AFF2eの〈救済〉について

アドバンスド・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)にて一生に一度しか使用できない信仰魔法〈救済〉を軸に、キャラやシナリオのネタ出しをしてみた。あとそこから派生してニンジャスレイヤーのテーマについての話。 その他のAFF2eのまとめ 城塞都市カーレを舞台にシティアドベンチャー https://togetter.com/li/1464062 続きを読む
5
ピピン@2c(春駒篤) @a2cmyarn

AFF2eの〈神術〉、ソーサリーのリーブラから来てるんだろうけど、絶体絶命時のセーフティネットがあるっての大きいべむな。人生で一回しか使えないけど

2019-04-21 14:21:37
かあかばあど @kakhabad

前RT 〈救済〉と〈治癒〉は初期体力2点と引き換えにしてもお釣りがくる強力さなので、aff2eは他系統の魔法使い以外は何かの神官になりがち。PCの多くが何かを信仰しているのは微妙にルーンクエストっぽさを感じる。 #いやルーンクエストで聞きかじっただけなのでその認識であってるかは知らんけど

2019-04-21 14:38:19
かあかばあど @kakhabad

あと〈救済〉のおかげで、雪崩に巻き込まれても氷漬けになったまま生き延びたNPCとかも出せるので、話をファンタジックな方向に広げやすいというのもあったりする。

2019-04-21 14:41:12
かあかばあど @kakhabad

〈救済〉をまだ使っていなかった頃は思い切った行動ができたので英雄と呼ばれるほどの活躍ができたが、使用後は冒険に出るのが怖くなってしまい、老醜をさらすようになってしまったキャラとかどうか。 #aff2e

2019-04-21 14:44:09
かあかばあど @kakhabad

〈救済〉を使い切ってしまったことで、神のことを信頼できなくなってしまい、とうとう信仰を失ってしまった人物が、贖罪の果てに信仰を取り戻す。あるいは臆病風に吹かれてしまった人物が、勇気を奮い起こして再び前に進み始める。

2019-04-21 14:51:59
かあかばあど @kakhabad

逆に戦闘狂な神の信者だと〈救済〉を使い切ってからが本番とかありそう。むしろ、入信の際にいっぺん死んで〈救済〉を使い切りつつ、あの世で神様に会ってこいというイニシエーションがあるとか。 #残機は甘えの精神

2019-04-21 14:57:37
かあかばあど @kakhabad

ようやく倒した邪神の司祭が〈救済〉によって復活し、再度立ちふさがるとか、かつて英雄に倒された魔王が〈救済〉によって実は生きながらえていたとか。前述の信仰を失うパターンと組み合わせて、邪神を信じきれなくなってしまったことで棄教し、今は世界の片隅でひっそりと隠棲しているとか。

2019-04-21 15:06:52
かあかばあど @kakhabad

〈救済〉を使い切り後がなくなってしまったことから、誰をも寄せ付けぬ危険なトラップだらけの大迷宮の奥底に引きこもってしまったとか。こちらは善悪どちらのパターンでもいけそう。

2019-04-21 15:09:12
かあかばあど @kakhabad

それはそれで、危険なトラップを命からがら潜り抜けて、ようやく迷宮の最深部に到達したら、迷宮の主はうっかり自分の仕掛けたトラップに引っかかって既に死んでいたとかもありそう。

2019-04-21 15:10:56
かあかばあど @kakhabad

あるいは、自分の仕掛けたトラップに引っかかって死にそうなので、外部にSOSを送り、それを聞きつけた主人公たちが救援に向かう。もしくはSOSによって秘密にしていた居場所がバレてしまい、暗殺者が送り込まれるとか。

2019-04-21 15:13:53
かあかばあど @kakhabad

信仰を失って隠棲した元魔王は、邪神と善神の両サイドから追われるし、その力を狙う者やかつての悪行を恨むものからも狙われている。でも魔王なんてやるくらいにはエゴイストで非道なので、やってきた追手は全部返り討ちにしている。

2019-04-21 15:21:09
かあかばあど @kakhabad

仲間が全滅したのに自分だけが〈救済〉で生き延びてしまったことに後悔し続けており、死に場所を求めてさすらっているだと村枝賢一『RED』の伊衛郎。復讐のため仲間を殺した相手を追いかけるなら同作のレッド。 #REDはマジ傑作なので皆も読んでほしい ja.wikipedia.org/wiki/RED_(%E6%…

2019-04-21 15:29:32
かあかばあど @kakhabad

仲間が死んで自分だけ〈救済〉で生き延びてしまい、危険な冒険に出る勇気も失ってしまった人物が、仲間の勲を吟遊詩人や作家となって語り続ける。あるいは仲間たちの眠る場所を墓守として守り続ける。

2019-04-21 15:35:45
かあかばあど @kakhabad

せっかく生き延びたのに、臆病風に吹かれて冒険を続けることもできず、自暴自棄になって自堕落した生活を送るようになり、今ではすっかり落ちぶれて半物乞いのアル中に。周囲の人間からはホラ吹き扱いされているけれど、酒場の主人の幼い子供だけはその冒険譚を信じている。

2019-04-21 15:41:03
かあかばあど @kakhabad

これって酒場の息子がモンスターにさらわれて困っていると、このアル中が立ち上がる展開だな。でもって、長年のブランクにより思うようにいかず、一度は心くじけそうになるも歯を食いしばって前に進み、手痛い代償を支払うことになるも、それでも行動したことによって何か善きことをなすパターンだ。

2019-04-21 15:46:17
かあかばあど @kakhabad

いっぺん死の淵から蘇ったことで、あの世で神や亡くなった家族に会っているからこそ、二度目の死を心安らかに受け入れられるというというのもアリか。逆に邪神の信者だと、死んだ後に地獄を見てくるので、もう死なないよう不老不死研究に走るとか。 #死ぬのは一度だけで懲り懲りだの精神

2019-04-21 15:56:32
かあかばあど @kakhabad

妙に琴線に触れるテーマだったので興がのって即興で色々と書いてしまったが、これは同テーマを繰り返し扱っている『ニンジャスレイヤー』が好きだからだろうな。

2019-04-21 15:59:22
かあかばあど @kakhabad

個人的にニンジャスレイヤーって「本来ならば死ぬはず(あるいは死ぬべき)だったのに生き延びてしまった男女が、それから先の人生に如何にして向かい合うか」がテーマのひとつだと思っているんですよ。

2019-04-21 16:01:07
かあかばあど @kakhabad

フジキド、レイジ、セイジ、ショーゴー、ガンドー、ゼンダ、スズキ・キヨシ、モーティマー・オムラ、カタオキ、レオパルド=サン、ミラーシェード=サンマズダ三兄弟等々。皆が人生のロスタイムにて何を行い、何を残したかの物語でもある。

2019-04-21 16:08:00
かあかばあど @kakhabad

これは命の危機にニンジャソウルが憑依するというシステムや、ニンジャ同士の戦いで常に生死の危機にさらされる(そして争いの勝敗で生者と死者とに別たれる)からこそなのだけど、それ故に同主題が繰り返し様々な形で描かれる。

2019-04-21 16:11:50
かあかばあど @kakhabad

この辺は突き詰めるとフィクションにおけるキャラの死に方(読者はキャラがお粗末な死に方をされるとキャラの使い捨てだと怒りが湧き、物語上重要な“特権的な死”を望みがち)みたいな話になってきて、こちらも『大砲とスタンプ』『靴ずれ戦線』をベースに語りたいんだけど、話が長くなるのでまた今度。

2019-04-21 16:19:34
かあかばあど @kakhabad

とりあえず思いついた分の文章は投下できたので、今回の長文投下はこれにて終了。想定以上に長文となったので、後でこちらもまとめを作成します。

2019-04-21 16:23:08

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?