Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

宮崎駿とオリジナリティについての断片的考察

先日「天空の城ラピュタ」と「魔女の宅急便」がTV放映された時の、宮崎駿についての呟きです。
43
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

若い頃の宮崎駿は、同じようなパターンやモチーフを(意識的に)何度も繰り返す人だった。初めて原作のない完全オリジナル長編として制作された「天空の城ラピュタ」は、それまでの宮崎駿の黄金パターンの総決算のような作品で、これを境に宮崎駿は2度と同じパターンの作品を作らない作風に転換した。

2016-01-16 16:30:41
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

宮崎駿を「天空の城ラピュタ」を境に前期と後期に分ける評論が見当たらないのは不思議に感じる。こんなに明白な指標はないのに。若き日の宮崎駿はダイナミックなアクションと緻密な作劇を見せる日本人離れしたエンタテインメント作家として知られていた。しかしラピュタの後、その得意技は封印される。

2016-01-16 16:47:54
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「天空の城ラピュタ」の元ネタの一つは、ムー・ブックス(😄)の「人類は核戦争で一度滅んだ」だと思う。この指摘は見たことがないから、私が初めてかな?ナウシカを作る前の宮崎駿に、ラーマーヤナを題材にした合作アニメの話があり「断ったけれど、本だけ貰って読んだ」とインタビューで語っていた。

2016-01-17 16:39:11
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「人類は核戦争で一度滅んだ」は、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」の記述は超古代文明の実在を示している、というトンデモ系の本だけれど、翻訳が南山宏だから、割とスジが良い。UFOや超古代文明の本を読むなら、南山宏は比較的信頼できるという常識(?)も、今の人は、もう知らないのかなぁ?

2016-01-17 16:51:33
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「魔女の宅急便」は、ナウシカやトトロのように「自然と人間」の本質に踏み込もうとはしない、ミニマリズム文学のような作品だったので、初見の時は少し物足りなかったのだけれど、今ではとても好きだ。キキの日常を描く、細やかなディテールが素晴らしい。宮崎駿作品の中で、一番好きかもしれない。

2016-01-23 00:11:10
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「魔女の宅急便」は、宮崎駿のイメージが余りにも強くなってしまったので、原作者の角野栄子は複雑な心境なのではないかと思う。宮崎駿は、原作に忠実というよりも、完全に自分に引き寄せてアレンジしてしまうタイプで、しばしば「原作への敬意が無いのではないか?」とすら感じさせる人だから。

2016-01-23 00:19:17
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

自作のイメージが乗っ取られた感じがして複雑な心境、という意味では「耳をすませば」や「コクリコ坂から」の作者も同じかもしれない。他人の作品から「核」を貰って自分の世界を構築するというのは、宮崎駿の昔からの手法で、そこに罪悪感はない。と言うより罪悪ではなく「創作の宿命」と考えている。

2016-01-23 07:45:22
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

身も蓋も無い言い方をすると、本人は決して口にしないが「乗っ取られてしまうのは、その程度の作品だからだ」と思っているのではないか?「その程度」というのは「光るモノはあるが思想的にも表現的にもレベルが低い」ということで「それじゃダメなのだ」という姿勢を今までの宮崎駿の発言から感じる。

2016-01-23 08:16:15
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

この宮崎駿の「原作に対するスタンス」は、彼の創作の出発点が「世界の名作」を原作にアニメーション化していた東映動画にあるからなのかもしれない。ディズニーもそうだけれど、そこでは原作(多くは著作権のきれた名作)は、多くのスタッフから検証を受け、時には大胆に改変されるのが当然だからだ。

2016-01-23 08:38:42
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

業界に宮崎駿の名を轟かせたのは「長靴をはいた猫」のクライマックスを手掛けたことで、いちスタッフだった宮崎駿は「こんな受け身の主人公にお姫様が惚れるハズがない」と言って、原作を書き変え自ら作画した。主人公が急にヒーローとなってしまう、このクライマックスの面白さに子供たちは熱狂した。

2016-01-23 09:02:19
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

演出家としての宮崎駿は、同時に優れたアニメーターでもあった。彼は、アニメーターから上がってきた作画がダメな時は、リテイクに出さないで自分で直してしまう。これはアニメーターにとっては結構ショックなことでもあるようだ。この演出手法は、彼の「原作改変グセ」と、どこか通じるものがある。

2016-01-23 09:34:16
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「風の谷のナウシカ」に参加した、あるアニメーター(若手の実力派と言われていた)は、ナウシカでの仕事の感想を聞かれて、(自分の絵はほとんど残っていないので)「参加したという意識はあまりないです」と答えていた。

2016-01-23 09:37:32
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

話しが逸れるけれど、絵を描かない演出家である高畑勲は、スケジュールも予算も無視してアニメーターに際限なく描き直しを命じた。「となりの山田君」の後に「千と千尋の神隠し」の制作に入ろうとするとスタッフはボロボロの状態で、宮崎駿は「高畑さんの通った後はぺんぺん草も生えない」と激怒した。

2016-01-23 11:07:16
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「じゃりん子チエ」の美術監督山本二三が大阪の街並みの絵を見せると、高畑勲は「山本さんよく観察してごらん。屋根瓦って一枚一枚色が違うんだよ?」と言った。「火垂るの墓」で米を米櫃にザーッといれるシーンでは、アニメーターに「米粒は一つ一つバラバラの方を向いている筈だ」とダメ出しをした。

2016-01-23 11:16:27
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

東映動画初期の名アニメーターで高畑勲と宮崎駿の師匠でもある森やすじは、他のアニメーターと違って、演出家としては高畑勲の方が「やり易い」と語っていた。「高畑君には、最後には『そんなにゴチャゴチャ言うなら、お前が描いてみろ!』と言えるけど、宮崎君にそう言うと自分で描いちゃうからな」。

2016-01-23 12:41:29
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡」 渋谷陽一によって12年間を費やして行われた、宮崎駿のロングインタビューを完全ノーカットで収録。創作の秘密を、宮崎駿自身の言葉で解き明かす。 store.south-sign.com/products/detai… pic.twitter.com/htvW7bjuBN

2016-01-16 17:07:25
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「宮崎駿の<世界> 増補決定版」切通理作 東映動画時代の「大陽の王子ホルスの大冒険」から「崖の上のポニョ」まで、宮崎駿の軌跡と全作品を解き明かした、宮崎駿研究の基本書にして決定版。 store.south-sign.com/products/detai… pic.twitter.com/snuo5621il

2016-01-16 17:14:43
拡大

コメント

山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
『人類は核戦争で一度滅んだ』が日本で出版されたのは1982年。超古代文明説というのはそれより前から日本で紹介されていて、70年代には日本でフォン・デニケンがブームになっていた。
8
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
1966年の映画『天地創造』では、ソドムとゴモラの壊滅シーンが原爆を思わせる閃光とキノコ雲で表現されていた。古代文明の滅亡を核のイメージと結びつける発想は、当時からあった。
4
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
「南山宏は比較的信頼できるという常識」そんな常識、あったかなあ(笑)。ほとんどの人は南山宏と斎藤守弘と中岡俊哉の区別もついてなかったと思うけど。
5
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
今、デニケンの『未来の記憶』(角川文庫・1974)読み返したら、ちゃんと『ラーマヤーナ』『マハーバーラタ』にも触れてました。70年代にはデニケンは日本でブームになってたし、TVスペシャルも作られてたから、多くの日本人が知ってたと思う。今では忘れられてるだけで。
6
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
宮崎駿が古代核戦争説をいつどこで知ったかは特定できないけど、70年代から知ってたとしても何ら不思議はないと思うんだけど。
4
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo 2016年2月5日
hirorin0015 なかったですかね? (^▽^;) 元SFマガジンの編集長だった南山宏氏には、SF界の人が好意的だったので、そういう印象がありました。 おそらく、間違った「常識」でしょう。
1
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo 2016年2月5日
hirorin0015 コメントありがとうございます。 ご指摘の通りだと思います。古代文明の滅亡と核のイメージを結びつけた最初が「人類は核戦争で一度滅んだ」だと呟いたつもりは、ありません。ただ、宮崎駿がインタビューで同書を読んだと話したのが記憶に残っていたので、ヒントになったのではないか?と推察しただけです。
3
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
woody_honpo 『SFマガジン』辞めた後も、SF界内部の友達づきあいは続いてたはずなんですけど、世間的に見たらどうなんでしょうね? 南山さんは翻訳が中心なんで、バーリッツの『謎のバミューダ海域』のような大ベストセラー出しても、訳者にはあまりスポットライトが当たってないんじゃないかと。
2
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo 2016年2月5日
hirorin0015 それ自体を否定する推察ではないと思いますが? ただ、宮崎駿は比較的直近に触れたものの影響をストレートに出すクセがあるのではないか?と思っていたものですから。例えば「もののけ姫」も、少し前に梅原猛に勧められたギルガメシュ叙事詩の影響が出ていますが、宮崎駿はギルガメシュ自体はずっと前から知っていたでしょう。
3
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月5日
woody_honpo 世間的な知名度から見たら、UFOの矢追純一、ノストラダムスの五島勉が2大巨頭で、それ以外の著者の区別はあまりついてないんじゃないかって気がします。
5
ehoba @htGOIW 2016年2月5日
ラピュタが分岐点説は宇野常寛をはじめ無数に聞いたことがある気がするけど
3
和田名久司 @sysasico1 2016年2月5日
北久保弘之が、編集長時代の鈴木Pに受けた仕打ちから、「千と千尋の神隠し」「崖の上のポニョ」の原案となった児童文学作家が受けた絶版まで含む実害の話へのリンクが貼ってあって、嫌な気持ちになったことがあります。この問題は宮崎駿氏の作家としての資質を問うという事ではないですが、何らかの叩き台を必要とする作家なんだと認識しました。
5
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo 2016年2月5日
hirorin0015 一般的には仰る通りだと思いますが、かつてアトランダムに複数の人(特にSFファンではない)から「南山宏の本なら読む」と聞かされたことがあったのです。理由は「好きなSF作家が信用できると書いていたから」という事でした。そこで「UFOや超古代ネタに興味はあるけれど胡散クサ過ぎるモノは読みたくない」という時に、南山宏が無難な選択肢と考えられているのかな?と思ったワケです。(私もそうでしたので)
3
熊谷杯人⭐︎巻きシッポ帝国 @kumagaihaito 2016年2月6日
瓦の個体差、米の向き、少女がしゃがむ時にスカートを抑える仕草、他人のイメージイラストなどへのダメ出し(後半は宮崎駿)は描いた側としてはきっとキレそうになるだろうけど、監督のそういうこだわりが作品全体の底上げに繋がってもいるんだろうな…
1
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年2月6日
ムー民だったので「人類は核戦争で一度滅んだ」は知ってるけど、元ネタというよりそういうアイデアはそれ以前からフィクションのフォーマットのひとつとしてありふれていたように思います。むしろ「人類は核戦争で一度滅んだ」もそれらを下敷きにして生まれたアイデアのような印象がありました。南山宏のファンはオカルト寄りの方面ですといるところにはいますが(笑)
2
ならづけ @nara_duke 2016年2月6日
宮崎作品でストーリーは単なる箱で、個々の演出や、極端な話女の子のしぐさを堪能するフェティッシュな鑑賞物だと思う。
1
トゥギャッター編集部 @tg_editor 2016年2月6日
宮崎駿監督の原作・アニメーターへの意識など面白いです。
1
孤独な散歩者@愛のわんこ党 @wizardrylife- 2016年2月6日
デニケンがネタ元かもしれないけど、石森章太郎が古代文明とSFをからめた作品を発表していた覚えが。
1
Karasu @karasu15794066 2016年2月6日
中学の頃「人類は核戦争で一度滅んだ」読んでガクブルした思い出。NHKの幻解!超常ファイルでネタばらしやってて懐かしかった。
1