10周年のSPコンテンツ!
5
高須克弥 @katsuyatakasu
この日本人女性たちバッカじゃないか💢😠💢 まず感謝だろ? 不快だっていい。僕は躊躇わないよ。 日本人女性の86%「AEDのために男性に衣服を脱がされること」に不快感や抵抗感 男は女性に配慮しつつ迅速な救助を : 痛いニュース(ノ∀`) blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv…

偏った抽出

🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
「日本人女性の86%」となっているが、実際は「フィリップスメールマガジン読者」の女性にしかアンケートをとっていないのだ。 「偏った抽出」の好例なのだ。 twitter.com/katsuyatakasu/…
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
母集団から選び出した標本を元に全体の傾向を掴む「抽出(サンプリング)」において、無作為抽出は結果の正当性を担保するためのひとつの要素たりえるのだ。 つまり、それを欠いた調査は、結局………なのだ。 stat.go.jp/teacher/c2epi4…
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
上記リンク先は、ある標本調査において標本に偏りがあったために結果との大きなずれが生じた事件の一つを紹介するものなのだ。 面白いので是非読んでほしいのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
無作為抽出をするのは難しいにしても、記事に「日本人女性の」という大きすぎる主語を使うべきではなかったのだ。 その統計から日本人女性全体の傾向は掴めないはずなのだ。 まあ、まとめサイトに何かを期待するだけ無駄だけど、なのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
@yuritie_ おっ、専門のフレンズなのだ? これ、元記事も元元記事も読んだけど、まとめサイト側が意図的にミスリードを狙ってる匂いしかしなかったのだ。

女性に対するAED使用と法的責任

🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
ちなみにAED使用の際に服を脱がせても、適切な目的のもとでこれを行った場合、罪に問われることはないのだ。 これは直接専門家に確認済みなのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
この話題についてよく見られる主張に「日本には"善きサマリア人の法"がないから罪に問われるおそれがあるのだ」というものがあるが、これは大きな間違いなのだ。 AEDを使用するためにやむなくある女性の服を脱がせた、というケースを用いて考えてみるのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
まず、刑事責任について考えてみるのだ。 この場合、服を脱がせることについて刑事責任を問われることはまずないのだ。 当該女性の生命に対する現在の危難を避けるために実施した行為であることから、緊急避難(刑法第37条)に該当し、犯罪は成立しないと解されるからなのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
次に、民事責任が問われるか、つまり、損害賠償の責任を負うかについてなのだ。 結論から言うと、これも否なのだ。 一般市民によるAED使用は、急迫の危害を免れさせるために義務がないのに行う緊急事務管理(民法第698条)に該当し「悪意又は重大な過失」がなければ損害賠償責任を負うことはないのだ。

ビビるアライさん

🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
ほーりつの専門家がたくさんいるTLにほーりつ関連のツイートを放流するの、突っ込みがこないかちょっとどきどきするのだ……。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
行政学・統計・政治・法律・社会学をちょっとずつかじっただけの、特に取り柄のないアライグマなのだ。 詳しいところを突っ込まれたらちーんなのだ。

やっぱり訂正が来た

🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
ちょっと訂正するのだ。 強制わいせつ罪が成立するかという点で考えたときには、そもそも構成要件に該当せず違法性が阻却されるようなのだ。 上記ツイートは、たとえば、AEDを使うために服を破いたときに器物損壊が成立しない理由を説明するときには良さそうなのだ。
🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
なんかこれもよく見たらちょっとおかしかったのだ。 構成要件該当性と違法性がごっちゃになってるのだ。 なお、罪に問われるおそれがないという結論は同じなのだ。

AED使用の際にはブラを外すべきか問題

🔞恋人に一度も抱いてもらえないアライさん @allay_san
@higesan_ どうも、ワイヤーの絶縁対策がされたというわけではなさそうなのだ。 しかし、ブラを外すか外さないか、絶縁はどうだ、と迷っている間に救命できる確率はどんどん下がるのだ。 それなら、もう外さないで大丈夫、というのが最近の潮流のようなのだ。

コメント

殻付牡蠣 @rareboiled 2019年8月22日
だから、裁判所と警察庁又は検察庁が裁判、捜査又は立件しないと答えてからまとめろよ。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2019年8月23日
弁護士は確かに法律のプロではあるけど、司法において決定の権限と責任は持ち合わせてないからなぁ
椋木@ビッチ男子(オフパコ休止中) @kuraki1122 2019年9月23日
記録として書いとくと、モトケン弁護士が「民事で訴えられる可能性はある」と認めてましたし訴えられたら対応しないと負けるのでは?千葉なんか訴えられたら弁護士費用貸す条例が出来てますし