10周年のSPコンテンツ!
4
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
ナチスの隆盛について、 「ナチがユダヤ人差別なのは知っていたが、社会的ストレスのガス抜きのため『たまには』いいかと思ってナチ党に投票した。後で、まさかあそこまで迫害政策がエスカレートするとは思っていなかった」 という当時の市民の回顧は、どの時代、どの社会にも通じる、怖い話だと思う。 pic.twitter.com/0VNERqGNbq
拡大
いつの時代にも通じそう
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
結局これって、多くの人は 「社会的暴力」の影響や潜在力についてけっこう軽く認識していて、いざそれが本気で走り出したとき、内心でヤバいと感じても何もできず「オレ個人はそんなつもりじゃなかった」と言い訳するしかない、ということだが、その教訓は今も意外と掘り下げられていない気がします。
i wanna peace @HopeTalk2You
@marei_de_pon 共産主義勢力の拡大とナチス党との争いもあったようですが、その辺りはドイツでどの様に教えられてるのか知りたいな。
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
@HopeTalk2You 「戦う民主主義」でググるといろいろわかると思います。
i wanna peace @HopeTalk2You
@marei_de_pon ありがとうございます😊。 ドイツの特色ある政治なんですね。日本では色んな人から問題視されててちょっと興味があるのでよく調べたいと思います。考えとしてはアンティファに近いような気がしますが。日本の言論の自由とも反発してるのかも?
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
@HopeTalk2You なんだかんだいってドイツでは、このへんにまつわる思想的な闘争状態、駆け引きが何気に濃い形で継続している、という解釈も可能かもしれませんが、立場によっても見解は異なるでしょうね。
i wanna peace @HopeTalk2You
@marei_de_pon まだ継続してるとは興味深い。私としては、過激な人権侵害は置いといて、それを知らなかった多くのドイツ人が何故あれ程までにヒトラーに熱狂しちゃったのかが知りたいです。スピーチだけでなく、当時のドイツ人の不満を解消させる何かに魅了されちゃったのかなと。それが反共産主義だったのかなと。
🇱🇷🇯🇵梅田香子⚾️Yoko Umeda @yokoumeda
@marei_de_pon 貴重な資料ですね。車のヘンリー・フォードが反ユダヤ主義者で、彼の書いた本をヒトラーは居間に飾り、人に強くすすめていたそうです。
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
@yokoumeda そういう「気まずい真実」って、別に隠蔽されているわけでもないのに、なぜか一般に広まらなかったりしますよね。 いろいろ仮説はありますが、例えば「わかりやすい物語的文脈に載せにくい」というのがひとつあるのかなと。
A-math (Aftermath)又の名を五合升 @AftermathDoubl1
@marei_de_pon @Mossie633 この頃のドイツ共和国のユダヤ人の側でもアイデンティティはドイツ人だった(代々住んでてドイツ国籍)ので、まさか国が自分たちを殺すと思わなかったらしい。現行憲法で改正不可能条項があるのはこうしたことへの反省から成り立っていますが、旧東ドイツに多いAfD支持者はそれを知っているのか?
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
@AftermathDoubl1 @Mossie633 今の右派政党AfD支持者の「真の敵」は、実は「経済的勝ち組の西独エリア住人」であって、外国人ウンヌンというのはそのための議論のダシだったりする面があるので、なかなか面倒なのです。 最近のドイツの反ユダヤ主義的な事件にも、下記のような裏事情があったりするし… twitter.com/marei_de_pon/s…
マライ・メントライン@職業はドイツ人 @marei_de_pon
しかし、なぜ今どき「反ユダヤ」なの? と疑問に思う人もいるかもですが、ドイツ東部は外国人が少ないので極右にとって「最新の」攻撃対象がおらず、仕方なく伝統ステレオタイプ的な「右派の敵」を攻撃するようになる、と聞いたことがあります。 そこまでして暴力性を発散したくなる背景がまた問題か… pic.twitter.com/wIKSn2UN4x
拡大
A-math (Aftermath)又の名を五合升 @AftermathDoubl1
@marei_de_pon @Mossie633 少なくとも民主主義的な教育や雰囲気で育たず、かつ社会がいきなり不安定化したというのは戦後日本とも近いのかもしれませんね。それが反体制運動としての極右(戦後日本なら左翼運動)に流れ込んだと考えれば近いのかも。
第2次大戦ドイツ軍装ガイド

ジャン・ド・ラガルド

リンク 棘を抜く 歴史に関するまとめ - 棘を抜く 日本史、世界史などのまとめ。 日本史 世界史 日本史 楠木正成が日本で一番すごい戦略家だと思う。 関ヶ原合戦で西軍が勝つには……家康より東で挙兵するしかない 君主制は敗戦に耐えられないという 世界戦史の常識を覆した我が日本『昭和天皇広島巡幸』 手作り甲冑 兜 等身大鎧 成人用 ウェアラブルな日本の武装鎧 鉄スーツオレンジ O06 出版社/メーカー: handmade by Hezhouyuan shougo..

コメント

こねこのゆっきー @vicy 2019年10月20日
ドイツ人に限った話ではないさ。平和と人権を愛する近隣諸国のインテリや学生は「平和と発展のためにナチ容認」と叫んでたんだ。 想像できないやつは、現代の俺たちが、中国の人権問題を、どう感じてるかを思い出してみりゃいい。
きゃっつ(Kats)⊿1/19日向坂京都個別 @grayengineer 2019年10月20日
フェミニストの多くがミサンドリストなのは知っていたが、社会的ストレスのガス抜きのため『たまには』いいかと思ってフェミニストに投票した。後で、まさかあそこまで表現規制がエスカレートするとは思っていなかった
kadochika @kadochika 2019年10月20日
こういう時に「当事者はどこまでならエスカレートしていいと思っていたのか」というのは気になるところなんですが、まぁ考えてない人ばかりだったんでしょうね…自戒。現実にはどういう落とし所になるのか/できそうかということを考えるのは大事だということで
ろんどん @lawtomol 2019年10月20日
おっかないのは「ナチスに投票した人」だけでなく「ナチス党員・幹部」ですら「まあ選挙のための過激なアピールで、実際にはそこまでやらんだろ」と思ってた人が少なからずいたらしい…こと
フローライト@今日どこさん行くと? @FluoRiteTW 2019年10月20日
「一度やらせてみてください」「ダメだったら、また元に戻せばいい」「最低でも県外」「ゼロベース」
ゆゆ @yuyu_news 2019年10月20日
最近の欧州情勢だと、反ユダヤ主義者が中東系移民だったら、報道や世間の対応はどうなるのだろうかと思う。
山田 太郎 @herix_one123 2019年10月20日
「民主党に政権担当能力がないのは知っていたが、自民にお灸をすえるには丁度いいかと思って投票した。まさか、あそこまで日本が滅茶苦茶になるとは思っていなかった」
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年10月20日
ドイツに限った話でもないし右左にも関係ない話なはずなんですが、やっぱり揶揄されるのは圧倒的に左のほうが多いんですね。