カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
1
まとめ管理人 @1059kanri
朝廷における朝議でも、明治憲法下の御前会議でも、天皇はその「有力構成員」ではあるものの、基本その議論の場における多数意見に従う事が慣例となっており、実は天皇個人の意見というのはあまり重要では無かった。
まとめ管理人 @1059kanri
なので幕末に徳川慶喜や松平容保が孝明天皇から個人的な信任を得たと言っても、それが直接朝廷世論の掌握には繋がらないわけですね。その場合も廷臣が天皇に対し不忠なのではなく、「天皇に道を誤らせない」という意味で「忠義」なのです。
まとめ管理人 @1059kanri
実は江戸幕府に於いては、将軍の権威は時代と共に上昇し、幕末頃にはどんな実力者であっても将軍の個人的信任無しには権勢を振るうことが出来ない状況でした。なので慶喜や容保は天皇も将軍的なものだと考え、天皇個人に接近したと考えることも出来るかも知れません。
まとめ管理人 @1059kanri
このあたり、西国にあり朝廷の実情に詳しかった、彦根藩の井伊直政にしても薩長にしても、天皇個人の意見がどうあろうが朝廷内の多数派工作に勤しんだ事と対照的ではあります。
まとめ管理人 @1059kanri
井伊直政じゃない「井伊直弼」!恥ずかしいw
大山 格 @itaru_ohyama
@1059kanri 憲法制定するまでの狭間の時期は、天皇と憲法のあり方をめぐって、さまざまなドラマがありました。明治帝と幼なじみ藤波言忠をドイツに派遣して憲法学を叩き込み、それを口移しで明治帝に伝えることで間接的ながらスタインの学説を学ばせたり、道徳論で山岡鉄舟にぶん投げられたりしてます。
大山 格 @itaru_ohyama
@1059kanri そういう出来事があって、あのスタイルに落ち着いたのでした。
まとめ管理人 @1059kanri
@itaru_ohyama 模索の結果、わりと伝統的なスタイルに落ち着く辺り面白いですね
小可 @xiaoke_As
@1059kanri 壁|ω・`) 日露開戦前、日米開戦前の御前会議で、和歌を読んで意を伝えてもガン無視されてますしねぇ(苦笑
まとめ管理人 @1059kanri
@xiaoke_As あははwまあそういうことですw
Mktngn @Mecngn
@1059kanri 日本古来の和をもって尊しとなすの実例ですね!

コメント

おおさわなおと @NaotoOsawaK5 2019年5月15日
明治憲法はプロイセンベースじゃなくてイギリスベースのほうがよかった気がする
古井戸 @deepandoldwell 2019年5月15日
いやツイ主さん民主主義とは言ってないし、朝議や御前会議のメンバーは選挙を経て選出されたわけではないので民主主義とは言い難いでしょう。天皇の独裁ではなかったという程度。
dag @digital_dag 2019年5月15日
主上御謀叛とか最たるものだよなぁ。君主であっても公に反すれば謀叛となる。
dag @digital_dag 2019年5月15日
少なくとも権力者の間には公の概念があったんだろう
dag @digital_dag 2019年5月15日
deepandoldwell ただの合議制だね。、
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2019年5月15日
天皇は明治憲法下でも置物感強いんだよね。
びびったー☆うるせえ @vivitter_vivitt 2019年5月15日
脚気栄養説も明治天皇御墨付きだったのによりによって陸軍でガン無視されちゃいますからねえ。天皇絶対だと思ってたからこのへんの歴史は腑に落ちなかった
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2019年5月16日
「日本海軍の終戦工作」読んでたら、敗色濃厚な後半戦で、大本営メンバーが「今日も陛下に怒られてしまった」とテヘペロしたという、ソビエトロシアでは絶対に考えられないような逸話が出てくるし。