生産性が高くなると貧しくなる?

生産性向上はよいことだと思われているが、果たしてそうか。経済学上の矛盾が大きい農業を事例に考える。
234
shinshinohara @ShinShinohara

日本の農業は大規模化、コメ離れが進んでいる。一人一人の農家の経営戦略としては、それでよいと思う。ただ、国は国民を食べさせなければならない使命を負っている。もう少し工夫しないと大変なことになるかも、と、心配している。

2020-08-12 22:15:45
shinshinohara @ShinShinohara

農業問題を考える際、食糧、農業、農家、この3つは分けて考える必要がある。国民全員を養わねばならないという食糧の視点を重視すると、必ずしも日本の農業や農家を守ることにならない場合がある。逆に農家を守ると、食糧供給が危うくなることも。話は単純ではない。

2020-08-12 22:17:15
shinshinohara @ShinShinohara

私はできれば、食糧も農業も農家も、三つとも守れる方策を探すことが大切だと思っている。どれかだけに偏すると大切なものを失い、逆に偏重していたものまで危うくなるかもしれない。国民の食糧安全保障を守り、日本の農業を守り、農家を守る方策はないか、考え続ける必要がある。

2020-08-12 22:18:38
shinshinohara @ShinShinohara

冒頭に述べたように、日本では大規模農業が推進されているが、SDGsはむしろ小農を応援しようとしている。小農は石油消費が2~3割なのに食糧の7割を生産している。大規模生産法人は石油を7~8割消費して、食糧は3割ほどしか生産していない。私たちの食糧を支えているのは小農。 twitter.com/ShinShinohara/…

2020-08-12 22:21:51
shinshinohara @ShinShinohara

「食糧」と「食品」は分けて考える必要がある。それを食べないと生命維持が困難になる穀物(コメ、麦など)は食糧。トマトやキャベツなど、確かに重要だし食卓に彩は添えるけれど、大して腹の足しにならず、もしそれだけだとしたら餓死してしまうようなものは「食品」。

2020-08-12 22:23:41
shinshinohara @ShinShinohara

そして大規模生産法人は、「食品」ばかり作る。そちらの方が儲かるから。なぜ「食品」の方が儲かるのか。皮肉なことに、命にかかわらないから。 逆に、コメや麦といった、命を支えるのに不可欠な「食糧」は、安い。儲からない。なぜ儲からないのか。皮肉なことに、命にかかわるから。

2020-08-12 22:25:15
shinshinohara @ShinShinohara

この不可思議な現象について、経済学の大御所、アダム・スミスが「諸国民の富」で指摘。それは水の値段。水はふだんタダみたいな値段だが、足りないとなると金銀財宝を積み上げてでもコップ一杯の水が欲しくなる。水は極端な価格形成をするが、これはなぜだろう?それは「命にかかわる」からだ。

2020-08-12 22:27:09
shinshinohara @ShinShinohara

少しでも水が足りないと死んでしまうかもしれない。だから水は余分に確保しようとする。しかし余分があるということは、市場経済に照らすと「在庫がだぶついている」ということ。在庫があれば市場価格は低迷する。命にかかわるから余分に確保し、余分に確保するからタダみたいな値段に低迷する。

2020-08-12 22:28:19
shinshinohara @ShinShinohara

しかし足りないとなると、百万円払ってでもわずかな水を手に入れようとする。命にかかわるものは、市場経済に乗せると、ふだんはタダみたいな値段となり、足りないとなると非常識なまでに高騰する。命にかかわる商品は、市場経済に乗せると極端な価格形成となる。

2020-08-12 22:29:44
shinshinohara @ShinShinohara

水と同じことが、コメ麦などの基礎食糧にも起きる。それが足りなければ餓死者が出るかもしれない。だからどこの国も余分に確保しようとする。すると在庫が余っているとみなされ、市場価格は低迷する。こうして、コメのような基礎食糧は、価格がどうしても安く低迷しがちとなる。

2020-08-12 22:30:58
shinshinohara @ShinShinohara

他方、トマトやキャベツなどの野菜は、あればうれしいけれど、ないならないで命にかかわらない。こうした商品は、市場がだぶついているな、と思ったら出荷を控えることもできる。日持ちしないからそのうち腐る。「在庫がだぶついている」ことにならない。市況が回復したら出荷すればよい。

2020-08-12 22:32:16
shinshinohara @ShinShinohara

命にかかわらないものは、出荷しなくてもあまりやかましくは言われないし、生鮮野菜は貯蔵が効かないから、在庫がだぶつかない。結果、市場経済に乗せても、それなりの価格で売ることができる。コメは、同じカロリーを取ろうと思ったら、トマトの100分の1の価格。命にかかわるものは価格が低迷。

2020-08-12 22:35:13
shinshinohara @ShinShinohara

大規模生産法人がコメなどの「食糧」を作らずに野菜などの「食品」ばかり作るのはそのため。コメを作っても儲からない。「食品」ならそれなりの価格で売れる。だから「食糧」は手掛けない。日本の農業が大規模化に進めば、「食糧」を作らない国になる、ということも意味する。

2020-08-12 22:36:59
shinshinohara @ShinShinohara

それはそれでいいじゃないか、という意見もある。日本は高く売れる「食品」を作って売り、「食糧」はアメリカなどから安く買えば、と。 視点をアメリカに転じてみる。アメリカは西部劇の時代、1農家は12人分の余剰食糧を作れるに過ぎなかった。それでもおじいちゃんおばあちゃん含め、3世代を養えた。

2020-08-12 22:39:24
shinshinohara @ShinShinohara

現代のアメリカの平均的農家は、1農家で129人分の余剰食糧を作る。生産性は10倍以上。ところが4人家族も満足に養えない。奥さんには働きに出てもらい、農家である自分は政府から補助金を得てようやく4人を養えるに過ぎない。生産性が10倍になったのに養える家族が減ったのはなぜ?

2020-08-12 22:40:50
shinshinohara @ShinShinohara

それは、皮肉なことに、生産性が向上したからだ。「怒りの葡萄」という小説が出た頃、アメリカでは農業の機械化、そして化学肥料の登場が起きた。するとトウモロコシの生産は、1エーカー当たり500kgから5000kgへと、10倍に跳ね上がった。生産性が10倍向上したわけだ。その結果、農家はどうなったか。

2020-08-12 22:42:21
shinshinohara @ShinShinohara

機械化、化学肥料の利用を進めた大規模農家の登場で、トウモロコシが大量生産されるようになり、トウモロコシ価格は暴落した。小規模農家は、トウモロコシを1袋出荷すればそれなりの現金が手に入ったのに、大規模農家が大量にトウモロコシを生産するものだから価格が下落、小規模農家は生活困難に。

2020-08-12 22:43:47
shinshinohara @ShinShinohara

自分も大規模化して生き残ろう、とする農家が現れると、さらに大量のトウモロコシが市場にあふれだし、さらに価格を下落させた。生産性が向上した結果、4人家族さえ満足に養えなくなる、という皮肉な結果に陥った。生産性の向上が、農家を貧しくしたわけだ。

2020-08-12 22:45:03
shinshinohara @ShinShinohara

問題はアメリカだけにとどまらない。アメリカは、大量にだぶついた食糧を海外に輸出するようになった。すると、アフリカの貧農でさえ価格で太刀打ちできないほど安い。このため、米麦キャッサバのような基礎食糧を作っていてはアフリカの農家は生活できなくなった。

2020-08-12 22:46:36
shinshinohara @ShinShinohara

やむなく、欧米人が経営するコーヒー園やカカオ園などのプランテーションで、賃仕事で雇われることに。それで、アメリカから輸入する小麦などの食糧を買う、という生活に。しかしコーヒーなどの商品作物の価格が下落すると、世界一安かったはずの小麦さえ十分に買えなくなり、飢餓が発生。

2020-08-12 22:48:11
shinshinohara @ShinShinohara

アフリカの飢餓は、食糧を生産できないから発生したのではない。アフリカで食糧を生産しても生活が立ち行かないほど安い食糧が、アメリカから流れ込んできたから、自国で食糧を作らなくなり、商品作物に流れ、結果、商品作物が下落すると食糧が決定的に不足、飢餓が発生した。

2020-08-12 22:49:48
shinshinohara @ShinShinohara

生産性が向上し、安く大量の食糧が生産されると、飢餓が発生する。この皮肉な経済現象は、実に奇妙なのだが、頭に入れておいた方がよいと思う。 これと同じことが歴史上の事件で起きたことがある。中学高校の歴史の教科書にも掲載されている、セポイの反乱だ。

2020-08-12 22:51:04
shinshinohara @ShinShinohara

当時、イギリスは世界に先駆けて産業革命に成功し、大量の綿製品を製造できるようになった。生産性が劇的に向上した結果、綿製品の市場がだぶつき、世界一安く綿製品を供給できるようになった。そして狙われたのが、インド市場。世界のどこよりも安い綿製品がインドに流れ込んだ。

2020-08-12 22:52:53
shinshinohara @ShinShinohara

すると、手作業で綿製品を生産していたインドの繊維産業が崩壊。農家が重要な現金収入減としていた繊維産業が崩壊したために、インド経済が大混乱に。そこに東インド会社が「君たちは経済が分かっていないからこんなことになるのだ」と親切面して経済政策の重要ポストについた。

2020-08-12 22:54:24
shinshinohara @ShinShinohara

そして、インドを綿の原産国に仕上げた。イギリスはインドから安く綿を買い叩き、世界一安い綿製品をインドに輸出することでインドの繊維産業を破壊した。生産性の向上は、他国の経済を破壊し、奴隷的な立場に追いやる恐れがある。

2020-08-12 22:55:42
残りを読む(14)

コメント

かなか @kanaka_nagoshi 2020年8月13日
これは盛大なミスディレクションあるいは詭弁。豊かになるのは付加価値生産性が上がったとき。 物的生産性が上がったからと言って付加価値生産性は上がるとは限らない。さらに商品1単位当たりの付加価値生産性が下がったとしても労働1単位当たりの付加価値生産性が上がれば生産者は豊かになれる
53
nekosencho @Neko_Sencho 2020年8月13日
というか、生産性低かったら輸入食品に勝てずに農業崩壊するだけやん。 崩壊してしまってせっかく杉植えたのに花粉まき装置にしかなってない林業の二の舞やってもしょうがなかろう。
52
ヒラリー㌠ @urary777 2020年8月13日
水や電気と同じように生活基盤を支える「主食」の生産は薄利になりやすいので、国策として「生産支援や保障という形で支える必要がある」というごく当たり前に真っ当なお話ですわな。
66
zoh @Neutrino_shower 2020年8月13日
「小農は石油消費が2~3割なのに食糧の7割を生産している。大規模生産法人は石油を7~8割消費して、食糧は3割ほどしか生産していない。」このデータはどこにあるんでしょうか?
49
garatama @garatama1 2020年8月13日
>なぜ昭和は輸入酒が高かったのか?それは中間業者が多かったからだ。 昔は日本にも「物品税」ってのがありましてね…… 洋酒に限らず色々なモノにかかってたんですけどね。
41
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月13日
中世の頃より生産性を上げたことで現代の人類の生活水準は向上している。資本主義を野放しにすると人類が幸福にならない懸念は産業革命の頃に英国が子供を炭鉱で働かせて使い潰すようなことやってしまったことで気付いて人権とかを考案して制御してきた。
8
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月13日
物品税で色々と輸入品が高かった頃は国民がそれを消費することも稀だったので生活水準は貧しかった。
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月13日
今時は大手資本との契約農家というのもあって、そういう大手資本との契約農家とそうでない農家を比較すると微妙なところの良し悪しは見えてくるのではなかろうか。農業ナメて工場での野菜栽培とか手を出した大手企業が失敗しているのもヒントに。
1
骨格 @black_nasbee 2020年8月13日
AIロボットに仕事を奪われる的な話かと思ったら違った
1
BIRD @BIRD_448 2020年8月13日
洋酒の価格下落は2008年の酒税改正によって(安い税だった)焼酎と同じ税金にまで下がったのがデカいんだ…
23
ボルフォッグ @kigantetu11 2020年8月13日
これはソース持ってきて反論しないとダメな類
9
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2020年8月13日
んじゃ電気とガソリン代100倍にして農産物が吸い取る利益を回収しなきゃね(´・ω・`)
2
🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2020年8月13日
投入リソースに対する生産量を数値で出して分析しないと意味無い。言葉で「小規模」と言ってもどのくらいで切り分けるのか、生産量の評価は量か額かカロリーで変わるからね。穀物と言っても米か麦かトウモロコシかで変わるだろう。
13
VGAIPMBU @vgaipmbu 2020年8月13日
観光業のうちインバウンドは対名目GDP比で0.8%しかない。更にコロナで瀕死。直近2019年の訪日観光客数、総数3188万人のうち、中国959万人、韓国558万人、台湾489万人、香港229万人。https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/index.html コロナ禍が過ぎても中国韓国など今後ますますデカップリングが進む対象の筆頭国で、こんなモノ当てにするのは狂気の沙汰でしか無い。
