Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2021年6月18日

魚雷を捨てる霞

泣いてる霞が欲しかった
3
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

異様な静けさが消え失せ、〈霞〉は頭のすぐ後ろで物音がするのに気が付いた。普段は感じない熱気も。振り返ると、艤装が赤々と燃えているのが見えた。その炎の向こうに、鳥の巣のようにねじくれた鉄塊も。

2021-06-18 18:03:40
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

〈霞〉は自分が何を見ているのか、すぐにはわからなかった。妖精達が操っていた機銃座のうち、左舷のひとつが台座ごともぎ取られているのだ。それがあった艤装構造物の外板は裂け、煙が漏れだしている。炎はそこから垂れるように下に伸びて、足元まで続いていた。途中にあった魚雷発射管も包みながら。

2021-06-18 18:04:11
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

〈吹雪〉の沈没報告書が〈霞〉の脳裏によぎった。その内容は、戦闘の経緯を除いては異論が挟まれたことはない。それが示すのは、艦娘用の魚雷もやはり、加熱すれば爆発すると言うことだ。

2021-06-18 18:04:40
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

妖精達が消火海水のホースを引っ張っているのが目に映った。彼女達が筒先を向けている先に何が格納されているのか、〈霞〉は雷に打たれたように思い出した。

2021-06-18 18:05:15
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

「水は使うな!」 無補給での護衛行動を行うための追加の燃料タンク。それだけで全力戦闘を一回は行えるだけの量が入っていたものだ。優先して消費していた筈だが、どうやらまだ残っていたらしい。

2021-06-18 18:06:22
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

〈霞〉の叫びを聞いて、妖精達はおたおたとし始めた。正規の搭載物品でないから、どうすれば良いかわからないのだ。〈霞〉もこの状況に合わせた対処要領を組んでいなかった。

2021-06-18 18:06:32
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

「油火災だ、消火剤を使え!」 妖精達は理解した。彼女達は自分で考えられなくても、誰かが代わりに考えてやればよく動く。

2021-06-18 18:06:59
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

「魚雷も……」 捨てろと言いかけて、やめた。その為の装置は全て自分の手元にもあるし、妖精の手も有限だからだ。それにこれは、駆逐艦娘である自分の手でやるべきことだった。

2021-06-18 18:07:27
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

〈霞〉は駆逐艦娘だった。連合艦隊で戦った駆逐艦娘だった。ありとあらゆる状況で、魚雷と共に過ごしてきた。その扱いは一から十まで知っている。ずらりと並んだ戦艦級の深海棲艦の戦列に切り込んで、雷撃したこともあった。

2021-06-18 18:08:16
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

あの時は〈荒潮〉が先頭だった。〈霰〉も居た。〈川内〉さんも、〈那珂〉さんも、〈吹雪〉だって……!

2021-06-18 18:08:28
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

栄光の日々を思い出しかけ、止めて、しかし手は止まらずに動いた。全ての酸素魚雷の信管を無効化し、機関を無効化し、発射管が旋回し発射位置につく。そして発砲電鍵を引き、発射。

2021-06-18 18:09:19
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

もはや動くことの無い魚雷が、圧縮空気で射出されていく。どぽん!一本目の魚雷が海に飛び込み、沈んでいった。どぽん!二本目、水泳の飛び込み選手のように。だが浮いてくることはない。三本目、四本目。これで全部。

2021-06-18 18:09:42
同志雪の人@セーラー服 @yuki_8492

『酸素魚雷、残弾なし』 耳元で妖精が囁いた。 「よろしい」

2021-06-18 18:09:49

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?