10周年のSPコンテンツ!

大塚志郎先生のこれから漫画家を目指す人へのアドバイス

竹書房月刊誌「キスカ」で「漫画アシスタントの日常」を連載している大塚志郎先生が、自らの体験を元にこれから漫画家を目指す人へアドバイスしたツイートをまとめました。 ※現在は大塚志郎先生のつぶやきのみをまとめています。 ※このまとめの続きを別の方がまとめていらっしゃいます。合わせて読んで下さい。 http://togetter.com/li/841452
マンガ 竹書房 大塚志郎 漫画アシスタントの日常 漫画家志望者 キスカ アドバイス
97
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
地方に住む漫画家志望さんにちょっとしたアドバイス。なんとなく東京に来てもムダです。専門学校入学も危険。一人暮らし・学校の学費で二年間で数百万飛びます。漫画で数百万稼ぐのはとても難しいですので、低コストで漫画アシスタントになることを目指して下さい
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
専門学校は半分以上の学生さんが大学で勉強するのは嫌だけど就職も嫌だな〜 まだ学生でいたいしなって理由で通っています。中には真面目な人もいますが。在学中はごまかせてますが卒業後は地獄です。そういう元アシさん何人も知ってますので気をつけて下さい
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
ちなみに僕が志望時代とった方法は、地方でフリーターしつつ漫画作画入門本片手にひたすら月例漫画賞に投稿。入賞が上京の内定と勝手に決めてその日のための資金集めで工場でバイトもしてました。19歳のころです。一年かかりましたが努力賞いただけました。
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
賞をとれれば望めばアシスタント先を紹介してもらえます。ちなみに賞とリ前の投稿時代に何度かアシスタントの話をもらいましたが地方にいる+賞とリ前という理由で最終的に全部断られました。やはり賞とリ+上京はアシスタントになる大きな条件のようだと感じました
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
賞とリ後はアシスタントをはじめる現場は選んでください。選ぶべき現場は『自分より上手い作画現場』『手間のかかった作画原稿』といういかにもキツいところを選ぶ。トーン二重貼りはあたりまえ・背景の描き込みが誌面でトップクラスというところ。くわえてあまり売れっ子じゃないほうがいいです
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
そのあたりの理由は今月のキスカさんの漫画に描いてます。漫画家志望さんに言いたいことは真にタメになるアシスタント現場の倍率はさほど高くないということです。いかにもキビシそうな現場は皆避けますので飛び込んで下さい。そこの先生はなんとかモノになるようにたたきあげてくれます。
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
ただ、修羅場みたいな現場は長くて2年で是非辞めて下さい。体が持ちませんし休日に自分の漫画を描く体力がなくなってしまったら何にもなりません。辞めるか日数をへらしてもらうか、漫画家志望の当然の権利です。奴隷じゃないので。修羅場なら2年で十分作画面はすべて学べます。
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
修羅場で1〜2年働いて作画面を学んだらさっさと辞めてほどほどに有名な漫画家さんの現場を探しましょう。どこにいっても即戦力って実力になってますので重宝されます。そこでユルっと働いて休日は自分の漫画を描く。三年目以降はアシスタント仕事に体力をもっていかれてはいけません。
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
問題は3年目以降ユルっと働くために始めの2年でどれだけ実力をつけられるかです。だからはじめに超シビアな現場に入って技術と精神面を鍛え上げるのです。少ないですが給料ももらえます。学費払って通う専門学校の二年とどちらが価値があるか考えてみてください。学校出てもユルっとは働けません
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
漫画連続投稿のコツの話。漫画が完成して投稿した後に絶対してはいけないことがあります。それは『結果を待つ』こと。投稿した事はすっかり忘れて次の月末の〆切にむけて原稿にとりかかって下さい。そうしないと連続投稿は無理です。なぜならば初投稿はほぼまちがいなく何の賞にもひっかからないから→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
漫画投稿→結果出るまで休憩→結果はボツ→ショックを受けて原稿描けない→長考 になってしまい連続投稿できません。結果が出る頃次の原稿にとりかかっていれば『次こそは!』と噴気しやすいですし、心のよりどころにもなります。没原稿のアドバイス返信も返ってくるまでに時間かかるので待ってはダメ
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
投稿は長丁場戦です。自分に期待してる1作目が気持ちよく描けるのは当然のこと。問題はボツをくらって以降も噴気して描き続けられるかという所です。編集さんのアドバイスを真摯に受け止め取り入れたり作画面の向上なども果たす。それらの成長力を認めてもらえたときに月例の『努力賞』がもらえます
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
漫画の専門学校に通って卒業の時期に駆け込みで原稿仕上げて投稿・持ち込み、結果ボツでめげてフリーターってパターンがめちゃくちゃ多い。たまたまつぶやき見た志望の人は少し考えてほしいなあと。そういう漫画家志望の日常マンガ『漫画アシの日常』は月刊キスカで連載中です、と宣伝〜^^
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
僕の考える新人漫画賞の審査基準。 賞は大きい賞と小さい賞があります。大きい賞とは小学館・講談社・集英社などで行われてる年に一度の漫画賞。少年誌部門・青年誌部門・少女部門などでわけられてる。小さい賞は各雑誌で募集してる月例の漫画賞。この小さいほうの基準の話します→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
賞には努力賞・奨励賞・佳作・入選・大賞 などがあります。一つずつ解析していきましょう。努力賞→二度目、三度目の投稿で初投稿作品にくらべ作画力・コマ割り・ネーム(起承転結や台詞まわし・ネタ)のレベルが向上してるとみうけられるもの。ここで問題なのは前作と比較してる部分です。多少ヘタ→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
→ヘタでも改善・改良されてること。例えば難しい背景やアングルに挑戦してるとか(顔のアップばかりではダメ)話の作り方やネタなどに工夫をこらしてるかなどを見られます。多少できが悪くても改善がみられれば『努力賞』はもらえます。奨励賞はこれの発展系と考えてもらって大丈夫だと思います→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
→佳作くらいになってくると我流では少し厳しくなってきます。ここからは雑誌掲載を考慮されてくるからです。掲載されるということは誌面のプロの漫画家たちと対等の立場で読者に評価されるわけですから、新人ですからと容赦はされません。佳作くらいだと雑誌増刊号掲載などで、他の新人さんたちと→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
→他の新人さんたちに混じって掲載されますが、たいていみんなどこかのアシスタント現場で日頃から原稿に触れてどんどん新しい作画技術など取り入れて画面をよりよくしていってます。佳作はその最低限のレベルかどうかを判断されます。入選・大賞はほぼ誌面に掲載しても遜色無い漫画に完成されてるか→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
→ものです。ここで言いたいのは佳作以上はセンス・実力・運の要素に多少左右されますが佳作までは努力でたどりつけるのです。漫画家志望さんはめげずに持ち込み・投稿を続けてください。あと数カ所に投稿するより一カ所に集中したほうが良いと思います。『持ち込み〜回目』というのは考慮されます→
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
→一番大事なのはめげない心です。漫画賞は完成された漫画の評価だけではなくその過程も考慮された結果で、めげずに続ける姿勢は漫画家に必要な大事な能力なのです 以上。 僕が勝手に考える新人漫画賞の意義と審査基準でした。 誤字・脱字申し訳有りません。
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
昨日長文で載せたアシスタント話が思いのほか評判なのでもう少し思いついた話つぶやいてみます。漫画家志望さんが気になってるアシスタントの給料の事情です
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
ちなみに僕が漫画家志望時代のお金の収支をまとめてみます。高卒後実家でフリーターしながら漫画を投稿。バイトはしてましたが実家にお金は入れてませんでしたので、まあニートです。一年くらいで月例努力賞をいただきまして(一万円)年間の稼ぎはアルバイトこみで30万くらい。生活費は親持ちニート
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
賞を獲ったので東京に上京19歳のころ。家賃は4万光熱費などこみで10万弱はじめの数ヶ月は親が持たせてくれた(ニートしながらバイトでためた)30万でやりくり二ヶ月目くらいでアシスタント先が決まりました。月10日くらいの現場で一日20時間で7000円。月七万円くらいの稼ぎ
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
アシスタント二ヶ月目くらいのころ幸運にも月例賞で奨励賞いただいてしかも増刊号に掲載までされました。賞金と掲載の原稿料で30万円。三ヶ月後くらいに給料が7000円から8000円に上がり、その半年後にまた増刊号に読み切りを載せてもらえまして20万円 年間で140万円でした
大塚志郎-11月24日コミティア当選!U-01a @shiro_otsuka
19歳のころはアシ代で90万 自分の原稿で50万 家賃光熱費が100万ほどなので手元に40万円ほど残りました(仕事中は現場の先生が食事三食食べさせてくれるので大分うく)
残りを読む(50)