5
ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ @5rilla_5rilla_5 2020年8月13日
確かに、コメント欄でみなさん悔しがっているように反論はできませんね。
4
一華 @anemone2522 2020年8月13日
またこの人かとアカウントを見て読む気を失くすセルフまとめ。
35
小野阿久斗 @504timeout 2020年8月13日
kanaka_nagoshi 付加価値を上げるということは米や小麦などの命にかかわるものより贅沢品・商品作物(コーヒーやカカオ豆、あるいはブランド作物)など、命にかかわらないものを作るということですな。 穀物の生産過剰(供給過剰)は後戻りできないところまで来ているので、付加価値を上げるとしたら贅沢品しかないでしょう
3
マシン語P @mashingoP 2020年8月13日
雇用と賃金を増やすには生産性を低くする必要があるというのは以前から言われている話。PCが普及する以前の会社には手書き文書をワープロで清書する係が居て、大組織になるとそれらを集約した清書専門部署があったそうだ。それ以外にも各部署には求めに応じて紙のファイルから書類を探す専任の係が居たと。今は各社員がPCを通じて1人でやっている。そら昔の一部上場企業に高卒の平凡な女の子がOLで入り込めるわけだ。
12
Wisp @wispyr 2020年8月13日
うーん、気になる点が2つ。まず日本の大規模農業のコメ離れですが、これは長く続いてきた減反政策の上で起きてきたことで、「食品は食糧より儲かるから」という話ではないかと。そしてもう1点、外国の事例では「食糧≠食品」ですが、日本におけるコメは「食糧であり食品」です。外国の食卓で小麦製品は脇役でメインディッシュと言えば肉・魚ですが、日本で「主食」といったらコメ。なんで、「食品の価値が暴落した途端食糧が無くなり飢餓が発生する」という状況にはならないのではないかと。
35
SSKTK@甲20にて完了 @SSKTK 2020年8月13日
主食は生産能力が枯渇すれば現在のレバノンになりうる。しかし農家で食べていく選択は若者にとっては狂気の沙汰。
0
hmamdamd @hmamdamd 2020年8月13日
日本の場合、農協やら農業委員会があるのが足枷になってるだけなんじゃ? 農業や農家でなく寄生してる利権がデカすぎると思う
2
おむすびくん295号 @omusubikun295 2020年8月13日
製造業の雇用減少も、中国のような低賃金国との競争よりは、生産性の向上がかなり大きい要因だとされている。 少ない人手でたくさん作れるようになれば、雇用は減っていく。 単純な量の生産性でなく、質(付加価値)の生産性の向上のカギは、供給側ではなく需要側にある。
1
コスモピアニスト✨ @NikHarnoncourt 2020年8月13日
black_nasbee ね。でも人口が減るのでロボットに頼らないと回らなくなる世の中がすぐそこまで来ています。ロボットという言い方はあまり良くなくて「無人化」ですね。20世紀はコスト削減や効率化のために無人化が進行しましたが、21世紀はそもそも人がいないから無人でサービスをやらざるをえない。
3
パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年8月13日
Neutrino_shower http://www.etcgroup.org/sites/www.etcgroup.org/files/files/etc-whowillfeedus-english-webshare.pdf の主にp.18辺りっぽい。ただ、これだと世界の事なので、そりゃ電気すらも安定供給されないような国の農業含めと、大規模農園+加工+物流のサプライチェーンで考えたら....ね。みたいな
9
Alpha Leo @alpha_leo 2020年8月13日
生産量が低く、農業だけでなく全産業を政府がきっちり管理している国が朝鮮半島の北のほうにありますよ。まとめ主の理想の国だと思いますので、止めませんのでどうぞ移住してください。
13
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年8月13日
「大規模生産法人は石油を7~8割消費して、食糧は3割ほどしか生産していない」とあるが、そりゃ大規模農場は機械化を進めて人出減らした代わりに燃料使ってるから石油消費量が多いのは当然。人的労働を無視して石油消費量だけで大規模農家を批判するのは詭弁。
18
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年8月13日
あと、大規模生産法人の食料生産が少ない(3割)とあるが、元記事? らしいのを見たら大手の生産物の50%以上を家畜飼料や燃料等に消費してる旨書いてあり、この直接人の食糧として供給されていない分はカウントしてないように思える。生産性を語るなら、食糧としての用途限定とかでなく、人の食糧・加工材料・家畜飼料・燃料etcの全用途の数値出して、総価値で語るべきかと。
7
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年8月13日
政府がコロナ対策の給付を渋っている理由がこれにあるのではと思っている。 市場にお金がないなら国が刷って配る。すると国民の財布が太るので経済が活性化されて収入も増え、税収も増える。なのに緊縮増税路線なのはなぜか。 もし国民の財布が潤沢になって国内の需要が活発化すると、需要を賄うだけの資源が必要になる。 資源のない日本はそれを海外から買ってくる必要があるが、購入には外貨が必要。 工業製品の価値もいまや低くなって売り物がない日本は、外貨が不足していて資源の購入が難しくなっているのではないか。
3
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年8月13日
だから国内需要を抑えこむための緊縮路線なのではないか、と。 原発全停止によってエネルギー資源の輸入額が増え、外貨はどんどん出て行っているはず。 日本は2012年あたりから輸入超過の傾向が大きいことが、その裏付けとなるような気がする。
4
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2020年8月13日
「ここは納得できる」「ここは変」と分けて頭の隅に入れておくにはいいまとめかな。全編トンデモよりはましだろう。
29
あるふど @1WCzPF0jcLKan43 2020年8月13日
生産性上がると雇用は減る気がするが 貧しくなるのはちょっと違う気が…
1
ヒラリー㌠ @urary777 2020年8月13日
1WCzPF0jcLKan43 貧富の差が広がる、なら分かりますけどねぇ。
0
オラトヌフスス @oratnuhss 2020年8月13日
この人歴史的経緯の説明の都合上綿花生産の話してるけど農林水産省の自給率の計算は食品カロリーベースだから綿花生産額がどれだけあっても計上されないんだよね。  ところで4つ目のツィートにある食料生産量が7割とか3割とか ってのはカロリーベース?重量ベース?金額ベース?  小規模農家は採算維持のために高付加価値を生産する結果金額ベースなら小規模農家の方が高効率になる。 一方で重量ベースなら石油消費比率にもっと近似する数字になるはずなんだが。 
1
オラトヌフスス @oratnuhss 2020年8月13日
農業と食料生産と労働生産性の話等を分けて語るべき所を意図的混濁させる扇動家的な悪文まとめ。
3
zoh @Neutrino_shower 2020年8月13日
j_inbar ありがとうございます。 手鍬と牛馬に引かせる鋤と天秤棒にぶら下げた水桶で畑仕事すりゃ幸せになれるか?って、そりゃ無理ですよね。
0
席上 @Nonsomnia 2020年8月13日
レタスなんて安いときは100円なのに、最近は不作で高騰して酷いと500円なんてのもスーパーで見るもんな。一方で米は不作だろうが豊作だろうが5倍なんて見たことないわけで、まあコメ農家はそら儲からんわとは思うわな
16
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年8月13日
新型コロナでかつてのペストのように世界人口の3割ほどが死んでくれれば、食糧価格だけでなく食料の質も向上するんですけどねえ。需要があまりにも大きいとどんなに質が悪かろうが作ったもん勝ちになってしまうが、需要がなくなれば真っ先に質が悪く生産性の低いところから淘汰されて、長期的に見て品質と単価が向上する。ただ、そんな荒療治を世界人口の何%が支持し実行しうるかは別問題
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年8月13日
なんかヘンな流れ。トマトやキャベツができすぎて価格が暴落し「油代にもならねぇよ!」て嘆きはよく聞く。あと「比較優位」って荒巻義雄「紺碧の艦隊」でも奨めていたけど中学生の時社会科の先生が「これやると農産物輸出国はずっと農業国に、工業輸出国はずっと工業立国に固定化される危険性がある」って言ってたやつかな?
4
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年8月13日
oratnuhss いまの農家は高付加価値製品を生産しないと食えないので安い基礎食糧が生産されなくなって海外からの輸入に依存することになるけど高付加価値品もそのうち安く供給されるようになって安く輸入されだすと国が詰む、というのが話の主旨かと思います。
6
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年8月13日
トウモロコシの件を読んでコピペ「マーガリンください」を思い出したんだけど、このコピペではマーガリンの原料は綿花農家と大豆農家だった。でも〝マーガリン トウモロコシ〟で検索すると、トウモロコシも原料とヒットする。
0
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月13日
生産性を下げた方が雇用を守れるという理屈は国際競争の無い場合の話しで、ベルギー産の冷凍野菜などを見かける現在では農産物も国際競争にさらされている。
16
Fox(E) @foxe2205 2020年8月13日
アフリカの飢餓問題の原因は干ばつ等の自然災害、国内外の紛争、大地主と小作農による農業体制といった各種問題が複合した結果とされている。また、国際市場において穀物類は「必需品」であるがゆえに投機ビジネスの対象となっており、大量生産によって安くなるどころか、むしろ高騰している。アフリカ諸国にとって、飢餓の理由は「自国内の農業生産性の低さ」であり、「海外からの安い食料の輸入」などではない。
2
メリ夫 @meriod10 2020年8月13日
でも無いといけないしなぁ…
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年8月13日
今年に関していえば、中国の食糧生産がかなりまずいことになってるので主食系は値上がりするでしょうけどね
0
ゆう @yahoo97388820 2020年8月13日
BIRD_448 garatama1 税金なんて国家の中間マージンみたいなもんやろ。 その結果日本国が豊かになったならないはイデオロギーの対立にでもなりそうなので知らんと言っとく。 ぜひとも、素敵な議論を頼む。
0
ついつい @tuitui20201 2020年8月13日
まずはまとめて、それが好評だったら書籍化するという手順。を考えているなら、この流れでも問題はないとは思う。で、ざっと見て思ったのは、ラストから二番目の項目を重複していいから冒頭に配置し黒い太字でデコレーション(このまとめの大体言いたいことの見出しになる)すると?目次(というかそれでだいたいまとめなのかを把握できる)もかねるし、書籍化するならそれが目次になりそう。
0
ついつい @tuitui20201 2020年8月13日
主語を意図的に使わないから、貧しくなる対象は国なのか?国民全体なのか?農事業者なのか?とあえて書かないことで、それぞれのケースで当てはめて論じようとしているのかしら?で、誰に対してその危機を訴えようとしているのか? そのへんがボケているから、一時の棘の話題としかなりえない。 まとめ主はどうしたいの?
2
スミノフ @dazzling_ling 2020年8月13日
個が利益を得ようとすると、国家単位ではバランスが崩れて貧しくなる可能性があるのか…?かといって中抜き層が豊かである必要は…??生産者に利益が充分にまわって生産者の層が厚くなるわけにいかないのかな??すると余剰な食品がでてきてまた片寄るのか?むずかしー
0
島村鰐 @wani_shima 2020年8月13日
だから資本主義的自由主義的経済には限界があり利潤の追求と切り離した公的なある意味社会主義的な考え方が要るのだ
1
乾也春海 @kanbaru 2020年8月13日
洋酒に中間業者が多く入っていたのも事実ですし、減税により価格が下がったのも事実です。要因が一つだけとは限りませんので、別要因を上げたとしてもそれが反論となっているかは先に上がった要因の規模と照らし合わせなければなりません。
4
順三朗 @junzabroP 2020年8月13日
食料が食品よりも本質的に安くなる、という筆者の論は大いに理解できる。であるからこそ、儲からない食糧生産の大規模化を推し進めて経済的にペイできる商売に変えなければならない。現に北海道はできている。本州は農地が小さすぎる。最低でも田畑の大きさを1つ3平方キロメートルくらいに区画変更すべきだ。
2
クリスセドン @sedooooooon 2020年8月13日
ツイッターは生産性をガンガン下げるからやりまくったほうがいい
5
順三朗 @junzabroP 2020年8月13日
そのために、農地所有、農地管理、農地運用の三者分離政策を推進し、細分化された農地所有を統合し、ごく少数の農業従事者にまとめて運用してもらう方式に変えていくべきだ。
1
ヴァラドール @_Vorador_ 2020年8月13日
言うほど大規模農業って日本でやってるものかな? 大きくやるときいろいろ障害が多いからなー
2
順三朗 @junzabroP 2020年8月13日
本州の米生産では未だに1m幅程度のバインダーが現役で使われているが、農業機械として生産性が悪すぎる。大型トラクターで10m幅で一気に耕してもペイできるくらいの大農場が必要だ。そういう運用に変えなければいつまで経っても生産性は上がらない。
5
boxheadroom @boxheadroom 2020年8月13日
ある属性と 収入の低さにに相関が認められるとき、そこに「差別」が存在する。と考えられる。 私は 日本の農業が儲からないのは農業が差別されているからだと考える。
0
bigfoot @bigfoot61135928 2020年8月13日
boxheadroom なるほど、赤ちゃんの収入が低いのは赤ちゃんが差別されているからなんですね。
1
ザワー@波乗り用 @zawaif_2 2020年8月13日
じゃがいもは食糧なのか食品なのか(じゃがいもおいしい)
0
へんなもの @hen_na_mono 2020年8月13日
junzabroP 土地の問題で無理っす 北海道のみたいに権利者が少ない土地がクッソうらやましい
0
boxheadroom @boxheadroom 2020年8月13日
先月、農林省にだいぶ電話して、そういう話もしたけど、まったくやる気無いから 無理だと思います 社会は上意下達なので、誰かリーダーシップをとる政治家が鶴の一声を上げれば出来ると思いますけれども
0
bigfoot @bigfoot61135928 2020年8月13日
boxheadroom クレーマー行為で役所の仕事の邪魔をしないでください。
5
オラトヌフスス @oratnuhss 2020年8月13日
Asobuyer そのための大規模化、高効率化なのに小農マンセーかのようにミスリーディングしてんのがこのトピ主だぜ? こいつは問題解決のための結論や大規模化や補助金、関税といった解決策を提示せず、ただ意図的な誤謬を混入した分析もどきをここにまとめただけの扇動家。自称農業研究者名乗ってるが著書がとても農業関係者とは思えん。
6
釣本直紀 @turimotonaoki 2020年8月13日
長いまとめだけど、豊作貧乏と過当競争という話かな。
2
かじ @micking_bird 2020年8月13日
食料と経済においてアダム・スミスを出すならアマルティア・センにも触れざるを得ないでしょう。彼が分析した1943年のベンガル飢饉では、豊作だったのにも関わらず豪商によるコメの買い占めが起こり低所得労働者が餓死しました。つまり1つの国のレベ ルで、どれだけ食料が存在しているかということと、その国で暮らす一人ひとりが実際に食事ができるかどうかというのは、実は全く別の事柄だということです。つまり食料も富と同じように、生産の問題ではなく分配の問題なのですよ。
10
ザンちゃん @zanchann 2020年8月13日
牛肉の輸入自由化で日本の酪農家は辛くなったけど、庶民は安価に牛肉が食えるようになったみたいな話なのかな―……。でも、またこいつか扱いされてるから、机上の空論はくだけのダメセルフまとめっぽいな。
0
タアアタ@ぼっけんさん @shikatama69ta 2020年8月13日
生産性でいうと、一つの都市で完結した循環に興味があって、最終的に一つの都市を巨大な建築物、アーコロジーにおさめ生産を一つの所で循環させる未来が来たらどうなるか気になってる
0
kartis56 @kartis56 2020年8月13日
BIRD_448 もっと前は為替レートが固定で1ドル360円、今の3倍だったんですよ。今ノーマルのジョニ黒2千円だけど、為替レートだけで6千円相当になり、さらに酒税と関税が高かった分上乗せされるので。サザエさんの頃は1万ぐらいじゃないっけか
1
kartis56 @kartis56 2020年8月13日
Nonsomnia コメは保存が効くけど、生鮮野菜はそうは行かない
0
グレイス@とーほぐファーマー一年生 @Grace_ssw 2020年8月13日
ずーっと言ってきましたよ。胃袋は他国に握らせるな、小作農を軽んじるなって。ここの人たち全く話聞かなかったけどね。
5
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年8月13日
別に「小農マンセー」ではなく、自由市場で大規模化と高効率化を進めていくと商品価値が落ちて遠からず離農者が多発して食糧自給率は下がってしまというので何か工夫をしたほうがいいのでは、という話で、必ずしも大規模化に懸念を表すことが「小農マンセー」に繋がるわけではないでしょう。選択肢の一つとして浮かび上がっては来ますが。
6
BIRD @BIRD_448 2020年8月13日
kartis56 一般人の渡航自由化は1964年で当時は500ドルしか持ち出せなかったし、1964年から見て現在は消費者物価指数が4倍になってるので…(当時の大卒初任給は2万円代なので、現代は物が安いとみていい)
1
denev @_denev_ 2020年8月13日
kanaka_nagoshi 付加価値では、お腹が膨れないって趣旨のまとめでしょ?
1
denev @_denev_ 2020年8月13日
とても良いこと言ってると思うんだけど、説明が冗長すぎて読んでてクッソいらいらする。
0
denev @_denev_ 2020年8月13日
Neko_Sencho 生産性を下げろなんて誰も言ってないと思います。
1
あなぐま @badger2635 2020年8月13日
食糧、ねぇ。日本の食を考えたら麦や大豆も立派な食糧だけど、とうに自給崩壊してるよね。大豆ないと味噌も醤油もつくれない。小麦ないとうどんも蕎麦もそうめんも作れない。すでに外堀埋められてる状態だと思う。
1
LeJobard @LeJobard 2020年8月13日
「水とダイヤ」の話は要は限界革命のことを言いたいのだと思うが限界革命はスミスより後の時代の説なんじゃよ。正直な人が鵜呑みにすると恥かくど。>https://blog.goo.ne.jp/sotashuji/e/c1b0ef259a3649a15eefb9660c776ce1
0
akiba @akibaakiba1111 2020年8月13日
農業と農家を分けて考えている人は珍しい。好感が持てる。
1
ボルフォッグ @kigantetu11 2020年8月14日
これ、転売屋全肯定の話になるんだよななあ・・・・・>中間業者が多い方が国民は豊かになるかも?
2
debushow @debushow2 2020年8月14日
なんか根本的に国家経済を誤解してる人がいますが、日本みたいに貿易で成り立ってる国で自給が生命線って発想はナンセンス。貿易維持が生命線。日本の農業は貿易体制下でこの効率ですので、自給が生命線になる事態が起こったら効率が崩壊します。第二次世界大戦から学びましょう。カロリーベースの自給率は貿易前提での自給率ですので、定義自体が迷妄です。
4
debushow @debushow2 2020年8月14日
あとそもそも論として日本の平地面積だと一億二千万人を養えないというデータを見たことがあります。農水省があらゆる問題を度外視して平地を農地にしつくしても八千万人ぐらいしか養えないとした研究ですが、だいぶ前にリンクが消えてまして。実際、その辺、今研究するとどうなのか知りたいのですが。
2
あづさ/kyoka👓眼鏡のエレクトーン弾き @azusa_Klavier 2020年8月14日
命に関わるものほど儲かりにくい、だから国民の食糧安定は国が責任を持たなければ成り立たない。商業ベースでは儲かりやすい必需品以外の食品に偏る…なるほど。。。
2
征服者カシヤス @conquerorksys 2020年8月14日
Asobuyer 日本って世界一の海外金融資産保有国で、毎年利子収入だけで貿易赤字すら補って経常黒字になってるぐらいだから、その可能性よりも緊縮財政による供給能力の破壊の弊害の方が大きいと思う。>もし国民の財布が潤沢になって国内の需要が活発化すると、需要を賄うだけの資源が必要になる。 資源のない日本はそれを海外から買ってくる必要があるが、購入には外貨が必要。 工業製品の価値もいまや低くなって売り物がない日本は、外貨が不足していて資源の購入が難しくなっているのではないか。
0
征服者カシヤス @conquerorksys 2020年8月14日
仮に不況で消費が抑えられた結果、資源の輸入を少なくしても、国内企業が倒産して資源を使って作られる製品を輸入に頼ってたら逆にコスト増だからねえ。
0
TORIATE.MIKAN @TORIATE01 2020年8月14日
生産性が高いと貧しくても生きられるよ。生産性が低いと貧しいと死ぬからね。だから生産性が高いと貧しい人は増えるね。
1
denev @_denev_ 2020年8月14日
hmamdamd 「とりあえずぶっ壊してみよう」で日本がどうなったか、日本人は学んでるはずですよね。
1
BIRD @BIRD_448 2020年8月14日
debushow2 江戸時代でもオランダ領東インド(インドネシア)や琉球(沖縄)から砂糖を輸入しているのでカロリーベース自給率は100%ではない。(吉宗の時代から国産化促進されたが幕末まで輸入は続いた)
1
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年8月14日
conquerorksys なるほど、貿易黒字だった頃ほどではないけど外貨は確保できている、ということなんですね。政府は緊縮財政は財政健全化のためだと説明していますが、税収を増やしたいなら通貨の流通量を増やせばいいはずなのに、なんでしないんでしょうね。マスコミもその辺り突っ込んで聞いてきてくれればいいのに、と思います。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2020年8月14日
debushow2 私が2003年にまとめたレポートですね。当時、政府関係者にもたくさん読んでいただきました。今も基本的な条件は変わっていません。むしろ悪化しています。 http://shinshinohara.blogspot.com/2014/02/blog-post.html?m=1
0
ドゥンドゥン @hatti0214 2020年8月16日
自家消費分で農家の扶養可能人数がかなり増減するんだけど、その辺りがまるっと抜けてて奇妙な論説(発展途上国がなんで貧しいのに生きられるのかの理由)
2
aqp1 @aqp114 2020年8月18日
この人は狭い範囲でモノを見て考えてる。全体として見るなら、農民がずっと農民でいる必要なんてない。どんな産業でもより高効率を追求し、ついていけないところは余剰資源となり別の人出を必要とする産業に移る方が良い。特に農業は高齢化がとんでもない事になっていて、現状維持はもう絶対に不可能なんだから少数でまわせるようにしないと総倒れしかない
2
秒刊思考記録帳 @KVaP4L72O4i5Uiq 9日前
このセルフまとめ量産者の人は人格的にはアレですけど、農業関係の専門家なのは事実らしいので知識面だけは聞いて比較検討する価値はあるんですね。(農業関係ないまとめはホントにアレですけど)
0