頭の中で考えているだけなら誰でも大作家になれるという一連のツイートが耳が痛すぎる

つらい
160
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

いいですかみなさん…頭の中で想像するだけなら、どんな傑作だって名作だって書けるものなんです…それを実際に書いてごらんなさい…全然面白くもなくぐずぐずに崩れていくから…でも自分の面白くなさ、つまらなさを直視して書き続けていかないと、次のステージには行けないんですからね

2019-09-05 14:48:16
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

クリエイターに本当になりたいなら、自我理想を捨てましょう…自分が天才であるという勘違いと期待を辞めるのです…本当に挑戦すると自分が天才ではないと知る、でもすべてはそこから始まるのです…安全なエリアで批評した気になって慢心している間はクリエイターにはなれません…

2019-09-05 19:12:11
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

本当に天才と言われている人も、多大なる修正と改稿をして今の作品にたどり着いています…巷に流布するたった一発で成功した鬼才なんて、嘘です…後に自信がついたときにそう再認識しただけで、その当時は苦労したはずです…幻想に騙されてはいけません…

2019-09-05 19:15:42
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

自分が抱えている苦しみ、人に愛されない受け入れられたい認められたい、お金がほしい成功したい、そういう欲を受け止めたほうがいいです…それはあなただけではありません、恥じる必要はありません、全部抱えて戦っていきましょう…

2019-09-05 19:17:56
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

書かずして天才を気取らない、努力せずして世を呪わない、研鑽せずして自慢しない、こんな簡単なことがきっと重要で、難しくて、すべてなのかなと思う。

2019-09-05 21:15:00
ねむり猫 @utakatano_hibi

@PagannPoetry @lenchroot 朝ドラとかに文句つけてマイシナリオプランを提案する人多いけど、大抵ひどくつまらない。

2019-09-06 00:26:51
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

出版プロデューサー/表現家 『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』7刷『ウケる人、スベる人の話し方』3刷。『ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門』2刷。世界がどんなに逆風でもやっぱり創作は楽しい。そんな思いからウサギ漫画や文章を発信。noteマガジンpicker/企業ブランディング支援

https://t.co/jbDTQFlFvs

ホソカ / hosoka @5hosokawa

今の自分にあるのは書き散らかした駄文と尖りきった傲慢な精神と、それでも何とかならないかと狙うおぞましいまでの狡猾さだけだ 未完の天才になるな|遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)|note(ノート)note.mu/laytoyama02/n/… pic.twitter.com/5O1Ha1RGfU

2019-09-08 23:25:45
拡大
山口じゅり@シナリオライター @toukajuri

ここに書いていることはまじですな。私のところで文章習いたい、という人の半分は、構想はあるけどまだ一度も文章を書いたことがなく、そのうち半分は1,2回来て書かずに辞めまする~ 未完の天才になるな|遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)|note(ノート) note.mu/laytoyama02/n/…

2019-09-09 09:16:18
金子ゆうき @MondettaYuki

>挑戦する凡才であれ。挑戦する凡才にだけは、次がある。 見てくれる人は必ずいる。 何より、自分だ。 他人からの評価はおまけみたいなものだから。 言うは小野 ヤスシなんだけどね。 未完の天才になるな|遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)|note(ノート) note.mu/laytoyama02/n/…

2019-09-09 10:45:04
遠山怜_作家のエージェント @PagannPoetry

あの…この業界にいると「こういう面白“そう”な構想がある」と言って紹介してもらうことも多いのですが、エンタメ業界には面白“そう”、受けるっ“ぽい、良さ“そう”な話はいっぱいあるんです…そして“そう” “っぽい”を本当に実現することの難しさも良くわかっているわけで。 note.mu/laytoyama02/n/…

2019-09-09 22:18:34

コメント

ゆき@頭弱 @fe_yuki 2019年9月10日
ホーントコレイトン。 私の頭の中にしかないときは、あんなにキラキラしてるのに、キーボードとかペンを介したらボロボロ。
34
肉=ローステッド @nnWEnSAaoRMHcri 2019年9月10日
なろう、なろうとバカにするけど、そのなろう作品すら書けない人ばかりなんだよなあ
49
九銀@半bot @kuginnya 2019年9月10日
nnWEnSAaoRMHcri それは「卵を産んだ事がなくても卵が腐ってるかどうかは分かる」って奴で、作家になれるかどうかとは別では
34
コパ @ahirukopa 2019年9月10日
自分の脳内で展開している超大作を上手く文章に出来ないので、攻殻機動隊みたいに首からコード出てきてパソコンに繋いだら小説や漫画が完成するようにならんかな、とよく妄想している。
6
二尾狐(にびこ) @dualfoxy 2019年9月10日
才能がある人が羨ましい。私も才能を持って生まれたかった。
1
二尾狐(にびこ) @dualfoxy 2019年9月10日
二言目には「始めから上手かった人なんていない」と言うけど、それは何の否定にもならないんだよな。成長速度とか、そういう動機を保てるだけの人格形成とか、様々な巡り合わせが運良くその人を天才に育て上げてるんだよ。凄い人は運命に愛されているから凄いんだ。
6
ꫛꫀꪝ✧‧˚ @25nmAI 2019年9月10日
dualfoxy 何事もやり続ける才能が必要だよな
6
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2019年9月10日
アウトプットするだけならまだできるけど、それをまとめて形にするのがまた大変で
3
ポテコ @poteccco 2019年9月10日
「努力を続けられるのが一種の才能」というのは全くもってその通りだなぁと思う反面、自分の努力が続かないのを「俺には才能がないからさ」とそれさえも才能(=天からもらえるラッキーアイテムか何か)のせいにしてしまえる甘美で魅惑的な悪魔の囁きだとも思ってしまうわ。 めっちゃ頑張っている他人に対する賞賛の言葉として使う分には良いけど、自分に対する言い訳に使うには危険な言葉だなぁと常々思う。
25
あさぎ丸怪郎 @asagix 2019年9月10日
頭の中でも書けないしまず完成しない。
3
すっぱんぴん組@おやつ担当 @lolGlo0IlopLoz 2019年9月10日
身を削る思いで形にすることが出来ても、一晩寝かせてから眺めると「なんか……思ってたんと違う……」ってなるし、そこから新たな苦悩が始まるから、文章に限らず何かを形にして発表し続けている人は凄いと思う。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
「頭の中で想像するだけなら、どんな傑作だって名作だって書ける」という段階にまずならない。設定とかで「ワクワク」は出来るのだけど、具体的に想像すると自分の想像力の貧困さにぶつかる。
5
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
「自分が天才であるという勘違いと期待を辞めるのです」これをやってしまうと、天才でもない自分の作品を誰が読むのか?になってしまう。
4
ろんどん @lawtomol 2019年9月10日
頭の中では起案が完璧に出来上がってるのだが…(遠い目
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
「自分が天才であるという勘違いと期待」を持って「まずは書いてみる」のが良さそう。
5
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2019年9月10日
「頭の中では! 完璧に! 出来てるんだよ! 頭の中ではな!」
2
marumushi @marumushi2 2019年9月10日
ahirukopa 脳内で文章化できないのなら、コードで直結してもやはりできないのではとマジレス
4
山下 @6wc2D732p08gevM 2019年9月10日
実際に書き始めた人は凄いです。最後まで書き上げた人は才能あります。「いざ書き出してみれば驚くほどつまらない」これが自覚できる人は数万人に一人の天才です。ってなんかで読んだ
1
うす曇り/N.S @usugumori 2019年9月10日
