編集部イチオシ
2021年11月19日

戦前の女性用雑誌「主婦の友」を読んでみた

今の女性誌にも共通するような、美容や健康に関する広告。戦前ならではのネタなど色々
94
zirouX @zirou_x

さて今から、昭和を代表する女性誌「主婦の友」を読んでいこうと思う。 この巻の発売は1940年6月。 第二次世界大戦真っ只中、太平洋戦争までもう少しだな! まず表紙の付録と書いてある「新式安産育児全書」とはいったいなんなのか… pic.twitter.com/ey795DECjP

2021-08-21 19:15:08
拡大
拡大
zirouX @zirou_x

昔の歯磨き粉。チューブじゃないのか。 そして養命酒。あんたそんな昔からあったんかいw pic.twitter.com/vd2VusfDJd

2021-08-21 19:27:28
拡大
拡大
zirouX @zirou_x

むかしの、ナウでヤングな和服 pic.twitter.com/TNtM0ARIoA

2021-08-21 19:32:59
拡大
zirouX @zirou_x

満州服の美女。 満州服という単語が初見だし、満州って単語が嫌でも時代を感じてしまう。 満州建国は1932年。関東軍の罪は重い。 pic.twitter.com/HW8965wTpd

2021-08-21 19:38:23
拡大
拡大
zirouX @zirou_x

月経帯の宣伝。 サニタリーショーツのことらしい。 ごめん、サニタリーショーツすら知らんかったわ pic.twitter.com/gJ9VfKUr9N

2021-08-21 19:43:09
拡大
拡大
zirouX @zirou_x

小噺と戦争ジョーク ビックリするくらい面白くない😡 pic.twitter.com/Yy2Az1nfAl

2021-08-21 19:51:32
拡大
拡大
zirouX @zirou_x

白衣ではあるが、天使の顔はしてないだろ いやまあナイチンゲールも美人ではなかったが。 pic.twitter.com/VeW8XqW4CJ

2021-08-21 20:00:25
拡大
zirouX @zirou_x

そして、女性誌にガチめの戦争の話 男はもちろん、女も戦争を知らなくてはいけなかったのだ。 pic.twitter.com/bDT6E46hY3

2021-08-21 20:01:14
拡大
zirouX @zirou_x

あとはこういう、美容と健康とダイエットの広告が沢山。 やたらと「科学」という言葉が使われるあたりは、現代にも通じるところがある。 めぼしいのはこのあたりかな〜。 ページをめくるだけで本がどんどん崩壊して部屋を汚すから、この辺にしておこう。 pic.twitter.com/5BdmMzP6zw

2021-08-21 20:03:44
拡大

コメント

Laffy(ΦωΦ)🌸 @Lafiell 2021年11月19日
缶入りの歯磨き粉は平成まであった……どころか今もあるよスモカ歯磨!
9
mikunitmr @mikunitmr 2021年11月19日
数年後には美容の広告なんて全滅すんだよな…
4
みどん @9HEOVjIwzSFnM29 2021年11月19日
表紙の人、李香蘭(山口淑子)に似てるな
2
フォーチュンらう゛🐰🐶🍄🗻🏊‍♀️🔫🚗🍆🔥 @CureFortune_luv 2021年11月19日
そんな昔からと言うが、養命酒は戦前どころか江戸時代からあるんよ。
16
聖夜 @say_ya 2021年11月20日
主婦の友社は角川お家騒動の時に電撃組を支えてくれたり声優グランプリやヒーロー文庫出してたりと意外ににオタクとの接点が多い
5
伝説のガービー★@自由博物館終身名誉館長 @legendarygarvey 2021年11月20日
よく見ると「増収と利殖の秘訣」とか、何度も登場する「専売特許」とかどことなく笑える要素があるな。そして流行の服ではなく、流行の服の作り方なのか…。
1
ブラキストン線の向こう側@ワクチン3回接種済み @cupsoup2 2021年11月20日
戦前も既製服はあったものの、軍服の払い下げや仕事用の実用着が主で、女性の洋装の既製服が一般化するのは実質的に戦後ですね。昭和の終わりくらいまで、婦人雑誌に服の型紙掲載は定番でした
2
AJEX @ajex4529 2021年11月20日
広告のアジり方が直球なのを見るといかにも昔って感じ。満州服とは言わないだけで物自体はほぼチャイナドレスな気がする
0
kathryn @KathrynJpn 2021年11月20日
美容はあるけど、料理記事はないね。当時の主婦には、料理に凝ったりすることは許されないのかな?
0
華井ナヲコ @pyrite_holic 2021年11月21日
目次の画像はないので、料理記事の有無はこのまとめだけでは不明では。主婦向けの料理書は明治・大正でも出版されてるよ。大正には経済料理書(節約レシピ集)なんてのも出版されてる。
4
くおんみどり🖖Master_Asia 作品集単行本発売中&楽曲配信中 @midorik 2021年11月21日
今も昔も、この手の婦人向け雑誌での料理記事は鉄板記事。戦時近くになると、いかに安く質素な食材でやりくりするかみたいな記事もあったはず。(贅沢なものはなくなっていく傾向に…)
2
ぶんぶく @bunbukuultra 2021年11月21日
KathrynJpn 戦前から戦中にかけての主婦の友をはじめとする婦人雑誌や付録を集めてますが、まあどの年のどの号を見ても料理関連の記事がないことはありませんね。戦争末期の、ページ数激減でパンフレット並みにペラッペラな頃ですら普通にあります。付録の冊子も洋裁和裁編み物か、料理製菓といった衣食に関するものが殆ど。今回のツイートは、たまたま料理関連の画像が上がってなかっただけのようです
4
ゆゆち @hakoniwa8520 2021年11月21日
私も今度から月経のことメンスって言おうかな
0
zirouX @zirou_x 2021年11月21日
記事まとめた者です。 この号の主婦の友には、料理記事はなかったか、あるいは非常に少なかったかと思います(自分自身がグルメ趣味なので、見つけていたら挙げてたはず) ただ、主婦にとって家庭料理は重要なものなので、単に見逃していたのかと思います。 太平洋戦争前の節約が叫ばれていた時代なので、節約レシピとかあったら面白そうでしたね。
6