2020年3月5日

「ほめる」は自己肯定感を損ねる

自己肯定感を高めるには「ほめる」ことが大切だと信じられていますが、実は逆かもしれません。
73
shinshinohara @ShinShinohara

「ほめる」ことは自己肯定感を高めると信じられています。子育て本や部下育成本にもそう書かれています。私も最初の本ではまだ整理しきれておらず、「ほめる」という言葉を使っていたのですが、2冊目から、意識的に「ほめる」を避けるようにしています。むしろ自己肯定感が失われてしまうためです。

2020-03-05 18:59:43
shinshinohara @ShinShinohara

「ほめる」ということは、ある種の「期待」を伝えることになります。努力してほしい、毎日勉強してほしい。すると、努力しない僕は、毎日勉強しない私は、果たして愛してくれるのだろうか?肯定してくれるのだろうか?という不安が生じます。ほめるから自己肯定感が失われる逆転現象が起き得ます。

2020-03-05 19:01:30
shinshinohara @ShinShinohara

「結果をほめるのではなくプロセスをほめよう」と、子育て論でも部下育成論でもよく指摘されています。しかし、結果でなくプロセスをほめるにしろ、自己肯定感が失われかねません。いつも努力する自分、毎日勉強する自分でないと認めてもらえないのでは、という裏のメッセージが伝わるからです。

2020-03-05 19:03:26
shinshinohara @ShinShinohara

自己肯定感とは、あるがままの自分を認めることができる感覚です。努力しなくても、勉強しなくても自分は自分であるだけでいいんだ、この世に生まれてきてよかったんだ、生きていていいんだ、と思える感覚です。しかし「ほめる」と「期待」が伝わり、期待通りでない自分は否定された気になります。

2020-03-05 19:04:57
shinshinohara @ShinShinohara

ですから、私は、子育てにしろ部下育成にしろ、「ほめる」必要はないと考えています。「期待」していることが伝わらないようにするためです。「期待」というマインドセット(思枠)を抱いてしまうと、どうしても期待通りにならなかったときにガックリ失望します。そのことが子どもや部下に伝わります。

2020-03-05 19:06:25
shinshinohara @ShinShinohara

「期待」しない方がよいわけですが、「期待しない=見捨てる」と誤解されがちです。「あなたにはもう期待しない」という言葉は、「あなたは私の心の中で見捨てることにする」という意味になります。こんなことをしたら、自己肯定感どころではありません。

2020-03-05 19:07:54
shinshinohara @ShinShinohara

では、どのようなマインドセット(思枠)がよいのでしょうか。「あなたが生きてくれているだけでうれしい、存在するだけで楽しい」という思枠を胸に抱くと、「期待」せずにすみ、しかも、自己肯定感を子どもや部下に保障することが可能になります。

2020-03-05 19:09:23
shinshinohara @ShinShinohara

さて、ここで問題。これで自己肯定感が確保できるわけですが、このままだと努力しなくなります。そう、実は、自己肯定感は、努力する理由になりません。自己肯定感は、努力する気力、意欲が湧くようになるための土台、地面ですが、自己肯定感があるから努力するか、というと、そうではありません。

2020-03-05 19:10:53
shinshinohara @ShinShinohara

努力する子ども、部下を育成するには、自己肯定感だけでは足りません(ただし自己肯定感は基礎として不可欠!)。その次のステージが必要です。それは自己効力感です。自分が能動的に動くことで、何事かが変化した、と感じられる感覚のことです。

2020-03-05 19:12:16
shinshinohara @ShinShinohara

この自己効力感を高める接し方はなんでしょうか。私の現在の仮説では、二つ。「驚き、面白がる」こと、「頑張りすぎないで、無理をしないで」と声をかけること、です。 あるがままのあなたでよい、という「思枠」を基礎におくと、興味深いことがおきます。「驚く」ことがたやすくなります。

2020-03-05 19:14:04
shinshinohara @ShinShinohara

あるがままのあなたでいいのに、こんなことしてくれるなんて!え!宿題やったの?そこまでしなくていいのに!手伝ってくれるの!なんて優しい子なの!驚きの連続。すると、子どもは得意満面。子どもは、親を驚かせるのが大好きだからです。そして、驚かせるのが好きなのは、大人になっても。

2020-03-05 19:15:34
shinshinohara @ShinShinohara

平常状態の「あなたでも好き」だからこそ、平常ではない努力や工夫を見たとき、私たちは素直に驚けます。驚くと、子どもは(部下は)もっと驚かせようと企みます。工夫すること、努力することが楽しくなります。

2020-03-05 19:16:52
shinshinohara @ShinShinohara

さて、ここで必要になってくることがあります。「頑張りすぎないで、無理をしないで」と声をかけることです。いくら子どもが、部下が、工夫や努力を重ねることが楽しくなってきたといっても、人間なのだから疲れます。休みたくなるときもあります。気晴らしもしたくなります。それが人間です。

2020-03-05 19:18:01
shinshinohara @ShinShinohara

そんなとき、「頑張りすぎないで、無理をしないで」と声をかけられたらどうでしょうか。「そうか、自分のことを、体を壊しかねないほど頑張っていると認めてくれているのか」と、裏のメッセージを嗅ぎ取ります。それが誇らしくなります。そして、休むことに気がとがめなくなります。

2020-03-05 19:19:38
shinshinohara @ShinShinohara

「頑張りすぎないで、無理をしないで」という言葉は、「ちょっとは休みなさいよ」という裏のメッセージが伝わります。だから、休むことは積極的な意味を持ちます。休んだり気晴らししたりすることを、肯定的に捉えることができます。それでいて、努力することは「驚かせる」楽しみであり続けます。

2020-03-05 19:20:53
shinshinohara @ShinShinohara

「ほめる」は「期待」が伝わるからやめること。「あるがままのあなたでいい、そんなあなたが大好き」というマインドセット(思枠)を抱くこと。その上で、子どもや部下の工夫や努力に「驚く」こと。そして、「頑張りすぎないで、無理をしないで」と声をかけること。

2020-03-05 19:22:27
shinshinohara @ShinShinohara

思考のフレームワーク(思枠)次第で、自分も相手も、行動や思考が大きく変化します。私たちは、感情や思考の組み立てを「思枠」の中で行うためです。だから、言動を改めたいなら、言動そのものを改めようとするより「思枠」を改めた方がうまくいきます。「思枠」がそのままだとうまくいきません。

2020-03-05 19:24:11
shinshinohara @ShinShinohara

四冊目の本「思考の枠を超える」は、私たちの思考と行動がいかに「思枠」に縛られているかを解き明かし、それをいかに改善するかを考えてみました。ビジネス書として発刊しますが、子育て本としても役に立つよう、気を配りました。よろしければごらんください。 amazon.co.jp/%E6%80%9D%E8%8…

2020-03-05 19:26:51
shinshinohara @ShinShinohara

「期待」することの弊害は、拙著「子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法」でも詳しく紹介しています。子育てに関心がある方は、こちらを読んでいただいたほうがより適しているかもしれません。 amazon.co.jp/%E5%AD%90%E3%8…

2020-03-05 19:29:14

コメント

幻夕貴 @youkimaboroshi 2020年3月5日
100人の子供に100通りの子育てを。
4
Kongo @kongo_kirishima 2020年3月5日
ありの〜ままの〜  褒めることで伸びる子には褒めてあげたら?
1
テスラ @hz0tPOjtCcJmL1b 2020年3月6日
頑張ったら「頑張りすぎないで」、休憩したら「努力しろ」。「ああ、この人は何をしていても満たされることがなく、何か言いたい、自分を否定したいだけなのか」と疲弊し、適度に否定される余地を残す努力をするようになった青春時代。
4
shinshinohara @ShinShinohara 2020年3月6日
youkimaboroshi そう。それぞれ。ただ、植物はサボテンも蓮も水がないと生きていけないことは共通しています。水やりの加減はそれぞれでも。共通するところがあることは言語化しておいた方がよいです。そうでないとサボテンでも枯らしてしまう。
1
Hacchi @2mocccck 2020年3月6日
ShinShinohara 「褒める」が「水をあげない」ほどのクリティカルさを持つかは疑問の余地がありますね。褒めたほうがどんどん伸びる子もいるでしょうし、あなたの言う通り褒められたら身動きが取れなくなる子もいると思います。僕の思う「水をあげない」ほどのタブーは「方法論に固執する」ことです。「子供が健やかに育つ」というのがゴールであって「正しく育てる」のはゴールではないはずだからです。
18
しろねこ1982 @shironeko1982 2020年3月6日
まあ自分がそういう立場になったら好きなように実践しろとしか この方は本を書いてる人で実践しているわけではないのね
3
charoko。 @korohida1970 2020年3月6日
誉められようとしない代わりに親や先生を驚かせるために気を引く方法を考える子どもになってしまうのでは…。 子どもの話を特別なリアクションをせず聞いてあげるのが大事なような気がします。
3
おりひか いくお @Orihika 2020年3月7日
※「ほめ」を含まない、バカボンパパの「これでいいのだ」が良いのかもしれない。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年3月7日
部下にしろ子供にしろ単一の性格ではないので、本でもネット情報でもうのみにしてそのまま当てはめようってのは危険。 本やネットの先の人物は今の自分の相手(子供とか部下とか)を直接見たわけではないんだ
0