321
きゅぶんず @kyubuns
「読みたいところだけ、読みたい粒度で読める文章」ってネタが降ってきたので作ってみた 拡大すると、文章の意味も拡大される pic.twitter.com/kEr7XsWaRA
きゅぶんず @kyubuns
自分は文字ばっかりの文章が本当に読めなくて、 文章を読んでいる間に退屈してしまって読み飛ばしまくってしまうのだけれど、 こんな風に気になった部分だけ、それも自分の好きな粒度で読める、みたいな媒体出来ないかな〜っていう妄想
鍋倉 雅之 @nabekuramasa
これは、、、こういうアイデアは好きだと思っていたのに、、思いつかなかったぁぁぁああ、、、 すげーーー! twitter.com/kyubuns/status…
jaway @jawayjaway
@kyubuns @terry10x12th これは自動要約?それとも逆に解説埋め込み?
きゅぶんず @kyubuns
@jawayjaway この動画に関しては、3段階それぞれ文章埋め込んでます 自動的に要約してくれたりすると実用性出てきそうですね!!
敵の敵 @tekinoteki1
これすごい面白い! ・まず必要最低限の文節だけ書く ・これに修飾したり補足情報を足したりする ・読み手のターゲット層を想定して、どれくらい語句を盛ればいいか調整する みたいな書き手の手順が視覚化されてる。いいなあこれ。 twitter.com/kyubuns/status…
いまさし @imasashi
画像でいう解像度に該当するのか?革命起きてる気がする twitter.com/kyubuns/status…
inuro @inuro
地図のインタフェースって基本的にこれで、サマリー→詳細という粒度をズームで変えるのはいろんなところに応用できる。一番いま欲しいのは本棚サービス。 twitter.com/kyubuns/status…
グレイ @Baroque384
Googleマップの拡大システムの文章版という感じで発想が面白い ノベルゲーで文中にTIPSへのリンクが埋め込まれていてクリックすると単語の説明などが表示されるシステムとも似ている気がする 実際には執筆した文章の大半を読まれずに終わる可能性に著者が耐えられるかが問題かもしれない twitter.com/kyubuns/status…
彩とも@game好き @sugipsytomo
発想はとても面白い。ただ文学作品より技術系で効果はあるだろう。・・・文学作品でこれやると作者の意図や思惑やら受け手側の想像させる部分がなくなり、つまらなくなると思う。 twitter.com/kyubuns/status…
ホセ @ttykwn
これめっちゃいい。かなり需要ありそう。 twitter.com/kyubuns/status…
たとえば

アイデアいろいろ

とろ @utoto14
ネットニュースとかECとか電子書籍とか、いくらでも使い道思い浮かぶ。うちのサイトでも実装したい。できれば自動的に要約してくれたら(妄想) twitter.com/kyubuns/status…
ゆき🌏うた @yukiuta1129
@kyubuns @icoxfog417 すっごい面白いです。ニュースや雑誌記事のように、要約そのものに需要がある領域と親和性が高そうですね。ニュースや雑誌記事は、文章そのものがかっちりしていますので、技術的にも要約の精度がでやすい領域だと思います。わくわくしますね。
ななななななな @na7_mmd
専門用語まみれのテキストだとすごく強そう twitter.com/kyubuns/status…
おべべゅ @gchabe_cha
ビジネス系の電子書籍に実装してほしい…色んな会社が苦労してた「電子にしか出来ない読書体験」来たな! twitter.com/kyubuns/status…
ぽっと @potislandm
プライバシーポリシーとかでやってほしい twitter.com/kyubuns/status…
秋野草樹@つぶやかない @akino0510
@kyubuns 回りくどい書き方をせざるを得ない、規約なんかをこういう表示できれば理解しやすいでしょうね。 (大本の文章読まない人が多いだろうから、実装難しそうですが)
きむら しんいち @ShinichiKimura
@kyubuns こういうのが実現できたら、とにかく長くて、やたら括弧書きが多くて、なにかと列挙が多い、法律や特許の文書を読むときにもすごく助かりそうですね。
椙山 拓生 @yamigusa
この技術、特許文書に応用したらみんな幸せになれる気がする・・・ twitter.com/kyubuns/status…
矢崎 @yazakimakoto
@kyubuns 説明書に応用できないかな~
きゅぶんず @kyubuns
@yazakimakoto 「4箇所ねじ止めをする」だけで伝わる人と「4箇所を左上、右下、左下、右上の順で軽く止めた後、全てをしっかりと締める」みたいに丁寧な説明が欲しい人の両方が時間を無駄にせずに対応できると良いなーと思います!
