『未来少年コナン』を観て、宮崎駿の「原作改変グセ」をもう一度考えてみた。

宮崎駿の監督デビュー作、『未来少年コナン』が再放送されていますが、それをきっかけに「宮崎駿は、なぜ原作をいつも大胆に変えてしまうのか?」をちょっと考えてみました。(セルフまとめです)
218
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

『未来少年コナン』。初めて観る人は、今の基準で観ると少しテンポが遅く感じるかもしれないが、じっくり語る長編ドラマだと思ってお付き合い下さい。 宮崎駿の監督デビュー作にして、「宮崎駿の全てがここにある」と言っても過言ではない名作TVアニメ。 www6.nhk.or.jp/anime/topics/d…

2020-05-03 18:54:31
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

『未来少年コナン』の第1話で、残され島に武装して現れた連中に「お前達はまだこんな事をやっているのか!」と憤るおじいに対して、モンスリーが「戦争を引き起こしたのはあの時大人だったのは貴方達じゃないの」と反論するシーンが話題になっているが、これは1941年生まれの宮崎駿の魂の叫びなのだ。

2020-05-04 01:04:56
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

デビュー作『未来少年コナン』から宮崎駿の「原作軽視」の在り方は明らかだった。宮崎駿はアレグザンダー・ケイの原作『残された人々』を「好きじゃない」と語り、ほぼ全否定。ほとんど「宮崎オリジナル」と言って良い作品になっている。しかし…骨格(アイデア)は原作なのだ。それが問題なのである。 pic.twitter.com/l13nEebSAW

2020-05-03 19:09:47
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿は「原作から核(骨組み)だけ貰い、むしろ原作を批判的に検証しながら膨らませる」ことこそ、あるべき「映像化」だと考えているのではないか?と思う。 高畑勲はそうではないので、これはジブリというより宮崎駿の「創作の本質」に関わる。単純な否定や肯定ではない検証をするべきだと思う。 twitter.com/woody_honpo/st…

2020-05-04 07:33:03
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

『未来少年コナン』は宮崎駿が原作を批判的に膨らませたからこそ名作になった。宮崎駿のルパン三世や「魔女宅」「耳をすませば」「ハウル」等のジブリ作品にはその傾向がある。「原作を尊重してそのまま映像化」する気が最初からない。これは通常は否定されることが多い態度だが、それが成功している。

2020-05-04 08:00:03
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

これは宮崎駿の創作の出発点が東映動画だからだろう。そこでは「世界の名作」が批評的に検討され、脚色されるのが当然だった。そしてそれは、ディズニーが作り出した方法論でもある。ディズニーは今でもそれをやっているが、しばしば「世界の名作の成果を、商業主義が簒奪している」と批判されて来た。

2020-05-04 08:57:49
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿の「問題点」は、その方法論が過去の名作だけではなく、作者が現役の必ずしも有名ではない作品にも適用されることであり、更には、その方法論が(ある意味で原作以上に)面白い作品を生んでしまうことだ。 しかし、いくら批判的でも、原作がなければその物語は存在しなかったことも事実なのだ。

2020-05-04 09:05:23
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

だから、宮崎駿に映像化された原作者は、その成功により恩恵と屈辱を同時に味わうという複雑な状況を生んで来た。モンキー・パンチが宮崎駿のルパンに「あれは僕のルパンじゃない」と違和感を表明していたのは有名だが、角野栄子等の他の原作者にも、同じような葛藤があったのではないかと推察している

2020-05-04 09:16:54
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「カリオストロ」のルパンは心優しい正義漢で、モンキー・パンチのイメージする冷酷な犯罪者でもあるルパンとは異なる。だから宮崎版ルパンのイメージが広がることにモンキー・パンチは拒絶反応を示したが、一方で「カリオストロ」によってルパンというコンテンツが延命した現実も、彼は認識していた。

2020-05-04 09:36:31
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

モンキー・パンチが自ら監督した長編アニメ「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」は、嫌っていたはずの「カリオストロの城」を強烈に意識した作品だった。「カリオストロの城」の語り直しにすら見える。モンキー・パンチの、宮崎版ルパンに対する複雑な心境が浮かび上がり興味深い。 twitter.com/woody_honpo/st… twitter.com/woody_honpo/st…

2020-05-04 09:53:15
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿は「原作を批評的に大胆に改変する」自らのスタイルに自覚的で、しかも、それを悪い事だとは思っていなかった。むしろ、それこそが「創作の宿命」だと考えているようだ。 『もののけ姫』のメイキングで、ジブリの若手に「無名の原作のアニメ化」をレクチャーする際も、その方法論を説いている。

2020-05-04 10:07:02
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿には時々「パクリ疑惑」のようなものが囁かれたことがある。宮崎駿は影響を受けた作品の要素を自作に採り入れることがしばしばあるからだ。(それも直近に触れた作品だったりした) 私は、宮崎駿の「原作改変グセ」と「パクリ疑惑」は同じ思想的ルーツから生まれたものではないかと考えている。

2020-05-04 10:25:33
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿の「創作はバトンのリレーのようなもの。ただ、バトンが自分の中で変化して受け継がれていく」という言葉にその思想が現れている。「純粋な『無からの創造』などない。影響し合うのが創作。ただ、それが単なる真似や剽窃ではなく、自分なりに取り込み再創造したものなら良い」という意味だろう。

2020-05-04 10:35:19
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

但し、これは非常に評価の難しい微妙な問題でもある。宮崎駿はそれで素晴らしい傑作を生み出したが、似たような方法によった作品の多くは「原作の改悪」「単なるパクリ」と批判されて来たからだ。「私達の99.9%には宮崎駿の才能がない」という冷徹な壁があるのだ。 自分の中でもまだ結論は出ていない。

2020-05-04 10:50:25
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿の原作改変グセから、相米慎二を思い出した。相米慎二は現場で役者を演出している過程で脚本がどんどん変わり、当初の脚本とまるで違う話にしてしまった。それで脚本家に批判されたが「でも、最初の脚本がなければ俺の作品は生まれていない。脚本を否定してる訳じゃないんだ」と語っていた。

2020-05-04 11:09:36
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

相米慎二にとって最初の脚本は想像力を喚起する触媒であり、それを元に役者を演出すると「こういう奴だったのか」「コイツはこんなセリフを言わない」と世界が広がっていく。それが彼の創造なのだ。結果としてまるで違うものになってしまうが、相米慎二を刺激する出発点としての脚本は必要なのだろう。

2020-05-04 12:23:47
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

この相米慎二の「現場で物語を作り上げで行く」演出法は、宮崎駿の原作改変グセだけでなく、ストーリーの概要だけで詳細な脚本を書かずに、直接絵コンテを描き進めて行くスタイルとも繋がっていますね。 「作ってみないと分からない」 2人とも、アドリブが得意なジャズプレーヤーのような作家だ。

2020-05-04 12:30:05
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

ジブリ以降しか知らない若い人には「宮崎駿はストーリーテイルが苦手」というイメージがあると聞いて、なるほどなぁと思った。宮崎駿は最初は映像以上に、井上ひさしが「日本人離れしている」と絶賛し山田太一が「勉強になる」と評したほど、構成力のある優れたストーリーテラーとして評価されたのだ。 pic.twitter.com/o9YBLrQ0NU

2020-05-04 13:21:18
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

それがある時期から、特に『もののけ姫』以降、ストーリーの構成や整合性を意識的に捨ててしまうようになった。若い頃は否定していた筈のイメージや思い入れを重視した作風に変化したのだ。 『未来少年コナン』の頃の宮崎駿がジブリ後期の作品を観たら、ボロクソに言うのではないか?という気がする。

2020-05-04 13:32:16
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿は黒澤明を尊敬していたが、物語性の希薄な晩年の作品については「老人の美学は分かるけれど…」と批判的だった。 しかし、宮崎駿本人の作風が、次第に「晩年の黒澤明みたい」になって行ったよね。(観客に理解して貰うことを気にしなくなったという意味で) 興味深いなぁと思う。

2020-05-04 13:46:10
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

スティーブン・スピルバーグは、あるインタビューで「あなたは若い頃より成長したと思いますか?」と聞かれて「人は歳をとると成長するのではなく大胆になるのだと思う。僕の初期の作品は、客観的に見て今の僕よりも優れている。でも、歳をとると、若い時より失敗を恐れなくなるんだよ」と答えていた。

2020-05-04 13:57:50
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

ディズニーが世界の名作を「今のエンタテインメント」に改変することが以前は「商業主義」と批判されて来たけれど、最近は、ポリコレ的観点から「世界の名作の古い価値観」を「正しく改変」するのは良いこと、と論調が変わって来ましたよね。 twitter.com/woody_honpo/st…

2020-05-04 16:04:28
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿の原作改変グセについて、「映像化するなら脚色(特に小説から映像の場合)は当然」という感想を見かけました。しかし、通常の脚色は「原作を映像として活かすため」なのですが、宮崎駿はしばしば原作の思想やキャラクターの根本を「こうあるべき」と変えてしまうのです。しかも、説得力がある。

2020-05-04 17:09:34
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

脚色というのは「小説から映画」「漫画から映画」といった異なる表現形式へ、原作の本質を(なるべく)そのまま変換しようとする行為なのですが、宮崎駿的改変(別に宮崎駿だけではありませんが)は、原作の方向性の改変であり、原作の一部を利用して自分の話を語る「二次創作的」な行為なのです。

2020-05-04 17:24:03
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

作品の思想的な本質を改変するという意味では、宮崎駿的改変は、近年流行の「ポリコレ的改変」と似ているところがあります。 しかし「ポリコレ的改変」が多くの場合、何だか鬱陶しいのに対して、宮崎駿的改変は面白いという違いがあります。 宮崎駿の才能がオセロのように黒を白に変えてしまうのです。

2020-05-04 17:30:49
残りを読む(14)

コメント

kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年5月4日
( ×H×)y-~~「ガリバーの宇宙旅行」でのラストシーン変更とかも同じ文脈で見られるかも。
2
Yeme @yer_meme 2020年5月4日
角野栄子も制作が進むと否定的になったって話があったっスね。
34
ヒジャチョンダラ @citabow 2020年5月4日
原作改変でも観客としては「面白ければそれで良い」かなあ、場合に依っては二度楽しめることもあるし。当然にツマラナイ場合はこの限りじゃあないね『ゲド戦記』とかさあ……(個人的な意見です)。
47
瑞樹 @mizuki_windlow 2020年5月4日
ルパン三世のアニメに関しては、主演の山田康雄さんが「人殺しはさせて欲しくない」ってスタッフに頼んだって話もあるらしいけどね。青春ラジメニアってラジオに山田康雄さんがゲストに来たとき、そういう話をしてたのをうっすらと覚えてる(同時に「レギュラーの誰か一人が演じられなくなったらもう作るのはやめて欲しい」って話をしたのも覚えてるのでクリカンルパンを未だに受け付けられないで居るw)
17
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年5月4日
壮大な二次創作、「クリエイティブとは+アルファを付け加えること」かな。
3
ニートその3 @apribi 2020年5月4日
ファンはそりゃ好意的に受け止めるだろうけど、やってること相当なクソやんw
109
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2020年5月4日
原作クラッシャーとして押井守・今川泰宏監督の名前はよく上がるけど、宮さんの名前が上がらないのはずーっと不思議だったんだよね。ディズニーの原作クラッシュ(健全な子供向けすぎる内容で毒気を抜かれすぎる事)は資本主義への批判の代替えとして利用されてるきらいがあるが。
85
K山、 @henzanryou 2020年5月4日
ここぞとばかりに"六神合体"を引き合いに出したいところだが、そういう安易な真似は止めておく。原作改変の成功例ではあるが。 .
7
marumushi @marumushi2 2020年5月4日
パヤオに関してはまあそうかなと思うけど、「おもひでぽろぼろ」を東京の独身OLが山形の農家へ嫁にいく話にした高畑勲が「それはない」はないw
31
CD @cleardice 2020年5月4日
「原作:〇〇」と「〇〇のアニメ化」では期待するものが微妙に異なるというのもあるんじゃないかな
37
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年5月4日
citabow ( ×H×)y-~~ボクの世界線ではそもそも駿に息子はいません。
5
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年5月4日
( ×H×)y-~~ただまあ「残された人々」自体はダークで辛気臭い話なので改変は不可避だったかもなあ…
9
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年5月4日
宮崎駿は自分が原作の作品(ナウシカ)でも改変しちゃうからなあ。
24
み(Togetter) @Togetter11 2020年5月4日
JINも原作改変すさまじかったけどもう別作品という感じで名作に仕上がったんだよなあ
8
み(Togetter) @Togetter11 2020年5月4日
nobuo_kimura 押井と比較して見ると希望を求めるような改変に関しては許される余地が広くなると仮定出来る?
1
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年5月4日
Togetter11 ( ×H×)y-~~当時のNHKで企画通すとしたら、こういう形しか無かったのかなと思わなくもない。
1
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年5月4日
( ×H×)y-~~読み直してみて「高畑勲はそうではない」は無いよな…母をたずねて三千里はどうなるんだよ、みたいな。
23
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年5月4日
小説が小説として面白い要素と、アニメがアニメーションとして面白い要素は必ずしも一致しない。アニメ化した時に小説の細かい描写や設定がどうしてもノイズになる部分は改変してしまったほうがいいっていうのはあると思うよ。 結果原作者を傷つけてしまうという倫理上の問題が残るけど。
40
Holten @Holt800 2020年5月4日
押井監督の支持者も、原作はどーでもいいよみたいな人が多いだろ。結局「面白いと思ったかどうか」やろ
7
@maryallyman 2020年5月4日
誰がなんと言おうと私は原作の耳をすませばの方が好きだし至高だと思っています。
49
すらーく @slarq 2020年5月4日
そもそも自分を含めた一般の人は、ジブリ作品ってオリジナルだと思ってる人が多いんじゃなかろうか。
71
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年5月4日
宮崎駿は自分自身の創作論でそこら辺はっきり語った事があるのかしら?
4
明智紫苑@🌈Avaloncity🌈 @akechi_shion 2020年5月4日
テレビドラマ版『ショムニ』は原作とは全く別の作品として名作になったようだけど、それでも私は原作の方が好き。さらに話はずれるが、『ペルシャがすき』が『魔法の妖精ペルシャ』という事実上の別物としてアニメ化されたのに対しては、「安易に魔女っ子化するんじゃないよ」と不満を抱いていたが、結局は観続けていた(クリィミーマミ世代です)。
12
すっぱんぴん組@おやつ担当 @lolGlo0IlopLoz 2020年5月4日
原作者が「なんか違う」と不満に思うことは、宮崎駿作品に限らずあると思うのだが、こういう問題って一歩間違えると根深くなりがちなのに、宮崎駿が恐れず気にせず色んな作品に手を出して自分好みにアレンジしてるのは、ある意味すごい心臓だなと思う(個人的にはジブリ好きなんですけどね)。
6
EMI @emk_oldrose 2020年5月4日
ハウルも原作者のD・W・ジョーンズは気に入らなかったみたいね、なんかの番組でそんなことを御本人が言ってた。個人的に原作を蔑ろにする制作は断固否定派だけど(実写化のアレコレとか)宮崎作品くらいに社会的に成功しちゃうと否定しづらいのはあるな…
35
ねじこ @13oclock83 2020年5月4日
こういうのに憧れた監督が原作をめちゃくちゃにしたアニメ作るのかな
51
arika @arika_melty2 2020年5月4日
宮崎駿のオリジナリティって単に一部だけ変えて原作読者を驚かせよう!ってレベルではなくて、テーマそのものまでがらりと変えてしまう上に、きちんと宮崎節的な芯が存在してるからこそ成り立ってるんだと思う。小説やアニメ原作を何となくちょっとだけ弄ってオリジナル感を出してみたってライターは多いけど、それが当人の引き出しの無さ(薄っぺらさ)なんだよねと。やるなら作品を読み込んでベース以外は全部変えてやる位の気概は必要じゃないかな。
20
marumushi @marumushi2 2020年5月4日
Holt800 ビューティフルドリーマー大好きだけど、解釈違いだと激怒した高橋留美子の気持ちもよくわかるw
29
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2020年5月4日
未来少年コナンに原作があったの初めて知ったゾ…
16
myo@献血にご協力を @myomyo01 2020年5月4日
slarq これやなあ。タイアップ、メディアミックス感がすごく薄い。
14
kumonopanya @kumonopanya 2020年5月4日
なんでこいつ呼び捨てにしてんの?
0
成瀬京太郎 @yuugekisen 2020年5月4日
原作がないとアニメ化が難しい時代だったから多少はね・・・
2
星々 @marachite0502 2020年5月4日
私はずっとジブリに触られると作品が壊されると思ってたな ジブリ出身のスタッフが作ったポノックの作品も原作に敬意のない作品ばかりなので、他者の作ったものだという意識が根本的に無いなと思う(イヤなら見るなとかそういう話ではなくて)
28
けやき あきひと(としあき @zelkovatreefolk 2020年5月4日
ふと不思議の海のナディアと海底二万マイルを思い出した
14
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2020年5月4日
「耳をすませば」は宮崎駿が監督じゃないだろ……脚本はやってるけど。
1
しの @_sieraden_ 2020年5月4日
押井守の攻殻機動隊見て「ビューティフルドリーマーやんけ」となったので、原作を改編してのメディアミックスは「原作の○○化」を称さないでほしい。せめて「原案(原典)は○○」くらいでとどめていただければ。キャラや設定などの世界観を利用して別の味わいにするって、もはや「公式にお金払ってつくった自分の考える最高の○○の二次創作」じゃろ……
18
ミーム @meme_jinrou 2020年5月4日
創作とはそれを作った人の魂の形であり、原作者と違う魂を持った人間が創作しなおすと言う事は、原作と違うのは当然だし、それが面白いのであれば、もはや、それは正義なんだと思う。創作とは粘土細工のようなものであり、原作者が同じものを作ろうと思っても全く同一にはならないと思うし、もっとこうしたい!みたいな所はあるんだと思うよ。それが改善になるか改悪になるかは受け止めてによるとも思うけどね。
1
びゃあん @byan_poison 2020年5月4日
魔法使いハウルと火の悪魔が好きだったロリっ子(当時)にはあの改編(原作キャラaとbの要素をオリキャラcにぶっこむ、戦争が話の主題になってる感)には困惑するしかなかったな 後にきた息子のゲド戦記の原作蹂躙はもっとすごかったけど
32
tama @tamama666 2020年5月4日
銀河鉄道999は銀河鉄道の夜が原作でダイナミックに改変された・・のかな
1
GEN @gent9310 2020年5月4日
eK0SV72lWxlYb8L そもそもどの作品に対しても原作について語ったのを見ないですね(あるのであれば失礼)周辺の人が語る話では、まとめの論を裏付けるエピソードをいくつか見た覚えがありますけど(例:原作の一部を読んでアニメ化を決めた後に、全部を読んだところで「なんだこれは(僕の考えた話と)全然違うじゃないか!」と怒ったとか)
5
伍長 @gotyou_H 2020年5月4日
要素を自分なりに咀嚼しての改変なら御大じゃなくても見どころ的に評価されたりするけど、ダメな感じで言われる改変は「ただ単に○○化にしただけだとつまらないから(つまらないの基準:不明)」とか言って、意図も何もよくわからないものを強引に付け足してそれだけ、みたいなのじゃないかな。 だからその手の批判はだいたいそういう感じで言われるし。
3
I-zy @digitaleazy 2020年5月4日
これはクリエイターだったらどうしようもないと思うなぁ。原作へのリスペクトと自分のクリエイター哲学戦わせなきゃ名作たりえんでしょぉ。リスペクトもないし、哲学もないしで商業的に改変されたらそりゃみんな怒るよね。
9
かすが◎本作るよ @miposuga 2020年5月4日
宮崎監督が換骨奪胎するのはそういうヒトだからなーとある種の諦めがあるんだけど、スタッフまで原作軽視な発言されるとカチンと来るんだな。とハウルのムックで学んだ思い出…。監督、改編の是非はさておき、原作凄く読み込んで消化して作っているのて。
18
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2020年5月4日
まあ、風立ちぬも原作レイプだったよね。元ネタを隠蔽してパクるよりはずっとマトモな話なのだけども(^_^;;
5
かなえ @kanae_0312 2020年5月4日
基本的には別物として見られるもしくはnot for meで済ませられるんだけど、ハウルだけは許せないでいる
9
marumushi @marumushi2 2020年5月4日
_sieraden_ 自分が立ち上げから参加してたパトレイバーすら、実写版で2の焼き直しして旧メンバーから総スカンくらうほどの奴だからな押井はw
10
へくせんはうす @1618honey 2020年5月4日
やだー、ゲド戦記がアニメ化してるなんてまた棘民集団幻覚見てるんだからー(強火自己暗示)
16
梅村 @28ume 2020年5月5日
『霧のむこうのふしぎな町』……………😔
7
ザンちゃん @zanchann 2020年5月5日
売れれば名作ってのがなんか安っぽいけど分かりやすくはあるのか……。
0
mocilol @mocilol 2020年5月5日
面白さで誤魔化しやがって
16
星々 @marachite0502 2020年5月5日
っていうか徳間が毎月毎月自社で出した海外児童文学を宮崎駿に送ってたんだっけ? ファンからの批判が出にくそうだと踏んで自分の好きなように弄り回せる下書き程度にしか思ってないんじゃない?と穿った&敵意のある見方してしまうくらい嫌だと思ってます…
24
ちっくん @Chickenjp2000 2020年5月5日
原作読むとアニメは日本の子供に向けた素晴らしい翻訳って印象しかない。宮崎さんも日本の子供が喜ぶアニメを作る職人だったわけだし本来「こんなもの受けん」で突っぱねてもいいところを上手くラナや博士のポジションを変えて明るいアニメにしてるのでやはりただの職人ではない作家さんだなと思う
1
三代目カール・レーフラー @Carl_Loeffler_3 2020年5月5日
原作改変とか芯を食ってない分析だなあ。宮崎はただ翻案と創作が不可分であるってことに自覚的なだけだろう。カリオストロは(彼自身述べているように)翻案の翻案の翻案の……だし、もののけだって見る人が見れば諸星大二郎の翻案だ。そして何より、シュナ→ナウシカ→もののけに明らかなように、自作品ですら翻案の対象なのだ。
6
三代目カール・レーフラー @Carl_Loeffler_3 2020年5月5日
原作がどうとか誰の名前がクレジットされてるとか関係なく、既存の作品を吸収して今の自分のフィルターを通して排出する。その吸収の貪欲さと排出の(質・量とも)豊かさこそが特異なのじゃないか。そして、宮崎に限らず偉大な作家は大抵そうだ。宮崎の「原作改変グセ」なるものは、要は彼が「原作のアニメ化」という狭い舞台で勝負してないってだけの話。
2
星々 @marachite0502 2020年5月5日
marachite0502 「紅の豚」「もののけ姫」「崖の上のポニョ」など〇〇原作!と銘打ってなくて面白く感じられる作品もあるので安易に作者存命or近年の作品を「〇〇原作」「映画化」として作らないで欲しいと思っています…影響を受けるのは結構だけど他人の作品をお絵かき帳がわりにするのはモラルが低いと言われても仕方がないですね…
14
三代目カール・レーフラー @Carl_Loeffler_3 2020年5月5日
例えば三遊亭圓朝が真景累ヶ淵が作ったことを「原作を改変したけど原作より面白い」と評価するのはかなり違和感があると思うんだよね。圓朝の累ヶ淵は体裁こそ累の後日談となっているが中身は全然別物。しかし本来の怪談のエッセンスを圓朝なりに解釈し昇華させたものでもある。その意味で翻案でもあり創作でもある。宮崎が成し遂げたのはそういうレベルの事ですよ。
0
Hussam Kahn @bbyfut 2020年5月5日
魔女の宅急便はあんな話じゃなかったし霧の向こうの不思議な町もあんな話じゃなかった、なんというか宮崎駿にかかると原作にあった魔法が失われて俗っぽい話になるって感じ、でもまあ面白いから仕方ないね
20
west @flying00w 2020年5月5日
https://togetter.com/li/1499917「翻訳は暴力ですよ」に似た問題。同じ題名&言語で「後出し大衆向け」翻案してるから「メディア文化の違い」が、悪目立ちする。
7
west @flying00w 2020年5月5日
放送前に「このアニメ化は監督の二次創作です」って注意書きテロップ付けたら、昔の原作勢も納得したのかな?
0
帰ってきた坂部新人 @sakabe_arato 2020年5月5日
最初から原案って言われたらベースにしてアレンジしてるように感じるけど、原作って言われるとそのまんま、もしくは元をなるべく残す形にしてるのかなとは思っちゃうかな。素材が同じだからって肉じゃがのレシピ渡してカレー出てきたら、そら怒る原作者もおるわなぁ
25
フジミ @HuzimiZyanai 2020年5月5日
かぐや姫の物語を大幅改変した挙句帝の扱い改悪した高畑勲が原作改変しない側なわけないでしょ。
18
シンデン @Shinden28 2020年5月5日
JORA_JORAEMON すげぇ解る話。けど、その理由は「その原作を知っている奴がどのくらいいるか」が原因とも思う。
6
Akichi @Akichi77928822 2020年5月5日
「じゃりン子チエ」が良い例かな。大塚康生曰く「最初は宮さんに(演出の)話が行ったんですよ。で、宮さん『原作は全く使えない!全部ぶっこわして猫の視点からの物語にしないと!』なんて言い出してね。困った藤岡豊さんが、『大塚さん、パクさんに頼めないかな?』って打診してきて」
13
かすが◎本作るよ @miposuga 2020年5月5日
marachite0502 弄繰り回せるじゃなくて、まんま素材としか思ってないと思いますよ。
2
Daregada @daichi14657 2020年5月5日
「ゴッドマーズはあれでいいので、革靴を培養液で煮て食ったり、最後にガイアーする方のマーズも映像化してほしい。特に革靴を……」
2
てす子 @momimomitest 2020年5月5日
昔は原作ないとアニメ作れなかったからとりあえず用意しないといけなかったってのと、アニメの原作の扱いがあくまで元ネタ程度の扱いでしかなかった、原作がマイナーだったり既に知られきった童話だったりで視聴者の中の原作そのままの映像化こそを求めているという声の割合が小さかった、みたいな理由があるんだろうけどね
2
だま! @nokonoko8593614 2020年5月5日
音楽でいうなら、トリビュート盤の中にも「オリジナルを完コピ」したような楽曲もあるし、「オリジナルを大胆に解釈してアレンジ」したような楽曲もあるし、そこに愛と魂が込められてたらわりとリスナーな容認するんじゃないかな。
1
てす子 @momimomitest 2020年5月5日
こういうのと時代や扱ってる作品のタイプが違うのに中途半端に感化されて勘違いした奴が、知名度あってそのままの映像化こそを求めてるこじらせファンばっかが見るような作品で下手くそなオリジナル展開やって、しかも改変が小手先かつ下手なせいでアニメが初見の人間からすら「なんかこの部分だけ急にクソでおかしいと思って調べたらここオリジかよ」と叩かれるというのが結構よくある。 要するにやっぱ原作者より遥かに実力ないのに中途半端に改変して劣化させる奴が駄目なのでは
4
てす子 @momimomitest 2020年5月5日
nokonoko8593614 いいもの作ろうとする魂はあるけど原作への愛はないのがちょっとファンや原作者からすると複雑な所なんだよね
16
nekosencho @Neko_Sencho 2020年5月5日
意識して改変している場合、それを「クセ」というのは語弊があるのではないか。 「方針」のほうがより適切な表現だと思う
1
west @flying00w 2020年5月5日
映像と紙媒体は、制作費が段違い。失敗を回避する為に、なりふり構わず「紙媒体の知名度」を利用し、派手な改変するイメージ。TV局の権力が強く「少ない人口の紙媒体」が軽んじられてる。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2020年5月5日
そもそも原作に忠実なアニメ化がよいのかって問題もある。 大なり小なり「アニメ化」する限り改変は起きるわけで、原作に忠実なのを絶対的正義とする最近の風潮はどうもね。 そんなに原作がよければ原作を見てればいいわけで、アニメ化するならアニメ化ならではの別のものになっていてほしい。
3
west @flying00w 2020年5月5日
映像化に「改変や犠牲要素」が付き物なのは、メディア文化が違うので自然。だが、映像作品の賛否が原作に与えるダメージは大きい。第一印象で誤解されて、原作の売り上げが落ちることも。製作人が増えるんだから、失敗ポイントが増えるのも道理。賛否の落差が激しい。
6
de2007 @de20072 2020年5月5日
28ume 『霧〜』と『千〜』て「美少女ではない小学生の女の子が不思議な世界で働く」くらいしか共通点ないから原案としてでもよく名前挙げたなと思うレベル。これで原案なら大抵の作品には「原案」があるんじゃないかっていう。霧〜は子供の頃読んで面白くて好きな作品だし千ちひも好きなんだけどね
3
de2007 @de20072 2020年5月5日
de20072 主人公のポニーテール、怖いお婆さんとその髪型も踏襲してるか。湯婆婆は「頭が大きく見える」じゃなく実際に巨頭になってるけどw
0
てす子 @momimomitest 2020年5月5日
Neko_Sencho >原作が良ければ原作見てればいいのでアニメは別のものであるべき 小説と漫画とアニメは出力媒体がちがうんですが
3
ハドロン @hadoron1203 2020年5月5日
宮崎駿はこのシーンのこの絵を描きたいから、物語をそこに落とし込みたいっていう意図があってストーリー作っている感がある。その神がかったレイアウトには、台詞すら不要と言わんばかりに。未来少年コナンで言うと、7話から8話の展開を是非見てほしい。
1
west @flying00w 2020年5月5日
hadoron1203 再放送が増えて、違う宮崎作品なのに、カーチェイス・飛行船の内外戦闘・屋根競争・落下ギャグが、同じノリで展開してました。似た性格のアクションまんまなので、やりたい放題だなと笑いました。
0
なんだから @nan_dakara 2020年5月5日
ああ、だからゲンドウは人類補完計画を改変するのか
3
しがない @shiganaisandayo 2020年5月5日
昔は人気の作品がアニメ映画化するとアニメスタッフオリジナルキャラにストーリーが展開されてたけど、多分ワンピースのストロングワールドがヒットしてからどの作品も原作者監修ばっかりになったよねぇ。原作好きな人の声が聞こえやすくなって改変しにくくなった時代だからこその世相反映かなぁ。まぁアニメスタッフオリジナルってすごくいい時とふざけんなって時の落差激しいしなぁ…
4
しがない @shiganaisandayo 2020年5月5日
_sieraden_ それ聞いて思い出したのが細田氏がジブリスタッフと色々あった末の心境とか盛り込んで作られた『ワンピース オマツリ男爵と秘密の島』ですね…(遠い目)
4
星々 @marachite0502 2020年5月5日
miposuga そうなんでしょうね…であれば「原作」ではなく「原案」「翻案」とするのが無用な混乱を招かないのではと思っています
8
しがない @shiganaisandayo 2020年5月5日
そういえば今流行りの(2000年代のドラマだわい)野ブタをプロデュースの原作を小学生の時読んだら転校生の冴えない男の野ブタを男主人公がプロデュースするって内容でひっくり返ったんだよね。野ブタを女にして堀北真希にしましょう!修二と彰の2人体制に変えましょう!ってしたスタッフやべぇよ。全然別物だしめちゃくちゃヒットさせてるし。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年5月5日
flying00w 今でこそほとんどのアニメ制作プロダクションが採用しているレイアウトシステムは、宮崎駿が作り出したと言っても過言ではない。http://urx.red/vTFk ただ、これもリミテッドアニメだからこその手法で、今後3D-CGが主流になれば廃れていくかもしれない。
0
Dally @Dally_Shiga 2020年5月5日
原作に忠実なアニメ化というと「蟲師」が思い浮かぶのだけど、あれは長濱監督が原作のファンを公言していただけにセリフもほとんどそのまま、ちょっとしたカットまで原作から持ってきていたほどでしたが、主演の中野氏の声がハマっていたこと、蟲という素材がアニメ映えすることもあって、原作ファン納得の良アニメ化でした。ただ監督は黒衣に徹していて仕事は見えにくいから(面白い原作に乗っかっただけ言われそう)こういうアニメ化はしたがらない監督も多そうだなとは思いました。
13
west @flying00w 2020年5月5日
hadoron1203 少ない線で「ダイナミックな動き」が発揮されてて「逆に新鮮で楽しい」です。3D酔いしてた自分には「丸っこい手描きメカ」が、ヒロインより可愛く見えます。
1
海雫 @gonlimo 2020年5月5日
「未来少年コナン」の本がある!と大喜びで親にねだって買ってもらって読んだら全然違う話で??となった 表紙はちゃんと?アニメのコナンだったんだけどな
3
ハドロン @hadoron1203 2020年5月5日
flying00w ディズニーと組むようになってから、だんだん残念な感じになっちゃったけどね。千と千尋の頃はまだ良かったんだけど、動かすディテールに異様にこだわるようになった。枚数を無駄に費やさないからこそ良かったのに。
3
ハドロン @hadoron1203 2020年5月5日
タルコフスキーさながらの緻密な映像設計と深層心理を巧みに描写した演出ができる稀有な人物だったのに。だんだん普通のアニメーターになっていくのは悲しかったな。
0
west @flying00w 2020年5月5日
「節約演出を強いていた環境」が出世で無くなり「際限なく手間をかける方向」にシフトしてしまったのでしょうか。制限の中でしか、魔法を生み出す天才は生まれないのかも。
0
千と千尋の幻のラストは徳間アニメ絵本だと思う @Trtg8XBd7IN573d 2020年5月5日
魔女の宅急便原作のジジはずっと人間の言葉を喋る。むしろ変わるのはジジの方で、キキに聞かれたくない猫同士の話を猫専用語でし始めるようになる
0
千と千尋の幻のラストは徳間アニメ絵本だと思う @Trtg8XBd7IN573d 2020年5月5日
なお映画版のジジが喋ってたのはキキの幻と見る人が多いが、ジジがキキの頼みを聞き入れたりジジ視点からしかわからない情報(鳥の喋る有用な話など)をジジが喋ることがあるので幻とはいえない。それはともかく私としては「猫と喋れなくなることが成長」というのは受け入れがたい。だって魔女でしょ?
18
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年5月5日
個人的には「おもひでぽろぽろ」で原作部分を主人公の「振り払うべき過去」として描写した高畑勲にこそ「原作クラッシャー」の姿勢を感じるがなあ。まあそんなのもあって他の高畑作品をあまり見てないので間違ってるかもしれんが。
1
tama @tamama666 2020年5月5日
Neko_Sencho そんなにオリジナル展開や設定にしたいならそもそも原作物でなくオリジナルモノでやれば?って意見も当然出てくるわけでして…
14
kisara @kisara50 2020年5月5日
パヤオ作品て面白いシーン、要素はいっぱいあるのに、何故か作品として好きかと言われると全然だったのはポリコレ改変だったからだと納得できた(ポリコレ改変と違い納得できる良改変と擁護されてるが全く納得できない)。
0
kisara @kisara50 2020年5月5日
kamiomutsu かぐやひめでも天皇を糞に書きたくて原作改変してたな。御伽噺までブサヨのプロパガンダ映画にすんじゃねぇ。二人とも、才能はあるけど人格的にはクズな創作者って昔からよくあるタイプ。
4
ウナム日月 @unamuhiduki 2020年5月5日
HuzimiZyanai 高畑勲はジブリ以前と以降とで原作再現しなくなったんですよ。 じゃりン子チエやハイジはめちゃくちゃ原作尊重してたけど、火垂るの墓やおもひで以降から変節した
5
ウナム日月 @unamuhiduki 2020年5月5日
kamiomutsu 高畑勲は「じゃりン子チエ」あたりまでは原作尊重派でした。ハイジ、三千里、アンあたり。 ジブリ以降は原作を改変する度合いが増大しましたね
1
碓井 康裕(うすい)/Yasuhiro Usui @usui_y 2020年5月5日
なかなか面白かった。天才とは暴力的だな…とよく感じる。
3
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年5月5日
unamuhiduki もっとも「ハイジ」は原作のキリスト教的価値観の要素が完全に抜かれいて、クリスチャンだったスポンサーのカルピス社長には嫌われていたとか聞きますね。まあ原作改変とは少し異なる次元の話ですけど。
0
もちもち @motukini 2020年5月5日
原作がないとアニメが作れなかった昔ならいざ知らず、有名になって以降は自分の作品でやれよとしか思えん
10
ギ=サン @doceneve 2020年5月5日
Trtg8XBd7IN573d 原作者が続編出し続けて、出来はどうあれ実写映画も出来たのは、宮崎駿解釈の否定だよねえ
8
忠太 @wakasakun 2020年5月6日
「原作」なんて単なる「原案」でいい  アニメ(原作と異なる表現手法)なんだし、映画なら映画の作法、テレビシリーズなら1話30分構成で何話にするとか各話の見せ場をどうするとか方法論がまるで違うのだから、別物になる方が当然だろう  原作再現ばかりに躍起になってる方がバカみたいだと思う 
0
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2020年5月7日
佐藤順一さんと真逆だなーと。佐藤さんは「原作が面白く無いから俺が面白くしてやる」という人はいい監督ではない、というスタンスなんで(これはトロステーションでインタビューされた時の話なんで
0
青猫@青猫工房 @aonekoguild 2020年5月10日
usui_y 「天才ってヤツは神にも悪魔にもなる存在だからね」(ピアノの森)という言葉通りですね。
0
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2020年5月11日
“宮崎駿的改変(別に宮崎駿だけではありませんが)は、原作の方向性の改変であり、原作の一部を利用して自分の話を語る「二次創作的」な行為”<なるほど腑に落ちる。
0
すすやん @Leon_NKO 2020年6月15日
アレグサンダー・ケイの『残された人々』も図書館から借りてきて読んだのだが、『未来少年コナン』とはまったく別物でありますね。
1
すすやん @Leon_NKO 2020年6月16日
ネタバレの解説ですけれども、数ある『未来少年コナン』についての記事でこれ以上のものは見当たりません。 とくに最終回「大団円」について展開された文章を読むと、『コナン』が「宮崎駿の原作改変グセ」とはとても言えない深い内容の作品だということがよくわかると思います。 http://kei-to-momonomi.my.coocan.jp/conan/conan_top.html
0