コメント

おり @ori_pucchi123 2015年6月25日
まとめを更新しました。 昨日から大塚志郎先生の発言が追加されていますので、加えました。
隠居 @innkyo1971 2015年6月26日
私は画力が全くないので論外ですが(笑)
のがみ @nogami136 2015年6月27日
大塚先生、一見きつい事言っていますが、『修羅場は体力うちにやって自分の限界を知る』(から、あえて、寝るっ! が出来る)や、良い師匠に当たるよう努力する(ウチの新卒上司は、サボリーマンでした…)辺り、何処の業界でも役立ちますね とりあえず、バイト中にクレカ一枚作ると便利かしら
D.D. @m_d_d_b 2015年6月28日
新人アシ日給7千円っていいなと思ったけど20時間とあって「え」ってなった。それで2年後に楽できる力がついたという話だけど,確かに最初の半年使えなかったアシに給料払い続けたと考えると雇う側もすごいか
おり @ori_pucchi123 2015年6月28日
まとめを更新しました。(6/27分の補足発言を追加しました)
おり @ori_pucchi123 2015年6月28日
まとめの中で文中に「>RT」が出ている部分がありますが、このRT発言そのものはまとめに入れなくても影響は無いので省いています。ご理解願います。
おり @ori_pucchi123 2015年6月28日
専門学校の話題で少し盛り上がってきた部分があり、元発言をまとめに入れようかなとか考えながら、今回も見送らせていただきました…まとめるのも難しいですが、余裕があれば専門学校に関する発言は追加したいです。
おり @ori_pucchi123 2015年6月30日
まとめを更新しました。 大塚先生のつぶやきが増えましたので、その部分を加えました。
おり @ori_pucchi123 2015年7月1日
ここでまとめたツイート以降は別の方がまとめてくださりました。こちらも合わせてお読み下さい。 http://togetter.com/li/841452
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2015年7月1日
ありがとうございます。こちらのリンクも合わせて追加しておきます。
ВИК @qb_vick 2017年6月26日
「漫画を描いてメシが食えるようになる」ためのノウハウですね。言わばアウトプットのノウハウ。 この方にはインプットの話も書いてほしい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする