アプリで作成

武俠好きさんに質問 第27回(最終回)

(期間中に質問を一部改訂)「『武俠作品に出会えてよかった!』『武俠ファンでよかった!』と思うことは何ですか?」という質問に、たくさんのご回答をお寄せいただきました。※企画「武俠好きさんに質問」は、この第27回を以って終了となります。ご協力くださった全ての皆様に感謝を申し上げます。1年間、ありがとうございました。
1
金庸セリフ&会話bot @jinyong_riyu

【第27回・最終回】武俠好きさんに質問 最後の質問は、「武俠ファンをやっていてよかった!と思うことは何ですか?」です。 この画像とタグ #武俠好きさんに質問 を添えて、回答をつぶやいてください。6/27(土)23:59時点で、タグで捕捉できたつぶやきをtogetterでまとめます。 pic.twitter.com/uu34qbtHyv

2020-06-14 00:10:42
拡大
金庸セリフ&会話bot @jinyong_riyu

【第27回・最終回】武俠好きさんに質問 質問を一部改訂いたしました。「武俠作品に出会えてよかった!」と思うこともお寄せいただければ幸いです。 この画像とタグ #武俠好きさんに質問 を添えて、回答をつぶやいてください。6/27(土)23:59時点で、タグで捕捉できたつぶやきをtogetterでまとめます。 pic.twitter.com/EkUSaqi6jA

2020-06-23 22:11:26
拡大
猫道士 @syouyouha

武侠ファンというか金庸作品ファンですが、次の新作情報が入ってくる事にこの作品が日本で放送されるまで生きる楽しみが出来たという事。傑作なら言うことなしですが、トンデモ作品でも突っ込める楽しみも #武俠好きさんに質問 pic.twitter.com/Y9w0oRhZDg

2020-06-14 08:49:09
拡大
ラグ@Die Neue てんぐ @Rag_na_6ck

ひと言でいうと「世界が広がる」ことかな。ジャンル自体も進化や変遷を重ねていくし、中国に対する新しい視点を得られ、同好の士と出会え、そしてRPGの世界観などにも新しい可能性が見えてくる。武侠をきっかけにこの「世界が広がる」感覚を得られた時が一番幸せです。 #武俠好きさんに質問 pic.twitter.com/dsoYISWHR3

2020-06-14 11:55:50
拡大
忍豚 @ninton

#武俠好きさんに質問 趣味が拡がった。 武侠小説から始まり、ドラマ、中国語カラオケ、そして他のジャンル(宮廷、玄幻ドラマなど)の作品も鑑賞するようになり、同好の仲間たちとの交流が増えた♪ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)♪ pic.twitter.com/7iQL3XvTAB

2020-06-14 14:39:47
拡大
雞蛋仔🐣ぽこぽこ菓子 @gagtuma

香港映画はもちろん、華流エンタメのパロディ元ネタが分かって一層楽しい #武俠好きさんに質問 pic.twitter.com/JPmUzfLEJ3

2020-06-15 17:38:55
拡大
カトー @alatamete

この先ずっと好きでいられる物ができた!ってところですね。夢中になれるものがあるのは、それだけで幸せですから。 #武俠好きさんに質問 pic.twitter.com/c0oYc7SRgS

2020-06-22 10:34:28
拡大
金猫郎君@中文字幕で勉強中 @JinmaoLangjun

十代の頃に夢想していた世界が、見事に武侠作品には詰まっていて、その頃の懐かしい感情が蘇ってくる。こんな世界があることが驚きだし、もっと早く出会いたかったな。あと何琢言ちゃん大好き。 #武俠好きさんに質問 pic.twitter.com/cDw3vWj2sL

2020-06-26 20:47:32
拡大
秦暁 Aguila Jata @heki007reki

@jinyong_riyu #武俠好きさんに質問 日本と同じ文化圏だと思っていた中国に 日本とは違う習慣や考え方があることを知った pic.twitter.com/n7MhUZDYnY

2020-06-27 15:05:44
拡大
拡大
忍豚 @ninton

#武俠好きさんに質問 「武侠作品に出会えてよかった!」 『鹿鼎記』の陳近南が、儒教道徳についての長年の疑問に答えてくれた。 「目上が間違っている場合はどうするのか?」 ↓ 「自分自身が常日頃から正しい行いをしていれば、必ず理解してもらえる」 pic.twitter.com/WunX8GU7HV

2020-06-27 20:36:18
拡大
シウニャン@塗山蘇蘇就是俺的小狐仙 @koiuds

#武俠好きさんに質問 中国ドラマや中国小説に対する嗜好の幅が数十倍程広がったことです。 実際、金庸の小説が紹介される前は中国の娯楽小説については興味すらありませんでしたし、武俠ドラマを知らないと20世紀の香港映画や中国の娯楽映画について全く語ることができませんでしたw。 pic.twitter.com/SelZkmCKAx

2020-06-27 21:30:52
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?