そうなんですよ、プロが一番すごいのは「完成させられる」事なんですよ。
28
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
誰もがいきなりプロの仕事出来るわけじない(たまに例外的な人いるみたいですが)ので、創作したい人達の勢いとか思い込みを潰すより育てた方が良いと思う。
4
ℕ𝕚𝕔𝕖𝕋𝕖𝕒🐔SPARK:南2コ61b @zusammenbleiben 2019年9月10日
Twitter始めたばかりの時に、この文章がRTで回ってきたのを思い出した。http://kaku-jyo.com/note_01.html "だって打ち合わせをしたじゃないか。 自信満々に内容を語ったじゃないか。ある一人などこうもいったはずだ。 「もう、すべて頭の中にある。あとは書くだけさ」 でも、書かないのだ。一行も書かないのだ。 "
4
ℕ𝕚𝕔𝕖𝕋𝕖𝕒🐔SPARK:南2コ61b @zusammenbleiben 2019年9月10日
頭の中に奇想がある。多少前衛的だが、それもまた味だ。突拍子のない話を書いてる人はプロにもたくさん居るじゃないか。俺は簡単なラブコメなんか書けないし、ひねりにひねった設定と飾りに飾った科白を書いてやる。 書き出してみるとこれがマッタクはぁ~~~~~つまらない。泣くほどつまらない。 あまりのつまらなさにガチで泣いたけど、それがほんとうは大事なのかもな
4
しょーし@CV若本規夫 @syousi 2019年9月10日
これ、よく作家に「私の頭の中の作品をパクった!」というちょっとアレな人に投げつけてあげたい。
5
Tomonori Iwanaga @Tombu 2019年9月10日
mikumiku_aloha 育てるためにはアウトプットしてもらわないといけないのです。アウトプットしたものを「なんか違う」と思っても、それを見せてもらわないと育てられないのです
7
サイフィス @saifisu 2019年9月10日
頭の中に場面は思い浮かんでも、それを文字として表現しきれない、ってのもあるんだよ。単純な語彙力だけでは済まないない、難しさはそこにある
1
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2019年9月10日
忠誠の木の回を思い出した https://blogs.yahoo.co.jp/baikindaddy/37541176.html (←これはアニメだけど)
1
サツキ@SHOWROOM用 @bbs_teck_shye 2019年9月10日
(自分はすごいんだ。少なくとも完結させた…)「天才とは思ってません」これがちょうど良い塩梅っちゅーことかね。ストイックだな。
0
田中幹生(TANAKA MIKIO) @maniaxpace_mt 2019年9月10日
くそつまんない話だろうと完結させて読んでみた方が諦めもつく。諦められないなら推敲してまた書く。
4
ドンガメス @donburidongames 2019年9月10日
大抵のオタクは頭の中に構想十数年くらいの大作を1つ2つ抱えてるよね
2
夏馬 @natsuma_e 2019年9月10日
小説ならプロット、漫画ならネーム、映像なら脚本や絵コンテ。一度形にすることでそれが面白いものになるかどうか、完全ではないもののある程度は見えてくる。一部でも概略でも、ひとまず形にすることはとても大事。(※もちろん設計図としての意義は大いにあるがそれはそれとして)
2
どんちゃん @Donbe 2019年9月10日
仕事する時も、最初にどこに手をつけるか考えるのが一番大変だからな。思い浮かんだ言葉を出力するのはもっと大変だわな。仕事と違って誰もせっついてこないからな。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
自分は「天才であるという勘違い」して書かれた作品の方が面白くなる確率高いと思う。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
昔のプロ野球評論家が、高校野球で毎試合150球ぐらい投げて甲子園優勝した肩壊していない選手でないとプロでは通じないと言っていたのお同じようなことを、編集者とか作家のエージェントが言っているように感じる。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月10日
Tombu 「お前は天才じゃない勘違いするな」より「お前は天才だ」の方がアウトプットさせやすいと思うのです。
1
塗装ぺろぺろ @mrtdyo73 2019年9月10日
頭の中にある時はガバガバだからつまらない部分を認識できないから、完全無欠の作品になっちゃってるんだよね
1
ppw21 @pelutata_ppw21 2019年9月10日
学校一つ描写するにしても意外と自分が何も知らないことを思い知らされる。 あの教室の形態ってなんていうのあれ、階段教室? 階段教室っていうんだあれ!とか 椅子のあの背もたれのさ、あの部分なんていうのあれ、笠木? ああ笠木...とか 床のあのつるつるしたのなに、リノリウムっていうの? へえ...とか
2
はなれ @kajyahinn 2019年9月10日
例えなろうでも、「日本語文章を毎日まとまった分量で投稿する」ってのは凄い事なんです。そして、その中でも、無責任に放り出さずに話を完結させられるって条件だけもでほんの一握り。脳内作家様の進化系、エターナル未完の大器様もこれが非常に多い。書籍化作家においてさえ。
2
TORIATE.MIKAN @TORIATE01 2019年9月10日
作り始める壁と 作り上げる壁と 評価される壁がある 評価され持て囃される壁があるのに、 最後の壁しか見えないから齟齬が産まれる。 けど、結局は希望を与えるのは最後の壁を超えた作品。
0
TORIATE.MIKAN @TORIATE01 2019年9月10日
poteccco マジレスすると努力出来る環境に産まれたラッキーさと その産まれた時期に評価される事が好きだったラッキーが重なって 天才は選ばれるから努力を続けらている時点でそれなりにラッキーなんだよ
2
海の鷹 @mochitsura 2019年9月10日
色々とアイディアが湧いて話がドンドン膨らんで収拾がつかなくなる、というパターンも多いんじゃないかな?手塚治虫も「マンガの心」って本に書いてたけど、アイディアを削って物語をスッキリまとめる方が大変なケースも多いらしい。手塚先生は他の漫画家を例に挙げてたけど、アイディアが湧き過ぎて苦労してたのはむしろ手塚治虫本人だったのでは?と今になって思える。だって亡くなる直前まで何本も連載持ってて、「ネオ・ファウスト」なんかベッドで絶筆ですよ?
2
海の鷹 @mochitsura 2019年9月10日
ちなみに私も「色々とアイディアが湧いて話がドンドン膨らんで収拾がつかなくなる、というパターン」です。先に挙げた手塚先生は別のページで「まず4コマ漫画を描いてみましょう」的な事も書いてますが、恐らくそういう体質への改善もあるんだろうね。まず単純な話から慣れていけ、と。
1
肉=ローステッド @nnWEnSAaoRMHcri 2019年9月10日
kuginnya 失礼、(作家の中でも)という文意でした
0
intiki @intiki 2019年9月10日
考えてみりゃ当たり前なんだけど、頭の中の考えと話し言葉と書き言葉ってそれぞれ全く別の物なんだよなぁ。うっかり思いついた自分の中でバカ受けのオヤジギャグがだだ滑りってのは…それはまた違う話か。
1
seidou_system @seidou_system 2019年9月10日
正直「一行も書かない未完の大作」よりは棘の※欄の方が有意義だしな。
0
ユイ @yui_Angelica 2019年9月11日
とりあえず完成させる。全体じゃなく一区切りの分でもいいから完成させる。完成させてからどこが悪いか、ダメかを考えて直していく。世の中にはこの順番でやっちゃダメな事柄もいっぱいあるけど少なくとも文章や漫画といった創作活動はこれが出来るのだから、出来るというならこの方法が良い。……ていうか自分で書いてみて思うけど頭の中でああだこうだやってるより実際に形にした方が整理できてあっさり解決するなんてパターンも有るので、とりあえず形にするのが手っ取り早いし手堅いのだわ
1
キューマン・エノビクト @QmanEnobikto 2019年9月11日
脳内ぼく「このアイデアめちゃええやん!シチュエーションも最高!」キーボードカタカタ アウトプットしたぼく「どうして…どうして…」
2
ながいずみ(個人用) @nameriizumi 2019年9月11日
どうしようもなくとっちらかった文章を どうしようもなさ抑えながら増やして間引いて一冊の本に仕立てていく そういうものじゃないですか…
1
moxid @moxidoxide 2019年9月11日
首の後ろのコネクタで直結してだらだら脳内データを流し込みたい
0