『カラテカ』が実は凄いゲームだったことについて熱く語ってみた

主人公の最弱っぷりでスペランカーとタメを張る伝説のクソゲー『カラテカ』はクソゲーだけど実は単なるクソゲーじゃないんだよ! というお話。
ゲーム論 考察 ゲームデザイン ゲーム
58
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
そういやおれが『カラテカ』超大好きだってことあまり知られてない気がするのでカラテカについて語ったりしてみようか。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
『カラテカ』、とりあえずこのタイムアタック動画http://bit.ly/lflxf8を見てくれ。たぶんTASじゃない。熟練すればこの動きはだれにでも出来るよ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』でまず何よりすごいのが「足さばき」。近代格ゲーでもこれほどまでに足さばきが美しいゲームは見たことがない。リアルの空手にある「すり足」を完璧に再現している。何よりすごいのが足のアニメーションが途切れたりすることなく、なめらかに繋がってることだ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』の構え移動には「小ステップ」と「大ステップ」の2種類の動きがある。その組み合わせで敵との間合いを調節するんだけど、その流れがすごく実際の格闘に近い。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』の足さばきで一番凄いのが、「移動」と「蹴り」を組み合わせて行うことが出来る点。例えば、「半歩前進しながらの蹴り」「蹴りのあと、その足を後方に下ろして間合いを取る前に下ろして間合いを詰める」といったことが可能なんだ。普通の格ゲーじゃそんなことは不可能なんだよ!
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』は、近代ゲームで主流となっている「映画的演出」にも速くから挑戦している。さっきのプレイ動画を見れば分かるけど、「親玉が手下を送り込む演出」「主人公に迫ってくる敵」「捕まって悲しそうにしてる女性」といったデモが挿入されている。この時代では非常に珍しかった手法だ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』はラスボスの展開も面白い。ゲーム後半、強敵との連戦のあと、ボス部屋のような場所に出るが、ボスが不在。チャンスかと思い彼女を助けようとすると突如ラスボスが不意打ちを仕掛けてくる! といった、まさに映画的な演出をゲーム内に取り入れているんだ!
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』は、音楽も映画的。ふつうのゲームじゃ常にBGMを流してるところだけど、カラテカでスタート直後に鳴っているのは「波の環境音」。いまでこそ環境音は入ってるのが普通だけど、当時にしてみればこれはめちゃくちゃ斬新な試みだったと思う。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』、ゲーム部分はクソゲーって思われるかもしれないけど、実は「いかに速く進むか」という点に重きを置くと意外と面白いゲームになるんだ。例えば体力ゲージ。体力は自然回復するんだけど、その分時間を浪費してしまう。ほかにも…(続く)
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)ほかにも、「突き攻撃は射程が短いが連射が効く」という利点がある攻撃だから、敵の懐に入ることができれば、突き連射→蹴りのコンボで一気にダメージを与えることが出来るんだ。ここで間合いの調節要素が重要になってくるんだ。敵の動きをよく見て、タイミング良く、適切な距離を進むんだ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』を普通にプレイさせると、ほとんどの人が「遠距離から蹴り連打」という消極的なプレイをする。だけど積極的に攻めるようにするととたんに面白くなるのがカラテカなんだ。個人的には、このゲームに「制限時間」という要素を設ければ普通に名作ゲームになっていたと思ってる。
@SiTube
@R_Nikaido カラテカに制限時間があった場合、もちろん時間切れにはドラマチックな演出があったんだろうな……。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@SiTube そういう演出も入ってたでしょうね! さらわれた彼女がどうなってしまうのやら…w
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
(続き)『カラテカ』は「スタート直後崖から落ちて即死」「構えないと敵に触れただけで即死」「柵のトラップで即死」「敵同士なのに礼」などネタ要素満載すぎてだれもまともに評価してくれないのが非常に歯がゆかった。スペランカーがゲームとしても評価されてるのを血の涙を流しながら見ていたよ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
[カラテカ の GIFアニメ コレクション http://bit.ly/lfWYoo ] オマケ。つよいカラテカさんとなめらかに踊るカラテカさんが見れます。作者のサイト閉鎖しちゃったみたいなのでこちらで代用。
DADA @D_A_2
@R_Nikaido カラテカ最高ですよねw レリクスとカラテカはどちらが先でしたっけ?レリクスを遊んだ時も、まったく何も解らない場所に浮遊してて波の音と敵の足音だけが聞こえるのが凄く印象的でした。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@D_A_2 プリンスオブペルシャがXLBAでリメイクされたように、カラテカもXLBAでリメイクすべき。

コメント

◇KITIKETAO◇キチケタオ◇ @ktikto 2011年5月28日
つい最近こんな動画( http://nico.ms/sm14502522 )もでたばかりの昨今、今カラテカがアツイのか!?w
ざ_な_く&890P@VOCALOID&VTuber @z_n_c_890_P 2011年5月28日
これは熱い。だが、極めた人にしか名作と分からないゲームというのはどうしてもクソゲー扱いされやすいですね。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith 2011年5月28日
KaratekaのオリジナルはAPPLE II用で、映画的な演出やカメラアングルが取り入れられた、エポックメイキングな極めて初期のコンピュータゲームです。つまり「実は」を書く必要もなく歴史に残るゲームのひとつです。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith 2011年5月28日
またファミコン版とAppleII版ではアナログスティックかそうでないかという極めて大きな違いが操作系にあるために、ほとんど別物といって言いほど操作感が違います。なのでFC版は結構厳しい評価を受けるのも仕方がないところがあります。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年5月28日
以下の記事でAppleII版との差異や製作の意図などについて書かれてますね。特に最後の小ネタは始めて聞きました。面白い。 http://loderun.blog.so-net.ne.jp/2011-05-24
陸離 @Rikuri_Tukimoto 2011年5月28日
カラテカのキャラの動きって初代プリンスオブペルシャの動きの参考になってそうな気がする。どっちが先なんだろう。って、調べてみたら会社一緒だったwなるほどな~。 カラテカ→http://ow.ly/555IX PoP→http://ow.ly/555IQ
テストユーザー @SiTube 2011年5月29日
カラテカの何が凄いって、「落ちると死ぬ」だけのためのガケがあること。限られた容量を割いて引き返す必要のないスタート地点の後ろのガケに落下判定と落ちる画像を用意する心意気がすごい。当時何度もわざと足を滑らせてゲラゲラ笑っていた。
座布団 @Funny_Pepper 2011年5月29日
カラテカの凄さは武道における「戦いに際して自然に構えを取れない者」「闇雲に戦場から退こうとする者」は真っ先に死ぬ事になるという思想を、率直にゲームシステムに反映したことだと思うのだけど。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年5月29日
フォロワーさんにAppleII版『カラテカ』が遊べるサイトを教えて頂きました。[ http://bit.ly/lMlwLa ] スペースキーでゲーム開始、開始後Kを押すと暴走が止まります。あとは矢印キーで移動、QAZWSXで攻撃、スペースで構え切り替え。ファミコン版と違って歩きながら突きが出せます。アクマ将軍のデザインカッコイイ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年5月29日
スタート地点の崖について。元々カラテカって、「後ろに下がる=ゴールから遠ざかる=戦闘回数が増える」となっていて、後退することは悪となっているんです。なんで、その象徴として一番左には崖があるのだと思います。
紙魚 @silver_fishes 2011年5月29日
“特に最後の小ネタは始めて聞きました”これはすごい。「攻撃された! なるほどあいつはダミーで本当は最後のボスなのだな」と最初に思ってしまったらハマるんじゃないだろうか。戦おうとすると構えるしかないんだから。
藤宮アプリ(喜多村英梨) @kabobobobobobo 2012年11月13日
まあ、もうやる事のないゲームだよ、どの道。
七篠/らと @revosiemit 2013年4月2日
約37分に亘る『カラテカ』リメイク版の長時間実況プレイ映像が公開 - Game*Spark http://gs.inside-games.jp/news/370/37064.html 最近リメイクされたそうですね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする