46
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • pornlogcg @pornlogcg 2011-09-03 08:35:28
    いや~おもしろい。
  • pornlogcg @pornlogcg 2011-09-03 09:13:11
    個人的にやや残念なのは「科学哲学者」が参戦しないことなのだが、参戦の可能性があるとしたら@tisedaさんぐらいか。参戦というか審判として関わるというか。しかしできる人いるかな?というかだれにもそんなことぜんぜん望まれてないのかもしれないが。戸田山さんとかtwitter、ブログやってないのかな。 #科学哲学
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2011-09-03 09:16:04
    「地図をなにに使うか」を思い浮かべれば、概観図と、一軒一軒観えるレベルの詳細図と、が、最終的には必要になる。一軒一軒観えるレベルの詳細図は、日常生活における住民の被曝量抑制のため。これは実測値そのままでいいと想う。その他の考えつく用途すべて「推定降下量」を示した地図じゃないと役立たないだろう。
  • どどど @darkboysandmen 2011-09-03 09:20:01
    大雑把な地図作ったから詳細地図いらないよってのは愚かな考え。両方あっていい。むしろなぜ詳細地図を否定しようと躍起になるのか裏を勘ぐりたくなる。避難や除染や食品検査の参考になり、生活に役立つのが詳細地図だ。そもそも平均すれば高濃度汚染が放置される危険がある。結論。汚染を低く見積もり日本人が被曝を避ける指標にはなり得ないものを正しいと押しつけている。航空機モニタリング地図はそれを安心側に使用する目的があるのではと感じる。
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2011-09-03 09:20:18
    で、早川マップ0.25線上に住むものの実感としては、日常生活での被曝量低減についても、まずは推定降下量さえ出してもらえれば、実用上十分。こういう場所はこのくらい・という感覚は、自ずと身についてくる。
  • study2007 @study2007 2011-09-03 09:38:00
    「広域住民の管理と評価」が主目的の場合は移動平均&広域平均、かつ頻回に測定可能な航空機は便利ですが、「防護」を優先する場合は局所的な偏在も知りたい。で、住民としての私の立場からすると航空機を横目で見ながら(偏在も含まれるであろう)地上測定のデータも考慮していそうな早川マップは非常に参考になる。という感じ。http://ameblo.jp/study2007/image-10911280332-11266753242.html
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-09-03 09:38:30
    まとめかたに意見がある人は、このコメント欄に書いてね。ツイートの収録はいつまでも続けられない。
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2011-09-03 09:41:50
    平均すれば高濃度汚染が放置される危険がある<強く同意。実際、当初怖かった。チェルノブイリでの濃度ムラを知ってたから。自分の居住地周辺の測定データがある程度揃い、感覚がつかめて、ようやく安心できた。
  • CAVU @cavu311 2011-09-03 09:47:56
    航空機モニタリングマップがどれだけ充実しても,@nnistar さんの地図はこれからもずっと必要だと思います。
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2011-09-03 09:48:50
    たとえば原料・資材の受け入れ(の担当ではないのですが)の場合でも、まずはその地域に、どの程度の降下量があったのかこそを知りたい。でもいずれは詳細測定を充実させ「この加工工場は要出荷前測定」とか「この農園のこの畑は使用停止」とかに至らなきゃいけないだろう。市町村単位のランダムサンプリングに頼るのではなく。
  • pop @pop_bop 2011-09-03 09:55:30
    ごく普通に生活する大人にとっては航空機MAPで大体が分かれば十分。 普通の行動範囲なら地上計測の地図と大差ないことが多いしそもそも地上計測じゃないとわからないようなホットスポットに近づくことが無い。
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2011-09-03 09:59:56
    詳細汚染地図が出たあと、その使われ方は課題になるなぁ。たとえば農産物の代表サンプルを、汚染度の高い畑から取るのか、低い畑から取るのか。高い畑からとろうというインセンティブが働くようなしかけを、いまから考えておく必要性があるのかも。
  • pop @pop_bop 2011-09-03 10:02:17
    問題はごく少数の大人の仕事や子供たちの遊びのためにホットスポット近辺に長居するような事がおきる場合。こういう場所は除染・接近禁止(長居しないように通達)の必要があるし、わざわざ地上計測でマップにしなくてもいいけど測定して周知させることが必要。
  • study2007 @study2007 2011-09-03 10:02:33
    あと、複数の計測や評価でクロスチェックするというのは(可能かどうかは分野や状況にもよりますが)基本でしょうし、特に原発の場合、東電や公的機関の調査の信頼性や迅速性がイマイチ過ぎるので、そういう意味でも政府から独立した立場の早川マップは貴重な情報だったと思います。
  • @J4NK3NPON 2011-09-03 11:18:45
    ある地勢を正確に知りたければ、この土地の上に飛行機を飛ばして、精密な光学装置を用いて土地の地勢図を描かせ、それをごく細かい点にまで微視的に分析するのがよいだろう。そのような地図は地勢の正確で完全な像を捉えている。しかしまた、研究者は興味を持った土地をあちこち歩き回り、そこで生活をし、それぞれの新しい観察から新しい目標を立てて、土地の本性に絶えず新しい面を見つけ出していくことができる。
  • @J4NK3NPON 2011-09-03 11:18:59
    こうして彼は年月と共に、その地勢を詳細に知るようになる。彼がこうして獲得した像は、航空測量による場合と同じ意味で正確ではないが、航空写真が正確で、ある意味では完全でありながら欠落させているある特色を含んでいる。
  • CAVU @cavu311 2011-09-03 12:43:52
    一番最初の野尻さんのTwにある「地表の地図」って何を指してるのでしょうか。@nnistar さんの地図ではないようですが…。それと文科省の航空機モニタリング測定の平面分解能あるいは離散データのサンプリング間隔ってどれくらいなのでしょうか。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-09-03 13:58:44
    その質問は、野尻さんが自分で作ったまとめのコメント欄に書いたらよいと思う。 http://togetter.com/li/183007
  • 三月レイ@ヨコちん中将 @mitsukirei 2011-09-03 23:01:43
    つまり、フォロワーを増やすために福島の農民を殺すとか言い出した、と。
  • bouzu_3 @bouzu_3 2011-09-09 01:35:12
    野尻先生は、東北大の人と似てますね…「不正確」を連呼するけど自分では何も作らない。いらんお世話のコメントと気休めばっかり言ってる印象
  • pappy(ぱぴー) @pappyhiro 2011-09-10 21:16:12
    要は地上の各ポイントを繋いで作った広範囲の地図のようなものに比べれば、航空機からの地図のほうがよほど正確で意味がある。一方、各ポイントの放射線量を知るような意味での地上計測はそれはそれで意味があるということ。地上測定で測っているピンポイントの場所以外の数値を推測するような地図は不正確。
  • @dachs815 2011-11-03 08:07:30
    RT @HayakawaYukio: どんなに雨が降っても風が吹いても、2011年3月の状態を保持している場所がある。そういうところがどこか、地質学者のある集団だけが知っている。何万年前の火山噴火で降り積もった火山灰をそういうところで探し当てて過去の巨大噴火を再現する。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-11-22 15:48:21
    そうか、早野さんは9月3日の時点で私の地図を信じてなかったんだ。論文投稿時には知らなかったというわけか。そのあと航空機モニタリング出て、いやおうなしに知ることになった。自分たちの計算がまったく違ってるのを知った。でも論文取り下げを他著者に提案する勇気がなかったのだろう。
  • F_Tvr(脱原発/自由言論は基本権!) @F_Tvr 2011-11-22 16:11:42
    どう判断するかは、科学の理解がある人ならば自分で。ともかく、過去をあれこれ言うより、未だにこの内容を全く理解できてない人が大勢いることは問題だと思う。このまとめは、各自よく読んで少しでも多く意味を理解すべきと考えます。

カテゴリーからまとめを探す

「近畿」に関連するカテゴリー