2019年11月7日

動画『賠償は要らないし、私が賠償に値するとも思わない』を訳してみた。アメリカで賠償運動 (奴隷の子孫に政府の賠償金を求める運動) が再び盛り上がっている。しかし、この運動こそが人種差別的であり、非生産的なのではないか。

スーパーボウルでも活躍した元アメフト選手のバージェス・オーウェンズは、たまたま黒人であり、奴隷だった曽祖父を持つが、この運動に協力するつもりはない。その理由について説明します。
21
tarafuku10 @tarafuku10

動画『賠償は要らないし、私が賠償に値するとも思わない』を訳してみた。いわゆる進歩派は、奴隷の子孫への賠償金支払いを求めているが、その運動の根底にあるものこそ人種差別的な考えであるという。スーパーボウルの優勝経験もあるバージェス・オーウェンズが説明します。 youtube.com/watch?v=18tGOI… pic.twitter.com/oNVLOt4lfi

2019-10-29 04:50:46
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私の曽祖父、サイラス・バージェスは、足かせをかけられ、奴隷船でアメリカに連れてこられた。そして、サウスカロライナ州チャールストンで競売台に載せられ、バージェス農園に売られた。 pic.twitter.com/5aQmoKE2Tp

2019-10-29 04:51:09
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

8 歳で孤児になったが、周りには年上の奴隷仲間がいた。体は鎖につながれているが、心の中では自由人になることを夢みている人々だ。彼らは若いサイラスを連れて農園から逃げ出し、テキサス西部にたどりついた。 サイラスは懸命に働き、お金を貯め、102エーカーの農地を手に入れた。 pic.twitter.com/bKxkOlvYZv

2019-10-29 04:51:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

そこを耕作し、2年のうちに土地代の支払いを終えた。アメリカに初めてやってきた祖先にちなむ名前を持つことを、私は誇りに思う。彼は、この国に連れてこられた何百万人もの人々と同様に、アメリカン・ドリームを生きるために、過去の過酷な障害と闘った。 pic.twitter.com/UEJMpdGlWe

2019-10-29 04:52:02
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

サイラスは彼の街に最初の黒人教会と最初の黒人小学校を作った。彼は、共和党支持者であり、キリスト教徒であり、コミュニティの柱だった。彼は誇り高く、勤勉で、子供たちにも同じように振舞うように教育した。 pic.twitter.com/RRHzaSS6jA

2019-10-29 04:52:18
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

今、いわゆる「進歩派」たちは、私の曽祖父サイラスが奴隷だったという理由で、私にお金を受け取らせようと考えている。 pic.twitter.com/U5f6SMqQB4

2019-10-29 04:52:56
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

そんなものは要らない。サイラスと同様に、私は高い教育を受け、事業を起こし、すばらしい家庭を築いた実業家だ。そして、スーパーボウルでの勝利という栄光もつかんだ。それは、ほとんどの白人のアメリカ人が成しえないことだ。 pic.twitter.com/nd6PmR3QWI

2019-10-29 04:53:14
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私が携わったわけでもない仕事のために、私が勤め上げたわけでもない軍役のために、そして私が受けたこともない鞭のために、進歩派たちは私が稼いだわけでもないお金を受け取らせようとする。 pic.twitter.com/beopCbEDyz

2019-10-29 04:53:33
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

このお金が、同じように夢を抱き、働き、犠牲を払った人々から無理やり奪ったものだという事実については、そんなことは気にする必要はないと彼らは言う。 だが、それは違う。 賠償運動の中心にあるのは、黒人と白人についての卑屈で歪んだ見方である。 pic.twitter.com/HG3nz52Rq1

2019-10-29 04:54:01
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

この見方によれば、白人は優越した人種であり、抑圧的な人々である。その力は強大であるため、黒人は打ち勝つことができない。黒人は不運な被害者であり、宥和して前に進むという他のすべての文化が持つ能力に欠けていると見なされる。 pic.twitter.com/J1imbB52AH

2019-10-29 04:54:21
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

賠償運動は、何百万ものアメリカのマイノリティが150年にわたって築いてきた法的、社会的、経済的進歩について、気付かないふりをする。また、奴隷制を廃絶するために命を懸けた数十万の白人のアメリカ人と1人の共和党大統領の犠牲を矮小化している。 pic.twitter.com/ZxkkXF2Lo9

2019-10-29 04:54:52
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

曽祖父サイラスは、こうした命の犠牲により、すべての借りは返されたと考えているに違いない。そして、感謝の気持ちを持つすべての黒人のアメリカ人も、同じように感じているだろうと私は思う。 pic.twitter.com/OWZC2BavEO

2019-10-29 04:55:07
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

さらに、賠償運動により、アメリカのユダヤ教/キリスト教の基礎を脅かすような人種間の関係が育まれる。人を許し、やり直しの機会を与えるという理想を否定し、責任は個人に帰するという考え方を軽んじる。 pic.twitter.com/XP0S4SSQhu

2019-10-29 04:55:25
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

賠償運動の支持者たちは、黒人のアメリカ人は責任を担う能力がなく、白人のアメリカ人はこの国に来る前に起きたことについて罪を背負うべきだと信じている。支持者たちは、大部分の白人のアメリカ人は奴隷を所有したことがなく、奴隷制を終わらせるために戦ったか... pic.twitter.com/4cKHlGCzP2

2019-10-29 04:55:50
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

...奴隷制が廃止されて随分経ってからアメリカに来たのだという事実を考慮していない。 分断を煽るこうしたメッセージにより、黒人は永遠に打ちひしがれた人種であり、白人の罪の意識、哀れみ、慈善によってのみ癒される人々であるという意識が固定される。 pic.twitter.com/VA6mF0Rcv7

2019-10-29 04:56:18
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

残念なことに、こうした考え方が大学のキャンパスに広がっている。若い白人のアメリカ人は、自分の肌の色が「特権」と見なされることを自覚しているが、若い黒人のアメリカ人は、肌の色によって被害者のステータスを自動的に獲得できると恥ずかし気もなく信じている。 pic.twitter.com/F43XvS6MHW

2019-10-29 04:56:38
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

黒い肌に関するこうした考え方は、私が若い頃に存在した1960年代の南部の白人至上主義者に通じるものだということに、彼らは気づいていないようだ。賠償を求める人々は、肌の色が違うというだけで、ある人種が他の人種に優越するのだという理論を受け入れている。 pic.twitter.com/yMPhscoeyy

2019-10-29 04:56:59
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

人一倍の努力、価値、個人的な自主性がなくても、白人のアメリカ人は成功し、黒人のアメリカ人は失敗するという理論だ。その中心にあるのは、レイシズムという人を見下す悪である。それは、少なくとも黒人のアメリカ人の可能性を示すものではない。 pic.twitter.com/izAaK9rFhq

2019-10-29 04:57:19
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

現在の黒人家庭の40%は、中流階級のアメリカン・ドリームを生きている。何千人もの黒人のアメリカ人が、医者、弁護士、技術者、学者など、全米の上位1%に入る収入を得ている。音楽、テレビ、映画、スポーツの世界は言うまでもない。私たちの社会で、最も尊敬され、祝福されている市民の多くは黒人だ。 pic.twitter.com/wSbBX5A2pB

2019-10-29 04:57:38
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

白人と同様に、黒人のアメリカ人が富と名声をつかむまでの過程はそれぞれ異なる。しかし、多くの人は、曽祖父サイラスのような、この国が提供するチャンスをつかみ、生産的で、誇り高く、愛国心にあふれ、成功した家族を残した祖先の恩恵を得ている。 pic.twitter.com/YUd3ngCfxB

2019-10-29 04:57:56
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

隣人であり、友人であり、同胞である白人のアメリカ人が、私に何の借りがあるというのだろうか? 曽祖父サイラスがこの場にいたら、肌の色にかかわらず、すべての人に、次のようなメッセージを贈るだろう。 善良な人格を賄賂で手に入れることはできない。 バージェス・オーウェンズでした。(了) pic.twitter.com/ONhQ5TyqIb

2019-10-29 04:58:25
拡大

コメント

@onpu_original 2019年11月7日
これ黒人と日本の被差別部落を置き換えて考えると面白いと思う。
4
パンダは肉食獣 @j_inbar 2019年11月7日
勉強になる。この辺の事は迂闊に日本人が口を出していい事でもないよなと思う。
18
nekosencho @Neko_Sencho 2019年11月7日
いらない人はことわりゃいいし、必要な人は受け取ればいい。 そんだけの話だよねえ。 必要ないほど豊かな人が「そんな制度いらない」って言っても上滑りするだけじゃない? これが貧困にあえいでる人が不要だって言ってるならまだ説得力あるけどさ
7
てんてん @tuyama301 2019年11月7日
ボンボン坂高校のおまけ漫画で、乞食は優越感を売っている(大意)ていうのを思い出した。
2
やし○ @kkr8612 2019年11月7日
何もしなくても黒人というだけで金がもらえるようになってしまうとそこから上がろうとしなくなるから福祉は麻薬よりも中毒性があって危険、といったのはマイク・タイソンでしたっけ?
19
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2019年11月7日
金の有る無しは話の軸じゃないだろうが、あえてそれを持ち出すと最も悲惨なのは肌の白い貧乏人になる
6
Tadashi @tadashifx 2019年11月7日
賠償とか単純にお金を渡すのでは不適切だと私は思う。しかし(この方はすでに成功した人だけれど)貧乏人は貧乏から這い上がるだけで金持ちと比較するとエネルギー使うというのは事実だと思うのでより楽に這い上がるための制度(例えば学費免除等)を充実するとかそういう方向が良いのではないかと個人的には思う。
5
宮代へ行けずとも宮代人間 @monthlyicon 2019年11月7日
バージェス・オーウェンズさんだって人種を超えた貧困層への支援には反対しないでしょう。これの問題は結局ベクトルは真逆でも歴としたレイシズムだからだよ。
8
たえ @aE7zD26mO23OQlC 2019年11月7日
賠償金の出処が、曽祖父と同じく、夢を追いかけてる人だったり、困窮しながら暮らしている人達だから要らないって事なのかな。黒人は現在も過去の抑圧、差別によって不当な地位にいて、困窮している可愛そうな人達って思いは差別と違うのか分からない。この人も人種を問わず、貧困層だったり、若年層に対する支援は否定していないと思うけど。
0
takomin26500 @takomin26500 2019年11月7日
Dam_midorikawa つまり公民権運動に参加した黒人は全員クズってことになるな。こういう奴がおったからなかなか黒人に人権が与えられなかったんやろうなぁ
1
ゆゆ @yuyu_news 2019年11月7日
賠償に使う資金も「白人だけが稼いだお金」ではないだろうしね。
2
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2019年11月8日
勉強になったけど、私がアメリカ国人の視点を全く持っていないせいで、迂闊に賛同も否定もできない。アメリカ人についてもっと詳しくなる必要が有ると感じた。
0
aqp1 @aqp114 2019年11月12日
現行の問題ならともかく昔起きた先祖の問題を、なぜ子孫が対応せねばならないのか?罪は世襲ではない。 だから被害者ではない人間と加害者ではない人間がいるのに、そこに金のやり取りが発生するのは意味不明。
0