Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年7月6日

パク・チャヌク監督はなぜ『すごいよ!! マサルさん』の映画化を考えたのか。韓国のSF作家・サブカルチャー批評家が韓国での『マサルさん』受容を解説

『JSA』『お嬢さん』などで知られる韓国の映画監督パク・チャヌク。彼は2003年、日本の漫画を原作とする映画『オールド・ボーイ』を制作したが、同時期にギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(うすた京介)の映画化を考えたこともあったという。 このまとめでは、この監督の発言の背景として知っておきたい韓国での『すごいよ!!マサルさん』の受容のされ方についてまとめている。韓国での受容についてツイートしているのは、韓国のSF作家でサブカルチャー批評家でもあるソン・ジサン氏である。 またそこから派生した、韓国における「笑い」「ボケとツッコミ」などの話題もまとめている。合わせて、ソン・ジサン氏の主な著作(現時点では邦訳なし)の紹介も入れた。【2020年7月6日】
101
むさ(musA) @ymusa2

『パク・チャヌクのモンタージュ』 映画『JSA』制作前から『サイボーグでも大丈夫』までの雑誌インタビュー、制作記、当時小学生の娘と作った創作物語まで様々な文章をまとめた盛り沢山な1冊。パク・チャヌク監督好きは元より作品出演俳優や仲良しの制作者が好きなら読んで損は無い。 pic.twitter.com/MDr8fxIaa2

2017-01-24 00:27:43
拡大
むさ(musA) @ymusa2

@ymusa2 『パク・チャヌクのモンタージュ』 鈴木清順や『ブレードランナー』『デッドマン』等について語りまくる「僕が愛したB級映画」も興味深い。インタビュアーが変な場合嘘のストーリーを語る様な不真面目部分も楽しい。『オールドボーイ』より映画化したい作品名が衝撃でした pic.twitter.com/A8oYOBKlWo

2017-01-24 00:52:26
拡大
拡大
龍氏 @dra_ryusan

未読だけど『パク・チャヌクのモンタージュ』に書かれているらしい。「なぜ『オールドボーイ』なのか?」と聞かれ、「本当はもっと作りたい漫画では『セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん』『あずまんが大王』がありましたが、とうてい原作を超えるように作る自信がなくて」とのこと。

2017-03-04 00:24:03
オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

チェ・ミンシク,ユ・ジテ,カン・ヘジョン,パク・チャヌク

ヨ田 @yo_k_t

『オールドボーイ』を映画化したパク・チャヌク監督、「本当はもっと作りたい漫画では『セクシーコマンドー外伝 すごいよ‼︎マサルさん』…がありましたが…」って書いてる

2020-07-03 18:15:57
ヨ田 @yo_k_t

「…とうてい原作を超えるように作る自信がなくて……。」

2020-07-03 18:17:16
  • 『週刊少年ジャンプ』にて1995年~1997年連載。単行本全7巻(1996年6月~1997年12月)が刊行された。アニメ版は1998年1月~4月に放送。
  • 韓国では、週刊の漫画雑誌『少年チャンプ』(소년 챔프 / 現『コミックチャンプ』코믹 챔프)で翻訳連載された。カルト的な人気を得る一方、ネット検索で得た情報によると、あまりにも意味不明だと抗議する読者もおり、前代未聞の連載中断になったという(詳細未確認)。ただ、単行本は1997年6月から1998年6月にかけて全7巻すべてが翻訳出版された。
  • なお、パク・チャヌク監督は『オールド・ボーイ』の韓国での封切直後のインタビュー(2003年12月)で、アニメ版は見たことがないと述べている(その後見たかどうかは不明)。

韓国のSF作家・サブカルチャー批評家、ソン・ジサン(孫志尚)氏が韓国での『マサルさん』受容について解説

リンク sfwuk.org ソン・ジサン (손지상) : 韓国SF作家連帯会員リスト 父が軍人のため、16歳まで全国を引っ越しながら過ごした。本が好きだったが、頻繁な引っ越しのため、着実に交流する友達も、蔵書も少なかった。数少ない蔵書も皆ノンフィクションや人文書だけだった。初めて読んだSFは児童小説用の縮約版のエドガー・ライス・バロウズの「火星のプリンセス」、アイザック・アシモフの「鋼鉄都市」、ロバート・ハインラインの「超人部隊(Gulf)」であった。 2005年心理学で大学に入ったとき、ある先輩に「考えに論理の骨組みだけあって、感情の肉がない」という忠告を聞いて小説を読み始め、
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

韓国では全く脈略やコンテキストが無いまま、翻訳も結構無理矢理で言っちゃ悪いが誤訳に近かったので(僕が世代的にドンピシャ)、一種のカルト見たいな受け方だった。全く意味の無い、ひたすら怪異な振る舞いをする漫画だと勘違いされたのだ。これが背景に無いとこの発言は理解しづらいはず。 twitter.com/yo_k_t/status/…

2020-07-04 18:47:41
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

当時の韓国人はキテレツも知らなければ忍者ハットリも知らなかった。後でケーブルテレビで二作品が放映されているが、もう10年以上後の話。なのでキテレツの歌を歌いながら最後忍者ハットリで締めるマサルくんの小ボケすら意味不明なのだ。だからわかるやつだけ解る、みたいな暗号扱いだった

2020-07-04 18:53:37
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

韓国では、パロディの元を知らないから、ただ単に異常者の電波そのものよして「全否定か全肯定」しなくてはならない、「知らないやつは仲間外れ」見たいに圧力かかれる作品であったと、僕は評価している

2020-07-04 18:53:39
カスガ @kasuga391

namuwikiのマサルさんの記事にも、「元ネタを知っていればパロディ漫画だとわかるが、韓国版は変な翻訳のせいでまったく意味不明な怪奇漫画になってしまった」と書いてあった。 namu.wiki/w/%EB%A9%8B%EC…

2020-07-04 19:39:11
カスガ @kasuga391

でも、「全く意味の無い」ではないにせよ、「ひたすら怪異な振る舞いをする漫画」というのは、日本での受け止められ方とそこまでズレてないような。あれ、日本でも「元ネタのあるパロディ漫画」と言うよりは、「マサルさんが意味不明な奇行で周囲を振り回すマンガ」という扱いだったし。

2020-07-04 19:39:42
カスガ @kasuga391

『マサルさん』の韓国語版にしても、「どすこい喫茶ジュテーム」「とし子宇宙へ」みたいな日本人にも意味不明なギャグが、「これは誤訳のせいで意味不明になってるだけで、原語版ではちゃんとした意味があるんだろう」と深読みされた可能性もあるんじゃないだろうか。

2020-07-04 19:59:23
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

まさにコレ。第一韓国では「ギャグ」が日本と違って「面白い事全般」を指す言葉に変わってしまい、コメディアンを「ギャグマン」とよぶ。日本で言うギャグと言うものの翻訳語が無い。これを気づいている人自体が少ない。ギャグマンだが(日本の概念の)ギャグをしないのだ twitter.com/django_coburn/…

2020-07-04 20:15:38
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

韓国には、今もシュールと(日本で言う)ギャグの概念が無い。韓国では「ギャグ=面白い事」と意味が拡大されてしまい、コメディアンを「ギャグマン」と呼ぶ。日本で言う「(一発)ギャグ」の概念が無い。だから笑えると言うか全く意味不明の奇行にしか見えない場合が多い。 twitter.com/nabe1975/statu…

2020-07-04 20:19:22
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

それ以前に「シュール」と「(日本で言う一発)ギャグ」の概念が、韓国に無い。特に当時は。よって全くの奇行にしか見えなかった。だからこそ面白いものでもあった。異星人の文化でも見る気分だったから。 twitter.com/wargrau/status…

2020-07-04 20:21:41
ヨ田 @yo_k_t

韓国での『すごいよ‼︎ マサルさん』受容にかんする詳しい知見が得られている

2020-07-05 08:18:42
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

韓国にはツッコミという概念が無いしどつきツッコミしたらそれ喧嘩になるよ

2020-07-04 20:33:43
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

韓国には、漫才もボケもツッコミも一発ギャグも概念が無い。それどころか、芸人とテレビタレントの区別もない。寄せが無いので劇場を元にする芸人に概念が無いのだ。

2020-07-04 20:46:26
残りを読む(75)

コメント

kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年7月6日
( ´H`)y-~~甘いぞお前ら。「絶望先生の小ネタが欄外スペース利用して解説されて韓国人に理解されていた」「解説するウェブサイトもあった」「しかもほぼリアタイ」
33
petton @n_petton 2020年7月6日
まあマサルさんはなぁ、映画化してウケなかった時が怖いよね
9
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月6日
日本人も「異星人の文化でも見る気分」で見てたと思う。
43
fumi @karakararen 2020年7月6日
mtoaki マサルさんはまだギリ理解できる文化だったと思う。 元ネタもわかるし、マサルさんフォロワーのギャグ漫画も多数産まれた。 ボーボボは…作者ですら再現不可能な何かだから…
62
い・かえる @ita_kaeru 2020年7月6日
大地丙太郎監督のアニメは神だったんだけどね。次回作の浦安鉄筋家族がギャグがわかりやすいだけにさらに神だったw https://www.youtube.com/watch?v=cPGgYRChVUA
5
tama @tamama666 2020年7月6日
ツッコミや軽くでも叩くのはNGと言うことは突っ込まないツッコミの松蔭寺の出番やな!
0
TTE @TTE001 2020年7月6日
こっちも、アメリカンジョークわかんないから、似たような感じかな。
18
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
tamama666 ペコパの由来は韓国語の배고파(お腹すいた)から撮っていますし、あの言語センスを生かして韓国語が出来れば、あのキャラのルックス無しで行けるかも知れません。単体で。
3
川田零三 @kawada0zo 2020年7月6日
で、「あずまんが大王」は?
3
柘榴石(ざくろいし) @zakuro_ishi 2020年7月6日
漫才もボケもツッコミも一発ギャグも概念も無い……!日本の創作に出てくる韓国人(KOFのキム・カッファン、ヒカルの碁の秀英、ホイッスル!の郭英士、等)真面目系のキャラが多いのはそれが関係している?
1
catspeeder @catspeeder 2020年7月6日
こういう二言語・二文化にまたがった知識と思考を備えたうえで行う創作活動ってどんな感覚なんだろうな。アイデアとかも二パターンの思いつき方や磨かれ方があったりするんだろうか。いろいろな意味で興味深い。
8
根茂_高性能20mm速射砲提督 @nemo_phalanx 2020年7月6日
で、これにはPENICILLINは呼ばれるのか、そうでないのか。全てはそれによる。(ヒゲをつけつつ
10
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
zakuro_ishi かも知れませんが、お笑いの背景が違う気がします。韓国の伝統芸能は、舞台では無く平場とか街でやる、日本で言う大道芸人で、客弄りとかしながら政治風刺をする物でした。お笑いという別世界がありそれを観察する感じでは無く、日常と地続きですね。
10
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
catspeeder そうなんですね。うまく「翻訳」も試したりします。漫才のテキスト買って呼んで小説に適用するとか、KOCの優勝ネタを分析したりとか。
3
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
kawada0zo 普通に翻訳された漫画も、吹き替えした漫画も、大ヒットしてました。僕はドンピシャ世代ですね。
13
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
nemo_phalanx PENICILLINは2000年、単独公演としては初の日本人歌手として、韓国でLIVE公演をしました。http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2000071820000501 が、あまりウケは良く無かったそうです。
2
しゃもじ @fc0879 2020年7月6日
サム・ライミ監督の「NOIR」実写化待機してる人〜!私〜!
1
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2020年7月6日
しかしまともに交流出来る道もあるのに逆の方向に進ませる様にしてるのは勿体ないな…やはりサ◯スンを打ち倒すべきか
1
ダメタマゴ @55_current 2020年7月6日
ピューと吹く!ジャガーが映画化出来たんだからできない事はない
6
達入玉 @tatsuiritama 2020年7月6日
宇宙アイドル云々が気になりすぎる
3
Husetsu @husetsu126 2020年7月6日
なんでマサルさん!?(ガビーン
0
minori19780 @minori19780 2020年7月6日
すごいよ!マサルさん懐かしいなと思ったら1998年なのか…にじゅうにねんまえ…ヒェッ
4
本の犬 @31040_32 2020年7月6日
マサルさんとギャグマンガ日和をちゃんとおもしろくアニメ化できた大地丙太郎はすげえよ
28
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年7月6日
90年代の日本のアニメやマンガが韓国にいろいろ入ってたというのは事実だもんな。 ちょっと古いけど、韓流男性アイドルが日本公演で、MCでスレイヤーズの重破斬(ギガスレイブ)の呪文を詠唱したという話もあるくらい。
0
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年7月6日
その時のまとめ→ 韓流アイドル Super Junior-K.R.Y.のキュヒョンとイェソン 日本武道館でスレイヤーズの「ギガスレイブ」を詠唱する。 #KRY https://togetter.com/li/444034
2
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
manaby76 スレイヤーズは空中波で全国に放送してたので時の人気作ですね。僕もその一人です。
2
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月6日
karakararen ボーボボは澤井啓夫に現実翻訳されていた・・・?
1
川田零三 @kawada0zo 2020年7月6日
doskharaas ありがとうございます。「マサルさん」とは違った分かりにくさがあるかな? と思ったのですが、そのあたりは乗り越えられたのですね。
1
はるにゃ@EBI-DAI @harunain 2020年7月6日
大地監督の「妖精姫レーン」も知られて欲しいなぁ。2巻で打切りのOVAだけど。
0
逆らわずに右へ🎌春疾風🎌 @coffeerabbit27 2020年7月6日
「どうしてそういうボケになるのかがわかって笑う」のと「理解が追い付かず笑う」のって同じ感情なんだろうか、とふと思った
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
kawada0zo 韓国では、90年代に、所謂ハイ・ファンタージが定番に定着されてて、スレイヤーズはその流れで入りました。
4
ありよし/コアロン @TnrSoft 2020年7月6日
絶望先生は理解できても、じょしらくの「○○を返せ~」ネタは一生理解できないと思うぞ
0
川田零三 @kawada0zo 2020年7月6日
doskharaas あはは! いや申し訳ない、「スレイヤーズ!」でなく「あずまんか大王」のほうです。日本の高校生のスタンダードが分かっていないと、そういうレベルでのやり取りに、飛び級天才少女や天然記念物が違和感なく同居している可笑しさは分かりにくいのでは、と思ったもので。
0
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2020年7月6日
そいえばあずまんが大王は地名が韓国のそれに変更されてたけど、沖縄行きってどうだったんだろう?韓国にイリオモテヤマネコなんて居るところないし…普通に日本にやってきた?(よみが北海道行ってたり割と日本各地だったりしたけど
0
おくすり @nyu_nyu2012 2020年7月6日
なぜかドズルのクオリティを見て信憑性がアップした
4
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月6日
kawada0zo すみません間違いました。そうですね、女子高生の日常が意外と似ていて、韓国では日本の学園物が入りやすいほうです。マサルさんもその辺がとっつき易いのでどうにか受け入れられたでしょう。
6
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
m_sheririn あれは、アニメ版の話ですね。アニメと漫画は規定が違いますので、漫画版では沖縄でした。
3
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
nyu_nyu2012 勝新の座頭市という形態摸写というネタもあります。
2
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2020年7月7日
doskharaas なるほど…アニメとコミックはまた違うのですね(アニメをテレビでやると不特定多数が観るから、という感じですか
0
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年7月7日
マサルさんが意味不明扱いされたらしいけど、テレビ東京が内容が滅茶苦茶過ぎて放送拒否した伝説の販促アニメ 人造昆虫カブトボーグ_V×Vは韓国ではどう評価されたのか気になった。一応アレは日韓共同制作作品だが
2
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
m_sheririn 子供が理解しやすくするため、ということですね。なので、大阪は「プサン・テク」(부산댁, 釜山宅)にローカライズされました。大阪とプサンの感じが似ていて方言を使うところもあるので。テク(댁, 宅の訛り)は、一昔の呼び方で、~テク(댁)は「嫁」の意味があり、おばさんがおばさんを呼ぶ時使いましたね。実家の地域名+テク=○○から嫁いだ誰誰さんのニュアンスですかね。ちなみに新しいの意味の「セ」(새)をつけてセテク(새댁)というと新妻の意味です。
8
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 まったく人気なかったです。刻一部のオタクが発掘して面白がったが流行らなかったですね。
6
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年7月7日
doskharaas 一応地上波放送したんだ……というかできたんだ(驚愕)<カブトボーグアニメ
2
TAKAKO★マッドネス @takakomadness21 2020年7月7日
エロ漫画なんだけど「独蛾」って韓国で実写映画化出来んかな?心理描写とか好きなんだけど。https://comic.k-manga.jp/title/61622/fv
1
灯台🐢 @cccccuyu 2020年7月7日
えー!そうかなー!少し前見た韓国のお笑いのやつ、ドリフみたいだな、と思ったのだけど。ツッコミとボケもあったと思うし。
0
九十九 @hakqq 2020年7月7日
思いのほかドズルだったw
2
🥨戦🍅闘🥥AI🍗ロリ🍲メデル🧆 @KZNK0 2020年7月7日
すごいよマサルさんの原作を越えられない…越えちゃいけない一線を軽く越えた原作をさらに越えたらどうなるかwww
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
cccccuyu それは、昔々の放送局PDがドリフのコントとかを参考にしてたので、見様見真似でそうなったのが正しいでしょう。ツッコミでは無く、フリとコナシみたいな役割をしている事です。
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
takakomadness21 知らない漫画なのでググってイメージを見ましたが、アレでは絶対に出来ないと思います。心理描写以前に未成年ですし、性的虐待をされるので、万歩譲って制作されても、客に全く受けないでしょう。
3
アキゾヲ @akizo9 2020年7月7日
マサルさんは日本の漫画の歴史の中で見ると、(うすた先生の独自のセンスはもちろん大きい要素だけど) 伝染るんですやゴールデンラッキーのようなシュール度高いギャグ作品と 島本和彦先生のトホホ熱血ギャグ のハイブリッド的な生まれ方だったなと
2
アキゾヲ @akizo9 2020年7月7日
なんとなくだけどこの監督さんが「いじめてくん」を映画化したらいい作品になりそう
2
かぴばら @mameshiba0003 2020年7月7日
『ピューっと吹く!ジャガー THE MOVIE』は地獄のようなクソ映画だったね...
1
或忍 at 水性ゴリラ @ALNiN90125 2020年7月7日
これで『マカロニほうれん荘』が韓国に渡ったらどうなるんだろう。
0
ボトルネック @BNMetro 2020年7月7日
不条理ギャグにベタなツッコミをかぶせて分かりやすくした、90年代以降のお笑い芸人的なギャグではあったと思う。
0
ボトルネック @BNMetro 2020年7月7日
akizo9 しりあがり寿「他所へ」なんかもいけるかもしれない
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
ALNiN90125 そういう系の漫画自体は、クレヨンしんちゃんがあって、マサルさんがあって、マサルさんを前後として、ボンボン坂高校演劇部とか行け!稲中卓球部とか結構入っているので、今更ショックはないはずですが、引用する絵に問題があるのできびしいでしょう。旧日本軍とか、スワスティーカとか。
1
或忍 at 水性ゴリラ @ALNiN90125 2020年7月7日
doskharaas 日本人が良くも悪くも無頓着だった故にウケた作品でしたが、用いている題材を考えると厳しい物がある訳ですね。懐かし漫画祭になってしまいますが、あとは江口寿史さんの『すすめ!パイレーツ』を渡すのも良いかも知れないかなと思いましたが、これはこれで当時のポップ&サブカルチャー知識が必要になるデメリットがあるという……
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年7月7日
ALNiN90125 僕も「すすめ!パイレーツ」や「ストップ!ひばりくん」を読みましたが、やはり元ネタがわからないので無理がありますし、「ヴィジュアル」と「身体性」を重要視する韓国の文化としては、絵力で笑うのであって、そのギャグのテンポやギャグというそのものの概念があって「面白いもの」という認識が生じるのではないので、「ひばり君」がギリで、「すすめ!パイレーツ」は相当厳しいと思います。
1
ボトルネック @BNMetro 2020年7月7日
日本の漫画を韓国で映画化といや、新田たつおの「チェン爺」を原案にした「ザ・ゲーム」ってタイトルの映画があったな。もう10年以上前だが
1