「こんなのにも使えそう」↓

その他の声も

残りを読む(21)

コメント

生き残った墺太利伊太利帝国さん @NotAustralia01 3月26日
「拡大する」という日常の動作の背景にあるwantsを非常に深く分析した(もしくは一発で見抜いた)、まさにコロンブスの卵
washeagle @washeagle 3月26日
ライターと校正の作業量がn倍になるが、な……
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
過不足のない文章なのに拡大すると贅肉が付くだけのように思えてイマイチメリットがわからない。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
オオダイラ文体→ケータイ小説→普通の文章とかなら面白そうな気がしないでもないけど、一度見れば飽きそうだしな…
むう @nyal1999 3月26日
mtoaki まさにその「個々人にとって過不足のない粒度」を制御できるのが最大の強みですよ
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
粒度というよりは、プロット・箱書き・初稿とか、初稿・準備稿・決定稿みたいな運用ができるならほしい。個人的には対訳本に使いたいけどね。同じセリフ1つでも言語が変わると長さがまちまちで、紙の本にすると左日本語右外国語とかで視点移動が大きく無駄な余白の多い読みにくい本にしかならないので。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
nyal1999 最初が「~が~する話」とかで、拡大するごとにだんだん詳しい内容になっていく、というのなら良いかも。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
拡大に応じて文字が増えるなら、増えた文字部分は元の部分とは文字色を分けてほしい。
オッカナイ剃刀 @okka_RazorBlade 3月26日
機能が生きてるみたいだ!販売だとしたら「説明せんでも直感でちゃっちゃと買う人 → 裏を見て仕様や説明は確認して納得して買う人 → 販売員からうんちくまで聞き出して満足して買う人」と異なる層ごとに必要な深さの商品案内に、消費者側が手元操作でアクセスできるじゃないか!
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
なろう系読み物サイトで、ログライン・キャッチコピー・登場人物・導入部・本編みたいな運用ができれば、データ読み込み量が大幅に減らせるかもしれないね
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
okka_RazorBlade そんなのマウスオーバーでポップアップ…と思ったけど、もはやPCよりスマホが主流だから無理なのか。
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 3月26日
映画でのレーティング(全年齢対象・PG-12・R-15・R-18)がペアレンタルコントロール込みで切り替わる文書にも使えそうだな。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
マンションを買ったときに渡されるあの分厚い取説カタログをスマホのこの仕組みで見られるようになれば、少なくともマニュアルを取り出すまでに心が折れるようなことはなくなりそう
オッカナイ剃刀 @okka_RazorBlade 3月26日
レス付けるのは自由ですけど 知りたい → 拡大 という直感に直結した流れを無視していません?これがマウスオーバーでのポップアップと同値と思えるなら、あなたはそれでいいのではないでしょうか。でも、たとえばここの発言に拡大機能があったなら、そのように追求したいあなたは拡大、べつにどうでもいい人は拡大しなければまちがえてマウスオーバーしてポップアップでガチャガチャすることないです。スマートに住み分けられますよ
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
M__Sadohara それはARで実現した方が良さそう。対象にスマホを向けるとヘルプが見れるようになったほうが嬉しいと思う。
RGB000 @19666_61 3月26日
これは情報書・情報ニュースあたりのほうが向いてるんじゃない?専門用語で簡潔に書かれた文章を拡大するとわかりやすい解説になる、みたいな
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
okka_RazorBlade 「知りたい → 拡大 という直感」というのがスマホ世代の感覚なんだなぁと思い至った。僕にはそういう感覚がない。
MUYhsu @k5moda 3月26日
面白いけどめちゃくちゃ手間かかりますなあ
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 3月26日
端的にディレクトリをどこまで開けるかを決定するボタンを拡大操作に求めた感じかの?(´・ω・`)lmsキーか十字キーがいいかなとは思うPC版とどう折り合いつけるかあたりで実装が冗長的になりそうな予感がある。物語の要約の自動判定は難しいのよね。画像の説明以上に人間からのフィードバックが欲しいというか本来なら制作過程段階で紐づけるものだろうし。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
この仕組みの肝はあくまで「初見情報をどれだけ減らして閲覧性・検索性を向上させるか、必要な情報にたどり着くまでに余計な情報をどれだけそぎ落とせるか」の部分なので、ARとか拡張性というのはちょっと違う気がするなあ。いきなり詳細情報が欲しいのではなくて、知りたいことにたどり着くまでに検索迷子にならない仕組みとしての有用性じゃないかと思う
[有効期間] @xooxvxoox 3月26日
最初は二行ぐらいの分量で行間も開いてて、なんてことない日常だったりゆったりした時間が流れてる風景だったのが、拡大して文字数も情報量も増えたら一気に恐怖の世界になってる!みたいな演出に見えた。ちょっと怖かった。
団扇仙人 @uchiwamaster 3月26日
まっとうにやろうとしたら相当な手間になるだろうし、手間をかけずにやったら世の中がフェイクニュースだらけになると思う…
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
M__Sadohara それってフローチャートというかアキネーターみたいなアシスタントシステムになる気がする。
ppw21 @pelutata_ppw21 3月26日
寧ろズームしたら情報量が減る方が個人的には直感的に思えるけど、それはそれとして面白いアイデアだ
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
レーモン・クノーの「文体練習」のように、同じ内容の文章を文体を変えて表現する場合には非常に直感的で面白いものになると思うけどなあ。香盤表作成用に台詞と登場人物の板付き・出入りだけを書いたもの、脚本としてのト書きを加えたもの、それを小説化したもののような書き分けだとか。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
ラノベやマンガとの融和を考えるなら、台詞や吹き出しを拡大すると心の声に切り替わるとか、二人の話者の視点を交換できるとか、画面上でしかできない体験ってのができるのかもしれない。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
M__Sadohara そんな感じの「インタラクティブな漫画スタイル」ってのはShockwave以後何度か生まれてきたけど、結局広まらなかったと思う。こういうの? https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000005714.html
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
mtoaki 美術館などにある音声ガイドや動画って端折れないし、再生方法に選択の余地がないのよ。この仕組みのよいところは、「ユーザーが個々に知りたいところだけをつまみ食いできる」ことなのよ。インタラクティブであることが主目的ではなくて、関心の度合いに応じた情報だけをユーザーが自主的に選べることに意味がある。
橘太郎AT @Tati_Automatic 3月26日
原稿料はいかほどいただけるんで?
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
例えば、ルーブル美術館でモナ・リザを鑑賞するとして、画家についてしりたいのか、モデルについて知りたいのか、二人の関係性についてしりたいのか、絵の具や技法が知りたいのか、いくらの値が付いているのか知りたいのか、保存技術について知りたいのか、興味や関心の方向性や強度は見る人によってまちまちなわけで、それに対して詳細すぎる音声ガイドやパンフレットやpdfファイルは冗長だし、通り一遍の内容ではつまらない。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
M__Sadohara 「音声(動画)スキップができない」ってのは単なる仕様の問題では? システム的には端末(スマホとか貸出の専用機とか)でQRコードやARマーカーを読み込んで表示ってのですでに実現してると思う。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
「定食屋においてある卓上調味料」のように出来合い品にちょっと個人の趣味趣向を反映できるのがよいのよ。これまでの動画や紙情報ではできなかった「個人的なカスタマイズ」の1つの形として検討にするに値するアイデアだとは思う。
団扇仙人 @uchiwamaster 3月26日
これを「現状の文章にちょっとしたプラスアルファすることで実現できる」と考えてる人って、ライターとか編集者のコストを計算から除外してない…?
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月26日
mtoaki 10年以上前にシェーンブルン宮殿に行ったときは音声ガイドは番号選択式で音声再生するしかなかったし、紙資料は音声ガイドよりも詳細だが各言語1種類しかなかった。今はpdfで事前ダウンロードもできるし、podcastもあるけど各ユーザーが内容をカスタマイズして聞ける仕組みにはなっていない。もっとも、年中込み合ってて撮影禁止のあの場所で一々QRコードを読み取ったり、携帯をかざすこと自体がまずいので論外。
nnouse @nnouse 3月26日
文章を指定字数内で要約するソフトはジャストシステムがつくってたはず
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
M__Sadohara というかこれってトリガーがクリック(タップ)じゃなくてピンチ動作になってるだけで、概念的にはハイパーテキストそのものでは?
良月 @ryogetw 3月26日
仮に手間が5倍だとして、その分の価値を生み出すのか? という気はする。コストに見合わないだろうなぁ…
(・ิω・ิ)もろきう(・ิω・ิ) @moroQ_mayuge 3月26日
(ヽ'ω`)これ実際形にするなら「キンキンキン、剣がぶつかった」~「剣戟は交差しうんにゃか(以下100万文字ぐらい描写略)」みたいに多段階の情報量に合わせた文章作成必要になるから無理そう
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 3月26日
最大倍率で原文になるようにして、引いていくとどんどん要約化されるようにするのかな実装するときは。
HasHeadache @HasHeadache 3月26日
得てしてこの手の「今まで誰もやらなかった物」っていうのはコスト的に採算が合わないからやってなかったわけで…将来的にAIが自動で簡易化してくれるようになればありかも(装飾してくれる方はまた別の問題が)
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月26日
HiroshiYamashi4 mtoaki だね。最初はタイトル、拡大すると章題、さらに拡大すると項目ごとの要約、みたいな。
000 @neta1414 3月26日
いいな。容疑者の供述を読みながら怪しいと思ったとこを拡大すると証拠が見つかる、みたいな読者が探偵の謎解き物ゲームができそう。
にんにん @shinobizato 3月26日
これ登場人物が多すぎる群像劇で気に入った人物のバッグボーンなんかが読めるようになったら最高だな
九銀@半bot @kuginnya 3月26日
漫画を読めば良いだけでは……?
tometodon @tometodon1 3月26日
ビジュアル的にはポップアップ表示の進化版という印象。直感的な操作で、重なって邪魔をしないという利点でメモアプリとかマニュアルで実装できそう。解説にはいいけど、解釈になると哲学になるのでそこから先は想像つかん。
凄い栗 @superkurisan 3月26日
もはや別の文章を複数種類用意してるようなもんなんで、手間の割りに効果はクソ薄いみたいなことになりそう。解像度と文章の粒度って例えとして全然適切じゃねえ。
チンさん @rin_homu 3月26日
円城塔がこのシステム使って書いたら滅茶苦茶面白そう
ちくわ @Chikuwa730 3月26日
レシピ本とか教本の類いにめちゃよさそうだよね。技術の習熟度によって必要な情報量って全然ちがうから。初心者は細かい粒度で読めばよい。ミステリとか推理小説とかもおもしろいことできそうだし、まあ一番の本音でいうとえっちな二次創作とかで自分のすきな場面をじっくりなめまわせたらさいこうですね。
寺田33 @tera3333 3月26日
二段階だと目次と本文で目次から本文に飛ぶのと技術的には大して変らない気がする。技術的なハードルは高くなさそう。仕様をつくるのがたいへん。
ヒロセジロウ✏️ @denjiro13 3月26日
ライターとしては──スンマセン、勘弁してくださいw
nnouse @nnouse 3月26日
最大倍率で縮小すると、小説1冊が「男と女が別れた」になる←高橋源一郎ネタ
nekosencho @Neko_Sencho 3月26日
どんどん倍率上げていくと、そのうち「炭素原子Aから炭素原子Bに最外殻電子が移った」みたいな描写がえんえんと続くことに……
砂糖のせる @SugarOn 3月26日
これ、グーグル先生に教えようぜ。 全言語自動対応してくれると思う。 で、変な要約のされ方した分をネタとして楽しむ。
たかつき @taka4tsuki 3月26日
要約するための機械翻訳はすでに誰か技術を作っているのでは感ある。ほかには要約したときに元の意味が維持できるかが課題になりそう。
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 3月26日
メイドロボが開発した圧縮ソフトで「罪と罰」圧縮したら「売女とダメ人間」になるってトンチキSS思い出した
rainy season @jkgkikllh 3月26日
コメント読むとAIの自動要約待ちって感じだな。
あごにー @Agony_01 3月26日
これ、むしろゲームとかの方が有効活用できそうな気がする。
ika @ika2989 3月26日
「拡大=詳しく知りたい」ではなく「拡大=ただ目が悪いだけ」みたいな自分や老人がたくさんいるので拡大アクションで余計な文章改変しないでください…ポップアップ辞書機能とかは便利だと思ったけどこれは気持ち悪くなるわ
けいぶかべ🔞 @cabe_cave 3月26日
一周目は普通に読んで、二周目で粗筋として軽くさらって理解を補強し、三周目はガッツリこゆい文章で堪能したりとかも面白そう
moxid @moxidoxide 3月26日
文章書きに全力で濃度の高い文章書かせてAIに省かせるのが現実的な実装かいのう。
ヒロセジロウ✏️ @denjiro13 3月26日
3,000字の原稿でも、「いちばん読まれてるのは1,000字モードだから、原稿料は1,000字ぶんね」とか──恐ろしや
ザンちゃん @zanchann 3月26日
面白いアイディアだなー。ニュースサイトとか無駄に2回クリックしないと全文表示されないとかが改善されそう。ただ小説は嫌だなー。
washeagle @washeagle 3月26日
WWDCかどっかの策定したガイドライン(なるたけ多くの人が同一の情報を享受できるうんぬん)に真っ向から反するから、一般のwebサイトでは使いたくないな。「こういう表現の作品」としては大変好き
中村俊介 @g_o_finch 3月26日
サイトの冒頭に3項目くらいの箇条書きがついてるのが良くあるけど、基本的にはあれと同じかな。そのうちAIの自動要約システムができて、こんな感じになると思う。
pupujiji @pupujiji 3月26日
これは、大変そうでもあるが、いいな
ぱんどら @kopandacco 3月26日
良いと思うがデータ作る人が死ねそう
人形使い @doll_player 3月26日
モーションコミックの文字版みたいなことができそう
かしわ天 @kashiwaten6mai 3月26日
注意力散漫とかの理由で要点把握が苦手なタイプの発達傷害の人向けには有効な技術(概念)かも?「気が散って要点を見失う」系の人は「追加情報を理解・取得しようとして、横に置いてる他の各論や話の本筋を忘れちゃう」のが原因であることがあるので、その場合「各論と取得←→概論への復帰」がUIの感覚的にシームレスであればあるほど「話の本筋を記憶にキープしつつ、適時詳細も拾う」助けになる...かも?素人の感覚と理解だけど。
がらがらどん @gara2don 3月26日
商業ラインに乗せるのは、少なくとも文筆業では厳しいけど、例えばなろうにこの機能が搭載されたら、これでないと表現できない独創的な作品を書く人が出てきそう。そんな未来を見てみたい。
J-invariant @invariant_j 3月26日
コストさえ考えなければいい案だと思う。最も詳細な粒度よりさらに割増なコストになるのは仕組み上どうしようもないよなぁこれ。
takatakattata @takatakattata1 3月27日
AIに要約を生成させたらいいんじゃない?
みおな @SheemaClassic 3月27日
増えた瞬間に、また初めから読まなきゃいけない気分になって、読む気をなくしてしまった。他のコメントにもあるけど、増えた分が別の色で表示されてるとかなら良いかも。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 3月27日
デレステの蘭子の熊本弁+標準語がこれで出せたらなあってちょっと思った。バックログで出てくるけど手間が多い
師走悠裡 @shiwasu_yuri 3月27日
きっちり読めば順当な展開だけど、伏線諸々を物理的に伏せてしまい怒涛の逆転劇として読めたり、感情的な述懐を隠して事実の羅列だけになって推理しやすくなったミステリとか面白い使い道になりそう
Ren @light_line 3月27日
面白かったので。
にごう @ht2ooo 3月27日
説明文書や最適化された小説ならアリだけど、既存の小説でこれやるのって漫画を背景なし白ハゲ4コマにするようなもので魅力がどれだけ残るのか疑問。作者が各倍率バージョン書くか、他人なら児童向け版を作るような繊細な作業が必要になると思う。
なんもさん @nanmosan 3月27日
これを自然に脳内でこなしてしまうのが「読書力」ってものなんですけどねえ。ネットで自分が必要だと思いこんでる情報だけ拾い読みする習慣がつくと、ついにはこういう発想になっちゃうのか。
八本しめじ @Eight_Shimeji 3月27日
nanmosan でも、読むことに対する心理的なハードルを下げる方法は何かしらの形で必要だとは思いますね
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月27日
Eight_Shimeji 子供の頃から読書経験を積むしかないのでは。絵本とか子供向け抄訳版とかからステップアップ。
dbdクソ雑魚ナース @m2_tanaka 3月27日
説明書などの人によって必要な情報量が違うものに取り入れるのはいいと思うが、文学作品にこれを使おうってのは、もうなろう小説でも読んでろや!って思う(笑)
にごう @ht2ooo 3月27日
文章を読むのが苦手な人の中には文字を1つずつ拾って読んでいる人がそこそこいるようなので、文字数の削減が読みやすさというのはわかる。ただしそのような人が拡大する動機を要約版に持たせられるだろうか。
にごう @ht2ooo 3月27日
小説はたいてい要約すると「だからどうした」と言いたくなる話になり、他の同じテーマや舞台立てした作品と区別がつかなくなる。最初にそれに触れた読むのが苦手な人に拡大の動機を持たせるのはハードルが高すぎる上に、高密度版を読む気が起こらなかった場合は場合は「〇〇が××するだけの話だった、つまらなかった」という感想だけが残る。
I-zy @digitaleazy 3月27日
それぞれの原文用意するってのはどうしてもコスト的に無理よね。可能だとすればAIで要約できれば・・・だけどそれだったら精度高い翻訳のが先だろーなー。
alan smithy @alansmithy2010 3月27日
契約書についてはソフトバンクが既に通った道
ヴァラドール @_Vorador_ 3月28日
ニュースとかはディープラーニングさせたAIで実現できそうですね
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月28日
_Vorador_ MSNの記事タイトルって自動生成と聞いたけど、記事の内容と真逆の意味になってたりするからなぁ。
アギト @murasame1198 3月29日
例にあるねじ止めとか手間かかるだけや…そんなのやるくらいなら最初から詳細に書くわw wikiとかADVみたいに専門用語のリンクから詳細見れるとかならまぁ
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 3月29日
murasame1198 そういうのって「前提知識」が足りないだけだから、一度その知識を得ればもう必要なくなるしね。
ねねっとテックダイナー ぶり姫配信中! @nenet_techdiner 3月29日
知ってるってのは知らないものの中身をドンドン見解いて「知らない」という認識が薄れたとこで止まる知っている雰囲気を言うとかなんとか、どこかで読んだけれど、掻い摘むのは興味が無いことを知っているという意味では適切なのかもしれない。ただ、掻い摘むセンス、要約センスが書き手に必要になり、えらく手間がかかるのは既出のとおりだね。
mekeriko @mekeriko 3月29日
現代人は文章読解における一時記憶容量が激減してるんじゃないかと思ってたけど…これで確信した。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 4月1日
mtoaki 二十年以上前に「ぼんさんがへをこいた」という作品があったのですが知ってる人は少なそう。「ぼんさん」と「へ」がクリッカブルになってて、クリックするごとにwikipedia的に詳細な文章が展開され、 たった十文字の文章が壮大な長さの一文になっていくという初期のハイパーテキスト作品。まさにそれを思い出しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする