限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

「橋の下に捨てられていた子供」に関するツイートまとめ

@elinahhhさんのつぶやきに端を発した一連のツイートをまとめました。
人文 親子 民俗学
50387view 43コメント
114
erina.8ans @elinahhh
小さい頃、よく母に「えりなちゃんはね、本当はお母さんの子じゃないの。江戸川の橋の下で捨てられていてね、段ボール箱の中で泣いてたの。結婚したてのお父さんとお母さんがそこ通りかかってかわいそうと思って拾ってあげたのよ。今まで黙っていてごめんね」って言われてた。今でもたまに言われる。
erina.8ans @elinahhh
この捨て子ジョーク?の話は実はけっこう日本では一般的なものだと思う。「橋の下で捨てられた子供」で検索するとあたしのように狼狽してきた人たちの体験談が出てくる。それをベトナム系アメリカ人にしたら、「おれもゴミ箱に捨てられてたって言われて育ったよ。アジアンジョークなんじゃないの」と。
erina.8ans @elinahhh
この話をするとフランス人は本当にびっくりする。ほんとに捨て子だったのかと疑う人、もしくはその冗談はかなりタチ悪い、笑えないっていう意見で一致。ほんとにアジアンジョークなのかな。きっと似たような戒め的お話は地域ごとに似てくると思うから、この辺のヨーロッパも何かしらあるだろうな。
Karl-Alb Langenstein @knagayama
あるある RT @elinahhh: 小さい頃、「えりなちゃんはね、本当はお母さんの子じゃないの。江戸川の橋の下で捨てられていてね、段ボール箱の中で泣いてたの。結婚したてのお父さんとお母さんがそこ通りかかってかわいそうと思って拾ってあげたのよ。黙っていてごめんね」って言われてた
@Tamnius
「橋の下で捨てられていた子供」シリーズに関する @elinahhhさんのつぶやきが興味深い。彼女の場合は捨てられていたのは江戸川だったようだが埼玉出身の僕の場合は荒川だった。どうして親はこんな残酷なことを平気で子供に言うんだろう、と理不尽に感じた。
erina.8ans @elinahhh
仲間発見!@knagayama あるある RT @elinahhh: 小さい頃、「えりなちゃんはね、本当はお母さんの子じゃないの。江戸川の橋の下で捨てられていてね、段ボール箱の中で泣いてたの。結婚したてのお父さんとお母さんがそこ通りかかってかわいそうと思って拾ってあげたのよ。
@Tamnius
しかし、なぜ橋の下なのかという疑問は残る。別に橋の欄干でもカフェのカウンターでもいいし、最近では「学校のトイレで見つけてきた」という方がよほどリアリティーがありそうだ。
渡邊芳之 @ynabe39
いまはもう言わないのかも。自分は子どもに言ったことないなあ。 RT @Tamnius: しかし、なぜ橋の下なのかという疑問は残る。別に橋の欄干でもカフェのカウンターでもいいし、最近では「学校のトイレで見つけてきた」という方がよほどリアリティーがありそうだ。
@Tamnius
言われないで育つに越したことはないと思います。 RT @ynabe39 いまはもう言わないのかも。自分は子どもに言ったことないなあ。
雨人 @arp317
@Tamnius 僕も言われました。幼心にショックを受けたけれど、開き直った僕自身が後に「拾われたんだ」と言い続けていたら、言い始めたはずの母が最後には泣きながら「冗談でもそういうことはいうものじゃない」といった。あの時感じた理不尽さは今でも思い出します。
@Tamnius
確かに、多少ヤケになって「どうせボクは橋の下で拾われたんでしょ!本当の子供じゃないんだから、何したって勝手じゃないか!」とわざと粗暴に振舞った記憶なら僕にもある。
Karl-Alb Langenstein @knagayama
捨て子の話、人類学的には、社会的な親子関係の差異があるのでせう。ジェニターではなくパターなのだ、という主張な訳ですから。
Karl-Alb Langenstein @knagayama
橋の下、というのには象徴的な意味があって、「なにかとなにかのあいだ」、liminal な場で、そういった場所には世俗の法は通用しないのです。だからそこにいる捨て子は誰にも断らず簡單に拾ってくることができる。
@Tamnius
さっきから続く「橋の下に捨てられた子供」空中リプ大会、実は北海道とヨーロッパとアフリカをつないでいることにフォロワーの皆様はお気づきだろうか。
erina.8ans @elinahhh
なるほど、私は千葉出身です。当時の私はその残酷さがよく理解できず、自分の出生に思いを馳せていました@Tamnius 「橋の下で捨てられていた子供」に関する @elinahhhさんのつぶやきが興味深い。埼玉出身の僕の場合は荒川だった。どうしてこんな残酷なことを子供に言うんだろうと
@Tamnius
「へーっ、橋の下なんだー」という純粋な驚きみたいなものでしょうか。 RT @elinahhh なるほど、私は千葉出身です。当時の私はその残酷さがよく理解できず、自分の出生に思いを馳せていました
サンデスぽ☆HAYA2 HORIZON 剣の山 応援中 @sun_dess
@Tamnius 私は子どもたちに言った事はないてすが、捨てると仮定した時に親心として橋の下なら大切な我が子が雨風に濡れずにすむからでは?ではないでしょうか。
@Tamnius
なるほど。となると現代版は、さしずめ「赤ちゃんポストから貰ってきた」でしょうか。 RT @sun_dess @Tamnius 私は子どもたちに言った事はないてすが、捨てると仮定した時に親心として橋の下なら大切な我が子が雨風に濡れずにすむからでは?ではないでしょうか。
よれよれぽんこ @ponko4
@ynabe39 @Tamnius 子供を捨てる状況がなるべく人目につかず、かつせめても雨に濡れないように、という選択が橋の下だと聞きました。私も言われましたね。しかし自分が親になったら、子供に対して「お前なんか拾ってきたんだ」ということにどんな意味があるのかわからないのですが。
長谷川明生 @aki0816
@ynabe39 @tamnius いまも、ホームレスさんの住まいとしては、高架下と同様に定番ではないかと思います。橋の下。まあ、昔のように乞食する人は宗教者も含めていなくなりましたから、わからないかもしれませんね。
サンデスぽ☆HAYA2 HORIZON 剣の山 応援中 @sun_dess
@Tamnius 赤ちゃんポストだと、その先に頼って行ける人(医師か看護婦)がいるので脅しにW使えないと思います。言う目的は、あなたを守り愛しているのは私だけ☆を言いたいから。
@Tamnius
そんなわけで、橋の下の捨て子に関する疑問は深まる一方である。
erina.8ans @elinahhh
自分は特別な存在と思いたかったのかもしれません。今でももしや?と思うことがあります。パラレルワールドですね。@Tamnius「へーっ、橋の下なんだー」という純粋な驚きみたいなものでしょうか。 RT @elinahhh当時の自分の出生に思いを馳せていました
@Tamnius
それはそれで面白い発想ですよね。子供なら一度は考えます。 RT @elinahhh 自分は特別な存在と思いたかったのかもしれません。今でももしや?と思うことがあります。パラレルワールドですね。
たかのん @k_takanon
@tamnius ずばりこんな本があるようです Amazon.co.jp: お前はうちの子ではない橋の下から拾って来た子だ: 武内 徹: 本 http://goo.gl/9qlWG
残りを読む(128)

コメント

ひばらー @hibarayashi 2011-05-08 08:38:44
面白い話題ですね。うちでは「潮干狩りでほりだした」でした(笑)
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2011-05-08 09:20:37
日本中の川という川に橋を建てまくれば、その橋の下に溢れる捨て子で少子化が解消される筈
りんもっく@新呉鎮守府 @lynmock 2011-05-08 10:58:23
小学3年位まで「キャベツ畑で拾われたりコウノトリが運んできたりすることもあるのか…じゃあ父親と母親って何の為にいるんだろう」とか思ってました
熊野風。 @nobody2knows 2011-05-08 10:59:17
オレも良く言われたなぁ… 因みに長女には「お前はモンキーパークで貰ってきた」と言ってあるw
usukuzi @usukuthi 2011-05-08 11:17:13
芸事の家なんかでは、子どもの覚えが悪いと「親が神社に置いて去って行き、名付け親にあたる老人などが引き取って、その子を連れて羽織袴で親のところへ謝りに行く」という儀式的な流れを演じるときがあるそうです。 橋の下も神社も、現世のしがらみのない空白スペースです。
うけんぶ予約した @wakanaJ 2011-05-08 12:09:05
私も母親に言われたなぁ。そんで弟に「お前も拾われっこだ」って話をしたら母に「冗談でもそんなことを言うもんじゃない!」って怒られて私号泣。
雲居雁乃 @kumoikarino 2011-05-08 15:22:23
うちだけかと思ってたけど、拾われた子ネタって結構普遍的なのね。うちは「多摩川の橋の下のボート小屋のオヤジから貰ってきた」っていうのが定番だったけど。
KASUGA, Sho @skasuga 2011-05-08 16:27:19
拾い子は健康に育つというのは日本で一般的に見られる民間信仰だと思う。戦国時代なんか、実子でもわざわざ捨丸とか拾丸とかつける。そういうのの名残なのではないか?
面田 幸(映画刀剣乱舞1月18日~ @NEWLA 2011-05-08 17:02:10
どうも、神田川の橋の下で泣いていたらしい私です。弟妹にはそういうこと言ってた記憶ないんだよなあ。
めのすさん @menow_white 2011-05-08 20:09:07
橋の下で捨てられてたのと、山の中に捨てられてたのどっちがいい?って聞かれたことある。
higan96🐶アプリをリリースしたよ🐶 @higan96 2011-05-08 20:17:37
僕の場合は「回転寿司で流れてきた」ですね
kayama masashi @k_masashi 2011-05-08 22:59:24
「イグアナの娘」の話にはならないのか。
carmine @carmine_RR 2011-05-09 02:52:24
ツイート追加しました。
carmine @carmine_RR 2011-05-09 03:02:19
親子の葛藤、出生の説明、貴種流離譚、自然(異界)と人間界の境界そして地域・文化によるアレンジの違いなど、本質的な問題がたくさん含まれていて興味深いですね。
carmine @carmine_RR 2011-05-09 03:27:44
そしていったん捨てて(手放して)拾う意味。異界に行って帰ってくるのはイニシエーションを連想する。出産を行為の結果ではなく自然からの贈与として捉えなおす意味があるのか。人間としてのアイデンティティとは何かということとも深く関わっている気がする。 参考ページ再掲http://kamishiba1.exblog.jp/tags/%E5%AD%90%E6%8D%A8%E3%81%A6/
こじま801(蝉) @801_CHAN 2011-05-09 06:04:27
うちも言われてた。5歳くらいまで信じてて、橋の下で生活するホームレスのグループを見ては、あの中に本当の親がいるのかもしれないと、号泣して母親が慌てた覚えが。あと、妹はハッピーセットのオマケだと言われてた。
ささみ@フランツ鯖 @oxoii 2011-05-09 08:38:46
父親(73)によると、「たしかそういう紙芝居か何かがあったなぁ…。なんだったっけ…。」だと。もしかしたら何かの有名だった物語を用いたものだったんだけど、そのまま通俗的に言うようになっていったのかも?
stonedlove @mskasuga 2011-05-09 09:12:34
なぜこういう物言いが流布したのか、その文化的・民俗的背景を考察するとおもしろい。
ちゃーこ @chaconami2008 2011-05-10 01:07:40
「川から拾って来た・・・」と言われたことはあるが、あまりにも母と顔が似すぎていて、全く説得力が無かった覚えが・・・www
Yoshihiro Hayashi @yosha_01 2011-05-10 07:21:09
僕も橋の下で拾われてきた。みんなそうなんじゃないの?
ぐるり @gururi 2011-05-10 15:52:19
俺は生まれたのが海沿いだったので「沖から流れて来た」でしたね。俺は陸奥湾産らしい(・ω・)
@Rythm_Harmony 2011-05-10 16:59:34
私も橋の下だったな。「愛してる」と伝えるのも大事だけど、こういうのを冗談で笑い合える親子でいたいな、と思います。で、息子に「肉屋で100g100円で売ってた…2500円くらいかな」と言ってみたら、「うわ、高級!」と喜ばれた(笑)
carmine @carmine_RR 2011-05-12 01:55:26
ツイート追加しました。
琴子(じゅーはっちゃい) @tot_main 2011-05-13 14:18:07
赤ちゃん本舗のワゴンセールでイチキュッパーで売ってた。と言われました!!
nomah @nomaht 2011-05-13 15:12:46
私は本当に養子だったせいか、言われたことないです。実の子ほど言われるのかもしれない。
担担麺とろみ付き @75tantan 2011-05-13 17:42:20
私も言われたことあるけどこんなに多いとは思わなかったわ
ばと @burt1991 2011-05-13 22:18:00
確かに言われたことがある。言ってる側は良く考えずに言ってるんだろうけど、改めて考えてみれば笑えないジョークだ。
青子守歌 @aokomoriuta 2011-05-15 04:45:52
「あんたは橋の下で拾ってきた」も言われたことあるけど、最終的には「がちゃがちゃで当てた。」「兄ちゃん(=自分)は500円で、妹は300円」とかだったかなー。別に冗談だと分かってたから傷ついたとかそんなことはまったくなかったですが。
@d_rosso 2011-05-16 14:56:42
子供の頃に弟が言われてた記憶がある。自分は言われた記憶が無い。弟は必死に「そんなことない!」と否定していた(当然w)。やはりどのタイミングで言われるかは重要だろうなあ。
carmine @carmine_RR 2011-06-03 05:58:58
ツイート追加しました。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012-05-23 17:19:55
わざとどうでもいい名前をつけて、災厄(悪霊などの仕業と思われていた)から愛するわが子を守るという呪術は、日本だけでなくけっこー多くの地域で見られるようです。鄧小平の「小さくて平凡」なんかも典型だし、アフリカでも子供に「道ばたの石ころ」「隣の家の壁」などと名をつけるとか。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012-05-23 17:21:36
どうでもいい名前をつけることにしろ、貰い子と宣言することにしろ、あまりに大事にしている宝は悪霊(日本では鬼かな)に狙われるという発想はけっこー普遍的なようです。そのあたりから「橋の下で拾った」発言が受け継がれているのかと。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012-05-23 17:23:35
私見ですが、橋の下で〜 は子供を守る呪術に加えて、貴種流離譚が絡んでいるかもしれない。英雄というのは境界に捨てられるものなので、我が子に立派になって欲しいという願いであったのかもしれない。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012-05-23 17:26:50
川というのはそもそも境界であり、道も境界であり、交差路は境界の結節点であり、と考えると「橋の下」はまさにキングオブ境界という感じがする。橋の下というのは、産道のメタファーとして成り立つのではないだろか?
芹沢文書 @DocSeri 2012-05-23 17:27:51
欧米系の「キャベツ畑で拾ってきた」は出生伝承なのか捨て子拾いの系列なのか。コウノトリ型はあくまで「「何故あなたがこの夫婦の元に産まれてきたか」の説明なのであってちょっと別枠かなと思ってるけど。
なあ @naa_san 2012-05-24 04:36:34
私は何度も言われたが、「からかい」「いじめ」「気晴らし」以外の意図があったとは考えにくい。残酷なジョークであると思う。
室町幕府十代将軍 @oskimura 2012-05-24 12:30:43
阿闍世コンプレックスをさけるとかの理由もあるんですかね?
C.J.グレッグ @cj_greg 2014-08-14 13:55:49
昭和世代のどこかが発信元なんだろうけど、あの頃は1学年500人くらいいて、「子どもなんかいくらでもいる」という空気があったので、それがリアルな都市伝説風になってたんじゃないかな~。
ロビタ @colacannon 2014-08-14 16:08:01
親にそんなこと言われた奴が丈夫に育つかよ。それと行為には責任を持て。
💮療養こぷやんとぬこ💮 @coprolite 2014-08-14 18:24:42
リアル被虐待児としてはコレ系発言(と暴力)がどんどんエスカレートしてったんで止めとけーと言いたいですがまあ各家庭の事情に合わせて調整して使用しましょうといった感想。
玉藻丼 @dontamamo 2014-08-14 18:54:41
このお盆期間、代理母のニュース見ながら「あんたもタイ人のお腹から出てきたのよ」なんて言葉がお茶の間で聞かれるんだろうか。
小杉あや・1/27MGM2参加♪ @ayadayWreath 2014-08-14 20:57:43
いわれたいわれた。綾瀬川で拾ってきたから「綾子」って言われたいた。弟は父から名前を一文字もらっているから違うともいわれたwでも「ほんとの親はどんな人だろう」ってわくわくしていたなあ。。。
tarako @AodamaSuika 2016-01-28 23:52:27
我が家は子供が三人だったが、上から順に「ちょっと遠いところにある大きくて綺麗な川」「そこそこ近場の狭い川」「近所のドブ川」とだんだん雑になっていった記憶がある
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする