10周年のSPコンテンツ!
1
赤城毅/大木毅 @akagitsuyoshi
少なからぬ翻訳書が、ヒトラーの一人称として「余」を採用しており、民主国家以後の独裁者にそれはないだろうと思う。とはいいつつも、「私」とやると微妙に軽くなるのはたしかなので、翻訳は難しいなーと、いつも嘆いている。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
@akagitsuyoshi 水木版ヒトラーの「俺」も味わいがありますね。
檸檬児 @jo_makoto
@akagitsuyoshi 「僕のたたかい」ではラノベになってしまいそうです。
同田貫上野介正国 @den_thieves
@akagitsuyoshi 「我(われ)」、もなんか違う気がしますね……。 やっぱり「余」が一番しっくりする気がします。 それにしても、英語だと『 I 』一文字ですむのに、自分を示す一人称がこれだけある。日本語って本当に面白いですね。
まめち @m0mch1
『我が闘争』にはヒトラーが「余の天与の才は幼少のみぎりから遺憾なく発揮されており云々」と自慢するくだりがいっぱいあるけど、「ヒトラーはこんなこと言ってるけど、実際の成績は大したことなかったんだよ」的な注釈がついててしょっぱい気分になる。

コメント

ろんどん @lawtomol 9日前
「朕は国家なり」が「私は国です」、「余の辞書に不可能の文字はない」が「ボクの辞書に…」じゃ締まらんしなぁ…
AØYAMA @AYAMA40831723 9日前
「私」がなんか神経質で繊細な感じがしていい そんなに詳しい訳じゃないけど
RAM (内調かもしれない) @PLAPAPA 9日前
オッサンやったんやから、ワシと一緒で「ワシ」でええんじゃ・・・
飛達磨 @tobidaruma 9日前
「ヒッくん」で
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 9日前
戸田奈津子先生に訳してもらおう(まて
ヒジャチョンダラ @citabow 9日前
一人称がヒトラーだったらラノベっぽくなるかな? 「ヒトラーはベルリンに留まる!」とか「ヒトラーの国家は決して降伏しない!」とかさ。
たけ @Eo554IijYfHOQqw 9日前
我輩あたりかなあ
マクガン @Makugan32 9日前
ここはもう「ワイ」で…
Ukat.U @t_UJ 7日前
goldencat222 ドゥーチェやろなぁ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする