2020年4月21日

川の「ここからヤマメとイワナが入れ替わる」などの生物的な分布が入れ替わる地点には高確率で神社やお堂があるのは何故なのか?

198
すぺすぽん @Iwatekko6969

事実上のマタギアカウント。どうでもいい野の知恵、山の知恵を呟くことを目的とするアカウントです。マタギの他には、地元の岩手のトリビアをよく呟きます。 野遊び/鬼滅の刃/金カム/渓流釣り/野遊び/農業/鍛冶/宗教/野遊び/民俗学/妖怪etc.....。 岩手県南早池峰町在住。

すぺすぽん @Iwatekko6969

誰か研究して欲しいんだけど、大体の川で「ここからヤマメとイワナが入れ替わる」とか「モクズガニはここから先には登らない」という生物的な分布が入れ替わる地点には高確率で神社やお堂がある。 そういう場所には「神様が魚を通せんぼするからその先に魚がいない」とかいう言い伝えがあったりする。

2020-04-20 20:14:15
impersonalsubject @tips_boxes

@OGmk23797 地質もしくは地形に基づく霧の壁的なアレなんでしょうか…地質の境目に神域をつくるのは聞いたことがありますが、生物分布の切り口から見るの面白いですね!

2020-04-20 20:26:02
すぺすぽん @Iwatekko6969

@tips_boxes マジで誰か研究して欲しいんですよ。釣りしてて「おっ、イワナが釣れ始めたか」って思ってふと顔を上げると神社ないしお堂があったことが一度や二度ではないのです。 私、今とんでもない思いつきを口にした気になってます。私が新たな学問、生物民俗学、もしくは生物誌学の祖になるんですよ。

2020-04-20 20:38:56
tgwy @uttwentyone

@OGmk23797 通りすがり失礼。 一説によると、イワナとヤマメの棲み分けの境目は川の水温と勾配によって分かれるみたいで、それ知らない昔の人が神仏の力によるものと思い、恩恵を少しでも授かりたいがために神社や寺を祀ったのかもしれませんね。 自分的には本当に神の見えざる手で分けてて欲しいのですが。

2020-04-21 10:06:26
めあちょん@モフ鉄008 @graceful_world

@OGmk23797 昔生物学の講義で、魚類は種類により生息するのに適した温度や塩分濃度、食物環境が細かく違い自然に住み分けをして生存競争を避けていると聞いた事があります。人には間断なく繋がっている様に見える川も魚にとってはある所で温度や藻の種類が急に変わるとか、全く違う環境になるのかもしれませんね。

2020-04-21 10:39:52
田中 @Xiage_myk

逆に考えたら 生物的な分布の境目に神社や御堂を作ってるのではないか ってことにもなるからどっちにしろ凄い twitter.com/ogmk23797/stat…

2020-04-21 04:26:48

コメント

かにたま大臣 @pokkaripon 2020年4月21日
実際に山に入る人がそう感じているのが面白い!昔の人は微妙な変化を肌で感じ取って、これ以上は人ならざる者の域として祀ってたんだろうな。
14
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年4月21日
ムラの外は異界だった昔は「境目」っつうのをことのほか大事にしてたので 奇妙な一致ではなくそういうところを見極めて置いてたんじゃないかな 特に山怪・水怪には遭遇しやすいだろうしね
71
nekosencho @Neko_Sencho 2020年4月21日
地形的な問題かもしれん。 例えば滝とかは修行場に使われることもあるし魚が遡上しにくい地形でもある  とはいえ、だれかがまじめに研究してくれないかとは思うね、なんかいろいろありそうな気もするし
13
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年4月21日
神社の位置情報に関しては「レイライン」で検索するとちょっとだけオカルトを信じたくなる
1
みやゆう @miyasita_miyayu 2020年4月21日
誰か研究してほしい、とか他力本願なやつが新たな学問の祖となるんですよ、とか言ってて草。自分で研究すりゃいいのに。ノートと鉛筆があればできるだろ。
37
OOEDO @OOEDO4 2020年4月21日
おもしろい着眼点で、研究に値すると思いますがひとこと。「書店に行くとトイレにいつも行きたくなって困るのはなぜか」という問いでは、「書店に行ったがトイレに行きたくならなかった日は印象が薄いので忘れて、行きたくなって困った時だけ印象深いので覚えている」という説があります。「釣れる魚が替わった時に神社があった」も、そういう印象の強さの可能性も。
68
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年4月21日
神社や地蔵は基本的には神域と人の世を分けるためのものですが、地震や津波などの災害に際しての安全境界線を担ったり、大雨の氾濫などで土地が浸水しない安全地帯の証明(逆に水没する場所は多くは墓地に転用される)になるもの、他には長年にわたる係争地の緩衝地帯としての禁則地としての活用があります。釣りなどの際に川岸にあるものはおそらく禁則地の意味合いでしょう
1
wiwaxia @wiwaxia0 2020年4月21日
OOEDO4 書店でトイレ行きたくなるのは青木まりこ現象って名前付いてたりして色んな説があるからなんともいえないけど
8
本田豊太郎 @redhand_doom 2020年4月21日
単純に神社やお堂はどこにでもあるからではないかなと思います。 神社だけでもコンビニより多いと言いますし。
19
山の手 @Yamano_te 2020年4月21日
こうした思いつき自体は大切です。ただ、それっぽいままでは学問にならない。それをフィールドワークで実証するから価値が出るのです。
46
mikaka @michando1 2020年4月21日
OOEDO4 私は図書館やレンタルビデオ店でほぼ確実になるので気のせいではないですね
2
nnouse @nnouse 2020年4月21日
マヤ文明の遺跡をつなげると星座になるという話もあった(後にガセと判明)
0
nanasiyzyz @aabyyz_ 2020年4月21日
単にお堂が多いからじゃね?そこら中にあるからな。 調べた結果、「米国の犯罪者の99%はパンを食べている」になる説
14
秋葉 @akiba0123 2020年4月21日
研究課題としては面白そうだけど、神社やお寺はもともとの場所から移設されているものも多いしなぁ。 もともとの場所を調べたら該当事例がさらに増えるってことになるかもしれないけど。
4
羊毛クマさん @wool_bear 2020年4月21日
夏に山道を歩いている。ある場所に来たら空気がひんやりとして、実に清々しい。何やら気持ちが落ち着く。ふと見れば、そこに祠がある。コレは祠があるから気持ちが良くなるのではなく、昔の誰かもこの場所を「良い場所」と感じて、祀ったということ。そこが動植物のある境界だというのも、ある意味では自然な事だろう。
9
やし○ @kkr8612 2020年4月21日
魚は水流の速いところや逆に淀むところにたまるけどそういう場所は水の事故が起きやすいところでもあるので釣りのポイントに水神さまの祠やお堂があるのは不思議じゃないかも
38
コン蔵 @konzopapata 2020年4月21日
これは本当かも知れないけど、 「ちゃんと研究してみなきゃ正確なことは解らないけど」的な言葉を付け加えれば案外完全な思いつき、嘘も信憑性増すかもって思った。研究してみなければわからないけど
11
クリームソーダ飲みたい @aux71011634 2020年4月21日
よく行く渓流には混在してる。ヤマメが釣れたら嬉しい。美味しいよねー
1
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年4月21日
神様「あのさぁ……イワナ、書かなかった?」
1
tohtetsu @tohtetsu 2020年4月21日
オモシロイ観点ではあるけど、神社や寺が建設された時期と、生物相が現在と同じかの検証も必要だろうなあ。
16
tohtetsu @tohtetsu 2020年4月21日
あと山間の神社は、そこが人間の入れる限界点であることも多いから、そこから先は人が入っていない=自然が残る=生物の棲み分けが起きる、みたいな理由もありそう。
5
ビーフジャーキー @_beafJerky 2020年4月21日
岩魚が渓流より山の神の領域っぽい源流寄りの冷水好きって考えるとわかるようなわからないような?
0
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2020年4月21日
https://togetter.com/li/1255638 このまとめの「円山に登って記録付けてたただの市民」さんくらいサンプル集めてからならワンチャン…?
8
かつまた☆いさ(レディ女児ィ📛) @kamiomutsu 2020年4月21日
たぶん単に魚ではなく水流とかの関係で水難が多いとかそっち系という気はするね。魚が違うからといってお堂は作らないでしょ。
1
Ukat.U @t_UJ 2020年4月21日
まずは本当に確率が高いのかというところからだよ。
3
田中幹生 @maniaxpace_mt 2020年4月21日
どこにでもあるといえるほど無いぞ田舎は。実家の近辺は加賀からの移民が来るまで湿地もしくは浦だったから歴史が浅く神社も少ない。設置してあるからにはそれなりの理由がある。
6
hizen31415 @hizen31415 2020年4月21日
イワナとヤマメが入れ替わる場所にお寺を建てたのでは?
0
山猫太智 @yama3daiti3 2020年4月21日
レファレンスとして調べてみたい
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年4月21日
道祖神でも祠でも社でも、岐路や境にあるソレは「ヒト(サト)の領域」を示すためのものでもある イワナは時に坊主に化けて釣り人の気を逸らそうとするが基本害を及ぼさない
0
kartis56 @kartis56 2020年4月21日
信仰などの理由で頻繁に人が通るところでないとお堂とか作らない。そこまでは人が来ていたという痕跡だろうね。それと魚の分布が一致するかどうかはわからんけど
1
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年4月21日
地質や地形の変化で川の流れが変わったり、支流が流れ込んだり、逆に分かれたり、色んな要因で水難事故が起きやすい地点にお社が作られたりするんじゃねえかな。で、川の生態系もそういう場所で変化が起きやすかったりするんじゃねえかな。知らんけど。
4
mr_harlock @mr_harlock 2020年4月21日
渓流に生息する魚でもヤマメ・アマゴは割と水量と流れのあるところを好のむ印象、イワナは岩陰とか流れの緩んだところから出てきて釣れる印象がある。水量、水温、流速、水の中に溶け込んだ酸素の量とかの関係じゃなかろうか?そしてそこにたまたま人が神社とか祠とかを作っちゃった、みたいな?
1
001377 @PFS001377 2020年4月21日
ここから登りがきつくなる平地か登り終わった平地にお堂が建っただけじゃないか?
0
本田豊太郎 @redhand_doom 2020年4月21日
tohtetsu http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/tnn/tnn0749pdf/ks074908.pdf この資料では温暖化で川の水温なり流量なりが変わると書いてありました。ヤマメは狭温性なので、温暖化がわりと生息域に影響するのではないかと思います。
1
うまを @U_magical 2020年4月21日
寺社仏閣立てる時の土木工事で環境がかわったからでないの
2
@11kn21 2020年4月21日
これはバイアスだと思う。
5
う"るすと @wurst2081 2020年4月21日
「生物的な分布」なんて言うからちゃんとした調査データでもあるのかと思ったら素人の釣果の感想でズッコケた
2
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2020年4月22日
OOEDO4 バイアス説あったんですね。存じ上げませんでした。個人的は人間しっかり取り組みたい事柄を前にするとそうなる事が多いので、書店で真面目に本を選ぶ人ほど行きたくなるんじゃないかと勝手に思ってました。
0
アサイ @poplacia 2020年4月22日
ヤマメとイワナには「繁殖・再生産のために海との行き来を必要とするか否か」という大きな差があるので、分布域が分かれるところには滝がありがちです。 …というような話を続けてツイートしてみました。 https://twitter.com/poplacia/status/1252546563705987080
1
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 2020年4月22日
poplacia ちょっと教えて頂きたいんじゃが、ヤマメは降海が「必要」というのはどういう意味じゃろうか?両者とも陸封型だと思ってたんじゃが。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年4月22日
まあ、いろんな「説」はコメント欄に並んでるけど、「調査研究した結果」は一つも無いので、研究してみる価値はあると思いますよ。 
1
アサイ @poplacia 2020年4月22日
PMBeard ご承知のとおりヤマメはサクラマスの陸封型をさしますが、多くのヤマメは母川回帰したサクラマスに混じって産卵するので「ヤマメが安定して再生産している=サクラマスが遡上できる」環境と言ってよいでしょう。イワナも(特に北海道のアメマスは)降海・遡上して産卵しますが、本州では海と行き来せず閉ざされた環境で再生産するほうが多いかと思います。わかりづらい書き方ですみません。
1
funpan @funpan2015 2020年4月22日
水のあるところには道や里ができやすくて神社やお堂もできやすく、渓流の生物の分布の変わり目にも水がある場所ゆえに神社等がある、みたいな結果になったりして。
0
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 2020年4月22日
poplacia なるほどじゃ。ということは魚体の大きい遡上サクラマスをイワナが避けることで棲み分けができてるのかもしれんのう。勉強になった。感謝するぞい。儂の知識はほぼ釣りキチ三平からじゃったからな。
0
花井 @OritaTk 2020年4月22日
ヤマメもイワナもいない土地にも高確率で神社はありますけどね。
2
わたとか(腑熔) @w4tka 2020年4月22日
庚申塔や道祖神、馬頭観音や地蔵を追うのを趣味のひとつにしています。気をつけて街を歩いていると専門性の高い地図にも未掲載のものを発見できるほど数が多く、把握しきれません。生態のコントラストが高いところにも低いところにも様々な理由で存在します。
4
kartis56 @kartis56 2020年4月22日
単にお堂がある、だけじゃなくて祭神が何かまで言わないとあんまり意味ないよね。山岳信仰だと山の神を上から下ろしてくるけど、川の神なら人と川の関係性で祀られるから人が居るほうに作られる
0