漫画家・押山雄一先生が「中国の漫画家志望者に日本式マンガのセミナー」を凝縮した書籍発売。武漢、上海、天津などの思い出を語る展開へ

飯ネタも面白い。
マンガ 授業 武漢 押山雄一 漫画家 セミナー 中国
26
押山雄一 @oshiyanyan

中国で日本式というより俺式の漫画の描き方を教えています。代表作:あばれ花組(月刊少年ジャンプ) TWO-TOP(週刊ヤングジャンプ) バイプッシュ(パチスロ7Jr.)

ameblo.jp/oshiyanyan/
押山雄一 @oshiyanyan
発売開始しました!! ヤーシャン漫画セミナー!! ま、これが中国、翻漫画で連載していた作品ですので、もし気に留めてくだされば是非お買い求めください。 どこぞの漫画教室のような画力高めよう!綺麗な着色をってな専門的な事はほとんどない!w amazon.co.jp/dp/B086BQZ36G/…
リンク Wikipedia 押山雄一 押山 雄一(おしやま ゆういち、1964年2月2日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身、血液型A型。代表作に『あばれ花組』、『TWO-TOP』など。 1985年、「私立東湘高校サッカー部」が「おしやまゆういち」名義で第29回手塚賞佳作受賞。1987年に『あばれ花組』(月刊少年ジャンプ)で連載デビュー。
制作過程
押山雄一 @oshiyanyan
ヤーシャン漫画セミナー表紙完成!、、ってセンスねええええ!!!(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙; ┳┳ヾ。私はタイトルやレイアウトは専門のデザイナーさんに丸投げなもんで、こういうの苦手なのよ。後で差し替えられるかしら?Kindleにて近々に発売予定。 pic.twitter.com/tyLP2Vj536
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
表紙リテイク版。どこかで見たようなデザインになっちまっただ(T . T)。まだまだ修正しまくる。 pic.twitter.com/bOipzQ9Fml
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
表紙修正第三案!clip studioで画像探すのが面倒になり文字だけにしてみた(^ω^) pic.twitter.com/w66J5J5ADU
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
ここまでこぎつけた!72時間後に発売、、、出来るかな((((;゚Д゚))))))) pic.twitter.com/rTZILz3QW4
拡大
拡大
拡大
中国セミナーの思い出
押山雄一 @oshiyanyan
2012杭州夏天島セミナー。ここが最初の中国セミナー。お世話になったジャンプの元編集さんからの紹介で行ったけど、、死ぬかと思った。2週間ほぼ寝れない。アドレナリン全開で明け方まで睡魔がこない。気が付いたら授業開始。教えるのも初めてだし、漫画家って人前に立つのも慣れてないし(^◇^;) pic.twitter.com/Hl98XlpfGb
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
寝れないから寝酒、でも寝れずにそのまま授業の悪循環の2週間でした(^◇^;)。いきなりのセミナーで中国全土から数千人規模の応募者から選抜された選りすぐりの漫画家志望者に教えるってのもシャレにならない。むっちゃ上手いw pic.twitter.com/LN6xH2LJI0
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
2013天津アニメーションパークセミナー。いきなり許可とってないと思われる銅像がお出迎えw。北京から車で現地に向かったが、途中黄砂に襲われる洗礼も(^◇^;)。中国でかい!でかすぎw。飯食いに行くにも車で30分以上かけて移動(^◇^;) pic.twitter.com/NiHHpYTn82
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
天津セミナーは比較的初心者から中級者クラスの生徒ばかりだが、人数が30人くらいで少しは楽でした。教える事はアナログ技法ばかりでしたが、まだ2回目なので教えられなかった事が多々ありまくり。なんか顔がお尻のしんちゃんがいた(^◇^;) pic.twitter.com/lplISETCvO
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
2015杭州翻翻セミナー。2ヶ月に渡っての長期セミナーだったのでビザ申請を香港でしてから中国入り。のはずが超巨大台風直撃!飛行機はタッチダウンに失敗して隣のおばちゃんはお経やら念仏を唱え始めるわ、ここで降ろせと立ち上がって騒ぎ始める客も出始めるわ、顔面蒼白の新人CA。パニック映画気分w pic.twitter.com/66DkGmod0L
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
漫画家が会社に出勤するように、ここに集まって漫画を描くシステム。私にも個室が与えられてiMacも買ってもらった。Macじゃないとヤダ!と駄々こねたからw。杭州ラーメン。13元くらいだったかな。中国語出来ないから指差してコレコレと注文w pic.twitter.com/DeGs1MGVUc
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
とにかく衝撃的だったのが、この風呂!!中国へ来たなぁ、、と心から実感w。いや、中国人は普段からシャワーのみなので、急遽風呂桶を設置してくれました。共同トイレにですが(^◇^;)ユニットバスのようだし、間違っちゃいないけど、、 pic.twitter.com/9uW6lG6XWU
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
セミナーは最初に初級コース。翌月は上級コースに分けての授業。なんか勘違いされたかのような幼女まで生徒に(^◇^;)。え、えーっと、、うん。困った。模写からしましょうかwと特別メニュー。お婆ちゃんが授業終わるまで毎日横に付き添ってました。パズルしてたw pic.twitter.com/xfSfWnbODs
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
上級コースはみんな女!女!女!ハーレム!生徒の男は1人のみ。、、、の男だけがこの後、新星杯という中国の漫画賞を受賞しましたw2ヶ月間という長期のために日本食が食いたくなるだろうとカレー粉を持参。自分だけで食おうと思ってたのに、生徒にほとんど食われた(T . T) pic.twitter.com/afhtBrCDd9
拡大
拡大
拡大
Demonio_strada @Demonio_strada
@oshiyanyan ああ、カレーの文化がないから珍しいんですかね?
押山雄一 @oshiyanyan
@Demonio_strada でも武漢へ行った時に宅配のチキンカツカレー食いましたw。あることはあるみたい
Demonio_strada @Demonio_strada
@oshiyanyan 確かにスパイス的なものは薬膳でありそうですね
押山雄一 @oshiyanyan
中国の漫画の考え方も理解できた。画力最重視!(^◇^;)。ネームの背景のチェックをお願いしますと言われ、ネームの背景なんてチェックするもんじゃないよと断ったが、どうしてもーと言われ見たら、下描きやん(^◇^;)。ネームじゃないやん!ここまで手を入れたのを修正する気ないだろというくらいの密度 pic.twitter.com/zs1xR6Hvkr
拡大
拡大
拡大
拡大
押山雄一 @oshiyanyan
とにかくネームは修正を前提に描くので、細かく時間かける必要ないー!と。絵が上手ければ漫画家になれると思ってる人が多く、編集さんも画力だけを重視してて構成とかのチェックはまるで出来てない。今の日本のような漫画を、、と思ってるんだろうけど、80年代のジャンプを目指した方がいいのに。 pic.twitter.com/ZHFUgpCftN
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(80)

コメント

押山雄一 @oshiyanyan 5日前
同人誌すら作った事がないので、セリフのフォントなどがお見苦しい点もあると思いますが、自分で製作した初めてのKindle本です。 是非漫画家志望の人たちの目に止まるよう願っています。 こうすれば漫画家になれる、などいう甘い事は描いていません。 むしろ漫画家の厳しい面を知ってほしく、作画スケジュールなどもお題目に入っています。 画力ばかりが上達しても、アシスタント止まりで漫画家にはなれません。 プロに必要な資質というのは、漫画以外の経験値が重要になってきます。
押山雄一 @oshiyanyan 5日前
漫画家によって描き方、考え方が違ってきます。ここはカケアミで処理すると学校で習ったのに、アシスタント先ではトーンで処理してくれ。ベタで処理してくれと様々。またある所では、背景の線は定規を使わずフリーハンドで描かせる職場もあります。そういう意味で、何が正しいというのがないのがプロの世界(^◇^;)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする