編集可能

もんじゅは本当に「福島より遥かに危険」なのか?という件について

個人的にもんじゅを安全性の面から調べたことについてのまとめ。
地震 ナトリウム 爆発 安全性 もんじゅ 震災 プルトニウム 心配
100
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
なるほど。もんじゅって一応安全面で軽水炉より優れた部分がないわけでもないらしい
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
1.ナトリウムの沸点は高いので、冷却不十分でも軽水炉のように蒸気で内圧が高まって炉が爆発する事故は起きづらい(ただし放置が長引けば可能性はある) 2.電源が全喪失しても温度差による自然循環で冷却するシステムになっている。以上。ソースはwikipedia。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
これが本当なら、「福島と同じ原因・経過による事故」はほぼ起きないということになるはず。問題はやっぱりナトリウムの爆発。つまり注目すべきは「地震にナトリウム配管・熱交換器は耐えられるのか?」ということ。耐えられればセーフ。耐えられなければ・・・?
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
もんじゅについて調べていたらいくつかかなり詳しい資料を発見。ひとつはコレhttp://www.atom.pref.fukui.jp/senmon/dai34kai/no2-2.pdf JAEAのロゴが入っているので割と信頼できると思われる、仕様についての資料。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
「燃料がプルトニウムだから漏れたら日本壊滅」みたいな言説があるけど、これを読んだ限りは、仮に燃料が全部漏れて(そんなことはまずない)も、周辺住民のプルトニウムによる被曝は50年積算で数十~100mSVくらい。結構多いけど日本が終わるレベルじゃない。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
ただこの数字の出し方は詳細がないのでよくわからない。流石に燃料を一人で全部吸い込んでこんな数値になるとは思えないので、周辺住民の人口で割りつけたりしたときの一人当たりの被ばく量じゃないかと個人的に解釈した。(間違ってるかもしれないので疑念がある方は元資料をご覧ください)
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
プルトニウム漏れについても最悪の場合でも(被曝量的に)そんなに大事故にならなそうだと思う一つの理由は、もんじゅが商業炉じゃなくて「原型炉」だから。単純に考えても燃料重量はチェルノブイリが180トン、福島が1370トンらしいから1トンしか装荷されてないもんじゅはかなり小規模。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
あとはこのサイト。原子力全般と、特にもんじゅの細かい安全対策について事細かに書かれている。 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6734/ ただし管理人・執筆者が全く不明。内容的に多分原研だと思うけど・・・
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
「1次系ナトリウム漏えい対策」 「2次系ナトリウム漏えい対策」 「冷却材保持による崩壊熱除去」 あたりを見ると、思った以上に様々な安全対策がこれでもかというほど施されていることがわかる。これは凄い。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
まとめると、配管がもし事故っても、「窒素注入による燃焼防止」「漏えいナトリウムの廃液・消火用経路設置」「漏えい時に構造的にナトリウムを貯めることによる炉心冷却状態の確保」などの対策により冷却材喪失・大規模爆発・火災への対策がちゃんと考えられてる。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
【個人的な結論】 もんじゅは思ったほど弱点だらけというわけでもなかった。そんなに心配しなくてよさそう。今は心配するなら福島の方でいい。以上。
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
いや、もうひとつ懸念事項があった。このもんじゅ被害想定エリアマップ。http://bit.ly/mNBMRH いくら探してもソースがこの画像しかないし、コレ絶対ただの悪質なねつ造だろ。よくみると円の書き方もなんか適当だし。これじゃなんの根拠にもならないわ。
愛・蔵太(素人) @kuratan
「もんじゅ被害想定エリア」の怪しげな地図の出所はシニア決死隊の会見資料か。んなもんソースになんねーっつーの。http://bit.ly/kGX5m5 http://togetter.com/li/139561
はしもと(Lv.34) @HashimotoRST
やっぱり出所が怪しい地図だったのかコレは・・・

コメント

BugbearR @BugbearR 2011年5月25日
あの地図の出所追いかけてみました。 http://togetter.com/li/139787
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年5月25日
だからもんじゅ(熱出力71万4千kW)心配するより東京の直ぐ近くに在る常陽(同14万kW)心配しろと。装置の破壊で2016年まで燃料の取出しが出来ない上に先の震災で震度6弱を被災してるってのに。
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2011年5月25日
今日ももんじゅタン、モテモテである。
アニメ大好きハゲおじさん @Crimson_Apple 2011年5月25日
追記しておこう。水が使われていないので今回のような水素爆発は起こさない点。燃料棒被覆管はステンレス鋼なのでそれなりに強度が高い点。ナトリウムは腐食性が低いので応力腐食割れを起こしにくい点などなど。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年5月25日
もんじゅだって止まってる。と言うかまともに運転したことが殆ど無い。w
boroneko2k @boroneko2000 2011年5月26日
常陽、震災でもアナウンスがありませんでしたね。反応は止まっていますが、ナトリウムの循環は常時なので、結局ダメージは発表する程でも無かったのでしょう。おまけhttp://bit.ly/iHOXuH アトミカの高速増殖炉シビアアクシデント項。
ハタ次男 @jhatajinan 2011年5月26日
今回もんじゅで着手されたのは『二度と開けられることがない筈だった原子炉の蓋を開け、自ら炉の一部を破壊し、十数時間かけて取り出す作業』である。危険なのはプルトニウムではなく液化金属ナトリウムである。
ハタ次男 @jhatajinan 2011年5月26日
もんじゅ側があまりにもこの事故を矮小化し、その極めて高い危険度を微塵も感じさせないのは、今回の福島第一原発事故にも共通したところである。もんじゅが危険な作業に取り掛かったのは事実であるし、最悪の自体を想定することは当然である。
君津区 @Dr_KIMMiK 2011年5月26日
もんじゅがかなり規模の小さいものである事を初めて知った
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年5月27日
二度と開けられる事がない筈とか。(笑)常陽なんか2回も炉心の改造工事やって蓋開けてるぞ。もんじゅも実証炉なんだから正常に運転されてれば今頃2回目位の改造工事やってたろう。
宮田伊織🐰🐧 @Miyata_Iori 2011年5月28日
もんじゅがやばいという人がまともなソースを出すのを見た事がない不思議。
あかさたな @emesh 2011年5月28日
.@AerospaceCadet 原子炉ってメンテの時には結構蓋開けるけどね。(ってかそうしないと燃料棒が交換できない)
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2011年5月28日
あと実験炉や原型炉だから「トラブル起こす」ってのも広い意味での目的のうちでは。そんで問題点を洗い出して商用炉の設計や事故対策に反映させるわけで