め。リツイートは必ずしも賛同を意味しません。返信が多いので全てのリプにご返信できないので恐縮ですがよろしくお願いします。

https://t.co/Fj6iMqpiG5

すんすけ @tyuusyo

中国史業界にはハイパーすごい能力で、かつ温厚篤実の君子で、立ち位置的には百田尚樹or井沢元彦みたいな人がいるんだよね。 陳舜臣先生。 この人はすごいんだよね。 ・元々アカデミズムの人だったのに全く偉ぶらない ・学界を攻撃しない、むしろ紹介に勤める ・文章がうまい ・物語が上手

2019-03-14 23:13:00
すんすけ @tyuusyo

陳舜臣先生の獲った文学賞。ほとんど主要な賞は全部総ナメにしている。おそらく他の作家数名を足してもこれに及ばないのではないか 乱歩賞、直木賞 日本推理作家協会賞 毎日出版文化賞、大佛次郎賞 日本翻訳文化賞、NHK放送文化賞 読売文学賞、吉川英治文学賞 朝日賞、日本芸術院賞

2019-03-14 23:16:26
すんすけ @tyuusyo

陳舜臣先生の本はおどろくべきことだがほとんど電子書籍化されていない。これは全く残念なことだ。なにしろ「秘本三国志」「諸葛孔明」以外は初期のミステリ作品くらいしかないのである。小説十八史略が電子書籍で読めないものかなあ

2019-03-14 23:25:07
8getter @8getter

@tyuusyo そういや講談社文庫のやつ(背の色は真紅だったと記憶している)もブックオフでもほとんど見かけない 増刷とかしたがらないのかな

2019-03-14 23:28:11
anmonia @nh3_anmonia

陳舜臣先生の十八史略は中学生の時読んで中国史面白いなと思ったし、また読み返したい。

2019-03-14 23:44:03
badman/まっきー @badman_tottori

@tyuusyo 陳舜臣先生の本好きです 秘本三国志、小説十八史略は読んだので 次は曹操-魏の一族-を購入したいと思ってます そういえば諸葛孔明は読んでないなあ…

2019-03-14 23:58:17
おばば @yamacska

B校で、好きな作家は?と聞かれ、陳舜臣先生だと即答→O原チューターに渋好みだ的な事を言われた懐かしい思い出w 陳先生の作品からは歴史に敬意を払い、真摯に向き合っておられるのが感じられて、物語屋修行中meにとって道標 >RT

2019-03-15 01:10:51
蔵六('A`)#ガルパンはいいぞ @zouroku3

@tyuusyo @1xuVLqH3kQ なにしろ、名著太平天国も文庫で再販してないんで、古本で苦労して揃えました。司馬さんとちがって、あんまり再販しないんです。図書館で借りるにしても、古くなった本は自分の所では処分されていっているし。

2019-03-15 03:50:02
28個目のクリームタルト👻 @fakedneilsen

陳舜臣は大阪外国語学校(現:大阪大学外国語学部)の助手だったけど敗戦で日本国籍を喪失した為に研究者への道を断たれた方ですよね。 そういう経緯から作家活動を始められたのに古巣への恨み言を述べる事も無くアカデミズムにも多くの若人を誘ったことは余人をもって替え難い偉業だと考えます。>RTs

2019-03-15 07:30:07
☕petty_bonitas🍰 @petty_bonitas

@fakedneilsen そんな経歴をお持ちだとは知りませんでした。私もそのように 後進の道を開く人間になりたいですね~。

2019-03-15 07:32:28
28個目のクリームタルト👻 @fakedneilsen

@petty_bonitas そうですね。陳舜臣が研究者だった事は司馬遼太郎『以下、無用のことながら』amazon.co.jp/%E4%BB%A5%E4%B… に書かれていました。出来ない東洋語などないのでは?と思われていたほど優秀な方だったそうです。司馬の愛読者と言うと歴クラさんからはバカにされそうですがこういう有益な知識も得られますよ😅

2019-03-15 08:23:19
HKmoviefan😷 @HKmoviefan

@tyuusyo 百田尚樹と比べるなんて陳舜臣先生に失礼ざます!ヽ(`Д´)ノ

2019-03-15 09:26:01
仲見満月(なかみん)の日常 @naka3_3dsuki

そういえば、陳舜臣氏、宮崎市定の孫弟子に当たるとか、どこかで見たことある。

2019-03-15 10:07:14
安田清人 @sanzarutaishou

外国を舞台とした作品だと、個人的には高校生の頃に読んだ陳舜臣さんの『秘本三国志』と辻邦生さんの『背教者ユリアヌス』が双璧だなあ。そういえば辻さんに『西行花伝』のお話をうかがったことがあった。安田元久さんの研究に絡めてお話ししたらとても喜んでくれたっけ。

2019-03-15 10:19:45
琵琶湖くじら / 古井京魚堂 @ohominoisana

陳舜臣ほどの作家でも、死後、忘れられていくのだなあ。

2019-03-15 12:21:46
uchya_x @uchya_x

@tyuusyo 小説十八史略! そうあれこそ「文学としての通史」だよ。百田尚樹のアレなんかと並べるのもおこがましい。 満貫全席と腐りかけた残飯くらい違う。

2019-03-15 13:54:22
やじひつじ⋈ @yajihituji

@tyuusyo 小説十八史略、電子書籍化してないんですか。それはもったいない。 私は中学の頃に読んで中国史に興味持つきっかけになりました。知識がない人でも面白く読めるし、色褪せる作品でもないと思うので、ぜひ電子書籍化して手頃に読んで欲しいですね。(集めると場所とるから(^◇^;))

2019-03-15 14:16:54
チャリンコ乗ったべとべとさん🔑 @cyclingbetobeto

@fakedneilsen 小説十八史略をずいぶん前に読んだけど、また、読み返したくなりました😊

2019-03-15 18:25:12
冬の風鈴 @windharp41

@fakedneilsen 専攻はヒンディー語・ペルシャ語だったそうで、そちらの知識を生かした作品もありますが、中国古典の造詣が深いため、中国史や中国文化を題材にした作品のほうがどうしても注目されます。もしかしたら、もっとインドや西アジアにも注目してほしいと思っておられたかも。

2019-03-15 18:37:12
28個目のクリームタルト👻 @fakedneilsen

それで、分からないな、と思いまして『以下、無用のことながら』を読みました。その中に司馬が『陳舜臣全集』月報に寄せた文章が収録されていたので、陳舜臣が研究者だった事を知ることが出来た訳です。 文学研究のアンソロジーで司馬遼太郎が引用されるようになったのか、という驚きもございました。

2019-03-15 18:44:00
友妻 輝央那 @kionax

@tyuusyo 「小説 十八史略」は、後世に残すべき作品だと思います❗

2019-03-15 19:02:31
40面相のくりいむ @muhonnocream

@fakedneilsen 『実録阿片戦争』や『小説中国の歴史』なぞは初学者の入口として宜しいかと。

2019-03-15 19:59:50
kazy @gakeau

陳舜臣そんな悲運の人だったとは。でも、ほんと素晴らしい小説を残してくれたので、禍福は糾える縄の如しというか。

2019-03-15 23:17:14
残りを読む(46)

コメント

OOEDO @OOEDO4 2019年3月16日
@tyuusyo さんのツイートを中心に
1
Toku @to970 2019年3月16日
陳舜臣の「中国の歴史」は一般向けの中国史の本としてオススメ。
14
よーぐる @Seto_yasu1987 2019年3月16日
小説十八史略のおかげで中国史勉強をかなりスキップできて世界史が助かった思い出
15
55gentaro @gentaro_55 2019年3月16日
「小説 十八史略」はもちろんだけど、「太平天国」も面白い。まるでラノベのような展開でスラスラ読める。読後の寂寥感がヤバい。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年3月16日
小説十八史略は、三國志のような有名な時代の人達も歴史の流れで見ればその一部と感じられて好きです。
3
いつき @ituki_s 2019年3月16日
小説十八史略も秘本三国志も諸葛孔明も面白かったなあ。宝塚スターの凪七瑠海さんの芸名の名付け親でもあるんですね。
1
プチターボ @petit_turbo 2019年3月16日
曹操のやつを昔読んだなぁ、実家に探しに行こうかな
0
ろんどん @lawtomol 2019年3月16日
「中国の歴史」「小説 十八史略」を読んで、法学部から文学部史学科に転籍しようかと悩んだものです
0
ろんどん @lawtomol 2019年3月16日
結局、転籍はしませんでしたが、大学の図書館で中国の史書関係の書籍を読み漁ったものです(ちくま文庫の史書翻訳はまだなかったように思います)
0
kata_game @kata_game 2019年3月16日
日本で有名になっている、史記、三國志、水滸伝以外の中国の面白いところを知りたければまず「小説十八史略」読んで興味を持ったところから調べろって感じがする。西洋で言うところの「ローマ人の物語」みたいなもんだ。あくまで小説だから鵜呑みにしちゃイカンところも含めて。
16
こんたん @kontan8823 2019年3月16日
中国史で一番好きな王朝が"宋"になったのは、この人の影響。著書で趙匡胤のことをベタ褒めしていた。
1
ろんどん @lawtomol 2019年3月16日
陳先生も仰ってたと思うけど、前秦の苻堅のところは涙無しに読めない…
1
明智紫苑@🌈Avaloncity🌈 @akechi_shion 2019年3月16日
宮城谷昌光氏と塚本靑史氏の両極端な作風(一方は潔癖過ぎて、もう一方は露悪的過ぎる)と比べると、陳舜臣氏の作風のバランス感覚は偉大だったと思う。
2
三宅猫之助 @mike_nekonosuke 2019年3月16日
最初に読んだのは「中国畸人伝」だったなあ。孔融がどんな人物なのかわからなくなった(作中の曹操もそんな感じに
1
なつすき @decizun 2019年3月16日
高校時代「小説十八史略」の、紂王を堕落させるために周公旦によって造られた妲己、という設定で友人と馬鹿みたいに盛り上がった思い出。
3
BABA Motoharu @calc3 2019年3月16日
小説十八史略を読んでハマったので続けて中国の歴史を読んでたんだけどいろいろあって途中で止まったままだった。久しぶりに続きを…というかどこまで読んだか忘れてるから最初から読み直すか。
1
のろ🦍2歳娘サタデーナイトフィーバー @saru_don 2019年3月16日
中国文学勉強とかしてるとこれでもかというくらい見る陳舜臣先生
2
なんもさん @nanmosan 2019年3月17日
小説十八史略は最初に新書で読んだのを散逸した後、また読みたくなって文庫で書い直したくらい好きです。以前はブックオフでバラ売りしてるのをよく見かけましたが、揃いで売ってなかったのはとくに通して読まなくてもエピソードを拾い読みするだけで十分面白い作品だからでしょうかね。また4巻あたりで三国時代終わるので、それ以降に興味のない日本人が多いせいで市場に流れた数が少なかったのかもですw
2
なんもさん @nanmosan 2019年3月17日
逆に本場の中国人にとっては三国時代までは古すぎてピンとこないようで、三国志の知識に関してはマニアじゃない一般の日本人にも負けちゃうレベルの人がわりといるようです。あっちではおもに唐の時代以降、とくに外敵の侵略と戦い続けた宋代が人気ある感じでしたね。スケールはちょっと違いますが、日本の歴史ドラマで鎌倉幕府以前はまったくやらずおもに戦国時代ばかりやってるのと似た理屈なのかもです。
2
ピグモン @gdtiomnbvf 2019年3月17日
小説十八史略は中学生のころ読んでスゲー面白かったけど、平然と独自解釈やオリジナルエピソードをブチ込んでくるから困る。 『殷を滅ぼした妲己は周公旦のスパイ』 『管鮑の交わりの真相は、鮑叔牙が保身のため舞台裏から管仲をコントロールしていた』 『晋の驪姫は自身の栄華も息子の公位も眼中になく、ただ滅ぼされた祖国の復讐のため晋を乱そうとしていた』 全部本気で信じてたよ畜生!!
2
Mongyang @taisyo_2015 2019年3月17日
司馬遼太郎の一年先輩だっけか。対談が面白かった。好き嫌い別に、1,2世代上の知識人の雰囲気を知るにはいいんじゃないかな。この世代は何かにつけて対談しまくってる
2
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2019年3月17日
言及済ですが、比較対象とするなら百(略)ではなく、司馬遼太郎ではないかと、世代的にも。
3
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2019年3月17日
そして陳舜臣と司馬遼太郎を読み比べて「なるほど歴史小説は(大いに楽しんでいいけど)信じちゃいけない」と学んだのですよ。
9
マステマ@冥人の型 @mastemama 2019年3月17日
百田尚樹とは人品とも正に月とすっぽんでは。比較対象ではない
6
マステマ@冥人の型 @mastemama 2019年3月17日
名前が出てきたこと自体、理解に苦しむ
2
じめ @jime314 2019年3月17日
陳舜臣先生の本はハードカバーで集めたい派だなぁ、電子書籍で小説読む習慣無いから言える事かもだけど。
0
kata_game @kata_game 2019年3月17日
nanmosan 田中芳樹氏と陳舜臣氏の対談で中国の英雄の条件というのがあって、「異民族相手に戦った人」が中国では一番に来るそうです。その辺もあって、「抗金之名将」岳飛が人気があるそうです。三國志は異民族を受け入れた時代ですからねぇ……南方征伐のおかげで諸葛亮もそこそこ人気はあるそうですが。あとは、隋唐演義とかですかね。水滸伝でも、この辺の人からあざなをもらってくる人がいますからね(病尉遅 とか)。三國志は戦場が中国全土なので、ご当地英雄を出しやすいという事で講談で好まれたとか
5
glulug @glulug 2019年3月18日
本物、と言う言葉は陳先生のためにある。もっと評価されるべきだし、当然電子書籍も全作品出すべき。
2
こんたん @kontan8823 2019年3月18日
陳舜臣先生の評価では歴代統一王朝の創始者で趙匡胤(宋)が最高で、最低が朱元璋(明)だった記憶がある。あと田中芳樹は秦檜を滅茶苦茶貶していたが、陳先生は岳飛の境遇に同情しつつも秦檜の功績も評価していた。
2
kata_game @kata_game 2019年3月18日
kontan8823 秦會がイカンのは、自分の財産を全部持たせてもらって返された金のエージェントの立場を南宋でフルに自己のために使ったところと、岳飛を陥れて拷問の末に殺したのに韓世忠に凄まれて「莫須有」と漏らして史書に残されたことで、抗金之名将 岳飛を殺したことすら信念なくやった事が後世にバレたこと。金の走狗として自己の利益を図っただけで、決して南宋の王朝を憂いて主戦派の岳飛を葬ったわけではない。個人的には、自ら汚名を着て和平を推進したようには見えないんだよね。
2
こんたん @kontan8823 2019年3月18日
kata_game 射雕英雄伝で金庸が指摘しているように、岳飛謀殺の首謀者は南宋の皇帝たる高宗にあり臣下である秦檜はその指示に従ったに過ぎない。もともと高宗は金の人質だったころ主戦強硬派の暴走で金に殺されかけたことがあり、主戦派を信用していなかった。
2
やし○ @kkr8612 2019年3月19日
まさに司馬遼の「個人的な好き嫌いをキャラクター描写に反映しすぎる」ところが好きになれなかっただけに陳先生のつとめてフラットな語り口が気持ちよかったんだよなあ。とりあえず今kindleにあるやつだけでも買って需要はあるよ、ってのを見せるしかないのかなあ?
4
ますかばど @ARCiI5a2HfSsX4q 2020年5月11日
陳舜臣氏は、作品も本人の人格もまさに 「上善水如」 すんなりと読め誰もが誉める。変な「クセ」「臭い」「ヨゴレ」がない上質な水。 だからこそ、上質な水が蒸発して跡を残さないのと同じように、世間から忘れられてしまう。
0
ますかばど @ARCiI5a2HfSsX4q 2020年5月11日
つまり、陳舜臣氏の作品と人物が「死後、世間から忘れられてしまう」このことこそが、氏が「水」を最善の象徴とする中国哲学(儒学・老荘思想)を体現した人生を送られた、ということ、中国的な「聖人」とまではいかずとも、「最高の市井の文人」で、あったことを証明しているのだろうと思う。
0
ますかばど @ARCiI5a2HfSsX4q 2020年5月11日
別の言い方をすれば、陳舜臣氏の作品(と人格)って「円」なんですよ。  誰の心にも傷つけないし、読後に静かさが訪れる。悪酔いな興奮が残らない。  つまり「ツッコミどころがない」から、読者間で論争や争いが起こらない。 「完全なもの・完成されたもの=円」より、「不完全なもの・未完なもの=いびつ」の方が、後の伸び代があることを示す端的な例かと。
0