物理学者なの音楽家なの

まとめました。
HayakawaYukio 17825view 54コメント
22
ログインして広告を非表示にする
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-03-18 15:49:15
    今現在の線量推移から、福島の全核燃料の大半は元の形で封じ込められていると多くの科学人は見ると思います。危険の可能性はすべて確率の問題で中身を知っている人ほど断言が出来ません。「安心する断言を言ってほしい」という気持ちが裏返ると不安を増長します。自分自身の理解だけが身を助けます。
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-03-18 16:06:44
    福島の影響が気になるすべての人は、何らかの状況変化(注水が始まった、終わったなど)の報道を見るたびに、その時間をメモしておいて、各地の線量計の値の変化を見る習慣にすると良いと思います(僕はそうしています)。身を守るのは専門家の仕事ではなく、自分自身の判断と行動が最大の頼りです
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-03-18 18:11:00
    福島原発から発射された放射線がそのまま届いていると思っているのですね。初歩的誤解です。風が運んだ放射性物質が出す放射線を各地で測っています。@itokenstein
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-15 02:42:09
    核燃料の大半が外界と繋がった冷却汚水に漬かった状態で日本はこれから梅雨を迎え、夏場は台風もやってくる。こうした状況下本当にどこがどれくらい安全か危険か、誰も知らない。今回が結果的に最初のケースとなってしまう中、何キロ圏がどう安全・危険か正確な所は誰にも何も言えないと思う。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-15 07:21:56
    .@itokenstein 「福島の全核燃料の大半は元の形で封じ込められていると多くの科学人は見ると思います」と3月18日におっしゃったことへの総括なしにいま発言しても、あなたに耳を傾ける人はいないでしょう。 http://ow.ly/4UFhO
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-15 12:26:54
    @HayakawaYukio @taranbon_world こちらにも同様の方が居られました。既に書いた通りですが 1 溶融の大半は4月ー5月に掛けて出続けた崩壊熱の冷却不足で起きたと思われる事 2 そうした状況は今後更に詳細に判るだろうけれど外部環境が急変する訳ではない事、
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-15 12:29:32
    @HayakawaYukio @taranbon_world 総括もへったくれもなくその時点その時点で出る発表や数値から可能な限りの安全、二次被害拡大を検討するしかない。ご指摘は「2ヶ月前はガンは転移してなかった」と言っているのと同様で、事態が常に変化している現実を直視すべきです
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-15 13:33:37
    科学の基本知識あるいはセンスを欠いていらしゃると判断します。RT @itokenstein: 。既に書いた通りですが 1 溶融の大半は4月ー5月に掛けて出続けた崩壊熱の冷却不足で起きたと思われる事 2 そうした状況は今後更に詳細に判るだろうけれど外部環境が急変する訳ではない事、
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-15 13:34:54
    がんはおそらく2ヵ月前に転移していたのです。RT @itokenstein: 総括もへったくれもなくその時点その時点で出る発表や数値から可能な限りの安全、二次被害拡大を検討するしかない。ご指摘は「2ヶ月前はガンは転移してなかった」と言っているのと同様で、
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-15 13:42:09
    @HayakawaYukio 私は職業音楽家で物理は修士博士まで学びましたが本当に才能のある人を知っていますので自分がどの程度かはよく判っています。ただ時々刻々の発表と想定される発熱量、その仕事等は見積もりながら報道は見ています。どうぞ同じ事を理物の早野さんにもお送りください。
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-15 13:47:23
    @HayakawaYukio 科学を学ばれた方のようにお見受けしますので、もしよろしければ3月10日台の時点でより進んだ状況だったと推察される根拠がありましたら、ご教示頂ければ幸いです。見落としていたものがあれば、物理の仲間とも検討してみるようにいたします。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-15 14:57:50
    @itokenstein 推察する根拠は12日の爆発ほか多数あります。ただし確実な証拠はひとつもありません。だから、「おそらく」と書きました。私は、おそらくそうだろうと思っていたので、そう思っていない人たちのツイートを収集して記録しました。 http://ow.ly/4UNfE
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-15 15:07:07
    .@itokenstein 私は原子力の専門家ではありません。(私よりも)専門家の牧野さんの日記が参考になるでしょう。牧野さんは当初から深刻に考えていらっしゃいました。いまは3月11日に壊れていただろうとお考えだそうです。 http://ow.ly/4UNjY
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-05-16 15:20:14
    @itoshunya ETV特集オンエア見ていないのですが「自主的な調査などは行わないように」という指示の存在、世に出た訳ですね?僕も大学にいる立場上、耳にしつつ言えない事がありますがその一つにこの自主調査自粛の関連があります。だからこそ公式公開情報に限局して細かく考える次第です
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-16 18:48:40
    で、職業音楽家のひとは自己批判したのだろうか。3月の発言だけでなく、おとといの発言も。胸に手を当てて深く考えてほしいものだ。反省の歌をつくったらどうだろうか。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-16 18:57:34
    接続詞「だからこそ」の意味がどうしても取れない。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-17 10:53:54
    こういうこと http://togetter.com/li/136427 言ってたひとがこういう記事書いてた。心底驚いた。最後まで読まずに途中でやめた。「「2カ月後」のメルトダウン発表と内部被曝」 http://ow.ly/4W4vF
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2011-06-05 17:03:17
    @kusoposi 海に限らず土壌や地下水にも漏出はあります。と同時に今の所3月15-16日の大放出以降、広域一挙の飛散はなく、こちらの事後影響の評価がより多く経済と直結していると思います。が、中長期的にはローカルにじわじわと滲出する高濃度汚染の影響が懸念され対策必須と思います。

コメント

  • はんぎうむ @hangium 2011-05-17 11:04:40
    科学人という表現はあれだな、胡散臭いな。しかし、大学にいるけど話せない情報はある、って怖い。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-17 11:21:54
    「公式公開情報に限局して細かく考える」って、つまり、私は御用学者です宣言か。めずらしいことをいうひとだ。ほんとうに大学教員なんだろうか。
  • watcher @a_watcher 2011-06-08 11:25:44
    明確な証拠がないまま、思い込みでいきなり人格批判に踏み込むのはいかがなものだろう。邪心ある論難、具体性を欠いた批判、検証可能な資料を欠いた科学議論は何も産まないという典型例(自戒の意味も込めて)。
  • watcher @a_watcher 2011-06-08 11:28:13
    原発事故の話題に限定すると:「大半は元の形で封じ込められている」=「圧力容器・格納容器が一部損傷し一部漏れている」の保安院流婉曲表現の引用であり、表現の適切さはさておき内容は間違ってはいない。(3/13以降、なぜ保安院が真実をオブラートで包むようになったか、という問題は残る)
  • watcher @a_watcher 2011-06-08 11:29:37
    溶融時期については、(1)初期タイムライン、(2)3/12保安院会見の炉心溶融言及、(3)1981年ブラウンズ・フェリー原発シミュレーション(3/31報道)、の3資料を照合することで、「3/11-12溶融」説が3月末~4月初頭時点でほぼ確定している。 まとめ議論が再燃した5/15前後には、5月初旬回収された初期プラントデータ公開(5/16会見)と、それを使った東電シミュレーションに基づいて、「3/11-12溶融」説最終追認(5/15報道)があった。
  • watcher @a_watcher 2011-06-08 11:35:13
    こうして会見や報道、資料登場の時系列を改めて再確認すると、「誰の予想が当たった/外れた」という議論はちょっとナンセンスに見える。3/11深夜-3/12早朝の緊迫した保安院会見、あの時に国民の多くは事実を悟っている。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-16 07:19:41
    (引用)>東海村「JCO臨界事故」では核燃料である「6フッ化ウラン」の液を手でひしゃくですくっていたところ、バケツの底に「重い」ウランが「沈殿」してゆき、密度が高くなって「臨界」してしまいました。 ポイントはすべて原理的でシンプルです。「比重の重いものは重力で下に沈んで集まる」「ウラン燃料が一定以上の『濃度』で集まると『臨界』などの核反応が起きてしまう」。この2つです。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-16 22:20:36
    (引用)>2,3日前に若い人にも言った事だが、まずありのままの状態とか基礎資料とか、最低限押さえるべきものを確認してから公的な発言をするのが、責任ある立場の者であれば当然。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-23 08:09:51
    (6月の発言から引用)>3月15日ごろの大放出以降広域には追加の拡散が見当たりませんので、2ヶ月経過すればヨウ素131については半減期8日での減少が利いてきます。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-23 08:10:29
    (6月の発言から引用)>広域に影響が出うる物質放散があったのはそれ(3/21~22)以前の初期に集中
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-23 08:11:12
    (6月の発言から引用)>まともな科学者であれば、まず正確な測定値の確認から始めると思います。
  • watcher @a_watcher 2011-06-25 19:20:48
    Togetterの目的を理解していない方が、何やらコピペしているようですが。その件はローマ大の方が指摘し、私はそれはまだ共通理解となっていない=複数ある仮説の一つに過ぎない点を指摘したつもりです。仮説に基づく発言に、適切な反論と対話を試みずあげつらうのは、科学的態度とはいえないでしょう。注意です。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-28 15:34:38
    ご本人の複アカなのか、他の方なのかわかりませんのでなんとも言えないのですが。「Togetterの目的」と言いましても「インターネットの目的」「電話の目的」と同様、使う人次第かと。あるいはどこかに決められていますか?ちなみに私は「特定の議題のTweetをピックアップしてさらに議論、補充するもの」と認識しています。まずはピックアップしたまでです。議論はすでに内輪ではしたので、もう少し広く呼びかけようと思った次第です。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-28 15:47:28
    「適切な反論と対話」がどういったものを意味するのか不明ですが、もし仮にTwitter上でと言うのでしたら、自分にとって不利なこと言う可能性がある人をアク禁にできるそうですので、それは「適切」とは考えません。「あげつらう」とのことですが、「物事の理非、可否を論じ立てる。また、ささいな非などを取り立てて大げさに言う。」のどちらの意ですか?
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-06-29 00:49:27
    「仮説に基づく発言」というのが何を指しているのかが分からないのですが、もし私が挙げたJCOか拡散時期・量のいずれかの件でしたら、それは仮説とかではなく、正しいか誤りか、あるいは情報が発表されている時点で大きな工作がされているかのどれかで、仮説が入る余地はなく議論の余地も無いかと思います。一般的に誤りの多い情報発信者は信頼されなくなるわけで、これらの情報が正しいかどうか各自検討して情報源を選ぶ、または多数で検証する機会があることの方が結論の出ない議論より有益と考え、またこの「まとめ」の目的に合うと思います。
  • watcher @a_watcher 2011-06-30 13:35:07
    事実関係のみ指摘します。3/21放出可能性については、Twitter上で何人かの科学者や一般人が指摘しています。私も微力ながら6/17前後から論点のすり合わせと共通認識の確立を目標にコミュニケーションを図っています。しかし現状においては、(1)3/15前後大放出で発生した放射性プルームが上空に留まり3/21降下した説、(2)放出ピークがあったやもしれないと仮定する説、(3)2桁下の微量放出継続の積算が大きいとする説、(4)その説の根拠4/12安全委の放出量推定(逆推定に基づく)の精度に疑問を呈する説
  • watcher @a_watcher 2011-06-30 13:47:03
    (続き) 等々、様々な意見があり合意には至っておりません。科学的認識は、誰か偉い人がどこかで天下り的に決定してくれるものではなく、様々な科学者の分析と意見交換の上に成立するものであること、twitter上でも簡単に確認できるでしょう。 … 科学の本質は仮説と実証です。科学から仮説の存在を否定したら、ポパーの言う反証可能性が失われ、科学ではない何かに変質します。
  • watcher @a_watcher 2011-06-30 23:41:42
    [補足] もう1つ仮説があった。(5)事故初期に大気放出された放射性物質がチリに付着し成層圏に舞い上がり、約16日の地球周回周期で定期的に降ってくる説。もともと地上核実験後に観測された現象で、3-6月線量データ上の複数ピークが、もし仮に世界各地で同様に観測されていれば有力な説となる。ただしI-131/Cs-137比に着目すると、半減期8日のI-131逓減が不充分なので、(3)小規模継続的放出と組み合わせた仮説が必要かもしれない。…このようにデータ解釈をめぐり複数の仮説が並存しているのが現状
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:09:10
    色々な仮説ありがとうございます。ただ、これらの仮説は複合的に存在し得るものが多いようですね。そうすると、どうして安全委の推測値を断定的に(?)除外するのかという疑問につながります。もちろん色々な仮説を知り検討を重ねたい人には有益かもしれませんが、放出が続いていたのか、その後もどの程度の量で続いているのか知ること、農作物への影響を考えたい人にとってはそれを捨てる事は危険性を見誤る可能性があります。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:17:32
    真実を追究するのはもちろん科学として重要ですが、目下必要とされている事は、いかにリスクを低くできるかです。もちろん酪農家・農家のリスクなど色々な立場があるのは承知していますが、安全委の放出推測値を無視することは、他の仮説を無視することよりもリスクが高く、「最低限押さえるべきもの」の1つだと私個人は考えます。ただ、リスク認識は人により異なるものでそれを押し付けることはできませので、各自の判断が必要なのです。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 09:24:51
    誰も安全委の推定は除外していませんね。(3)は安全委推定に基づく仮説、(4)は安全委推定が伏せている「誤差」による不確定性を問題としているだけ。他の説も、仮説の主要な根拠は別として、必ずしも安全委推定を否定するものではない。 「科学には仮説などない」と間違った断言したり、きちんと書かれた文章を曲解してあらぬ疑いをもったり、貴方の認識能力には様々な問題があるように見えます。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:28:14
    先に、例を出します。空腹の中、山を彷徨っているときにキノコを見つけたとします。それが毒か食用か意見が分かれました。選択肢は3つです。(1)食用だという人の意見を信じて食べる。(2)他の食糧を探すことにする。(3)その場で毒性の検査を行う(その間に空腹は深刻になります) どれを選択しますか?
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:30:04
    「3月15日ごろの大放出以降広域には追加の拡散が見当たりません」のことです<「安全委の推定を無視」
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:33:39
    「他の説も、仮説の主要な根拠は別として、必ずしも安全委推定を否定するものではない。」私も多くは複合的に存在し得ると書きましたが。。。?///「科学には仮説などない」と書いたことはありません。そもそも資料を調べるだけなら科学以前の段階、全ての分野に共通し得ることかと思います。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 09:35:09
    貴方が意図不明なコピペを繰り返していたので、そのコピペが論じている問題の現状を解説しましたが、どうやら内容を正確に理解できなかったようですね。たった一つの現象解釈にも様々な解釈がある。その中から、初期に妥当と思われていた一つの仮説を初期に説明した人を、後から地震学者が人格批判することの妥当性、というのがこのまとめのテーマです。論点をずらし一般論に持ち込んでも、あまり有意義ではありませんね。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 09:36:13
    ===== 議論者が意図的な議論撹乱をはじめたので議論終了 =====
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 09:45:09
    [訂正] 二つ前のコメント「初期に説明」を「3月に説明」に訂正。[補足] 現状、3/21以降を大放出と言えるかどうかには諸説あります。一つの仮説を無根拠に採用し誤差の可能性を無視して批判を展開するのは無分別です。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:47:35
    元々、議論すべき争点は持ち得ないというのが、私の意見でした。「議論者」はどちらなのでしょうか?「妥当」かどうかもおっしゃる通り「天下り的」に決まるものではないと思います。現在の状況は各自の判断力が問われています。///「人格批判」と決めつける事もまた「人格批判」になり得ると思います。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:50:46
    「一つの仮説を無根拠に採用し誤差の可能性を無視して批判を展開するのは無分別です。」は「3月15日ごろの大放出以降広域には追加の拡散が見当たりません」にそのまま当てはまるのではないでしょうか?前後の流れで仮説の1つであることを示すものは無かったはずですが。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 09:53:12
    貴方はまたいくつかの誤解をしています。 「批判者」は地震学者、「批判対象」は物理専攻の音楽家、私は第三者として客観的事実を提出し、批判者に事実確認と翻意を促しているだけです。 貴方とよくわからない新たな議論を起こし問題を複雑化したいとは決して思わない。 何事も興味を持つ事は大切ですが、その場の目的に合わない無分別な議論を吹っかけるのはお控え下さい。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 09:54:10
    (訂正)「批判を展開」は除外いたします。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 10:00:59
    「その場の目的」は貴方が思っている事であり、それと相違するかと言って「誤解」と言われるのは、やや穏当でないように思います。ただ、おっしゃる意図は理解いたしました。しかし、情報が溢れている中で、それを吟味する(個人、2者間、多数を問わず)機会は情報量に対して不足していると感じているため利用させて戴きました。場所違いだと感じられたとのこと、お詫び致します。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 10:02:43
    [補足2] 件の音楽家の初期の発言は3月半ば。その時点では3月下旬の放出疑惑も4/12安全委推定も存在しないので、過剰な批判の対象とはなりにくい。6月時点の発言主旨は私の預かり知らぬ所だが、6/17時点で(3)をご本人に直接指摘する人が現れ、私は他でも同様なやり取りが発生しており解釈が未確定状態にあることをご本人にお伝えしたつもりだ。そういった当然必要な直接的コミュニケーションを行わずに、外野でアレコレ言い出す人々には、強い不信感を感じる。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 10:26:31
    「3月半ば」の発言はメルトダウンの件で、放出の件では無いはずです。また、放出情報がメルトダウンを決定的にしたものではなく、最後の決めては水位計の調整だと理解しています。放出の件との関連性は低い(無関係ではないでしょうが)と思います。あるいはこれにも色々と仮説がありますか?
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 10:51:49
    メルトダウンは(他の事もそうですが)特に議論するつもりは無いのですが、「放出」は6月初旬の発言で批判されて、さらに重ねて中旬に再度同内容の発言があったと思います。そうなると外野で話をするのは当然かと思います。科学者の方々は自分の意見と異なれば批判するのは当然ですが、その他の人は異なる意見を、自分のスタンス、境遇などに合わせて取捨する立場です。何が正しいかはそのうちに分かることです。今、その他の人にとって大切なのはリスクを理解して避けることです。その立場の違いをご理解下さい。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 17:34:13
    え゛え゛え゛?と思い再確認しました。 3/18 16時前後tweetは暗黙的にせよ放出量への言及 http://bit.ly/k6NTkF http://bit.ly/iy3516 5/15 汚染冷却水言及とメルトダウン http://bit.ly/jmi0wW http://bit.ly/jRClYH 時期を誤認してますが、この日東電発表で確定した話なので、それを出さずに絡め手で迫ったまとめ人に多大な問題があるでしょう。これらのまとめ意図に対する私なりの論評はすでにコメント先頭に書いてあります。
  • watcher @a_watcher 2011-07-01 17:37:59
    また6月の件は私自身直接コミュニケーションをしておりますので、いまさら欠席裁判をしても詮無いことと存じます(ご本人はこんな悪意丸出しの不適切なまとめページを定期チェックしないでしょう)
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 23:36:07
    え゛え゛え゛というのは蛇足かと思うのですが、、、私には、まとめ主が批判している3/18の発言と、私が引用した6月の発言とを、あなたが混同されているようにしか見えないのですが。もしくは「補足2」は私に対してではなく「まとめ主」に対してと捉えれば、納得はいきますが。。。それならどうして「補足」なのか?///この問題を「興味」と捉える人がいるのにも驚きましたが。低線量被曝の影響を心配している全ての人への挑戦でしょうか?
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 23:36:53
    よく考えたら最初に戴いた仮説も放出と降下が区別されておらず、混乱の原因かと思います。のった私も悪いのですが。。。再度念押ししますが、私は裁判や発言の是非を問いたい訳ではなく、こういうスタンスの人がこういう発信をしている、ではその情報をどう捉えたら良いか?という話です。リスクの認識は人それぞれです。年齢、性別、普段とっているリスクetc...自治体、学校などでは統一のリスク管理が必要になりますが、ネット上ではそれは不要です。個人それぞれ必要な情報を得れば良いだけです
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-01 23:59:10
    話が混乱してきたので、ついでに私が言うべきことではないことですが、「「「誰の予想が当たった/外れた」という議論はちょっとナンセンスに見える。」とのことですが、「まとめ主」は3/18発言への総括無しに発言を続けることを批判している訳で、やや対象がずれているように感じます。線量からメルトダウンしていないと推定したことの是非などは専門の方にお任せしたいですが。。。
  • watcher @a_watcher 2011-07-02 10:27:19
    思い込みの激しい人だなぁ。この後に及んで未だに放出と降下の区別ができていないのは貴方の脳内だけ。SPEEDIは、放出量に基づいて拡散計算して降雨を含む降下・沈着を予測するプログラム。今回は停電で放出量測定ができていないため、(1)単位放出による拡散予測(ドイツ気象台データと同種の予測)、(2)各地のダストサンプリング計測に基づく放出量推定、をしている。わけもわからず反論して、説明されても理解できずに一人で混乱を深めている様子が手に取るようにわかります。
  • watcher @a_watcher 2011-07-02 10:31:58
    大意として貴方のおっしゃりたい事は判りますが、なぜ特定個人への責任追及に執念を燃やすのか、またこの場で何度も事実誤認を繰り返しながら一切謝罪をしない貴方ご自身が、他の音楽家の事実誤認を追及するのはいかがなものか、多大な疑問を感じざるを得ません。この場は貴方の認識能力を確認したり、場違いな権利を主張して他人の時間を浪費させる場所ではない事を、再度ご確認頂けますと幸いです。
  • watcher @a_watcher 2011-07-02 10:51:48
    3.11以降、自分でろくに事実確認せず、曖昧な事を口走っては誰かに訂正してもらい、間接的に情報を得ようとする情報弱者が多いなぁ。自分自身データを精査して、複数の科学者の仮説をなんとか総合しようとしている場面で、「混同している」「混乱している」などと幼稚な虚勢を張られても、混乱しておかわいそうにと力なく微笑むしかない。ここは混乱した素人のブラフが通用する場所ではない。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-02 15:05:28
    リスクを啓蒙する記事を執筆している人が、4/12発表、あるいは5/12資料をどう認識しているか(仮に認識をしていても却下したのでしたらそのことを非難するつもりはありません、無認識は問題ですが)ということを取り上げることにより、読者がニーズにあった記事を選択することを微力ながら示そうとしたまでです。その話だったはずなのに、どうして3月の内容が突然出てきたのか、いたずらに撹乱しているか、何か勘違いをされているかでしょう。
  • Rintaro N. @qu_cerca_trova 2011-07-02 15:13:46
    あまり、一般的な批判はしたくないのですが、当初から「きめつけ」と「すりかえ」が多いですね。「人格批判」もそうですが、「事実誤認」、「権利を主張」など「混乱」も私がしているのではなく「話が」と書いたつもりですが、「放出」と「降下」を混ぜたのも私ではなくあなたです。私は放出情報に話を限定していたつもりですで、なので「仮説」も関係無いと書きました。話は単純です、ある程度公式な情報が存在してそれをどう伝えるかだけです。尾ひれは必要ありません。
  • watcher @a_watcher 2011-07-02 15:47:35
    なるほど、あなたの状況がよくわかりました。 ふつう一般の会話というものは、誰かを問い詰めたりいちいち強い反論をせず、ある程度共感を交えながら意見交換を重ね、相互理解と議論対象への深い理解を通じて、問題解決を図る、そういう流れを互いに協力しあって作るものです。しかし何らかの原因でそれができなくなる症状の方が居られること、存じております。 ======================================== 深い同情と治癒への祈りの念を以って、会話を終了いたします。
  • watcher @a_watcher 2011-07-02 17:27:34
    【独り言】 「3.11以降」という超有名定番フレーズに、「どうして3月の内容が突然出てきたのでしょう」という返しは普通ありえんだろw ゲームセットだよ
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 02:56:19
    【コメント欄を後からお読みになる方への補足】私が上のほうでご紹介した「3/21放出可能性」に関する5つの仮説は、Twitter科学クラスターの方が4月末~6月末につぶやかれた内容を、私なりに抽出・理解しまとめたものです。ご自身でデータを精査しこの問題を検討した方に、各仮説概要が最低限伝わるよう心がけました。しかし詳細説明の省略で通じ難い部分もあるので、ちょっとだけ補足を試みます。詳細はtwitter上のどこか・・・
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 02:57:41
    仮説(1)は、3/21降雨に伴い大量沈着が観測されたにも関わらず、同時期のMPデータ上に放出の形跡がない点を説明する初期の仮説です。 仮説(5)は補足不要ですね。
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 02:58:53
    ここで4/12安全委発表の放出量推定グラフに触れておきます。入力データの時間間隔が1日1回と荒く(ダストサンプリング計測間隔)、時間解像度が低いため、3/15以降の放出はなだらかな増加としか推定されていません。
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 03:00:50
    仮説(2)「3/21前後の大規模放出説」は、3/21降雨による大量沈着時の空間線量変化から推測された仮説ですが、MPデータや放出量推定からは裏づけが取れていません。なおプラントデータから裏付け可能だとする説もありますが、私の理解と確認が進んでいないので、省略をお許し下さい。
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 03:01:19
    仮説(3)は、仮説(2)が安全委放出量推定と整合し得るという説ですが、十分条件は満たしていません(ピーク的放出があったか、なだらかな微量放出が継続したのか判別できない)。  仮説(4)は、放出量推定計算は誤差が大きいと推測されるが、データにエラーバーがついていないので判断が難しいとする指摘です。
  • watcher @a_watcher 2011-07-05 03:15:04
    従って、4/12安全委発表の放出量推定の解釈は以下のようになりそうです。「3/15以降、平均してピーク時より2桁下の微量放出が継続し、その累計量は比較的大きいと考えられる。(但し誤差不明)」
  • watcher @a_watcher 2011-07-09 11:06:25
    【コメント訂正】地震学者→火山学者さんでした。関係者の皆様にお詫び致します m(. .)m ペコリ

カテゴリーからまとめを探す

「カメラ」に関連するカテゴリー