カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
2
ゲルピン @GelpinX
舞台「ビビを見た!」最高だった! 原作にほぼ忠実だった!ビビ可愛かった! #ビビを見た pic.twitter.com/JwzAxKfoMn
 拡大
佐々木敦 @sasakiatsushi
KAATにて、大海赫原作、松井周台本演出『ビビを見た!』。世代間ポケットのせいか原作絵本を全く知らず、事前にストーリーも一切読まずに観たせいもあって、かなり衝撃的だった。伝説のトラウマ絵本をトラウマ演劇の才人が舞台化ということだが、実際、サンプルの世界観に近似したものを強く感じた。
伊藤恵理_エルモ🍵🐢 @elmolmo729
KAAT【ビビを見た!】を観た!どストライクだった……!! #ビビを見た pic.twitter.com/h271N2ulaX
 拡大
みき @dont_stand_byme
ビビを見た!初日観劇しました。 初日だから、何も言えないのがもどかしいくらい、いい作品でした。原作を読まずに行ったことに後悔。すごく苦しくて不安で怖くて、でも、目が見えない分、耳で、直接心で感じたり。 すごく新感覚な作品だったかな。次は来週の月曜日観劇予定です。原作読みます。 pic.twitter.com/vIdjsHKnOc
 拡大
イマリ @mari_108i
舞台「ビビを見た!」 人生初の舞台でした。 身体全部でリアルなお芝居を感じて、圧倒されてしまいました。 そして演出が、とても好き。 目の前で生きていて、すぐにことばにできない感動をもらいました。 ありがとう。 pic.twitter.com/15S6eaEUbN
 拡大
midori @midori70398059
ビビを見た! 初日✨ 生で見る天音くんのお芝居は素敵で、汗がキラキラ光って、見に来てよかったなぁと満たされた気分になりました。 それと、天音くんの声…やっぱり大好きだな。 #ビビを見た #岡山天音 pic.twitter.com/WEYaI07TrZ
 拡大
 拡大
一宮きなこ @kinako_ich
舞台「ビビを見た!」。初日を観劇してきた!大海赫先生の作品が舞台化されると聞いて楽しみにしてました。事前に原作を読んではいたけど、ドキドキかなりの衝撃。役者さんたちの迫力すごかった~!#ビビを見た #大海赫 pic.twitter.com/sTaKbuYJET
 拡大
 拡大
斉同動詞 @seidodousi
KAATで『ビビを見た!』 よいものを観たあとの幸福感にまだ浸っている 原作絵本で子どもに向けられたであろう「ほんとのこと」が舞台にそのまま息づいている(その場で買って電車で読みながら帰ってきた) 石橋静河を見に行ったとこもあったのだけど、上手下手じゃなく出てきたときにはもうビビだった
園田喬し/演劇ライター @doughnutwork
KAAT神奈川芸術劇場『ビビを見た!』を観た!(と真似てみるw)。いや〜、一言でいえば「怖かった〜!!」という感想。むろん悪い意味ではなく。原作絵本は不勉強ながら読んでおらず、でも、原作の魅力を丁寧に舞台化していることも、そこに松井周らしいアレンジが加わっていることも、予想がつく。
園田喬し/演劇ライター @doughnutwork
『ビビを見た!』。全盲の少年がある日「7時間だけ」目が見えるようになり、その7時間で世界が崩壊していく様子を描く、ある種パニック映画のような展開も。物語も舞台美術も、どちらかといえば抽象的で、そこへ想像力や現実社会への置き換えを行うと、脳内でゾワゾワが止まらなくなる。そういう怖さ。
園田喬し/演劇ライター @doughnutwork
『ビビを見た!』。原作が45年前に出版された絵本なのに、2019年の現代人が観て、フィクションと言い切れないような、拭いきれない恐怖が伝わる。それは、原作が普遍的テーマを描いていることと、松井さんが現代への調整を行ったことと、その両輪の効果だと思う。こんなに怖い演劇は久しぶりですw
園田喬し/演劇ライター @doughnutwork
『ビビを見た!』。怖い怖いと繰り返しつつも、でも勿論、怖いだけの作品ではない。主人公の少年・ホタルと妖精の少女ビビのやりとりは、妙に詩的で神秘的で。観る人によって解釈も様々だろうし、そういう点も魅力的。巨大で立体的な絵本を読んでいる気分になりました。あー怖かった(しつこい)。
maoyama @m13aoyama
KAATで「ビビを見た!」を観劇。 シンプルな装置。コンテンポラリーダンスの様なシーンなどアーティスティックな舞台は想像力を刺激され楽しい。 重くもどかしい世界で、ビビのピュアで奔放な振る舞いは、愛おしく心に刺さる。 生きている我々はどれだけビビを見たり感じたりできているのだろうか?
