Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年9月13日

ストレイトロード:ルート140(51周目)

オリジナル短編「ストレイトロード」をベースに、毎日1作ずつ投稿している掌編という名の習作。 今回は2501~2550+おまけ。リクエスト回以外のテーマは「空」。一部は宇宙まで見ています。なお各話の内容につながりはありません。 今後も引き続き1日1組つぶやいていきます。 続きを読む
0

今回の本編

Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

ヘッドライトを消して天頂を見上げた。星明かりに目が慣れると、森の輪郭と夜空がはっきり違う色に見えてきた。「天の川って星の集まりなんでしょ」藍はいつの間にか車の屋根に登り、毛布を敷いて横たわっていた。「いくつくらいあるの?」全体の構造は知っているが、肉眼では到底数えられそうにない。

2020-07-26 19:07:54
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2501。天の川。 藍の観察スタイルは楽だけど危険も伴う。 車の屋根に登るのはアクションのシナリオだけにしよう。

2020-07-26 19:07:54
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

ガラスの蟹に革の魚。様々な素材による造形が並ぶ。どれもよくできているが、必ずどこかに変わった飾りや余計なパーツがあった。一つを選べない様子の藍に、商人は針金細工の小さな弓矢を勧めた。「どうしてこれなの」「お嬢ちゃん、射手座だろ?」装飾の意味を理解すると同時に有名人の立場を思った。

2020-07-27 18:54:44
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2502。射手座。 藍ちゃんは12月11日生まれ。

2020-07-27 18:54:44
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

巨大な縦穴は明らかに人為的なものだった。「何か掘り出した跡なの?」藍に問われて考える。発掘よりは地下道辺りの建設途中で放置された場所と見るのが妥当だろう。形状は宇宙線の観測装置にも似ているが、やや苦しいか。「それ何?」彼女は空の上の話題が好きだ。理解力はともかく説明を聞きたがる。

2020-07-28 22:46:08
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2503。宇宙線。 やっと投稿できた……

2020-07-28 22:46:08
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

倉庫に降り積もった砂を掻き出したら大量の箱が出てきた。藍が勝手に開けると、解体された展示品の部品が現れた。「廃棄じゃない。どこの飾りかわかる?」残りの箱を探し、二人がかりで組み立てた。今は無い衛星中継の仕組みを簡素化した模型が完成した。これは持ち主に返しても再び封印されるだろう。

2020-07-29 18:51:02
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2504。衛星中継。

2020-07-29 18:51:02
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

空から氷が落ちてきた。朝から快晴、車の近くには木も屋根もない。藍は皿を粉々にした怒りのまま周辺を睨んだが、怪しい人物は見当たらないらしい。今なら怪物の背から落ちた可能性も、と口にしたら詰め寄られた。「どんな推理よ」昔は飛行機の付着物が落下する事故が時折あった。今は違うものが飛ぶ。

2020-07-30 19:58:42
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2505。落ちる。

2020-07-30 19:58:42
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

会議当日、雨の予報を覆す快晴を前に藍は言葉を失っていた。狙い通りかと思ったがどうやら違うらしい。「調べて」小声をわずかに拾えたので聞き返せた。「この近くで最近雨が降った場所を調べて」雨天こそ成功なら魔女はどこかで失敗したことになる。心が快晴になるまで時間も甘味も多めに要りそうだ。

2020-07-31 19:59:08
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2506。快晴。

2020-07-31 19:59:08
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

家路につく旅のお供にと渡された宿題に、気体の性質についての設問があった。大気を武器とする藍なら解けて当然、は禁句だ。人体を知らずとも手足を動かせる子供と変わらないのだから。「袋の中で水を煮たらどうなる、だって」気体となった水が袋を膨らませる。試すと言い出さないよう慎重に説明した。

2020-08-01 19:38:33
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2507。気体。 学校に行かなくていい代わりに宿題出される藍ちゃんシリーズ。

2020-08-01 19:38:34
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

市長と藍の協議は混乱と脱線を繰り返し、最早ただの口論になっている。穏便な話し合いのはずと言っていたのに。雇い主をなだめる前に相手の方を見て、困り顔の秘書と目が合った。雲行きを見守るしかない立場は辛い。「おや、雨が」「話をそらさないでくれません?」指摘する藍の横顔を雷鳴が照らした。

2020-08-02 20:15:10
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2508。雲行き。

2020-08-02 20:15:11
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

研究者からの電話に藍は苦い顔をした。「本当にまたやるの?」彼女は自分の周辺に吹く風を自由に曲げてみせるが、その力には限界があるはずと専門家は言う。能力が身体同様に成長するのか確かめる手段は、同じ天候の日に同じ地点で放った風船をより遠くまで運ぶことだった。まるで何かの競技のようだ。

2020-08-03 18:38:40
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2509。限界。

2020-08-03 18:38:40
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

昔の世界は宇宙開発が盛んだったが、太陽系から最も近い恒星さえ人類には遠かった。「四光年?割とすぐ着けそうじゃない?」藍は信じ難いと言いたそうだが、物体が光の速さで飛ぶなど困難極まる。そもそも光年は距離の単位だ。比較対象もスケールも違う。「こんなに近いのに」藍は再び望遠鏡を覗いた。

2020-08-04 20:35:40
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2510。光年。

2020-08-04 20:35:40
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

変わった形状の皮膚片や羽根、鱗などがケースの中に並ぶ。どれも採集した場所や日付を刻んだプレート付だ。「博物館みたい」「言われてみれば」素人の指摘に研究者が笑う。だが巣穴の近くは危険が多いはず。どうやって入手したのか。「空から、でしょ?」「ご名答」藍と持ち主だけが盛り上がっている。

2020-08-05 18:52:06
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2511。採集。 落ちてきたものを拾い集めるならリスクは低い。

2020-08-05 18:52:06
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

支度をして表に出た私達へ、山小屋に住む子供が得意げに言った。「白い板のとこから上は登っちゃだめだよ」崩れかけた山道を進み、展望台だった場所でそれを見つけた。航空機の主翼がそこにある意味を察して足がすくんだ。怪物に抵抗した最初の人々。脳裏に甦る過酷な夜も藍にとっては歴史でしかない。

2020-08-06 19:31:50
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、2512。主翼。

2020-08-06 19:31:50
残りを読む(92)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?