カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
256
TK@NDZ @Necodesignz
志村けん氏のブラックミュージック系アルバムレビューが大変真面目で興味深い物であった事を改めて知るなど pic.twitter.com/MS8f4rfNVB
 拡大
 拡大
ジョーンズ卿 @SirJonesIII
昔シンコーミュージックから短期出てたJAMって言うロック雑誌でも志村けんはレコードレビュー書いてたそうだが、内容はえらく真面目で熱心な音楽ファンぶりを発揮してたとか。>RT
bluejuice1977 @bluejuice1977
けんさん、完全に評論家やん(笑)💦ブラックミュージックへの愛半端無い(^_^;)り twitter.com/necodesignz/st…
♠♥Balloon ぽん♦♣ @shiawaseiro1228
えっ…これって、 あのドリフの志村けんさん⁉ 凄いねっ!別人みたい! 音楽評論家みたいな文才だね✨ twitter.com/necodesignz/st…
めと姉さん @metonova
志村けんのアルバムレビュー、文章が素晴らしいじゃん。編集されているとは言え、この描写力と言葉のチョイス。
NowhereManはブラック社員 @2it_SURUO
@Necodesignz @TomoMachi どの世界でも言える事ですけど、巨匠と呼ばれる人々はみな謙虚ですね。作品だけでなく自分以外の人間へのリスペクトを感じる。
村上政司@ヘブン編集長 @sjmrkm
志村けんがブラックミュージックに対して意外なほどの造詣の深さ。 twitter.com/necodesignz/st…
稽古 @zonuuuuun
志村けん氏のレビュー読んだらアルバム聴きたくなっちゃうな
bjaxx @BjaxxAnother
志村けんというよりドリフターズ自体がコメディアンじゃなくミュージシャンだから、これは納得。 各々のメンバーが色んな音楽に精通してるから、彼らのレビューは信頼できる。
♡天才野郎(..◜ᴗ◝..) @DubTheWorld
志村けんは昔JAMという雑誌でレコード・レビュー書いていたな。プレイボーイにも山下達郎との対談が載っていたし。
かねぴ。 @KanenoAtsushi
ロックとシティライフが出会う雑誌JAM。レビュワーは中村とうよう、加藤和彦、近田春夫、志村けん、ほか pic.twitter.com/0MZPaUEoBG
 拡大
Andy@音楽観察者 @andymusicwatch
懐かしいなあJAM。休刊になるまで買ってたよ。志村けんはマジメにソウルへの愛を語っていた。
a_kuro @a_kuro
志村けんの執筆活動が話題に上るたび、創刊時から休刊までほぼ前号揃って持っていた「Jam」誌を処分したのが悔やまれる。いやもう、雑誌はこれ以上、自宅では収納できないのだよ。コレ。
skippa @skippaskip
プリンスのDVD集めようと思ってたところで、神保町でおもしろそうな本を買う。 冒頭から、志村けんが当時雑誌「ジャム」でソウルアルバムのレビューを書いてたことに驚く。 愛のペガサスについて「まさにレコードのバラエティショー...ピーターフランプトンを想起させる」だって。 #プリンス #志村けん pic.twitter.com/kz8RZ4PN9T
 拡大
ぐうたらバンザイ! @independentair
志村けん。『すごい新人が現れた』と プリンスの1st をレヴューで絶賛したって話を聞いたことがある。ちなみにヒップホップは『リズムが全部同じだから嫌い』らしい。
タッド星谷 @tadcomix48
1980年、Jam誌でプリンスの2ndアルバムを高評価していた志村けん。Purple Rainの舞台になったのはプリンスの地元ミネアポリスのライブ会場FIRST AVENUEだが、FIRST AVENUEと言えば一丁目。東村山音頭で「♪イッチョメイッチョメ、ワァ~オ!」と志村がJBばりに熱唱していたのも何かの縁だろう😸。 pic.twitter.com/bJ2o5B1FvC
 拡大
♡天才野郎(..◜ᴗ◝..) @DubTheWorld
JAMの志村けんのレヴューがRTされてるのでインタビューも挙げときますね。ユーライア・ヒープも好きだったとは意外過ぎます。 pic.twitter.com/a85VCTVM72
 拡大
[14]町田浩 @number8hiroshi
「ヒゲダンス」は志村けんのブラックミュージック好きから生まれたものだって、音楽の好きな人以外にはあんまり知られてないよね。 twitter.com/Necodesignz/st…
ロケンロー星人 Wacky ワッキー @RocknRollSeijin
@sbzkichi @Necodesignz ヒゲダンスの曲を見つけたのもケンさんの様です〜
ロケンロー星人 Wacky ワッキー @RocknRollSeijin
@kazuhiro_art @Necodesignz あの曲でコントをやるセンスは当時の芸人のなかではピカイチでした〜
Tamotsu T. Ueda @UedaThomas
そりゃ、コントのBGMにテディ・ペンダーグラスの "Do Me" を、それも今で言うならループで使った人ですから。あのセンスの何と秀逸なことか。 twitter.com/Necodesignz/st…
♂雪丸♂ @yukimaru69left2
志村けんのこういう記事を読んでると、あのヒゲのテーマ(元曲はTeddy Pendergrass のDo Me)や早口言葉のテーマ(元曲はWILSON PICKETTのDON'T KNOCK MY LOVE)etc..。音楽のセンスの良さが垣間見える。 twitter.com/Necodesignz/st…

「ヒゲダンス」で使用されたBGMがテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のリフをループしたものであったり、「ドリフの早口ことば」が当時、渡辺音楽出版が発売権を買い付けたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」の印象に、ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」のバックトラックをはめ込んだものであったりしたが、これは当時ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村が探し出して推薦したものである。更に志村加入後に発売されたドリフターズのシングル「ドリフのバイのバイのバイ」では、志村によるソウルフルな合いの手も聞かれる。[Wikipedia 志村けん]

雄一郎 @yuupii
スライ&ザ・ファミリーストーンっぽいネタもあるし twitter.com/Necodesignz/st…
残りを読む(3)

コメント

ゆいまる @YUIMARU_BETA 2019年6月17日
志村けんの著書を読んだことあるけど、なんていうか言葉の運びというか文章の書き方がスッと染み入る感じなんだよねえ。 なんのキャラクターにも扮していない素の志村けんのトークを聞いても話し上手というか独特のセンスがあると思うのね。
nekosencho @Neko_Sencho 2019年6月17日
その方面でも有名ってのはよく聞いた話ではある。 というかドリフ自体がそもそも音楽グループで(以下略
念仏の鉄 @nannimo_nashi 2019年6月17日
志村けんは「コント55号」に弟子入りするか「ドリフターズ」に弟子入りするか迷ってドリフがコミックバンドだったからドリフを選んだとか。 あと、まとめ本文に出てたけど「ヒゲダンス」のBGMは「テディ・ペンダーグラス」の「DO ME」からです。 → https://www.youtube.com/watch?v=HGB5swkMi1k
しろの @zoshirono 2019年6月17日
志村けんのレビューのすばらしさもさることながら、約40年前のコメントが今でも話題になりそれが評価に繋がることに驚愕する。過去は良くも悪くも切り離せないんだな。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2019年6月17日
正式メンバーにならずマックボンボンのままだったら今頃文化人とかになってたかもしれない
slips @techno_chombo 2019年6月17日
まぁ考えてみたら「ザ・ドリフターズ」ってビートルズ日本公演で前座を務めるくらいには本来「バンド」だったわけだしなぁ。志村けん加入前の話ではあるけど。
ま   す @ryuta100kg 2019年6月17日
ブラックミュージックとは違うけど、加トちゃんの「チョットだけヨ」にペレス・プラードの「Taboo」を使ったり。
伍長 @gotyou_H 2019年6月18日
「メンソールの味がする」が直喩だけど、全体的に(20世紀がそうであったように)タバコのにおいがするね。文字としてはただの1文字も出てきてないんだけど。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2019年6月18日
バカをやって有名になるのって根が真面目じゃないと無理だからね。バカがバカ騒ぎしてもただのバカだから。っていうかそもそもドリフターズ
kingofjoker (もしくはalpha) @kingofjoker 2019年6月18日
志村けんさんは元々ミュージシャンだったのをみんな忘れ過ぎ、なんだったら今でもミュージシャン。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2019年6月18日
そりゃDO MEをアレンジしてヒゲダンスにして大ヒットさせた張本人だし……
電子馬@お腹いっぱい。 @Erechorse 2019年6月18日
ドリフの志村けんではなくザ・ドリフターズの志村けんとして、か。キリンラガービールのCMでウッドベースを弾いてたいかりや長介もかっこよかった。
しぐれに狂詩曲 @shigure_ni 2019年6月18日
「少ない頭髪を掻きむしる」とかズルいやろw
サイファリスト @cypheristON2F 2019年6月18日
基礎があるから、ドリフターズってバンドでも色々(ここは大きいから)やっていけたんだろうなと。
エムアイ @em_ai 2019年6月18日
そういえば志村けんの父親は教師で家に帰っても机に向かう人だったそうで読みやすい文章を書くのは父の影響かも知れませんね。
さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2019年6月18日
高木ブーはハワイで栄誉あるウクレレフェスティバルに招かれたこともある、日本トップクラスのウクレレ奏者
はらぺこプリマス @Plymouth760 2019年6月19日
昔、石巻にオーティス・レディングとドリフターズを同じソウルミュージックというベクトルでかけてた飲み屋があったなあ。店内には志村けんのピンナップも貼ってあった。
みこみこ。 @MikoMiko2048 2019年6月19日
この頃すでに髪少なかったのですね
ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 2019年6月19日
ドリフターズがビートルズの前座やってたときに、志村けん氏は客として居たからな・・・1970年代はずっとビートルズの追っかけやってたんだよな
ゆー @you7030uc 2019年6月19日
JAMの編集長だった水上はるこさんは最近になってTwitterアカウントを取得されてますよね(このまとめが本人に届くかな?)
ねむ @warawarasokuhou 2019年6月19日
ちなみに加藤茶もドラムめたくそ上手いんだよな。
アツ @atsu_no9 2019年6月19日
バーンの読者なら知ってたね。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2019年6月20日
たしか8時ダヨ全員集合が終わってソロ活動がメインになってたころだと思うんだけど、加藤茶は志村が途中加入とはいえかなり経ってるのに下っ端扱いなことについて「だってアイツ、楽器できないんだもん」と
すいか @pear00234 2019年6月20日
albireo_B 他の人ら、特にカトちゃんのレベルからしたら志村って楽器が出来るうちに入らないんだろうしそれはそれで仕方ないのかな、根柢がミュージシャンだしあの人ら。
すいか @pear00234 2019年6月20日
「志村けん 〜日本にファンク・ウィルスをばら撒いた男〜」http://www.sapporo-posse.com/d-funk/ 「志村は「世界初のラップ・レコード」である「ラッパーズ・ディライト」発表の翌年すでに、それを自身のパフォーマンスへと昇華させていたことになります。」ってのは本当にすごいなと思った。
SSSS.村雨カマンベールまみ🦐 @murasame753 2019年6月22日
全員集合、ドリフ大爆笑、カトケン、だいじょうぶだぁ、バカ殿様等でバカやってる姿しか知らないものでこれは恐れ入った。だめだこりゃ(褒め言葉)
starfish @15starfish 2019年6月23日
JAMって自販機エロ本じゃない方のか
ashen @Dol_Paula 2019年6月23日
志村けんは音楽についての見識が凄いってのはその手の人には知られてて。HR/HM雑誌の「BURRN」でも編集長と対談やってたもんなぁ。
arika @arika_melty2 2019年6月23日
本当の意味での「大御所」って他者への敬意が半端ないなっていうのが分かるな。志村けんには笑える要素がなくマウントの取り合いしかしてない今のお笑い(仮)業界ってどういうふうに見えているんだろうか・・・。反社繋がりでやらかしてる宮迫なんてプライド高すぎでどんな業界に対しても俺様ナンバーワン扱いを求めていて気持ち悪いし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする