Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2020年5月10日

掌小説語り~自作つぃのべる集~49

自作ついのべるのまとめです。 2017年5月分。
0
リュカ @ryuka511

倒した魔王には息子がいた。父親が世界を滅ぼそうとしたことも、僕が父親を殺したことも知らない、幼い子供。無垢な瞳に射抜かれ小さな手を取った。君を守るということは、喉元に剣を突きつけられているのと同じだ。それでもこの子を守ろう。孤独な子供は運命に利用されてしまうから #twnovel

2017-05-01 01:09:15
リュカ @ryuka511

桜の下には死体が埋まっていて、その血を吸うから桜はこんなに綺麗なのだと彼女は語った。私のようだなと言うとそうねまるでバンパイヤねと彼女は笑った。昔の話だ。なのに今も、桜を見ると悲哀に包まれる。人としてまた逢いたいと言った、彼女の最期の言葉の意味は、未だに解らない #twnovel

2017-05-02 00:07:23
リュカ @ryuka511

「もう嫌だ、やーめた」軽い調子で呟き匙を投げる。心の拠り所だった僕の楽園。美しく整えた機械仕掛けの箱庭。全て僕の思い通りになるはずだった。機械までも僕に刃向かうのか。電源を切ろうとした手が震える。理想の人生を挫かれ、それでも作り上げた楽園を捨てられない僕は憶病者 #twnovel

2017-05-03 02:12:08
リュカ @ryuka511

「我を倒せば魔界は消える。お前も共に」笑う魔王に勇者は笑みを返す。「覚悟の上だ」「平和のための犠牲というやつか?」首を振り勇者は笑みを消した。「違うな。ただの復讐だ」剣を向けた勇者に魔王は満足げに笑う。「いい目だ。それでこそ我が宿敵」この戦いに、英雄なんていない #twnovel

2017-05-04 01:13:20
リュカ @ryuka511

その文に刺さった短剣は、袂を分かったかつての親友の物だった。決着をつける時が来たのだろう。文に示された場所へ向かう。同じ志の下に戦ったあの頃を思い出す場所だ。どちらが正しかったかなんて、もはや些細な事。それぞれの誇りと信念の下に、刃を交えるのみ。 #twnovel

2017-05-05 00:22:38
リュカ @ryuka511

君を守る事は僕の義務だ。刃や銃弾から君を守る為なら、君に触れる事を許された。どんなに君を守っても、君は決して僕のものにはならなくて、傷を負った僕を君は平然と見下ろしている。どうすれば君の美しい顔は歪むだろう。僕が君を襲ったら、君はそれでも平然としているのだろうか #twnovel

2017-05-06 01:46:02
リュカ @ryuka511

魔王城を前に少女は表情を引き締める。師匠、ようやく私、ここまで来ました。私の旅は、世界を救うためじゃない。私に生きる道を与えてくれた師匠の、仇を討つための旅。苦しい旅を、それだけを考え乗り越えてきた。見ていて下さい、師匠。魔王を討ったら、私もそちらへ行きますから #twnovel

2017-05-07 23:31:23
リュカ @ryuka511

世界を救うには彼を止める、即ち殺せばいい。一見簡単な事だ。だが彼は恩師であり、また彼も確かに世界を救おうとした。どこで道を誤ったのか、彼の研究は世界を脅かす。彼を失いたくない、だが彼は今や世界の敵。複雑な心境、単純な答え。躊躇う私に彼は諦観を湛えた目で銃を向けた #twnovel

2017-05-08 23:59:47
リュカ @ryuka511

主は高名な人形作家だった。最期の作品である私は博物館に展示されている。美しいと褒められ主を賞賛されても、何の感慨も湧かない。主は私を作ってすぐに死んでしまったから。主の喪に服すかの如く誰かが勝手に着せた黒いヴェールも、主をよく知らない私には何の意味も為さないのに #twnovel

2017-05-10 00:22:23
リュカ @ryuka511

魔女の怒りを買い怪物にされた。愛を理解すれば呪いは解けるという。こんな姿で愛などと。だが永い時を経て彼女に出逢った。私は彼女を愛し彼女も私を愛してくれた。呪いが解けるまでは。 #twnovel 「人間め!」彼女の憎悪に、二度と解けぬ呪いを自らかけた。人間という怪物の姿で永遠に眠る

2017-05-11 00:40:54
リュカ @ryuka511

初めての敵は後の親友になるなんて王道にも程があるだろう。だけど僕は今、初めての敵と分かち合い共に旅をしている。まだ魔王軍が本格的に侵攻していない地で僕らは出会った。魔王軍最下層で軽視された君と、理不尽な神託に憤る僕は戦い、手を組んだ。僕らの敵は魔王ではなく、運命 #twnovel

2017-05-12 01:56:44
リュカ @ryuka511

天空都市に鎮魂歌が厳かに響く。あれは狂気の沙汰だったと、生き残った者達は語った。王による大粛清と戒厳令。天空人最高位の王には誰も逆らえず、また正論過ぎて逆らう理由が無かったのだ。高潔な理想は時に狂気となって、王を、街を破滅に誘う。#twnovel

2017-05-13 01:33:47
リュカ @ryuka511

「俺はもう戦わないと決めたんだ」もう一度力を貸してくれと訪ねてきた連中を追い返す。かつての戦いが俺にもたらしたのは、喪失だけだった。平和になった世界で、生きる意味を見失った。だがかつての相棒だった槍が、それでいいのかと問う。すっかり錆びた槍を手に、立ち尽くす #twnovel

2017-05-13 23:11:00
リュカ @ryuka511

「悪漢から助けてやったのだ、礼を求めても良いだろう?」「別に助けてなんて願ってません」不敵な笑みの吸血鬼に少女は気丈に笑った。「別に助けてなんて願ってません」逃げる悪漢を示す。「あれは貴方の手下じゃないって証明できる?」たじろぐ吸血鬼にひらひらと片手を振った #twnovel

2017-05-15 01:04:35
リュカ @ryuka511

館の主人はもう長い間目を覚まさない。深い憎悪に囚われ目覚めを拒み続けた。執事は今日も冷めた紅茶を黙って片付ける。コックも庭師も主人の目覚めを待ちながら、いつも通りに仕事をする。ご主人様、もうお目覚めになっても大丈夫です。貴方が憎んだものは我々が処理しましたゆえ。 #twnovel

2017-05-16 00:48:29
リュカ @ryuka511

我の聖域を荒らした者の末路は、壮絶で苦悶に満ちた死だ。だが最近の人間共は「そんなものはただの伝説だ」と嘯き、平然と我が聖域を踏み荒す。聖域の奥、対峙した我に歯を鳴らす臆病者は、筋違いな命乞いを繰り返す。死を恐れる人間共、安心するがいい。不遜な輩に死の安楽は与えぬ #twnovel

2017-05-17 01:14:50
リュカ @ryuka511

「怪盗に奪われた時計を取り戻してほしいの」形見の品だと言う少女の依頼を受けた。だが解らない。奴は量産されたブランド品など狙わない。あの時計に何が? #twnovel 後日、奴は奪った時計を手に現れた。中に麻薬取引のメモがあったという。「私と可憐な少女、どちらを信じるかは自由です」

2017-05-18 00:23:43
リュカ @ryuka511

「10年後にこの場所で会おう」なんて、物語みたいな約束を交わした少年時代。君は覚えているだろうか。10年振りに帰った街は驚く程変わって、何度も地図を確かめる。僅かに面影を残すあの場所へ。君は来なかった。あれからもう10年、期限切れの約束を本気にしていたのは僕だけ #twnovel

2017-05-19 00:43:02
リュカ @ryuka511

神様はどうして僕を四足歩行の生き物として生み出しだのだろう。あの人を抱きしめる為の腕がない。それでもあの人の涙を止めたくて寄り添う。額を寄せる。泣かないで。少し笑ってくれた。もっと笑ってほしくて頬を寄せる。小さく鳴く。腕はなくても、この身体全部で抱きしめてあげる #twnovel

2017-05-21 00:15:18
リュカ @ryuka511

私に買えないモノは無い。愛さえ金を積めば手に入った。それは上辺だけのものだが、買ったものと解っているのだから別に構わない。私は満たされていると思っていた。最期を迎えるまでは。集まった者達は、私の死に悲しみも喜びさえも感じていなかった。私は存在しないも同然だった #twnovel

2017-05-22 02:00:08
リュカ @ryuka511

「私達って似てるよね?」事あるごとに君はそう確認する。似ている事が愛し合う条件みたいに。僕とはまるで違う君が好きなのに、脅迫観念に囚われたような君の言葉に、頷かざるを得ない。「僕らは似た者同士だね」脅迫観念に囚われてるという点では、やはり君と僕は似ているのだろう #twnovel

2017-05-23 00:32:45
リュカ @ryuka511

色褪せた写真の中の私は、穏やかな微笑でこちらを見つめている。背景は真っ白で、他には誰も写っていない。不思議がられるが、これが一番気に入っている自分の写真だ。若い頃、遺影に使おうと撮った写真が、生きる希望になった。私をこんな風に撮ってくれた人に、もう一度会いたくて #twnovel

2017-05-24 00:06:00
リュカ @ryuka511

帝国軍が僕らを狙っている。リーダーと合流するまで隠れ家に待機し、かき集めた幾つかの武器と愛馬の調子を確かめる。武器を用意したけれど、僕らの目的は帝国軍と戦う事じゃない。大切に抱えた鞄の中身、帝国軍にさらわれた幼いドラゴンを、親ドラゴンの元へ帰してあげるんだ。 #twnovel

2017-05-24 23:09:21
リュカ @ryuka511

額縁を外して君に向け翳してみる。もう少し上かな。うん、この角度がちょうどいい。「何してるの?」不思議そうに問う君に微笑む。「こうして君を飾るんだ」「ヘンな人」くすくす笑う君に見惚れる。この表情を永遠に留めておきたいんだ。写真ではなく、リアルな君をこの額縁の中に。 #twnovel

2017-05-25 23:41:12
リュカ @ryuka511

データ移行完了、再起動。俺を見た君は不思議そうな顔をする。「貴方とは初対面です。しかし私は貴方に関する知識を得ています。これはどういう事なのでしょうか」「分からなくていいさ。前の君は俺と結ばれていたんだ」「では今の私も」「いや、君は君だ。知識と経験は別物だから」 #twnovel

2017-05-27 00:32:46
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?