編集可能

肥大化した自己と自己否定ナルシズムについて。

煽りっぽいツイートがあると、名指しされているわけでもないのに過剰反応してしまう肥大化した自己を持つ人がいる。そして、そういう肥大化した自己を持つ人のナルシズムについて考えてみました。
34
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

童貞disねたは煽りなんだけど、それに脊髄反射して感情的に反応しちゃってる人を見ると、ああだから童貞なのかと極めて納得がいく。別にその人の事を言ってるわけじゃないのに反応してるというのはかなり自意識過剰だと思う。それでそういう自意識過剰で俺の話をきいてくれ房だから相手にされない。

2011-05-15 11:04:13
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

基本的に会話の流れを無視して自分の話ばかりする人って、関わりたくないと思うよ。私の定義するかまってちゃんとか、ああいう人って別に異性からだけでなくて同性からもかなり嫌われてると思う。だけで自分のそういう問題に気がつきたくないまたは気がつかないから、さらに自己肥大起こしてしまう。

2011-05-15 11:06:59
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

ただ、私は童貞という価値事態には否定的なイメージも持ってないしそれは個人の自由だから好きにすればいいと思う。ただ価値観としては否定しないし自由だが事実判断として、自己肥大や自意識過剰性という特徴を指摘したというだけ。

2011-05-15 11:09:44
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

というか童貞とか処女とかそういうどうでもいいことで人を序列化しようとする権力構造が問題。どちらにしても個人の善き生の構想に従い合理的に振る舞った結果であるから、そういう意味では何の差もそこにはない。恋愛も性行為も自由にすればいい。他者がその価値についてはとやかくいう問題じゃない。

2011-05-15 11:14:30
どくま(む) @dqmm_w

@yutakioka 童貞や喪(もてない)を公言してる人の印象として、口では自己否定をしながら他人には肯定されたい人が多いですね。まさにかまってちゃん。

2011-05-15 11:16:07
レポしゃけムニエル @SARUBOBOorLIEK

「ああだから童貞なのか」がかなりつぼってお腹いたいwwwww RT @yutakioka: 童貞disねたは煽りなんだけど、それに脊髄反射して感情的に反応しちゃってる人を見ると、ああだから童貞なのかと極めて納得がいく。…。

2011-05-15 11:17:59
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

いや、ほんとにそう思います。自己否定はその欲求あるいはナルシズムを隠蔽するための方便かとさえ思ってしまいますね。RT  @dokumamu_18 童貞や喪(もてない)を公言してる人の印象として、口では自己否定をしながら他人には肯定されたい人が多いですね。まさにかまってちゃん。

2011-05-15 11:18:10
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

ネタを理解して下さる方がいて安心しましたwww。 RT  @SARUBOBOorLIEK 「ああだから童貞なのか」がかなりつぼってお腹いたいwwwww

2011-05-15 11:20:33
津留晋作 @Tshinsaku

@yutakioka 優さんの指摘するその件での権力構造とはどの様な事例からなのでしょうか?僕も一般的に考えたら他者が介入する必要のない事案と思います~。RT @yutakioka 人を序列化しようとする権力構造

2011-05-15 11:20:46
諒介軍曹 (凍京都) @miz_ryosuke

@yutakioka 本当に、人間100%性愛者であるって思い込みは何なんでしょうね。自分は興味も欲求も無いだけで普通にしているのに、随分奇人扱いされてきました。この世に100%の事などないと思うのだけど、性愛に関してはみなそうだと思っているらしい、謎です。

2011-05-15 11:22:19
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

モテ/非モテ、勝ち組/負け組、リア充/非リア充、いくらでもそういう序列化の構造がありますよ、単純に片方が自分の価値観を正当化使用とするから起きる問題です。RT  @Tshinsaku 優さんの指摘するその件での権力構造とはどの様な事例からなのでしょうか?

2011-05-15 11:24:58
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

結局想像力不足なのでしょうね。自分と他者は同じという感覚なのでしょうね。RT  @miz_cygnus 本当に、人間100%性愛者であるって思い込みは何なんでしょうね。

2011-05-15 11:27:35
諒介軍曹 (凍京都) @miz_ryosuke

@yutakioka 本当に不思議です。同じ人間などいないのに、疑うことなく同じと思っている感覚。自分には理解できません…。

2011-05-15 11:30:21
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

自己肥大やナルシズムで一番やっかいなのが、自己否定的ナルシズム。それに比べれば自己肯定的ナルシズムなんてたいしたことない。自己否定ナルシズムがやっかいな理由は、自己否定という表現を通じて、自らのナルシズムを自己にも他者にも隠蔽しているあるいは隠蔽しようとしてるところ。

2011-05-15 11:32:47
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

だから、そういう人はいくらそれがナルシズムだと指摘されても、いや自分は自己否定しているのにナルシズムといえるわけがないだろうと強弁をする。だけど皮肉なことにその強弁がナルシズムを象徴している。これは、いわゆる「自己卑下に見せかけて自己肯定する女の子」と全く同じ構造。

2011-05-15 11:36:52
とら @lunticy

@yutakioka 私なんか普段はなるべく自分が相手より自分のが凄いだぞーって思わせるように話すようにしてますね。ただ自分の中、または話の通じる相手との間では相当肯定的ナルシズムだと思います(´・ω・`)

2011-05-15 11:39:45
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

それで一般的には、その肥大化した自己というのは他者との会話などを通じて相対化・圧縮の過程をたどり、「標準化」されるのだが、(ヘーゲルならば他者との否定的弁証法を通じて自己に帰る運動というのだろうが)、他者との接触を避け続けていくとこの過程すらままならなくなる。

2011-05-15 11:45:25
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

つまり、肥大化し自己疎外された自己存在が「実態」と「何でもないもの」の間で宙づりにされてしまう。そうなると、人は不安に怯えidentityの危機に陥る。そうなると、」了解可能で否定的ではない過程をたどり自己を相対化できるような都合のいい主体を自ら創造し、それに同化を始める。

2011-05-15 11:48:55
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

ただ、その自分で創造した都合の良い他者というのはadhocなものだから、いつでも同じ主体というわけには行かない。そうなると演技すべき人格の数は必然的に多くならざるを得ない。しかも、その演技性を自覚しているが故に、また自己の不安に陥る、そしてその防御機構としてナルシズムが復活する。

2011-05-15 11:53:04
@happyjiro

@yutakioka 「そうなると、人は不安に怯えidentityの危機に陥る。」ここが解りません。identityの確保の意欲は他者との関わりで生まれるのでは無いでしょうか。

2011-05-15 11:55:33
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

この繰り返し。だからこのままではいつまでも自己肥大は止まらないしますます演技すべき人格の数は増えていくそのうちの一つが当然かわいそうな自分というキャラ、これを演じることで適切な同情や承認を苦労せずに手にい得れることができるので、その利得故に自己否定的ナルシズムは安定的なのだろう。

2011-05-15 11:56:17
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

もちろん、それは十分条件ですね。私が言及したのは別の場合のidentityの危機です。RT  @happyjiro そうなると、人は不安に怯えidentityの危機に陥る。」ここが解りません。identityの確保の意欲は他者との関わりで生まれるのでは無いでしょうか。

2011-05-15 11:58:13
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

社会的identityは言及されている通りですが、私が想定しているのは、それ以前の何ものにも帰属できていないという存在論的identity欠落の不安です。RT  @happyjiro identityの確保の意欲は他者との関わりで生まれるのでは無いでしょうか。

2011-05-15 11:59:56
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

それは全くかまわないと思いますよ。RT  @lunticy ただ自分の中、または話の通じる相手との間では相当肯定的ナルシズムだと思います(´・ω・`)

2011-05-15 12:03:10
@happyjiro

リプライ有難うございます。なるほどです。存在理由を考えた時の不安の事ですか。ツイッターではそれを経験してるかも知れません。 @yutakioka

2011-05-15 12:07:35
残りを読む(93)

コメント

@5_1_5 2011年5月17日
もうちょっと追加。
0
@5_1_5 2011年5月17日
大体終わりかと。
0
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年5月17日
誤解している人がいるみたいだから一言言うけど、私ははじめに述べたように、童貞だろうがなんだか知らないけど、意味不明な尺度で人を階層化しようとする権力を批判している。そして、それとは別に、煽りみたいな文章に反応する人がいたとしたら、それは自意識過剰な可能性がありますよって注意したんだけど、そしたら、その自意識過剰な人が前半を読まずに反応しちゃったという極簡単な話。
0
偽教授 @tantankyukyu 2011年5月17日
なんだかよくわからないけどこれ貼っておきますね http://livedoor.blogimg.jp/hpl780/imgs/b/c/bc67fdbe.jpg
0
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年5月17日
それで、私がそういう自意識過剰な人に注意を促す理由は、せっかく権力構造を批判しても、それが単純に自意識という感情的な批判に対する防衛となってしまったら、その批判も根拠を失う危険性があるから。つまり、「お前が感情的に反発しているだけだろう」と言われて、権力批判の意味がなくなるから(都条例に対する賛成派の反対派叩きの様に)、だからそういう罠にはまらないように注意を促してるということ。批判はあくまで論理的にやらないといけないと言うこと。
0
てつ @TETSU1002 2011年5月17日
暇を持て余した神々の遊びまたは議論。それに群がる人たちが気持ち悪い。
0
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2011年5月17日
馬鹿かこいつ(「童貞」のところを「被差別部落」「有色人種」などと変えてみたらどうなるかわからないのか
0
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2011年5月17日
"俺の話をきいてくれ房"なのは自分のつぶやき中心のまとめばっか繰り返してるこいつだろう
0
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年5月18日
誤解が多いみたいなので補足を追加しました~。
0
. @ItoBek 2011年5月27日
青さんや私の意見は誤解に基づく誤謬でも何でもないですよねこれ。イリノイ君が言いたい事言った後に下手なセーフティネット張ってドヤ顔してるだけじゃん。そしてブサアイコンでかました自分発言まとめを延々と行なってる人に肥大した自己だのナルシズムだの言われたくねー
0
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年5月29日
セーフテイネット?笑わせてくれるね。匿名以上のセーフテイネットどこにあるの?セーフテイネット云々いうんだったら、まず、匿名というセーフテイネットから降りて実名と所属を公開してから発言してみて、できる勇気があるならね。「まず隗より始めよ。」 それともう一つ内容じゃなくてアイコンどうのこうのって、どんだけ頭悪いの?アイコンがどうとかと内容に論理的関係ないよ。こういうのを連座制の誤謬っていうの。内容とそれ以外の区別できるようにしようね。
0
@happyjiro 2011年5月30日
このまとめとは関係無いですが、連続ツイートは通し番号を付けた方が良さそうですね。
0
. @ItoBek 2011年6月11日
匿名性のセーフティネットと議論上のセーフティネットは全く別の物。相変わらず馬鹿丸出しだね君。
0
. @ItoBek 2011年6月11日
まぁそれとは別に、個人的には現在のネット社会で見た目で食ってる訳でもない一学生が顔写真晒して活動している辺りには男の強烈な自己愛を感じるね。あ、世界規模で見れば云々とかそういう視座も含めて。
0
NDTK_SKNT @Ts4kMCuFffRQewE 2016年12月21日
俺は権力を批判している専門用語マスターの頭のいいエリートだから他人は俺を叩くな。まで読んだ。 おっとこう書くと童貞認定されちゃうヤバいヤバいwwwwwww
0
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2017年10月24日
途中まではなかなか興味深い考察だと思っていたんだが、唐突に政治的なスタンスが透けて見え初めて読む気が失せた。 この手の分って引用を用いることで自分の意見の肉付けしようとするんだけど、別にそんな引用を使って権威付けしなくてもかまわないのに、わざわざやるということはこれもまたナルシシズムも発露と言える。 一言で言えばいちいち衒学的というか、リプ返してるってことは誰かに見せるために書いているはずなのに、あえて平易な表現を避け、難解な表現を多用し、悦に浸っているように感じる。
1