cockrobin @a3a3b2dd72b14a6
ビビを見た!@KAAT 7時間だけ目が見えるようになった盲目の少年と羽を持った少女の話。目が見えないのを赤い目隠しで表すのが面白い。大きな布一枚で状況を表す演出が美しい。暗転の効果も抜群。 #ビビを見た
ももたま @momotama1002
ビビを見た!の舞台を思い出しては泣けてくる。ちゃんと感想かきたい
sayaka @sayakan1101
KAATで「ビビを見た!」初日鑑賞。すごい見応え。3日前に映画「新聞記者」も観たので今週2回目の岡山天音くん。よかった。
斉同動詞 @seidodousi
『ビビを見た!』のおもしろさは昔のハリウッド映画みたいにストーリーラインがよく練られしっかり考えてあるから、スッと入ってくるものだった 設定はエッジが効いているけど、考えさせられることは地に足の着いた感情・世界観 それを伝えるための演出も丁寧で、演劇を志す若い人に観てほしいと思った
Ayako Hisada @ayalaugh
KAATで『ビビを見た!』鑑賞。ちっぽけな人間のリアルに肉薄して醜さや残酷さをさらけ出しているのに、絵本の世界と松井周の世界が融合した舞台は、美しく切なかった。ホタルと母親、ホタルとビビ、それぞれのやりとりがそれぞれに尊くて胸を締め付ける。
Ayako Hisada @ayalaugh
『ビビを見た!』取材前に原作絵本を読んだとき、空海『秘蔵宝鑰』の一節、「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く 死に死に死に死んで死の終わりに冥し」という言葉を思い出した。これはホタルの“一生”を描いた話なんだな、と。
みどり @tkjgreee
ビビを見たを観た。『芸劇』という場所でやるに相応しい作品の作り方してるなぁ~って思いました。
Ayako Hisada @ayalaugh
『ビビを見た!』そう思いながらこの舞台を見ると、要所要所で泣けてしまう。人間社会の話だし、親子の話だし、パニック物だし、ボーイミーツガールだし、要素はたくさんあって様々な見方、感じ方ができるけれど、全部ひっくるめてホタルの“一生”の物語なのだ。
わむし @wmsms07
KAATで「ビビを見た!」を見た。 盲目の少年ホタルが7時間だけ目が見えるようになるのと引き換えに、世界中の人達が目が見えなくなってしまう世界。 ホタルにだけ見える緑色の妖精ビビを演じる石橋静河さんがかわいすぎてずっとメロメロだったー! pic.twitter.com/JD2NcEqn29
 拡大
もーも @YIsKc0V1AH8QHJ6
ビビを見た! を見てきた。 あまねくん、やはり好きだぁ。もっともっと舞台でも見たい。あとビビ超かわいいよ~!!!も~!!!
遊観子 a.k.a. HAVOC @HAVOC_S_T
『ビビを見た!』良かった〜! わたるさんご出演てのも有ったけど、この作品は観なくちゃ!て思ったんですよね。 「暗闇」の意味が変わる。 「暗闇」なのに視える。 非現実的なのに現実的。 切ない、とても切ない気持ちになった。 衣装家の方のアフタートークも興味深く、凄く得した気分(*^^*)
sunny @sunnysky2010
「ビビを見た!」を観た。原作の絵本を事前に読んどけば良かったなぁと。メリハリやリズムが余り感じられず単調な印象で。演劇的な表現は面白かった。公園セットで繰り広げられてるのとか。砂みたいな大男。 冒頭とラストの暗闇はなかなか稀有な劇場体験。ホタルの世界を覗き見る(見えないけど) pic.twitter.com/jRjs8c39Yz
 拡大
残りを読む(66)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする