編集可能
2011年7月2日

陶芸家って立体作品のことをなんでオブジェっていうの?

「陶芸家ってなんで立体作品をオブジェっていうの?」という小さな疑問からまさか古今東西巻き込んだ壮大な話に発展するとは…。 怖い先輩たちに言われ時間がない中編集いたしました。間違いがあったとしてもぶたないで下さい! 最後に一言。この議論クラスタどもがぁぁ!
12
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:08:11
@Nam_HyoJun

私もそれずっと思っておりました。 RT @dragon1_ 陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:09:45
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

おっ!論客が盛ってきた!RT @Nam_HyoJun: 私もそれずっと思っておりました。 RT @dragon1_ 陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:11:05
金理有 @orashitoriegumo

おれは出来ればオブジェとは言いたくないです。和製英語みたいになって浸透してますけど。後者2つのほうがよく使います。むしろ器すら彫刻と呼びたいときもRT @dragon1_: 陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:11:20
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

なんか違うものを想像しちゃう。ブロンズでできた抽象的なアレみたいな。RT @Nam_HyoJun: 私もそれずっと思っておりました。 RT @dragon1_ 陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:12:32
@Nam_HyoJun

wikによると「事物、物体、対象などの意味を持つ、英語ではobjectにあたる言葉。主に美術用語として用いられ、その場合には自然物、工業製品、廃品、日用品など、またはそれを使用して作られた作品をさす。ダダイスムとシュルレアリスムでの使用が顕著。」 @dragon1_

2011-07-02 01:14:00
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

うん。俺も器を彫刻的に見てる。まー、その見方しか出来ないからなんだけどね。RT @orashitoriegumo: おれは出来ればオブジェとは言いたくないです。和製英語みたいになって浸透してますけど。後者2つのほうがよく使います。むしろ器すら彫刻と呼びたいときも

2011-07-02 01:14:36
@Nam_HyoJun

とてもわかりまっす! RT @dragon1_ なんか違うものを想像しちゃう。ブロンズでできた抽象的なアレみたいな。Nam 私もそれずっと思っておりました。 dragon1_ 陶芸家さんは器以外の用いるものでない作品をオブジェと言うらしいが、立体とか、スカルプチャーじゃダメなの?

2011-07-02 01:14:42
@Nam_HyoJun

むしろ言葉の意味ではオブジェというものは、手で作ったモノとは遠いのではと。陶芸家て手作業にこだわりまくっている人だと思うのですが、美術の世界いる連中にオブジェと言われたら、あーダダのね〜となってしまうのですが。。。デュシャン的なあれと同じ的な。マジで?みたいな。

2011-07-02 01:18:06
@Nam_HyoJun

陶芸家がオブジェと言う問題なのですが、「オブジェ」と言われるとざっくりレディメイドを想像してしまうのは私でだけしょうか。。。

2011-07-02 01:20:10
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

エディションあり〜のやつ?ってなるねぇ。確かに。RT @Nam_HyoJun: 陶芸家がオブジェと言う問題なのですが、「オブジェ」と言われるとざっくりレディメイドを想像してしまうのは私でだけしょうか。。。

2011-07-02 01:23:34
金理有 @orashitoriegumo

ダダのその辺から影響をうけて使われだして、独自の方言に変化したと思う。日本では陶芸人口も愛好者も多いし、かなり通じるからなーRT @Nam_HyoJun: 陶芸家がオブジェと言う問題なのですが、「オブジェ」と言われるとざっくりレディメイドを想像してしまうのは私でだけしょうか。。。

2011-07-02 01:24:04
@Nam_HyoJun

「オブジェ」と言うのは、じつは危険なことではと思えてきた。「オブジェ」と言われると、ジャッド的なアレとかデュシャン的なアレを想像してしまい、レディメイドや発注芸術等のいかに作らずして作るかみたいなアレ想像してしまう。

2011-07-02 01:24:58
@Nam_HyoJun

陶芸家があえての「オブジェ」だったら、目ん玉が飛び出そうになるくらいにおもしろい。デュシャン的なアレやジャッド的なアレから想像出来ておもしろくなってきた。やばい、陶芸おもしろくなってきた。手作業でガツガツ作っているのに、いや「オブジェ」です。は、かなりおもしろいのではないか

2011-07-02 01:27:36
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

そのオブジェという言葉が一本引かせる要因になってないかなぁ。なんて思っちゃう。まー、見る人が見ればキチンと彫刻として見ているのだろうけど。 まてよ…。型で作ったエディション作品ならオブジェと思えるんかなぁ。。。 んー。違うか。。。

2011-07-02 01:27:43
@kimokko

@Nam_HyoJun リヒター的には粘土買ってる時点でその作品レディメイドですからね。笑

2011-07-02 01:29:04
金理有 @orashitoriegumo

@Nam_HyoJun @dragon1_ 3人とも同意見w そうそう、本来は真逆の属性のモノなはずです。

2011-07-02 01:29:13
@Nam_HyoJun

オブジェで想像するのは抽象的なパブリックアートや日用品を手で作っているクラフトクラスタが作る「作品」と言われるようなやつを想像してしまいます。窓際のアレとかです。 RT @orashitoriegumo ダダのその辺から影響をうけて使われだして、独自の方言に変化したと思う。

2011-07-02 01:31:08
shzl @shzl

言葉のターミノロジーにまつわるので厄介ですが、作家や入魂といった言葉とある意味で対極の "対象、そこにあるもの" ですから。 廃材を扱ったコンセプチュアルなどもともするとオブジェと呼べるでしょう。@Nam_HyoJun 陶芸家があえての「オブジェ」だったら、目ん玉が飛び出そうにな

2011-07-02 01:32:31
@Nam_HyoJun

おそらく真逆なはずです。日本での「アート」の使われ方みたいに「オブジェ」も歪んでいるんですかね。。。 RT @orashitoriegumo @dragon1_ 3人とも同意見w そうそう、本来は真逆の属性のモノなはずです。

2011-07-02 01:32:43
@Nam_HyoJun

@kimokko リヒターはマジ病気。空の作品欲しいんだけど。

2011-07-02 01:33:48
@Nam_HyoJun

おそらくここでは[オブジェ]と言われると、アートクラスタは萎えちゃうよ。って話かもしれません!! RT @shzl 言葉のターミノロジーにまつわるので厄介ですが、作家や入魂といった言葉とある意味で対極の "対象、そこにあるもの" ですから。 廃材を扱ったコンセプチュアルなどもとも

2011-07-02 01:35:14
金理有 @orashitoriegumo

それかなり近い変異やと思う!!RT @Nam_HyoJun: おそらく真逆なはずです。日本での「アート」の使われ方みたいに「オブジェ」も歪んでいるんですかね。。。 RT @orashitoriegumo @dragon1_ 3人とも同意見w そうそう、本来は真逆の属性のモノなはず

2011-07-02 01:35:49
🐝💨 @MOET_1009

@Nam_HyoJun アレ。(笑)おっしゃること、よくわかります。

2011-07-02 01:36:03
Ryuichi Takeuchi @dragon1_

@orashitoriegumo @Nam_HyoJun 不思議だねぇ。誰が最初に器(用いないものとしての)じゃない陶芸作品作ったんだろね☆あー。日本じゃない場合もあるか…。

2011-07-02 01:36:17
残りを読む(231)

コメント

セルフ執事 @SF_yomi 2011年7月2日
プログラマーだとオブジェクト指向的な、何かを感じるので、その小宇宙的表現好きです。
1
セルフ執事 @SF_yomi 2011年7月2日
あと、日本で一番古い非器具、陶芸芸術品って、土偶では? 
1
松山賢 @matuyamaKen 2011年7月2日
土偶への言及、まとめに入ってます。 dragon1さん、増田さんのもまとめに入れてください。 http://twitter.com/#!/toshiyamasuda よろしくお願いします。
1
Hrathnir @Hrathnir1 2011年7月2日
ここで語ってる人って実際にモノ造りしてるの?
1
Ryuichi Takeuchi @dragon1_ 2011年7月2日
怖い現代作家さんからのご要望通り加筆致しました…怖い(涙
1
Ryuichi Takeuchi @dragon1_ 2011年7月2日
ん?若手の現代アーティストと若手の現代陶芸家、ギャラリストなどですよ?!若手では結構なのある子達だと思うけどなぁ。
1
fukai souichirou @fukaiso16 2011年7月4日
やはり総称は見当たりません。今アマゾンで資料集めてます。高くて買えないプレミア本は大学図書館行ってみます。
1
@extudes 2011年7月4日
【林卓行×冨井大裕「《オブジェ》再論】(10年4月24日)。アートにおけるオブジェについての考察。1990年代以降の立体作品について語る際に、「オブジェ」という言葉を使うことを避け(陳腐に聞こえるから?)、「彫刻」や「造形」と呼ばれている事について取り上げている。その上で、90年代以降の「日常性」を指向した作品を、改めて「オブジェ」の文脈に置いて捉えなおしている。 http://goo.gl/FaLTg(導入の概要)
0
@extudes 2011年7月4日
オブジェ再論。当日の様子はこちらで視聴できます。 vol.1 http://goo.gl/Y2Zh6 / vol.2 http://goo.gl/GmioX / vol.3 http://goo.gl/mqBFK / vol.4 http://goo.gl/B9tj1
0
@extudes 2011年7月4日
上記に紹介したトークの内容をざっくりまとめると、林卓行さんは、視覚的な造形美を求めた作品を「造形」を呼び、素材の機能性はそのままに 別の意味を持たせた作品(デュシャンやゴンザレス=トーレスなど)を「オブジェ」と呼んでいる。 ここでの議論に直接は結びつかないかもしれませんが、オブジェの捉え方の一例として。
0
fukai souichirou @fukaiso16 2011年7月5日
そういや、冨井と林さんがトークやってましたね。忘れてました。 全部は聞いてないんだよな。。。
0
fukai souichirou @fukaiso16 2011年7月5日
冨井はオブジェか造形かって話でしたよね。確か。 僕は彼の作品を彫刻として見てるんですね。この場合造形になるのかな?既製品でモデリングしてる様に感じます。そうなると、彫塑になりますかね。
1
fukai souichirou @fukaiso16 2011年7月5日
オブジェという言葉を使わなくなった経緯の話とは関係があるかもしれませんね。
1
Ryuichi Takeuchi @dragon1_ 2011年7月5日
深井さん。まだ追いかけてくれてたんですね。恐縮です。
1