139
産経ニュース @Sankei_news
ネコの渡来は弥生時代だった 歴博展示室が36年ぶり刷新 sankei.com/premium/news/1…  →従来、イエネコは経典などの重要書物をネズミの害から守るため奈良~平安時代に渡来したとされてきた  →近年、遺跡から弥生時代中期頃のイエネコと推定される骨が出土。日本への移入時期が数百年さかのぼった pic.twitter.com/92gE0DCXni
 拡大
 拡大
 拡大
リンク 産経ニュース 19 users 996 ネコの渡来は弥生時代だった 歴博展示室が36年ぶり刷新 日本唯一の国立歴史博物館である千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館(歴博)。同館で先史時代および古代を扱う常設の第1展示室が、昭和58年の開館以来、初めてリニューア…
【動物のガン研究チーム】山口大学TRAC @YamaguchiU_TRAC
「古い絵巻や浮世絵に「猫をつれた女性」が描かれていれば、それはほぼ間違いなく女三宮」なのだそうです。日本では平安時代から飼われていたと考えられていたねこですが、最近の研究で弥生時代にはヒトと暮らすようになっていた可能性が出てきました。#ねこ webronza.asahi.com/science/articl…
リンク WEBRONZA(ウェブロンザ) 1 user 18 猫はいつから日本にいるの - 伊藤隆太郎|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト 美術ファンにはお決まりの作品識別法のひとつだが、古い絵巻や浮世絵に「猫をつれた女性」が描かれていれば、それはほぼ間違いなく女三宮である。「源氏物語」に登場する重要人物だ。 物語でもっとも長い巻の「
鳥居 @shinmeitorii1
佐倉市の国立歴史民俗博物館の「先史・古代」の展示室が3月19日にリニューアル。何が見たいって、激しくこれが見たい pic.twitter.com/wBr4p4pUek
 拡大
まほろばのまおすけ @BmfMlAiMf3kVKZJ
ふっ…やっとオフィシャルに歴史が変わったぜ…😏😏😏 twitter.com/Sankei_news/st…
ベガ宮Clown@ベガの夫 @Dictators_Lover
んえーマジか 久々に歴博行きてぇな
OSAKANA TARO @osakanataro2
お?歴博のリニューアル終わったのか twitter.com/Sankei_news/st…
経典と一緒に来たから「弥生時代にもいた」にアップデート

骨の出土で証拠つきになったんですね

改造人間†ザザ(残残)† @SKYtQKVIpfRyv9X
あれっ、昔読んだ学習漫画だとこれより後の古墳時代に「この時代猫はいなかった」って注釈があった気がするんだが twitter.com/Sankei_news/st…
yakozen888 @yakozen999
え?そんなに古いところから確認されたの。 遣唐使が連れてきたと習ったのが。 twitter.com/Sankei_news/st…
三宅はるひさ@慰安婦像立った、朝日新聞死ね @taneri777
@Sankei_news まじっすか。遣唐使船で日本に来た、というのをいままで信じていました。
真之介 @shinnosuke_B
@Sankei_news >イエネコは経典などの重要書物をネズミの害から守るため~ が真面目な説とは知らなかった。 桃太郎だとかの、昔話レベルの話だと思ってたよ。
ゆたかさん@第六さやか @samihara
弥生時代といえば高床式倉庫のねずみ返しが有名だけど、猫も飼ってたのは想定内ではある(証拠がなかった)
FPV @FPV30
@Sankei_news まぁ、その内縄文まで遡るのは時間の問題だな・・・
お探しくん@DTP仕事承り候 @osagasikun3
@Sankei_news 普通に人間にくっついて渡ってきたんでね?
ダルセーニョ @segno_dall
@Sankei_news ってことは、日本人は弥生時代からずっと種を滅ぼすことなく猫と一緒に生きてきたという事か。
Tanu2 第三章 🎌 @LllTanu2
@Sankei_news @sun_koubun 「弥生時代」という名称の存在が危うくなってっけどな。それも含めて「縄文時代」だったという説が濃厚になってきたらしい。
18時20分 @vdAZm4ZwD5mFmNB
@Sankei_news 歴史を証明するには思うだけではなく科学的、客観的根拠がなければならない、弥生時代の人々が猫を大切に飼っていたのなら文化の高さも想像出来る。
稲作文化と一緒に来たのかなぁ?
残りを読む(28)

コメント

あゆあ @ayua_3 3月26日
この間いったら改装中で、ソレでも時間が足りずまた行こうって話になったんだ。楽しみだな。
サディア・ラボン @taddy_frog 3月26日
ネズミはお米の倉庫を襲いますので、稲作と猫がセットでも、おかしくはないと思います。
SCP財団職員 @jsdf5475 3月26日
やよいじだいでもねこはいます よろしくおねがいします
nekosencho @Neko_Sencho 3月26日
経典も弥生時代に伝来していた可能性が!
イマジニア @imaimaeq2 3月26日
やはり外来種だったのか。
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 3月26日
歴博に行かないと駄目だなこういう場合は。
ゆゆ @yuyu_news 3月26日
「来てたけど、繁殖するほどの数が一か所にまとまってはいなかった」ってことなのかな? ペット化(国内での繁殖)は、外来の品が一か所に集まる集中王権成立以降でないと難しかったと。
伍長 @gotyou_H 3月26日
今までは遣唐使の時代に来たものだと思っていたから見落とされていた文献が、実はネコのことを指していたという感じで「再発見」があるかもしれないね。
フライングフロッグ @fryingfrog 3月26日
呼ばれ方が違っていたとか?(ワニだのサメだのフカだのみたいに
ジョエーウ @joejoeu 3月26日
これはもう次の元号ではまんが日本史の卑弥呼(魔法少女っぽいデザイン)がマスコットキャラの猫を連れてますわ
和菓子 @nkltsl2 3月27日
まとめでもあるけど、弥生時代から居るなら平安時代に猫が高級ペット扱いされてた謎が気になる。 長い間、特定の地域や部族でしか飼われてなかったとか、一度は日本のイエネコは絶滅したとか、そういう可能性もあるんだろうか? 想像が膨らむ。
和菓子 @nkltsl2 3月27日
joejoeu 「僕と契約して巫女になってよ!」
みゆう @MinamidaYminami 3月27日
みゃあああ~ ( =Φ人Φ=)づ🌾🌾🌾
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 3月27日
日本にこれだけ発掘してきた遺跡が多い中でそれでもようやく新発見するという程度には珍しいケースで伝播はしなかったのかしら?骨が塚でも何でもいいけど1度も取り出せない空白期間が結構できてることになるけど普及過程なら発見頻度は時代を経るごとに増えるはずだし…(´・ω・`)???
赤風船@スマブラ参戦 @redballon0324 3月27日
ネズミよけとして弥生時代に稲作と同時に伝来しても不思議じゃないもんなー この動物いるとネズミに荒らされにくいみたいなはなしでセットで
毛海王 @masu_ooyama 3月27日
西暦に入る頃まで縞模様の猫しかいなかったらしいけど当時この展示のように毛色のバラエティがあったのだろうか。
ソフトヒッター99 @softhitter99 3月27日
海外では鉄器の誕生が1000年早まりそうだから、にゃにがあっても猫狽しない。
まんまるまるまいん @manmarumarumain 3月27日
壱岐で見つかった弥生時代のお骨とはまた違うんですかね。出土地域が限定されてるなら、創作物に猫が登場しないのもなんとなく納得なんですが。
しの @_sieraden_ 3月27日
ねこかわいさのあまり、存在を隠して後世に伝わらなかった説
てす子 @momimomitest 3月27日
有った事を証明することはできても存在しなかった事を証明することはできない
すあま @SanmaShioyaki 3月27日
猫はエサ問題がなぁ。「鼠捕るじゃん?」つっても自給自足状態の猫は人に懐かないので人の側でエサを用意しないといけないが魚にしても鳥にしても獣肉にしてもまず人間様が先に食いたいわなそんなの。牧畜が普及しなかった日本では動物性タンパクは貴重品で猫エサに回す分が無く、たまたま米倉庫周辺に居着いたケースはあっても意図して飼ったケースは少ないというのは考えられると思う
arm147GO@舞鎮 @arm1475 3月27日
「更に研究が進み、青森にあるキリストの墓から実はキリストは猫だったという衝撃の事実が」「ネコと和解せよ言いたいだけよね」「はい…」
bun🍃 @bun3559 3月27日
SanmaShioyaki 愛玩動物を養うことができるのは、よっぽど生活に余裕があった人だけだろうニャ。
クリスセドン @sedooooooon 3月27日
猫のために安定した生活しなきゃ…→文明の発展
甘党猫が通りますよ @Future_Men 3月27日
ネコの骨が発見されたのは現在の長崎県壱岐で、「魏志」に「一大国(一支国)」と書かれているところ。近畿まで到達したのは何時代なんだろうか。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 3月27日
干支にネコがない(東南アジアとかはある)ってことで、そう、多くはいなかったのは間違いないと思うが。
やし○ @kkr8612 3月27日
古代のエジプトやメソポタミアにおいて原始農耕が始まると同時に食糧貯蔵の概念が生まれ、その穀物を狙って寄ってくるネズミを狙うリビアヤマネコが徐々に人に馴らされ家畜化されたのがイエネコだ…というのが定説なので、経典を守るためよりも更に前、稲作の伝播と一緒に連れてこられたとしても不思議ではないよね
ろんどん @lawtomol 3月27日
文献で最も古いのは「日本霊異記」の「慶雲2年(705年)に死んだ、豊前の膳臣広国という男が、狸(ネコ)に転生した」というものみたい
Worsick Morrel @WorsickMorrel 3月27日
平安時代に貴族に飼われてた猫は当時の呼び名で「唐猫」と言って、文字通り唐からの輸入品だった。 唐猫という呼称があるなら当然当時から「和猫」も存在してたのだろう、というのが研究者間でメジャーな推測で、和猫がノネコなのかイエネコなのかは決定的な証拠が見つからなかった (縄文時代のゴミ捨て場からは食われたノネコの骨は見つかっている)。 このニュースの骨が本当にイエネコのものなら、和猫はどこに行ったのかとかロマンが広がるな。
齊藤明紀 @a_saitoh 3月27日
SanmaShioyaki ネズミを捕ってもらうのに猫に人になついてもらう必要は無いので、「農村では愛玩動物という位置づけは無かった。野良猫が人家や穀物倉庫を縄張りにしていただけ、」ってのはあり得ますね。
ヘーコ @apporu 3月27日
弥生人「文字…?経典…?そういうのいいんでこのカワイイ生き物ください」
おりひら @k_orihira 3月27日
「稲作とともに」だと、伝来元の地域では、どうだったのかを知りたいですね。あと、ネコはイヌの様に、うまく家畜化と言うか、「こちらの思った通り」に扱えなかったろうから、早い段階でネコを重要視しなくなったのかも?
ぱんどら @kopandacco 3月27日
えー、人間より前から居たんじゃないのん?(根拠はありませんなんとなく)
oshow2001 @oshow2001 3月27日
元々日本列島にいたオオヤマネコは縄文時代で絶滅。その後、弥生時代にイエネコがやってきたのか。実は、双方が交雑して、イエネコは継続的に大陸から連れてこられるので、遺伝的にオオヤマネコが吸収されちゃったとかないかな。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月27日
弥生時代は稲作だけじゃなく、結核も大陸から輸入しちゃいましたからねえ。船旅がながびくとネズミが病気を媒介する恐れがあるので、船にネコを載せることは合理的ではある。が、いざ目的地に到着してしまえば用なしの猫は捨てるか逃げてしまうだろう。その後日本ではネズミが媒介するペストのような疫病が起こらず、後に遣隋使や遣唐使が天然痘を輸入してしまったことから、猫は逆に敬遠されてしまったのかもしれない。
hop07 @hop07 3月29日
つまり弥生時代から既にNNNの暗躍が行われていたということか
イチロージロー @ichirotojiro 3月30日
①まあ、経典なんかより食糧のほうが重要だからなあ。②ひょっとして「経典を守護する猫」の出典は経典?③文字記録を残すことの出来た当時の支配層と、おもに生産に携わっていた民衆が民族的にまったく異なる集団だった?
ゆらこ @yura5m 3月31日
ほぇー。歴史ってどんどんアップデートされて変わっていくなぁ。てか、猫かわいい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする