Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ギア・ウィッチクラフト #1

ネオサイタマ電脳IRC空間 http://ninjaheads.hatenablog.jp/ 書籍版公式サイト http://ninjaslayer.jp/ ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」 http://togetter.com/li/73867
1
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

この小屋は電子戦争以前からシュヴァルツヴァルト(黒い森)の中にひっそりと佇む。住人も管理者もないが、壁も屋根も無事である。時刻は既にウシミツ・アワー。闇の中、二人の顔をオレンジ色に照らし出すのは古式ゆかしいアナログ・ランプである。床に置かれたUNIXデッキのライトは仄暗い。1

2019-04-20 21:59:48
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

関節部にあてられた溶接機がパシパシと火花を放つ。サイバネ四肢のアクチュエータ調整、その仕上げの作業を終えると、アキナは溶接眼鏡を外し、一息ついた。「むむ……」ニンジャが声を発した。アキナは四肢をサイバネ置換した彼の専属エンジニアであり、今回の「強行調査」にも同行する事となった。2

2019-04-20 22:04:16
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「終わりましたよ」「……うむ」「寝てらしたのですか」「……まあな」ハンダの煙の臭気を含んだ空気の中で、彼は葉巻に火を灯した。「お疲れですか」「お前はどうだ」「後方作業ですから」アキナはUNIXデッキを操作しながら、ふと問う。「夢を見たりもしますか」「俺を何だと思っている。見るさ」 3

2019-04-20 22:07:57
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「今は?見ていました?」「……」「どんな夢を見ますか」「ネオンライト……それから……スシ・バー」キュイイ。キュイイイ。彼は試すように指を動かし、腕を曲げた。「どうですか」「うむ」「これで遅延はほぼゼロです。夢……記憶の夢ですか?」「さあな」彼の名はブラックヘイズ。 4

2019-04-20 22:15:40
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

『ドーモ。お目覚めかね』「ドーモ。俺が起きるのを待っていたか。奥ゆかしいな、アンタにしては」『なに、現場に入ってしまえば、私のできる事といえば激励くらいだからね』「……わかっているようだな」 5

2019-04-20 22:21:50
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

『君は必ず私の期待に応えてくれる。実戦のカンは既に完全に取り戻した事だろう。我が社のテクノロジーのバックアップを受け、今や往年の君の戦闘能力を上回っているだろう』「そうかね」『今回のミッションは軽く片付けられる筈だ』「十年前の"俺の経緯"は判明したか?」『調べさせている』 6

2019-04-20 22:28:16
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「つまり、進捗無しか」『色々と複雑な問題が山積している。そういう場所だったのだよ。カスミガセキ・ジグラットはね』「そうか」『君の不満はわかる。だが、私を信頼したまえ。それが君にとっても最善なのだ。私の判断があってこそ、当時のジグラットから君は発掘され、四肢も再び得たというもの』7

2019-04-20 22:32:25
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「それはそうだな」『関係各所の調整やら……滞りがちなのだよ。カイシャとはそういうものでね。私に任せておきたまえ。必ず期待に応えよう』「俺のローンの残高は?」『ン?サイバネティクスかね?アキナ=サンに確認してくれたまえ』「思ったほど減らんな。利子か」『心苦しいが、そういうものだ』8

2019-04-20 22:36:25
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

ブラックヘイズは暗黒メガコーポ大手、カタナ・オブ・リバプール社の「強行偵察隊」に所属するニンジャ・エージェントである。ネオサイタマのカスミガセキ・ジグラットで「発掘」された彼は、失った四肢をサイバネティクスで補い、曖昧な記憶と身体にしみついたカラテ、カタナ社の技術で戦い続ける。9

2019-04-20 22:42:19
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

『今回のミッションはいわば小手調べだ。次に向けての調整と考えてくれてもいい』「次?それの詳細はまだだな」『概要は一度伝えてはあるがね。リー・アラキの身柄確保。INWへの潜入任務だ。これは実際非常に危険で、大掛かりなミッションだ。シュンシナムに出向し、そのうえで……』「また聞こう」10

2019-04-20 22:45:11
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

『うん?』「過去がわからん俺に未来の話をしても仕方あるまい。俺は今だ。まずはこのシュヴァルツヴァルト」『はは……前向きだね。さすがだ』「要は現地部隊のもとへ赴き、ケツを叩いてくる……それでいいんだな」『そういう事だ。詳細はアキナ=サンとしっかりブリーフィングしてほしい』「ああ」11

2019-04-20 22:48:53
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

『私は心配はしていないよ』「それはドーモ。論理聖教会の護りあれ」『素晴らしい。よい心がけだ』「ハレルヤ」IRC通信を終えたブラックヘイズが顔を上げると、アキナが魔法瓶からマグに注いだチャを差し出してきた。「ドーゾ。カンパイ」「ああ」二人はしめやかにチャを飲んだ。 12

2019-04-20 22:54:19
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

ゴウウ。窓の外で風が唸っている。アキナは不安そうにした。「ガイストですね」「ここの連中の戯言を本気で信じるのか。先が思いやられるぞ」「私は後方支援ですから、弱いのです」アキナは呟き、目を閉じた。「奇跡よ、訪れたまえ」「奇跡と共にあらん事を」ブラックヘイズは応じた。 13

2019-04-20 23:01:02
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

発端は日常的な暗黒メガコーポ間の軍事行動である。このシュヴァルツヴァルトはEURO戦闘領域に定められており、軍事衝突が認められている。月破砕後の世界において暗黒メガコーポは互いのパワーバランス調整とイノベーションを目的として断続的に戦争を行っている。 14

2019-04-20 23:04:18
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

安全な文明地域に暮らす企業市民が軍事行動の対象となる事はない。ゆえに彼らはひいきのスポーツチームを応援するような精神テンションで、パブやIRC電子スタジアムに集い、暗黒メガコーポのキルスコアや拠点破壊ボーナスに快哉をあげる。……そうした日常戦争の最中、カタナの軍はそれを発見した。15

2019-04-20 23:08:18
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

電子戦争以前……それどころか産業革命以前に築かれたと思しき、人工の大空洞だ。ただちに特別管理体制が敷かれ、調査部隊が組織された。大空洞の中でその神秘に触れた者達は六名。五名が死亡し、残る一人も発狂した。そののち、哨戒部隊に被害が生じはじめた。ガイスト(幽霊)の徘徊である。 16

2019-04-20 23:12:58
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

神聖ローマ帝国期の甲冑に身を包んだケンドー・オートマトンが複数目撃されるようになった。それらは皆3メートルを超す体格と銃撃をものともしない耐久力をもち、唸り声をあげて両手剣で企業戦士を殺戮するさまはジゴクの使者そのもの。更には物理肉体を持たぬ電磁生命体が木々のあわいを飛翔する。17

2019-04-20 23:15:33
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

電磁生命体は実際ガイスト(幽霊)そのものであり、何らかの力がEMP障害を発生させる。統制を失ったカタナの部隊はもはや一方的な狩りの対象であった。かくして、強行調査隊のブラックヘイズに事態収拾の白羽の矢が立てられたのである。 18

2019-04-20 23:18:07
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「知らんぞ。俺がEMPを喰らって使い物にならなくなっても」「問題ありません。貴方のサイバネティクスには、過去に収集した類似ケースのデータをもとに対策がとられています。駆動系にはエメツの特殊処理が施されていますから……」「俺のローンになるのじゃなかろうな」「経費申請してください」 19

2019-04-20 23:22:58
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「……フー……」ブラックヘイズは葉巻を消し、立ち上がった。「始めるか」「論理聖教会と共にあらん事を」「ハレルヤ。……カラダニキヲツケテネ」ブラックヘイズは手を差し出した。アキナは握り返した。「カラダニキヲツケテネ」ブラックヘイズは頷き、廃屋から森へ、しめやかに踏み出した。 20

2019-04-20 23:26:33
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「マテッコラー!」「そっちだ!」「まじない師!」罵りを上げ、カタナの完全武装トルーパーが藪をかきわけ追ってくる。コルヴェットは旅人帽を手で押さえ、ピュウと口笛を吹いた。口笛の音は霧が深まる森の夜の空気を走り、木の幹に反射し、あさっての方向で鳴った。「アッコラー!」「あっちだ!」22

2019-04-20 23:30:57
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

銃口ライトの光の方向が逸れた。コルヴェットはほとんど這うように身を沈め、息を殺した。追手はガサガサと音を立て、罵りながら徐々に遠ざかる。「ナメやがって……!」「最先端科学の奇麗な鉄のアサルトライフルは呪いの力に決して負けないんだよ!」「ヤッツケテヤル!」 23

2019-04-20 23:33:39
残りを読む(18)

コメント