1
高校生の没子供化が進んでいる
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
高校生が大学生と中学生の中間であることは、今も昔も全く変わっていない。日本以外に偏差値での格差があることは珍しいのも以前と同じ。しかし、2011年以降ごろから、それまでと文化性の方向性が変わってきているように私は感じる。それが「没子供化」だ。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
変わったのは高校生の構え方だ。従来型は、自らが消費できる中途半端な文化を見つけようものなら「一部の人間」のせいにして切断処理し、スゴイ高校生というものに固執し続けていた。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
しかし今の高校生は日本の一部の人間がやるようなものにほかの誰かが気づいてしまうと、屁理屈を用いて全力で弁護し、指摘する他人の存在を罵倒するようになったのである。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
これは高校生心理の大きな変化だと思っている。 前までは彼らの「文化」は一部の例外を他者化したうえでの拠り所として成立していた。つまり「一部のメディアがあえて質の悪い文化の話題性と人気をでっち上げることでもしない限り、
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
近隣国の高校生より日本の高校生の方がよほど非成人文化寄りで魅力が高い。そんな恵まれたが日本はスゴイ」という発想があった。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
しかし今の高校生はいわば「没子供」なのである。高校生が抱え込む成人製にやたらと肯定的で、不都合が誰かに指摘されそうな気配があるなら先回りしてでも「負の弁護人を請け負い、庇う。というものすごく後ろ向きな発想になっている。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
つまり「日本の高校生に子供らしさがないことは百も承知だが、それを指摘する人間こそ欧米被れの出羽の守なのだろう」という風な、謎の思考回路がある。 この例で成人文化を例に出したのが大きなポイントになっている。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
2010年くらいまでの高校生は、「子供にも親しみやすいカルチャー」に好意的だった。今では考えられないほどゲームやアニメに明るい人がいたり、自転車は大目に見ても大人臭い二輪車などは敬遠する人間は多々あった。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
あと、18才は成人ではない理由に「日本や韓国や台湾の高校生は大学進学率が高いうえに、精神的な成熟が遅い」という根拠が挙げられていたりした。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
しかし、ここ数年の高校生は「没子供」化している。子供的な価値観というものに対しての拒絶というか、中から目線の嫌悪が増えている。政治参加に対して拒絶的な動きが起きると、彼らをバッシングするようになった。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
昔の高校生なら親しんだであろうサブカルなど、そういったのカルチャーの土俵を席巻するようになればなるほど、それに親しむ大人も高校生と一くくりにして否定するようになっているのである。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
古い高校生の間では、高校生というものは中学生に比べて優れてはいても、子供のグループに属していて、その視線からませた高校生を侮蔑するスタンスが多かった。なので二輪車もあからさまに侮蔑したし、政治を語る高校生たちも邪魔者扱いされた。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
今の高校生の脳内価値観は、高校生というものが大人の底辺に存在していて、偏差値や地域に関係なくと、「高校生」というものが子供と切り離された高みに存在しているようなイメージがある。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
そして2000年代型サブカルチャーしかりネット原住民文化しかり、高校生にとっては底辺の子供や一部の大人に関する論理を引き合いに大人の物体にべったりの高校生的価値観を否定しようものなら、彼らの逆鱗に触れてしまうのである。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
今の高校生にとっては子供の一部という保護的な感覚こそが「忌憚されるべき価値観」なのであり、大学生や成人に対するコンプレックスが高ければ高いほど弁護をしたくてたまらない拠り所としての「高校生」なのである。
Fランク大学生の「ニヒリズム」と通じる
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
いわゆるFランク大学生と現在の高校生の共通点は、真人間や世間感覚からするとあり得ないくらい強烈な没個性的発想である。これは一種のニヒリズムなのである。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
むろん旧来高校生の精神的な小児性も厄介ではあるが、それとは別に普通の人間の感覚として、わざわざ自分の身分のことや自分自身のことを冷笑的に考えたり、そうした主張を繰り返すことはまずないだろう。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
現状の課題点を直視してその改善を考える自己変革ならわかるが、そういう建設的要素がなく、ただただ「負の自分」に過剰な意識を向けているのが後退的な両方共通する発想である。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
その「負の自分」を攻撃することを楽しんでいるのがFランク大学生であり、「負の自分」をいちいち後ろ向きに庇えば没子供高校生になる。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
ネット原住民にありがちな「どうせ自分はちっぽけですよーだ」というような陰気丸出しな見下げた根性を、自意識ではなく自集団意識に転換させると、おそらくFランク大学生や没子供高校生そっくりな発想になると思う。
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
この二者同士が相互に影響し合って、それぞれの発言力を拡張し合っていることで、学生ネット原住民言説の退廃化が進んでいるのではないか。互いが同じベースを共有し、同じ話題に同じ感性で注目し、共鳴し合い、
高山直人(明哲の舎) @greatchina2
結果、20年前と比べ、10年前と比べ、年々こうした人々が占める比率が高まっている。 こういう連中の粗悪な言説が主流社会に影響を与えるようにならないことだけを願いたい。

コメント

酸素喰う一文/h+JP @kzfm1mon 4日前
2011年からだとスマホの影響だったりしないかしら? 日本でスマホが普及し始めたのってそれぐらいからだった記憶
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする