15
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
野外通信システム、 大火力リークスで見ると「野外指揮・通信システムの一体化の研究」でハードウェアかなり変わるっぽいので、 おめーただ連接するだけじゃねーのかよ!と強い驚きに満ち溢れる。
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
例えば野外通信システムだと、ネットワークインフラとして 「バックボーンノード装置」と「アクセスノード装置」がある。 ただ、それが「野外指揮・通信システムの一体化の研究」では【情報通信ノード】なるものに置き換わってる。 統合されたんやろな。 pic.twitter.com/I1OZQkftXf
 拡大
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
大火力リークスから抜粋するとこんな感じ。 現行の野外通信システムのバックボーンノード、アクセスノードとの後方互換性の維持と、 この新しい情報通信ノード同士でなら移動中の無線通信、衛星回線による接続も記載されとるね。 うまくいけばX帯衛星通信機能を各情報通信ノードが持つのかも? pic.twitter.com/UdCRmB4k5c
 拡大
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
さらに情報通信ノードそのものの機動性についてはCH-47で空輸できる重量で、さらに可搬機材を別途搭載し、様々な車両やヘリに積んで別途展開できるようになってるのもおもろい。 前線近くでネットワークを構築しようってことよね。 小松のアレが通信支援型入ってたのもうなづけるところ。 pic.twitter.com/8Ws0YRysah
 拡大
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
なお広帯域多目的無線機については、当然のように空自と海自との通信も要求され、 米軍との情報共有も入ってる。 まあ後の方読むと、米軍との情報通信における協定が成立したらとあるが、まあこれは機材の問題じゃなく交渉の問題ネ。 pic.twitter.com/opBFEjEpq1
 拡大
imgurの人/とほほ電池 @chageimgur
THA BOS氏が投下したけども、添付の画像見ると画質悪いものの、このシステムの構成品外として、FCCS(火力戦闘指揮統制システム)端末との接続が記載されてたり、何だかんだで頑張っとるよな。 pic.twitter.com/BDGm1GaMr9
 拡大
|日0☆TK @kyuumaruTK
本質はアプリケーションでもハードウェアでもなくて、 『共通のベースフレームに従って記述された更新可能なソフトウェアとハードウェアの規格』ですから。
|日0☆TK @kyuumaruTK
だから『システム』なんですよね。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする