10周年のSPコンテンツ!

被爆国日本に、なぜ原子力発電所が広まったのか?

日本にとって原発とは何だったのか、深く考えさせられる連続ツイート やはりこれは遺しておかねばと無断まとめ ロリエンヌさんすいません 続きを読む
震災 日本 原爆 政治 原発 原子力
6
Azusa Yamaguchi @Rollienne
わが国がなぜ原発を持つことにしたのか。その理由が、理性的なもののはずはない。わが国の最大のトラウマは敗戦であって、敗戦の引き金となったのが原爆。そして、そもそもの戦争の原因だったのがエネルギーの枯渇だ。原発は原爆を母とし、エネルギーの枯渇を父としたのだ。理性的に始めたのではない。
Azusa Yamaguchi @Rollienne
発のお母さんの紹介をしよう。われわれ国民は原爆など欲しいとは思わないのが大半だが、戦争を遂行し、実際の意味で「負けた」人間は、原爆が欲しかったはずだ。原爆さえ持っていれば、落とされることはなかったし、こちらが先に持っていれば、あるいは勝てたかもしれない。原爆が持ちたかった
Azusa Yamaguchi @Rollienne
為政者は、原爆を持ちたいと言ってみたが、純粋に被害者であった国民、すなわち自ら戦争を遂行したのではなく、単に戦争に巻き込まれ敗戦という混乱を味わっただけの国民は同意しなかった。原爆が持てないとわかったとき、どうしても持たなければならなかったのが原発だった
Azusa Yamaguchi @Rollienne
原発を持つことによって、原爆の材料を手にすることができ、原爆を開発するためのノウハウが蓄積できる。加えて、資源の少ないわが国のエネルギー問題を解決できる。あとはどうやって国民を納得させるかだ。何がなんでも安全ということにしなければならなかった。それが原発の正体だ。
Azusa Yamaguchi @Rollienne
かくして我々は、長い長い年月をかけて克服しようと努力してきた自然の脅威を、最悪の形で呼び起こすことになった。なぜまだ気付かない?このまま推進すれば原発でわれわれは滅びてしまう。わが国だけではなく、種としての人類が滅びるのだ。止めることこそが、われわれの世代の責務だ。
ウワバミ琉球守 @uwa_R
お布団でゴロゴロしながらTL読んでたら、ロリエンヌさんによる的確な原発の両親紹介があって戦慄しました。
Azusa Yamaguchi @Rollienne
ありがとうございます。誰にも見向きもされなかったのじゃないかと思っていました。原発の両親は敗戦の怨念です。 “@uwa_R: お布団でゴロゴロしながらTL読んでたら、ロリエンヌさんによる的確な原発の両親紹介があって戦慄しました。”
ウワバミ琉球守 @uwa_R
@Rollienne いや素晴らしかったです。むしろ何故注目が少なかったのか不可思議でした。私はロリエンヌさんとは思想信条が多少異なるとは思うのですが、原発問題の本質を突く知性と優しい眼差しに圧倒されました。読む人の人間性を高めるツイートだと思います。有難うございました!
Azusa Yamaguchi @Rollienne
@uwa_R 原爆が欲しいというのが理解されないのでしょうね。わたしも原爆を欲しいと思ったことはないのですが、もし自分が戦争を遂行する側にいたら、原爆というツールを欲し、そのためには手段を選ばないという発想を抱くのはあり得ない話ではないとおもったのです。
ウワバミ琉球守 @uwa_R
@Rollienne 成る程。脱原発には、推進派の思考を理解する想像力も大切ですね。

コメント

相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
いろいろありますがうちの結論もおなじです。IAEAの建前と制約を巧妙に回避した日本の原爆開発予備計画=原発開発。大戦間におけるネーバルホリデーと各国の回避策と同じ。当然アメリカも噛んでます。それ位冷戦時代というのは切羽詰って準備してたわけです。しかし今でもIAEA縛りは有効なのでこれを認めることはないでしょうが。
灰色と名乗る事実上の形式不明武装多脚砲台 @haiiro8116 2011年6月30日
何時の間に大日本帝國の臣民は、望まない戦争に勝手に巻き込まれた事になったんだろう(´・ω・`)自ら望んで自ら破滅した、言わば自業自得だったのに。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年6月30日
核兵器が欲しかったら軽水炉じゃなく黒鉛減速炉や重水減速炉だらけになってるわー。これが名文とかマジないわー。(嘲
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2011年6月30日
中国は核開発を始めたのが1955年で1964年に核実験成功して核兵器取得。だけど原子力発電所を取得、運転を始めたのは1991年。核兵器が欲しいから先に原発を開発、という順番なら中国はどうなるの、という話ですお。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
>黒鉛減速炉に重水炉+時間かかりすぎ そんなことしたらIAEAと後ろのソ連(後に+中国)が偉い騒ぎに。 だから世論や他国を気にして少しづつステップアップしてようやく再処理施設+高速増殖炉でプルトニウムIYH!まで来たけどその頃には冷戦終了、ってことですな
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
命題として「冷戦に当たり、敗戦国な上に国際機関・核大国からの縛りが厳しい状況において、核兵器カードの入手に近づくにはどうするか」という回答としては当を得てるのでは。 黒鉛炉や重水炉など、直接的短絡ルートをやったら(北朝鮮やイランのように)袋叩き&軍事行動確実ななかどうやって近づくか、ってのを考察すると
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
「他国もやってる軽水炉」で経験をため少しづつステップアップし、「自国で全てを賄える再処理施設」から、「発電しながら兵器級プルトニウムを作り出せる高速増殖炉」と落ち着くわけです。 国際政治や核大国からの制約を考えると涙ぐましい努力ですし、今でももんじゅを諦めない最大の理由なんでしょう。 それを読み込んだ後だと、政府、与野党政治家や電力会社の歯切れの悪さがどこから来てるのか大体察しが付くとおもいますよ。
きゃら a.k.a. リラックマおじさん @kyarapon 2011年6月30日
なるほど、核実験なしで核兵器つくれるんだ。 それとも核実験までステップアップ?(苦笑) まさかのアメリカが実験データ渡してくれるとか?
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
>核実験問題 『核実験』までいくと引き返せない(インドのように各種制裁確実)から「準備」で留めてるわけです。しかし日本は、現状でもそのプルトニウム保量から『潜在的核保有国』の扱いを受けて、それが日本の国際的地位にも(プラスに)影響してるわけですから、「核兵器開発の準備をして要素がそろってる」と見られるだけでも戦略的な効果は高いわけです。 しない、できないから『全く何もしない』というのは愚の骨頂。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
>まさかのアメリカが実験データ渡してくれるとか? 冷戦まっただなかの時代はそこまで想定はされてた可能性は高いと見ますね。今では考えられませんが。 本当に第三次世界大戦一歩手前の状況になったばあいどうするか、ってのを、当時の日本やアメリカ政府は真剣に考えてたんでしょう、きっと。 …今じゃ全くお笑い種にもならない電波話ですが、30年前なら充分想定できることです。
きゃら a.k.a. リラックマおじさん @kyarapon 2011年6月30日
ん?勝手に原発推進=原爆開発といってるのはそっちで 正直、核実験なしの核兵器はありえないと思いますよ。 実験データアメリカ渡すならそもそも核兵器売り付けるだろうし、核兵器そのものよりデータのほうが核ですから渡すとは思えませんが
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2011年6月30日
平和利用と兵器利用なんて、どんな物でも表裏一体なんで、原爆を入手するための原発なんてちゃんちゃらおかしい。日本の工業レベルを舐めるな
Cai @Cai0407 2011年6月30日
こんな「ぼくがかんがえたげんぱつのしんじつ」がまかり通ってるのか
sakanoue @sakanoue_kiku 2011年6月30日
電力が欲しいから原発を造ってきた、で済む話なのだが、それだと何が不満なのだろうか?
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年6月30日
年に1回しか蓋開けれない軽水炉で余分の中性子浴びせまくって240Puだらけになった使用済燃料でどうやって核兵器作る気だよ…。アメリカだってそんなもんで爆弾作るデータなんて持ってない。w
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年6月30日
軽水炉だけで兵器級プルトニウム作るわけ無いじゃないですか、重要なのはそこから使用済み燃料を、再処理工場通して高速増殖炉に持ち込むこと。 回りくどいのは、原子力の平和利用という看板の範疇で進めないと、諸外国(特にソ連と中国)を刺激するから
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年7月1日
あと、当然過ぎて言及しませんでしたが、石油以外の代替エネルギー確保が原子力開発の第一義なのはそのとおりです。ただ、私はそれだけ(表向きの綺麗事)が理由ではない、ということは私は言ってるわけです。逆に言えば、だからこそ55年体制下で原子力開発をゴリ押しできたのだと。(エネルギーだけが理由なら、スリーマイルとチェルノブイリ、もんじゅの3連発で死亡してるはず) それに戦後平和利用目的で原子力開発を導入した国で、核兵器に手をつけなかった国のほうが少数派だという事実も挙げておきます。(イスラエル、南ア、インド、ブラ
sakanoue @sakanoue_kiku 2011年7月1日
そういう推論が成り立つのはエネルギー確保という第一義を他で代用が可能な場合です。他に代用可能なエネルギー源があれば、そちらに移行しないのは何故?→裏の理由がある、と考えることができます。では、原発の代わりになるような代物がありますか? @Tatsuyuko
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年7月1日
原発の代わりになるような代用エネルギーに移行しないのは?→それこそが原発推進派の『本音』なんでしょう。前述の物騒な理由もそうですし、それ故の予算の例外措置(大盤振る舞いともいう)等。でも日本は代用エネルギーの研究では先端の一つですし、原発もその中の一つではあるんですよね。ただ財布は複数あるほうがいいというのも事実
sakanoue @sakanoue_kiku 2011年7月1日
すみません、「本音」が何を指しているのか分かりません。ただ、原発の代わりになるエネルギーが研究中だと認識されている、ということは分かりました。研究中=実用段階にない、つまり、現時点ではまだ原発の代用には成り得ないといことをちゃんと認識してらしたのですね @Tatsuyuko
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
気付いたらコメント欄がえらいことになってて ( ;´・ω・`)←こんな感じです Tatuyukoさんはじめまして。色々擁護していただいてすいませんm(_ _)m 有り難うございます
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
えーっと、私は原子力に詳しくない上にだいぶ頭がアレなので、適当にコメ返しさせていただきますが、悪しからずご了承下さい。 さて、私の見解では前提として「日本がアメリカの属国」であることを重視します。 ロリエンヌさんが指摘したように、国民が核武装を望まないのと同様に、宗主国も日本の核武装を望んでないんですね。黒鉛炉なんてもっての他です。 その2つの障害を迂回してたどり着いたのが、軽水炉設+高速増殖炉でのプルトニウム生産と、ロケット技術の研究拡大を組み合わせて、大陸間弾道核ミサイルを生産出来るようにする事だ
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
あ、いかん睡魔が。 一旦寝ます
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
起きたー! つまり潜在的に核武装できるように周辺技術を蓄えておくのが日本の原発と宇宙開発の隠された目的だったわけです。
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
haiiro8116さん >「大日本帝國の臣民は自ら望んで自ら破滅した言わば自業自得」 多少そういう部分もありますが、高級官僚(軍部)の省益拡大に巻き込まれたという側面の方が強いと思います。
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
AerospaceCadetさん >「核兵器が欲しかったら軽水炉じゃなく黒鉛減速炉や重水減速炉だらけに」 だってアメリカがくれないし、国民も黙ってなかったし。そして抜け道は色々あるしhttp://senzafine.livedoor.biz/archives/51159487.html
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
azukiglgさん 直接の核武装なんてメリケンさんが許しませんよ?ウラン燃料の市場を拡大するために原発の売り込みには来たけど。
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
kyaraponさん >「核実験なしで原爆作れるの?」できるみたいですね http://senzafine.livedoor.biz/archives/51159487.html
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
kyuuitiさん >「オイルショック」 トイレットペーパーの買いだめとか今考えると何が何やら。そもそも石油の値段が上がって困るのは化学製品の原料や内燃機関の燃料としてで、ウランは代替にならない。石炭や天然ガスなら代替になるけど。結論としてオイルショックはウラン燃料市場の拡大に利用されただけかと。ほらイギリス王室とかウラン鉱山に投資してるし、あの辺のからみ
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
mitsukireiさん 昔はメイドインジャパンといえば粗悪品の代名詞だったんじゃよ・・・。「過信のしすぎは自らの破滅を招く」とデギン公王も言っていたので、最近の「日本つえー」派の子達にはハラハラしっぱなし
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
Cai0407さん うん。因みに私はアメリカの属国状態から脱出するための即時核武装主義者(仮想敵国・アメリカ)。そして脱原発派。TPPとかクソ喰らえ
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
sakanoue_kikuさん >「電力が欲しいから原発を造ってきた、で済む話なのだが、それだと何が不満なのだろうか?」 核廃棄物の処理コストが膨大なのと福島の事故で分かったように潜在的な危険性が高すぎてペイしないから。最近の新興国の原発建設ラッシュも核武装の下心ありと見ます
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
AerospaceCadetさん >「年に1回しか蓋開けれない軽水炉で余分の中性子浴びせまくって240Puだらけになった使用済燃料でどうやって核兵器作る気だよ…。」そのためのもんじゅと六ヶ所村ですよ
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
sakanoue_kikuさん >「他に代用可能なエネルギー源」石炭火力がありますが何か?資源量はでかいし満遍なくあるから石油と違って政治リスク少ないし。現在なら天然ガスも有望になってきましたね
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
一番怖いのは、原子力がエネルギー源としてダメな事は福島事故でバレちゃって、残ったのは核武装の下準備というメリットだけなのに、そこを直視することなく、地震活動期に入ったこの日本で50基以上の原発を動かさないと「電気が足りない!」と叫ぶ人たちの思考。原爆=原発という悪魔の技術を列島に引き込んだ事に対する倫理的な内省も無ければ、経済軍事含めてあらゆる意味で合理性がない。
ウワバミ琉球守 @uwa_R 2011年7月4日
というかもうこの辺読むとhttp://senzafine.livedoor.biz/archives/50740374.html 核技術というのが他の技術と一線を画した、「悪魔の技術」であることに「気付く」べきだと思います。 もっと慎重になるべきだ。 というか今の原子力発電ってウラン資源の浪費じゃね?
DJ Silkwormだった人 @DJ_Silkworm 2011年7月4日
原発推進が核武装下準備としたい人らは、六ヶ所村の再処理施設の処理能力ちゃんと検証してモノ言ってるのかしら。つーかIAEA体制下での核開発なんざ、中国が日本を今のイランや北朝鮮と同じ状況に追い込む絶好の口実なのですけどねーーーーー(ほじりほじり
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年7月5日
六ヶ所村の再処理施設の処理能力ちゃんと検証してモノ言ってるのかしら。 再処理施設を作って稼動させたという『実績』が重要なのよ。国際政治的意味合いでもね。いまだに再処理施設の建設が認められない国も多いわけだから
Azusa Yamaguchi @Rollienne 2011年7月5日
皆さんありがとうございます。 世論は状況次第でいくらでも動きます。 いざ、有事となれば、世論が原爆を持つことに賛成するということは、いくらでもあり得る。 脳みそはいっぱいあって、優秀な脳は真逆のことを真剣に常に考えている。 今は永遠でなく、今ある議論は、あるきっかけで何もかも陳腐化する可能性がある。 今、我々は、否応なくFukushimaを見続けることをしいられている。 我々は我々の抱く恐怖心をこそ、見据えなければならない。 恐怖はときに人の判断を誤らせるけれども、恐怖を一見理性に思えるような意見で押さえ
Azusa Yamaguchi @Rollienne 2011年7月5日
途中で切れてしまったので、続き。。。 恐怖を一見理性に思えるような意見で押さえ込んだとき、我々は破滅への一歩を踏み出すことになる。 一億総玉砕と叫ぶことを理性と勘違いした時代は、それほど遠い昔ではないのだ。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年7月5日
>脳みそはいっぱいあって、優秀な脳は真逆のことを真剣に常に考えている。 同意です。『社会常識的にありえない』という言質は一般庶民的な視点(あるいは一般国民向けの建前・プロパガンダ)であって、国際政治の当事者間(為政者・官僚等)では常に模索はされてるんですよ。特に一番活発でかつ物騒なのはこの核武装なわけでして。
相沢タツユキ @Tatsuyuko 2011年7月5日
核武装は様々な障害がありすぎてありえない、と考えるのは一般市民の発想から抜け出せないものであって。為政者や官僚側からみたら、その『障害』をいかに回避するかが仕事です(例:ワイマール~ナチスドイツの再軍備)
岡一輝 @okaikki 2011年7月5日
最初に「原爆が欲しかった」と言い切っちゃってるから誤解されてるのかな。「原子の力」を持ちたかった、ということか。正体不明の新型爆弾ではなく、こういう仕組みでこう働くものだ、と、その手の中で確かめたかったのかもしれない。
岡一輝 @okaikki 2011年7月5日
得体のしれない野獣を恐れ続けた人間は、その野獣がいなくなっただけでは安心できない。その獣を檻に入れて『虎』なり『ライオン』なり、名札を掛けて、やっと少しだけ安心する。ムチを振るい、玉乗りを仕込み、火の輪をくぐらせれば、もう少し安心できる。女の手からエサを食い、喉を撫でられて目を細め、子供を背に乗せられるようになれば、もっと安心だ。
岡一輝 @okaikki 2011年7月5日
いつしか人間は、暗い森にひそむ牙の恐怖を忘れる。当然だ、恐怖を忘れたくて飼い始めたのだ。そして今や彼はサーカスのスターだ。もうすっかり安心だ。ムチも檻もいらない……しかし、それは人間が勝手に思っているだけのことなのだ。
岡一輝 @okaikki 2011年7月5日
彼は今でも、かつて暗闇に潜み、人間の肉に餓えていた時と同じ、肉食獣なのだ……ああ、柔らかな子供の肉が、彼のヒゲに触れている! しかし、でっぷり太ったサーカス団の小父さんは、ニコニコ笑ってこう言うのだ。「ホラ、すごい牙だろ? ちょっと触ってごらん」イタズラ小僧は、飴の甘い匂いのついた指先を、ライオンの鼻の穴に突っ込むつもりだ。母親は、それをニコニコ笑って見ているだけなのだ!
ゆーあん @yui22883 2012年6月16日
陰謀論にとらわれすぎじゃないか?ただし、”こういう仕組みでこう働くものだ、と、その手の中で確かめたかったのかもしれない。”これは当たってると思う。20世紀は原子核の研究が大いに進んだ時代だった。その研究に加わり、何らかの発見・成果を成したいと思うのは物理を学ぶ人間全てに共通することだからね。
モリノ @yaguramorino 2012年6月30日
軍オタ的には核武装うんぬんはほぼありえない。理由は日本で経済、政治、地勢ともに核兵器を効果的に運用することが根本的にできないから。優秀な脳だからこそ、今まで核兵器を持たない事、「持ちそうだ」と諸外国に思われないように心を砕いてきた。
モリノ @yaguramorino 2012年6月30日
ただ、興味深いのは前大戦の経験に言及している事。 きっと具体的な電力や武力というより、自分たちに力を与えてくれる原子力、科学力の抽象的な存在を日本の味方に付けたかったんじゃないかな。前の大戦では日本人は両方の分野で酷い目にあわされたからね。
モリノ @yaguramorino 2012年6月30日
要するに、日本人は「ゴジラ」や「アトム」が欲しかったんだ。
モリノ @yaguramorino 2012年6月30日
このまとめはそういう事が言いたかったんじゃない?
赤木智弘@真実の赤(白) @T_akagi 2016年10月29日
日比谷焼き討ち事件とは何だったのか……:「純粋に被害者であった国民、すなわち自ら戦争を遂行したのではなく、単に戦争に巻き込まれ敗戦という混乱を味わっただけの国民」
uso800bis @uso800bis 2016年10月29日
戦前の国民は、国に騙されて戦争に巻き込まれたと思っているから、こういう論が成立するんだよね……当時の国民が、どんなに戦争に勝つことを求めていたか……昔の資料読めばわかるだろうに……
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする